赤ちゃんのずり這いはいつから?平均的な時期の目安や前兆・練習方法までガイド

No.232更新日付:2024年6月5日

赤ちゃんの成長の中で、多くの親が心待ちにするのが「ずり這い」の時期です。ずり這い(ずりばい)は、赤ちゃんが自分の力で移動し始める最初のステップであり、発達の重要な節目です。親として日々赤ちゃんの成長を間近で見ていると、「ずり這いはいつから始まるのか?」、「お座りとどちらが先なのか?」、「早い子と遅い子の違いは?」といった様々な疑問が出てくるのではないでしょうか。

この記事では、ずり這いの平均的な時期やその前兆、ずり這いをしない場合の練習方法などについて詳しく解説します。これを読んで、赤ちゃんの成長に関する不安や疑問を解消し、自信を持ってサポートできるようになりましょう!

ずり這いするのはいつから?平均的な時期

赤ちゃんがずり這いを始める時期は個人差がありますが、一般的には生後6か月から8か月の間に始めることが多いです。ここでは、ずり這いとハイハイの違いや平均的な時期について詳しく見ていきましょう。

ずり這いとは何か?ハイハイとの違い

ずり這いは、赤ちゃんがうつ伏せの状態で、手足を使って前進する動作です。お腹を床につけたまま移動するため、ほふく前進に似ています。これに対して、ハイハイはお腹を持ち上げ、手のひらと膝で支える四つん這いの姿勢で進む動作です。ずり這いは、赤ちゃんが首や腕、背中の筋力を鍛えながら移動する初めのステップであり、ハイハイではさらに発達した筋力を使って、より自由に動き回れる段階になります。

お座りとずり這いはどちらが先?

一般的には、お座りが先にできるようになる赤ちゃんが多いです。お座りが安定してくると、次の段階としてずり這いが始まることが多いです。ただし、赤ちゃんの発達には個人差があり、お座りとずり這いが同時期に始まる子もいれば、先にずり這いを始める子もいます。赤ちゃん自身の興味や環境、筋力の発達具合によって順番は変わることがあります。

早い子と遅い子、時期の違い

ずり這いを始める時期には個人差がありますが、多くの赤ちゃんは生後6か月から8か月の間にずり這いを始めます。早い子では5か月頃からずり這いを始めることもあり、遅い子では10か月を過ぎてから始めることもあります。これは赤ちゃんの発達のペースがそれぞれ異なるためであり、早いから良い、遅いから悪いということではありません。赤ちゃんが自分のペースで成長していることを尊重し、焦らず見守ることが大切です。

ずり這いの前兆となる動きとは?

赤ちゃんがずり這いを始める前には、いくつかの前兆となる動きがあります。これらの動きを観察することで、ずり這いが始まるタイミングを予測することができます。

ずり這いの兆候となる動きやサイン

<うつぶせの姿勢で手足をバタバタさせる>

赤ちゃんがうつぶせの状態で手足をバタバタさせる動きは、ずり這いの前兆です。この動作は赤ちゃんが自分の体を動かそうとする初期の試みであり、手足の筋力を鍛えるための重要なステップです。


<飛行機ポーズ>

赤ちゃんがうつぶせの状態で頭を持ち上げ、手足を床から浮かせて伸ばす姿勢を「飛行機ポーズ」と呼びます。このポーズは背筋や腹筋の発達を促し、ずり這いへの準備を整えます。


<お座りの練習>

お座りができるようになると、赤ちゃんは次の動作としてずり這いに進むことが多いです。お座りの練習は、赤ちゃんが自分の体を支える筋力をつけるためにも重要な役割を果たしています。

ずり這いをしない子もいる?

ずり這いをしない赤ちゃんもいますが、これは特に問題ではありません。ずり這いを飛ばしてハイハイに進む赤ちゃんや、直接つかまり立ちに移行する赤ちゃんも多くいます。こうした赤ちゃんは、多くの場合別の方法で運動能力を発達させているので心配する必要はありません。

赤ちゃんの発達には個人差が大きく、すべての赤ちゃんが同じステップを踏むわけではないため、親は赤ちゃんのペースに合わせて成長を見守ることが重要です。ただし、赤ちゃんの運動発達が極端に遅れていると感じる場合は、一度小児科医に相談することをお勧めします。医師が適切なアドバイスやサポートを提供してくれます。


