子どもの能力を高めたければ視力を大切にしましょう~眼球視力と脳内視力の違いを学んで適切な子育てを~

No.103更新日付:2024年6月5日

視力の悪い子どもが増えている、といわれて久しいです。ある調査によると、高校生で7割、中学生で6割、小学生でも3割が近視というデータがあるほどです。実は学力と視力には大きな関係があって、同じくよく言及される学力の低下と視力の低下には関係があるといわれています。

こちらのコラムでは特に幼児期に焦点をあてて、幼児期の目の「鍛え方」「育て方」と、それによる脳の成長について説明していきます。小さい子どもを持つ親御さんはぜひ一度読んでみてくださいね。

「目」と「脳」には密接な関係がある

赤ちゃんが受精卵から体を作り上げていく時、脳の一部から細胞の芽が伸びて「目」ができあがります。「目」は「脳そのものの一部」といっても過言ではないのです。ですから「目」と「脳」には密接な関係があります。

学力低下と視力低下は比例する?!

現代日本はあまりにも「目」が大切にされておらず、その結果は子どもの学力低下にもあらわれています。OECD、経済協力開発機構の調査によると、日本の子どもの学力は世界で20位にまで落ちています。あまり知られていませんが、子どもの学力推移と厚労省が発表している学校保健統計調査の視力の推移を比較すると、視力低下と学力低下が比例していることがわかります。

視力回復に最も有効な方法「目をしっかりと使ってあげること」

日本では「一度目が悪くなってしまったら、もう元通りには治らない。一生眼鏡が必要になるのだ」という強い思いこみが普及しています。眼科に行っても眼鏡やコンタクトレンズの指示を受けるだけです。しかし、これはあくまで「対処」であって「治療」ではありません。

眼科医は確かに目の専門家ですが、それは「眼病」の専門家であって「視力回復」の専門家ではありません。したがって視力回復の指導はなされないのが普通です。

しかし、視力は回復できます。目には6つの筋肉がありトレーニングすると眼球がよく動かされ目の中の他の器官にも血流が促進され、酸素や栄養がたっぷりいき渡ります。その結果、目の機能が高まり眼病にもかかりにくくなります。

「眼球視力」と「脳内視力」を理解して、しっかり使いわけよう

視力には大きく分けて「眼球視力」と「脳内視力」があります。

「眼球視力」について

眼球視力は「目の網膜にモノを映してピントを合わせる能力」です。

私達が何かモノを見ようとすると、そのモノに当っている光が凸レンズの役目である角膜を通って屈折し眼球内に入っていきます。眼球の中にはもう一つのレンズ、水晶体があり、毛様体筋によって厚みを変えながら網膜というスクリーンに光がピントを合わせて当たるように調整します。

「脳内視力」について

いっぽう脳内視力は「視神経を経て届いた情報を脳が解釈して映像化する能力」です。

まず網膜に映った光は電気信号に変換され、視神経を通って視床を通過し大脳皮質の視覚野に送られます。その電気信号はまったく整理されていない、あらゆる情報が入り交じった状態のものです。

0歳時から色々なものを見る機会を与えることが大切

0歳頃にベビーバウンサーなどに縛りつけず、親が積極的に様々なものを見る機会を与えることで、この視覚野において届いた情報を的確に分解する「色・形・奥行きなどの立体感・動くものを目で追う能力」などが育ちます。もちろん、ものをしゃぶる行動も、この視力獲得と絡みあって奥行きの認識力・理解力を発達させます。

逆にいろいろなものを見る機会を与えられなかった赤ちゃんは、色の細かいニュアンスや空間デザインの認識、また一目で数量の見当をつける能力などが発達しません。

この能力は、1歳から2歳ごろにかけて急激に育っていきます。

視神経を経て届いた情報が分解されると、頭頂連合野・側頭連合野・後頭連合野に送られ、さらに分析と解釈がおこなわれます。

頭頂連合野では見たものの大きさや位置を把握します。側頭連合野は色と形を認識してモノを他のものと区別する力を人間に与えます。そして後頭連合野では見たものの概念を認識します。これはバナナだ。これは犬だ。これは赤い花だ。というように見たものの情報を映像として一つにまとめるはたらきがおこなわれています。

