全ての根幹は心の教育(EQ)

近年、心の教育があまり重要視されてこなかった大きな要因の一つに戦前の日本は基本的に「大家族」だったことがあげられます。
近所や親戚との関係も大変に密であったので、そういった「豊かな社会関係」の中で育てば自然にバランスのとれた心と体が形成されていました。

つまり、
「心と体の健康は家庭や学校でわざわざ意識的に教育しなくても、自然に身につくものだ」
という社会通念が強かったのです。
ですから、「優秀な子供に育てる」為にはペーパーテストに合格する為の百科事典的暗記力や、スポーツ選手として活躍出来るような並外れた身体能力ばかりが重要視されてきました。

しかしながら、
核家族化・少子化という家族形態の変化、また都市化に伴う野原などの遊び場の喪失といったように、子どもを取り巻く環境には大きな変化が起こりました。

これは日本に限らず先進諸国においての世界的な傾向でもあります。知識偏重教育の弊害が数多くの深刻な社会問題となって現れ始め次第に心の教育や食育の大切さに目を向ける家庭も増えつつあります。(このHPに辿り着かれた皆様もそのお一人でしょう)

では心の教育とは一体何をする事なのでしょうか?どうすれば心を教育できるのでしょうか?またそれは何時ごろから行えば良いものなのでしょうか?まだ言葉も分からないように見えるゼロ歳児に心の教育などと言っても到底理解できないのではないでしょうか?

せめて言葉がしっかり理解できるようになり、話せるようになってからでなければ「心の教育」などと言っても現実的ではないだろうと私たち大人は考えてしまいます。


しかし、それこそが大きな大きな間違いなのです。

赤ちゃん(0歳の時)に、泣く度にお母さんが抱き上げてくれ、頬ずりしてくれたその経験が心を育てるのです。
何度も何度も体をゆすってくれ、抱き上げてくれ、笑わそうと笑顔で語りかけ、相手になってくれたその経験が心を育てるのです。
数多くの愛情あふれる接触とコミュニケーションが、お母さんへの愛着(アタッチメント)を心に育みます。この愛着が育ってこそ、その子はこの世が自分にとって好ましい所だと感じる事が出来、周りの人への信頼が持てるようになり、自分自身への信頼が醸成されるのです。これは理屈ではなく、脳内のシナプスのネットワークが形成される段階に置いて無意識のうちに刷り込まれてしまうものなのです。


アタッチメント(愛着)が形成され、続いて言葉が発達し、人の心が分かるようになって行く過程では、子どもの知性が人格形成にきわめて大きな影響を及ぼします。この知性は、その子の本性(本能)が喜ぶ形で育てられなければなりません。無理に言葉を教えたり、机に縛り付けて計算を強いたりと言った教育を行えば、一見知性が高まったかのように見えますが、必ず反動としてのひずみが性格に現れます。心の教育とは相反する結果を生む事になります。
人前では行儀良くさせたいと考えて厳しく躾けると言うやり方も同じ結果を招きます。だからこそTOE(タイミングオブエデュケーション)=適期教育でなければならないと私達は考えるのです。子どもの心の成長に合わせた適期に子どもの本性に合った、子どもが喜ぶ教育を与えるやり方でなければならないと思うのです。

子どもの本性に合った子どもが喜ぶ教育」とは何か?それはどうすればできるのか?

それを学んで頂くのがTOEベビーパークです。
乳幼児期から適切な時期に適切な心の教育を与えて、また同時に親も「幸せな家庭教育」を実現するためのコツを学び子どもと共に成長しよう!というのがT.O.E.ベビーパークの心の教育です

Topへ戻る