ずり這いは赤ちゃんの成長過程の一部であり、その準備段階としての前兆となる動きを観察することは、赤ちゃんの発達をサポートするために役立ちます。しかし、ずり這いをしない場合も焦らずに、赤ちゃんの自然な発達を見守ることが大切です。

ずり這いの練習方法

赤ちゃんがずり這いをスムーズに始めるために、親としてできることはあるのでしょうか。ここでは、部屋の環境を整えたり、赤ちゃんの動きをサポートをするなど、安全に配慮したずり這いの練習方法をいくつか紹介します。

①安全な練習環境を整える

ずり這いの練習を始める前に、部屋の安全な環境を整えることが最も重要です。まず、赤ちゃんが動き回れる広いスペースを確保し、周囲の障害物を取り除きましょう。また、ずり這いの練習中は、親が近くで見守り、出来るだけ目を離さないようにしてください。環境を整え、近くで見守ることで赤ちゃんが危険な状況に陥るのを防ぎましょう。

②腹ばいの姿勢に慣れさせる

ずり這いの基本となるのは、腹ばいの姿勢に慣れることです。赤ちゃんが腹ばいになることに抵抗を感じないよう、毎日少しずつ練習を取り入れましょう。例えば、赤ちゃんをお腹の上に乗せて腹ばいの姿勢をとらせたり、床に寝転がって一緒に遊ぶ時間を作ると効果的です。


腹ばいの姿勢は、赤ちゃんの首や背中の筋力を鍛え、バランス感覚を養います。この練習を通じて、赤ちゃんは自分の体を支える力を身につけ、次第にずり這いを始める準備が整っていきます。

③誘導としておもちゃを使う

赤ちゃんの好奇心を刺激するために、おもちゃを使うのも有効です。赤ちゃんが興味を持ちやすいおもちゃを少し離れた場所に置き、手を伸ばして取りに行かせましょう。最初は近い距離から始め、徐々に距離を広げていくと良いです。


おもちゃの選び方も重要で、軽くて動きやすいものや、音が出るものがおすすめです。赤ちゃんが手に取りたいという気持ちを引き出すことで、自然とずり這いの練習になります。また、おもちゃを取れたときには、大いに褒めてあげることで、赤ちゃんの自信と意欲を高めてください。

④親が見本を示す

赤ちゃんは親の動きをよく観察しています。そのため、親がずり這いの見本を見せることで、赤ちゃんも真似をしようとします。親が自分でずり這いをして見せることで、赤ちゃんにとってどのように体を動かせば良いかがわかりやすくなります。


また、親が楽しそうにずり這いをすることで、赤ちゃんもその動作に興味を持ちやすくなります。親子で一緒に遊びながら練習することで、楽しい時間を過ごしつつ、自然とずり這いのスキルを身につけることができます。

⑤足裏をサポートして動きを助ける

ずり這いの練習中に赤ちゃんが後ろに下がってしまう場合は、足裏をサポートしてあげると良いです。赤ちゃんが腹ばいの姿勢でいるときに、親が手で赤ちゃんの足裏を軽く支え、前に進む感覚を掴ませるようにします。そうすると、赤ちゃんは自分の力で前進する感覚を体験できます。

赤ちゃんが自分で床を蹴って進むことができるようになると、自信を持ってずり這いを続けることができるでしょう。また、赤ちゃんが進んだ距離を褒めてあげることで、自分で動けることの楽しさを更に感じられるようになります。


以上の方法を取り入れながら、赤ちゃんが楽しく安全にずり這いの練習を進められるようサポートしてあげてください。

赤ちゃんのずり這い練習時に気を付けること

赤ちゃんのずり這いの練習をする際には、安全性を確保することが非常に大切です。以下では、安全なスペースを作る方法とうつぶせ中に目を離さないことについて詳しく説明します。

安全なスペースを作る

ずり這いの練習をするためには、まず赤ちゃんが自由に動き回れる安全なスペースを作る必要があります。赤ちゃんがずり這いを始めると、行動範囲が広がり、思わぬところに移動することがあるため、以下のポイントに注意して安全な環境を整えましょう。

  • 床の片付け

床には赤ちゃんが口に入れそうな小さな物や、鋭利な物を置かないようにします。誤飲やケガの原因になりますので、床は常にきれいに保ちましょう。


  • 家具の配置

家具の角にはクッション材を取り付けて、ぶつかったときにケガをしないようにします。また、赤ちゃんが登ろうとする可能性のある家具は、倒れないように固定しておくことが大切です。