そして、3歳から6歳ごろの間に、一つにまとめられた情報を前頭連合野に送られることで、飛躍的に「思考・分析・注意・意欲・情緒・学習」の力が高まっていきます。

これらの回路を育てなければ、言葉も当然育ちません。目でみているものの意味づけができなかったら、ものや動きにそれを表す言葉を与えることはできないでしょう。

だから、3歳までに様々な情報が目から入るような取り組みをする価値が、3歳以降から始めるのとではケタ違いに重要となります。

目から入る情報を充実することで、さらに「脳内視力」も活性化

眼球視力がよければ目から入る情報が増え、さらに脳内視力が高ければ目から入ってきた情報をよりたくさん認識できます。

つまり「よく見える」という事は「意欲を高める」「注意する」「集中する」という効果につながるのです。逆に物がよく見えない状態で学ぶことはよほどの訓練を積んだ人でなければ大変困難なのです。

幼児期の「脳内視力」を高めるためにはフラッシュカードが有効

「脳内視力」を高めるためには、ベビーパークで行っているフラッシュカードやドッツカードが有効です。

覚えさせることが重要なのではなく、目から入ってきた情報を解析し、意味づけするための回路の形成が重要です。だから回路が凄まじい勢いで形成されていく幼児期の適期・タイミングを活用して「脳内視力」を育てることが大切なのです。

フラッシュカードやドッツカードをパソコンやDVDで見せることも脳内視力を育てるには有効な方法ではありますが、長時間くり返しおこなうのは控えたほうがよいでしょう。1日数回数分程度であれば何の問題もありません。

目の酷使は逆効果なのでバランスが大切

原始社会と比べると、現代社会で目にする発光体(テレビやコンピューター等の画面等)の量が100倍以上となり、これでは目も情報を受け入れている脳も疲れ果ててしまいます。このような目と脳の慢性疲労が子どもの学力を下げている一番の原因だ、ともいわれています。TVやPCの動画などを長時間見せるのは3歳までの子どもには控えたほうがよいと思います。

「目を鍛えること」は脳を飛躍的に育てることにつながりますが、逆に「目の酷使」は「脳を壊す」ことにもつながるのです。自然で適切な目の運動を活用して、子どもの可能性を大きく伸ばしてあげてください。

子どもの視力を育てるはたらきかけを実際にやってみよう

ベビーパークのレッスンでは最初におこなっているのが「グローバルビジョントレーニング」です。家庭でドッツカードやフラッシュカードに取り組んでいる方は、カードを見せる前におこなうと効果的です。

①:パペットや手のひらサイズの音が鳴るオモチャなどを用意してください。「見て」と言えば子どもが見てくれるところまで言葉が発達していれば、音は出なくても構いません。次は何が登場するかな?と期待を持たせて単語のインプットに活用することもできます。

②:お母さんがおもちゃを持って、円運動・縦ジグザグ・横ジグザグ・縦の波・そして砂時計のような形を空で描いてみましょう。一筆書きで描いたら、今度は来た道を戻ります。時には円のかわりに渦巻きにするのも効果があります。どの順番におこなっても構いません。3歳ごろまでの子どもには一日一回で十分です。

その他には、定期的に広い自然の中で遊ばせる時間を作ることで、自然の造形や奥行きが脳の中にある適切な回路が育ちます。

また、家の中で様々な色や形状のオモチャを与えてあげましょう。高価なものである必要はありません。様々なバリエーションを工夫した方が、子どももよく見てくれますし情緒も育ちます。そして遊んだ後は部屋をスッキリとかたづけましょう。空間に対するセンスがよくなります。

まとめ:幼児期に様々なものを見る機会を与えよう

いかがでしたでしょうか? 幼児期から様々なものを見る機会を積極的に取り入れることで、子どもの「脳内視力」が成長し、思考力・分析力・意欲などの高まりにつながるのです。

過剰にならない範囲で適切に子どもに意識的にものを見る機会を与えて、「目」を通じて子どもの「脳」も育ててあげるようにしましょう。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9f3a4cf2401d42a092b08040b2fd27be/crying-boy.jpg
その他

すぐ泣く子供の特徴・心理や接し方、HSPや発達障害との関係について解説!

