感受性豊かな子どもに育てるにはどうすればいい?

No.43更新日付:2024年2月14日

近年は核家族化が進んでいる上、個々のプライバシーが尊重される時代です。昔のような「社会全体で子育てする」という雰囲気はなく、感受性豊かな子どもに育てるのは難しくなっているといわれます。

我が子の個性を尊重し感受性を高めるには、どのように接していくべきなのでしょうか?ここでは感受性豊かな子どもの特徴や感受性が豊かになるメリット、さらには注意点や気を付けたいポイントを紹介します。親子でさまざまな体験を共有し、子どもの感受性を育てていきましょう。

この記事でわかること

  • 感受性豊かな子どもとは
  • 感受性が豊かなことによるメリット
  • 感受性が豊かなことによるデメリット
  • 感受性豊かな子どもを育てる方法

感受性豊かな子どもとは?

近年は早期教育において、感受性豊かな子どもの育成を目指す教室・パパ・ママが増えています。しかし実際のところ、「感受性豊かな子ども」とはどのような子どもを指すのでしょうか?

まずは、感受性豊かな子どもに多く見られる特徴について紹介します。

1. 喜怒哀楽がはっきりしている

感受性豊かな子どもは、気分の変化がはっきりと分かるのが特徴です。笑ったり泣いたり忙しく、わずかな時間で表情がくるくる変わります。

一般に、感受性豊かな子どもは、楽しいこと・怖いこと・悲しいことなどの感覚センサーが敏感です。他人の心の機微に聡く、相手の気持ちを読むのに長けています。感受性豊かな子どもほど「思いやりがある」「優しい」などと言われるのは、このためです。

2. 好奇心が強い

好奇心が強く、興味を持ったものに突進していく…、これも感受性豊かな子どもに多く見られる特徴です。

興味の対象がコロコロ変わる子どももいれば、一つのものを突き詰めたがる子どももいます。「なぜ?」「どうして?」と質問攻めにされ、パパ・ママが困ってしまうことも少なくありません。

突拍子もない言動が多い子どもは、心の動きに素直なだけです。そばにいるパパ・ママは「目が離せない」「何をするか分からなくてハラハラする」と感じることが多々ありますが、「感受性豊かに育っている」と前向きに捉えましょう。

感受性が豊かなことによるメリット

さまざまな教育現場で「子どもの感受性を育てるべき」と言われるのは、どのような理由があるためなのでしょうか?豊かな感受性を持つことで得られる、メリットについて見ていきましょう。

1. 人間関係がうまくいきやすい

感受性豊かな子どもには、コミュニケーション能力が高い子どもが多く見られます。子ども間の深刻なトラブルが起こりにくく、お友達と楽しく・仲良く過ごしやすいでしょう。

感受性豊かな子どもは、相手の気持ちを汲むことが上手です。お友達と意思疎通しやすく、思いやりを持った行動ができます。自分の気持ちを表現することにも長けているため、周囲と協調しながら自分のポジションを確立できるでしょう。

2. 他人の痛みが理解できる

相手の気持ちを汲めるということは、相手の悲しみや痛みにも共感できるということです。相手の気持ちに共感できれば「これをされたらいやだろうな」「悲しい気持ちになるだろうな」と気付けます。相手を不快にさせない言動や相手を喜ばせるための行動がとれるため、周囲から信頼され愛される人となれるでしょう。

3. 発想力が豊かになる

感受性豊かで心がやわらかい子どもほど、何かを見たり触れたりしたときに心が大きく反応します。これが「知りたい」「見たい」の原動力となり、子どもの好奇心を呼び覚ますのです。

「なぜだろう」「どうなっているんだろう」という好奇心は、考える力の育成へとつながります。子どもは自ら学びたい・知識を得たいと考えるようになり、学習意欲・知識欲旺盛な子どもに育つでしょう。

感受性が強過ぎると悩むこともある

感受性が豊かなのは好ましいことですが、それゆえに心が不安定になることもあります。感受性が強過ぎる子どもは、どのようなことに悩むのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

1. 感情の起伏が激しい

感受性豊かな子どもは感情の振り幅が大きくなりがちです。うまくいかないことがあるとかんしゃくを起こしたり、泣いて手が付けられなかったりすることがあります。

特に子どもが小さいうちは、子ども自身うまく感情をコントロールできません。パパ・ママは手を焼く場面が多く、戸惑うこともあるでしょう。

感受性の豊かさによる感情のアップダウンは、年齢を重ねるごとに落ち着いてきます。パパ・ママは努めて穏やかに振る舞い、子どもの気持ちをしっかりと受け止めてあげることが大切です。

2. 内気になってしまうケースも

他人の気持ちを敏感に感じ過ぎてしまって、心のままに振る舞えなくなる子どももいます。優し過ぎるがゆえに自分の希望を主張できずにいると、本人も気付かぬうちにストレスを抱えてしまうかもしれません。

また、周囲の反応に敏感な子どもは、自分に向けられる目が気になってしまいます。人前で萎縮しやすく、発表会や運動会でぐずったり泣き出したりすることもあるでしょう。

感受性の豊かさからくる内気な性格は、自分に自信が持てるようになれば徐々に変化します。親は「もっと前に出て」「恥ずかしがらないで」などと言わずに、よいところを見つけて褒めてあげましょう。

感受性が豊か故に来るお子さまの言動は気づき、見守ってあげることがとても重要ですね♪

感受性豊かな子どもを育てるには?