  • 安全マットの使用

硬い床の上でずり這いをすると、赤ちゃんの膝や肘に負担がかかります。柔らかいマットやカーペットを敷くことで、赤ちゃんが快適に練習できるようにしましょう。


  • 危険物の除去

電源コードやコンセント、熱い飲み物が入ったカップなど、赤ちゃんにとって危険な物は手の届かない場所に置くか、専用のカバーを使って保護してください。


  • 見守り

赤ちゃんがずり這いをしている間は、常に目を離さず、近くで見守るようにしましょう。特に、階段や段差がある場所では、転落の危険がありますので、ベビーゲートなどを設置して赤ちゃんが近づかないようにするとよいでしょう。


うつぶせ中は目を離さない

赤ちゃんがうつぶせの状態で遊んでいるときには、常に目を離さずに見守ることが大切です。うつぶせの姿勢は、首や背中の筋力を鍛えるのに効果的ですが、いくつかのリスクも伴います。以下の点に注意して、安全に練習を進めましょう。

  • 窒息の危険

赤ちゃんが顔を床に埋めてしまったり、柔らかいマットや布団の上でうつぶせになったりすると、窒息の危険があります。硬めのマットや畳の上で練習することが望ましいです。

  • 呼吸の確認

赤ちゃんがうつぶせになったときに、呼吸がしやすい姿勢になっているかを確認します。顔が床に押し付けられている場合は、優しく顔を持ち上げてあげるか、体勢を整えてあげてください。


  • 時間に気を付ける

長時間のうつぶせは赤ちゃんにとって負担になります。1回の練習時間は短めに設定し、赤ちゃんの様子を見ながら徐々に時間を延ばしていくようにします。無理なく楽しく練習できる環境を整えましょう。


  • 疲れのサインを見逃さない

赤ちゃんが疲れてきたサインを見逃さないようにしましょう。ぐずり始めたり、動きが鈍くなったりした場合は、休憩を取らせることが大切です。


  • 安全に見守る

うつぶせ中は常に赤ちゃんの近くで見守り、危険がないように配慮します。特に初めてのうつぶせ練習では、親がすぐそばにいることで、赤ちゃんも安心して取り組むことができます。

以上のポイントを守りながら、赤ちゃんのずり這いの練習を安全に進めてください。安全な環境と親の見守りがあれば、赤ちゃんは自信を持ってずり這いを楽しむことができるでしょう。

ずり這いから次のステップへ

赤ちゃんがずり這いを始めると、次のステップへの発達が気になる親も多いでしょう。ここでは、ずり這いの後に見られる発達のステップと、ハイハイへの移行をサポートする方法について詳しく説明します。

ずり這い後の発達ステップ

ります。成長には個人差があるため、この通りとは限りませんが、以下に、一般的な発達の段階を紹介します。


  1. ハイハイ

ずり這いの後、赤ちゃんは手と膝を使ってハイハイを始めます。これは一般的に生後8〜10ヶ月頃に見られる動きで、手と膝を使って体を支えるため、上半身と下半身の筋力がバランスよく発達します。


  1. つかまり立ち

ハイハイが安定してくると、赤ちゃんはつかまり立ちを試みます。これは、生後9〜12ヶ月頃に始まり、家具や親の手を使って立ち上がる動作です。この段階では、足の筋力がさらに強化され、バランス感覚も発達します。


  1. 伝い歩き

つかまり立ちが安定してくると、赤ちゃんは家具や壁を伝って歩き始めます。これを伝い歩きと言い、生後10〜12ヶ月頃に見られます。手を使ってバランスを取りながら移動することで、足腰の筋力がさらに強化されます。


  1. 独り立ち

伝い歩きができるようになると、赤ちゃんは自分で立つことを試みます。これは一般的に生後11〜13ヶ月頃に見られる動作で、手を離して立つことで自信をつけていきます。


  1. 初めての一歩

独り立ちが安定してくると、赤ちゃんは初めての一歩を踏み出します。これは生後12〜14ヶ月頃に見られ、歩行の始まりとなります。最初は数歩しか歩けなくても、徐々に距離が伸びていきます。