子供がすぐに涙を見せると、親として心配になることもあるでしょう。この記事では、すぐ泣く子供の心理的特性と、その背景にある感情表現を年齢ごとに解説します。また、HSP(Highly Sensitive Person)や発達障害との関連性にも触れ、親が理解を深めて正しいサポートができるような情報を紹介します。この記事を通じて、子供の感受性を大切にしながら親子の絆を深めるヒントを学んでいきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6ab39b0a01ac47fd9a49849eeab27cf5/autism-spectrum-disorder-flap-hand.jpg
その他

さかさバイバイは健常児でもする?逆さバイバイをする理由や自閉症との関係を解説

子どもが「さかさバイバイ」をするとき、親御さんは不思議に思うかもしれません。この記事では、逆さバイバイが何を意味しているのか、その理由と、自閉症との関連性について詳しく解説します。さらに、この行動が意味する可能性のある発達のサインに対して、親がどのように対応すれば良いのかについても触れていきます。子どもの行動をより理解し、さかさバイバイについて正しい知識が身につくでしょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/79b938ad20394fcba8b66cda1b6a4a41/boy%E2%80%90flying%E2%80%90hula%E2%80%90hoop.jpg
その他

運動療育とは?その目的や効果・子どもの発達障害改善に役立つ理由などを解説します!

運動療育は、発達に課題を抱える子どもたちのために設計された特別なプログラムです。この記事では、運動療育の基本的な概念から、その具体的な活動内容、効果までを詳しく解説します。運動療育とは何か、どのような子どもたちが対象となるのか、また、ADHDなどの発達障害にどのような改善効果が期待できるのかなど、専門的な内容も含めながらわかりやすく説明します。ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4defe3467990434f9c72f46d38e8a3c5/2%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E3%81%8B%E6%82%A9%E3%82%80%E6%96%B9%E5%BF%85%E8%A6%8B%20(1).png
その他

2人目の子供を持つか悩む方必見!悩みの理由や一人っ子との違いも解説

多くの家庭で、2人目の子供を持つかどうかは大きな悩みの一つです。1人目の子育て経験を経て、2人目も欲しいけれど、再び新しい命を迎える準備ができているか、経済的、精神的な準備は整っているか、といった不安を感じる方も少なくありません。この記事では、2人目を持つことに悩む理由とその解消法に焦点を当てて、探っていきます。2人目の子供を持つか迷ったら、ぜひ悩み解決のヒントにしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/43045a81e4ea492187c0ed55686e78ac/%E6%8C%87%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AB%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.jpg
その他

指しゃぶりはいつまでにやめさせるべき?原因から歯並びへの影響、やめさせ方まで解説

子供の指しゃぶりは、親にとってよくある悩みの一つです。この記事では、指しゃぶりの原因から歯並びへの影響、やめさせる方法までを分かりやすく解説します。いつから始まり、いつまで続くのか、そしてどのようにしてやめさせるべきかについて、詳しくお伝えします。この記事を読んで、指しゃぶりへの対処法を学び、お子さんの成長を上手にサポートしていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5f019f1d12284dc9851f89ebd7b3f578/3%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%80%81%E7%94%A3%E3%82%80%EF%BC%9F%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
その他

「3人目、産む?諦める?」平均年齢からメリットデメリット、経済面まで!悩む方への徹底ガイド

3人目の子供を迎えるかどうか、悩んでいませんか?この記事では、3人目の子供を持つ際の平均年齢、メリット、デメリット、そして3人目を迎えた家庭のリアルな声まで、幅広くご紹介します。この記事を読んで、3人目の子供を産むべきかどうか、悩んでいる方はご自身で決める際のヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。