子どもの好奇心を刺激して感受性を育てるためには、子どもにさまざまな体験をさせてあげることが大切です。感受性豊かな子どもを育てるため、パパ・ママが行いたい取り組みを紹介します。

1. たくさん遊ぶ

小さい頃の遊びは、世界の多様性を知るきっかけの一つとなります。遊びを通して楽しい・面白い・難しい等のさまざまな感情を体験することで、子どもは自身の感性をさらに磨き上げていくでしょう。

子どもの遊びのポイントは、五感をフルに使うことです。全身を使って踊ったり動いたりすることは、うちにある感情の解放につながります。また、室内で遊ぶだけでなく、屋外で自然と触れ合うことで、葉っぱ・土のにおいや感触が子どもの心を刺激して、感受性を育ててくれるでしょう。

2. 子どもに共感する

子どもが刺激を受けたときは、「楽しいね」「きれいだね」とパパ・ママが共感を示してあげましょう。

パパ・ママの言葉を受け取ることで、子どもは自身の体験を「楽しい」「きれい」とラベル貼りします。感情の引き出しが増えて、感受性豊かな子どもに育ちやすくなるのです。

特に子どもが小さいうちは、パパ・ママが唯一のガイドとなります。積極的に子どもへの共感・賞賛を伝え、親子で気持ちを分け合いましょう。

3. 読み聞かせをする

パパ・ママによる幼少期の絵本の読み聞かせは、子どもの脳によい刺激を与えるといわれます。毎日時間を決めて、読み聞かせの時間を設けましょう。楽しい話・怖い話・悲しい話などを聞かせることで、日常では味わえない感情を体験させてあげられます。

未知の物語を知ることは、子どもにとって想像力を高めるよいチャンスです。語彙力も自然に増えていくため、子どもは自分の感情を表現するのも上手になっていくでしょう。

感受性を育む際に避けた方がよいこと

子どもの感受性を育む上で、パパ・ママの役割は非常に重要です。日々の触れ合いで、パパ・ママが気を付けるべきポイントを紹介します。

1. 親が口出しし過ぎない

子どもの体験・学びに対し、親の価値観を押し付けるのは控えましょう。

「こっちの方がいいよ」「あっちに行くよ」、このように親が指示を出し過ぎると、子どもの自主性を奪います。子どもは自分の感じたこと・想像したことに自信が持てなくなってしまい、感情を外に出すのが苦手になってしまいます。

2. 子どもを否定しない

子どもと接するときに「ダメ」「そうじゃないよ」という否定語を使うのは望ましくありません。命の危険に関わるときや社会に迷惑を掛けるとき以外は、子どもの言動・感情を受け入れてあげましょう。

子どもに自由な発想・想像を促すには、「自分は受け入れられている」「自由に何でもできる」と実感させてあげることが必要です。

感受性豊かな子どもに育てるにはパパ・ママの関わり方が重要

子どもの感受性が高いと、相手の気持ちを汲んで思いやりのある行動をとったり、相手の悲しみや痛みに共感し、相手を不快にさせない言動ができたりします。周りの人と信頼関係を築くことにもつながるため、自分の子どもが感受性豊かに育ってほしいと望むパパ・ママも多いでしょう。

子どもの感受性を育てるには、子どもにさまざまな体験をさせてあげることが必要です。親子で室内に閉じこもらず、積極的に子どもを外に連れ出しましょう。遊びを通して楽しい・面白い、をはじめとするさまざまな感情を体験することで、子どもの感性がどんどん磨かれていくでしょう。

また、感受性を育む際には親が価値観を押し付けたり、子どもの発想を否定したりすることは避けましょう。自由にのびのびとした環境下でこそ感受性は育ちます。子どもの五感を刺激するようにたくさん遊ばせ、時には考えに共感を示すことで、子どもが受け入れられていることや自由なことを実感できるよう働きかけましょう。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/dfc723c6b3bc457891375e3d6ff37a10/NO195-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験1 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bfe32db6ae284f0288e7f6a2c4c62c04/NO194-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

子どもの「抽象化能力」の育て方~実践編:抽象化能力を育てる子どもとの遊び方について~

近年、教育に関するキーワードでよく目にする「抽象化能力」という言葉があります。一見難しそうな言葉ですが、中学受験の問題などでも問われることの多い、また子どもの将来が充実したものになるためにも重要な能力といわれていることは、コラムNo.166「幼児期の子どもの「抽象化能力」の育て方」でもお伝えしたとおりです。こちらのコラムではさらに実践的に、具体例を用いて抽象化能力の育て方や、抽象化能力が高いとできる事について解説していきます。よかったら読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c05f007d5554aa88cecccb2e984e334/AdobeStock_356741109%20(2).jpeg
3歳~6歳の育児

最優先すべきは「嫌いにさせないこと」 3歳~6歳の子どもの育児の心構えについて

お子さまが3歳くらいまで成長してくると、色々できることが増えてきたり、才能の片りんを感じる時もあると思います。そこで、つい親としては子どもの成長に過度に期待してしまったり、逆にお友だちと比較してなかなかできないことがあったりすると焦ってしまったりしがちです。 しかし、子どもに「やらせたい・できるようにさせたい」という感情が表に出てしまうことは、子どもの成長にとって望ましいものではありません。こちらのコラムでは、3歳~6歳ごろの幼児期の子どもに接していく時の心構え、特に子どもに物事を嫌いにさせないための親の心の持ちようについて説明していきます。 短いながらも育児のエッセンスのつまったコラムですので、ぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。