ハイハイへの移行を助ける方法

赤ちゃんがずり這いからハイハイへ移行するのを助けるためには、いくつかの効果的な方法があります。以下に、その具体的な方法を紹介します。

  • 親が見本を見せる

親が赤ちゃんの近くでハイハイの姿勢を見せることで、赤ちゃんも真似をしようとします。赤ちゃんは親の動きを観察し、それを模倣することでハイハイを学びます。


  • 柔らかいマットを使用する

硬い床よりも柔らかいマットの上で練習させると、赤ちゃんがハイハイしやすくなります。柔らかいマットは、赤ちゃんの膝や手を保護し、快適に練習できる環境を提供します。


  • 褒めて励ます

赤ちゃんがハイハイを試みるたびに褒めて励ましましょう。ポジティブなフィードバックは赤ちゃんのやる気を引き出し、ハイハイへの挑戦を楽しいものにします。


  • 練習時間は短く

最初は短い時間で練習を始め、徐々に練習時間を延ばしていくことが重要です。赤ちゃんが疲れないようにし、楽しく練習を続けられるようにしましょう。

こうした方法を取り入れることで、赤ちゃんがスムーズにずり這いからハイハイへ移行する手助けをすることができます。親子で楽しく取り組みながら、赤ちゃんの成長をサポートしていきましょう。

親が知っておくべきポイント

赤ちゃんの成長には、さまざまなステップがあり、それぞれの過程で親として知っておくべきポイントがあります。ここでは、発達に関する重要なポイントについて詳しく説明します。

発達には個人差があることを理解しよう

赤ちゃんの発達には個人差があり、それぞれの赤ちゃんが自分のペースで成長します。赤ちゃんの成長を他の子と比較しがちですが、それぞれの赤ちゃんには個別の発達ペースがあります。他の子が早くできることを自分の子がまだできない場合でも、焦らずに見守ることが重要です。比較によって親が不安になると、それが赤ちゃんにも伝わってしまうことがあります。


赤ちゃんの発達をサポートするためにできることはたくさんありますが、無理に進行を早める必要はありません。赤ちゃんが楽しみながら成長できる環境を整え、親子での触れ合いや遊びを通じて自然に成長を促すことが大切です。


それでも、もし発達の遅れが気になる場合は、小児科医や保健師に相談することも一つの方法です。専門家に相談することで、適切なアドバイスやサポートを受けることができます。また、地域の育児サポートセンターや子育て支援グループの利用も検討してみてください。



こちらのコラムサイトを運営する親子教室ベビーパークでも、お子さまの発達を親身になってサポートしていきます。講師もまた子育て経験のあるお母さんばかりで、気軽に育児相談もできる環境ですので、気になる方はぜひ無料体験レッスンに申し込んでみてくださいね。

「親子教室ベビーパーク」は全国に200教室以上! 体験レッスンは無料なので気楽に遊びに来てね♪

まとめ

この記事では、ずり這いの時期や前兆となる動き、また練習やサポートの方法などについてご紹介してきました。赤ちゃんの赤ちゃんのずり這いは、生後半年頃から始まることが多いですが、個人差があります。親として、成長の早い遅いは気になることですが、赤ちゃんの成長は一つ一つが貴重な瞬間です。焦らずに見守り、赤ちゃんのペースに合わせて成長を楽しみながらサポートしていきましょう。この記事を読んだ方々の、赤ちゃんの健やかな成長を応援しています。

「ハイハイ・歩行」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/cda228a947e64f6c9fa37a22c18234ec/img01%20(4).jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんはいつから歩くの? 歩きはじめが早い子・遅い子でも大丈夫?

赤ちゃんがある程度成長してくると「いつになったら歩き始めるのだろう」と気になる人も少なくありません。赤ちゃんが歩き始める時期は個人差が大きいため、周囲の赤ちゃんと比較することなくおおらかな気持ちで見守ってあげましょう。本記事では、赤ちゃんが歩き始める時期の目安について紹介します。赤ちゃんが歩き始めるまでの成長過程や注意すべきポイントなども解説しているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/44482e9125934ce8ac063405f3f53013/img01.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんがハイハイする時期はいつから? 運動能力を高めるハイハイについて

近年、フローリングの洋室中心の家造りが一般的になるなかで、ハイハイを経験することなく二足歩行を始める子どもが増えているといいます。ハイハイを経験することのない赤ちゃんは急増しており、最近では「それも一つの個性」や「赤ちゃんの正常な発達の一つの形」だとまでいわれています。しかし、ハイハイの習慣は、人間としての基礎的な体を守る身のこなしである腕を伸ばして体を支える「支持力」にかかわる重要な運動です。また、股関節や筋力の発達を促進するだけでなく、脳の発達にも寄与するのではないかといわれています。ここでは、子どものハイハイの現状と、その効果と重要性についてご説明していきます。

赤ちゃんの育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c331303739840b29fa7dda48d6687f4/baby%E2%80%90with%E2%80%90eyes%E2%80%90closed.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが首を左右に振るのはなぜ?その意味や理由を解説します

赤ちゃんが首を左右に振ると、その行動に戸惑う親御さんも多いでしょう。首を振る行動が激しかったりあまり頻繁だったりすると「首を振るのは異常?」「いつまで続くの?」といった疑問を持つ親も少なくありません。この記事では、赤ちゃんが首を振る理由や注意すべきポイント、対応方法について詳しく解説します。赤ちゃんの首振り行動の背景にある理由をお伝えします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/50ec53247f10477291dff6d42d6c9085/breast-milk-jewelry.jpg
赤ちゃんの育児

乳児の断乳マニュアル!赤ちゃんもママも快適なやり方とタイミングを解説

断乳は母親にとって大きなチャレンジであると共に、赤ちゃんの成長にとっても重要なステップになります。この記事では、断乳の正しいやり方やタイミングについて詳しく解説します。断乳と卒乳の違いから断乳のおすすめ時期や断乳中のママのおっぱいケア方法など、具体的で役に立つアドバイスをお伝えします。断乳をスムーズに進めるためのコツやパパとの協力方法も紹介しますので、初めての断乳に不安を感じているママも安心して実践できる内容です。ぜひこのガイドを参考にして、赤ちゃんと一緒にスムーズな断乳を目指しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68a0baf9b99e4bb4838e9e162aa3a147/when-stop-formula-transition-baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのミルクはいつまで必要?適正タイミングや量の減らし方などスムーズにやめる方法をご紹介

子育ての中で「赤ちゃんにミルクはいつまで与えるべきか」という疑問を抱える親御さんは少なくないでしょう。特に初めての育児では、ミルクのやめるタイミングや適切なフォローアップミルクの選び方が分からず、不安を感じることも少なくありません。この記事では、赤ちゃんの成長に合わせたミルクの与え方や、スムーズにミルクを卒業するための方法をわかりやすくご紹介します。赤ちゃんの成長に合ったミルクのあげ方を理解し、安心して次のステップに進むことができるようになるでしょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/897108153eff47d89b0361dcd9c07370/troubled%20mother%20and%20a%20child%20having%20fun.jpg
赤ちゃんの育児

後追いはいつから始まっていつ終わる?行動の理由やベストな対応策も紹介

初めは寝てばかりいた赤ちゃんが、ハイハイできるようになる頃から始まる「後追い」。子供の成長は嬉しいけれど、あまりにも後追いがひどいとどのように対応すれば良いのか、いつまで続くのか・・・、と悩む親も多いでしょう。この記事では、赤ちゃんがなぜ後追いを始めるのか、その行動の背後にある心理や発達のメカニズム、そして後追いが自然に減っていく時期や対処法について詳しく解説します。親子の毎日をより良くするヒントを見つけましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/27e2e9e3bdf74f15b265836c01956384/ducks%20hot%20spring.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんとの温泉旅行、いつからOK?必要な準備や注意点を知って安全に楽しもう!

子供が生まれると、家族での旅行も一つの大きなイベントです。特に、赤ちゃんを連れての温泉旅行は、親子の大切なふれあいの時間となりますが「赤ちゃんには温泉はいつから安全なの?」や「どんな準備をしていけばいいの?」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんとの温泉デビューに最適な時期や温泉に入る際の注意点を分かりやすく解説します。赤ちゃんが快適に温泉を楽しむための知識を身につけ、安心して温泉旅行を楽しむための第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/822c0728f00f43d1be83e8ae3477a160/baby%20pointing.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの指差しサインはいつから?その意味や指さしをしない場合の理由を解説!

赤ちゃんが何かを伝えたい時、言葉を使う前にしばしば見せる行動が「指差し」です。この小さなジェスチャーには、さまざまな意味や目的が込められていることをご存知でしょうか? 赤ちゃんが初めて指を差すのはいつからか、また、その後どのように進化していくのか、そして、指差しをしない場合、その理由にはどのようなものがあるのか。これらの疑問にお答えします。この記事を通じて、赤ちゃんの指差しに込められた「メッセージ」を理解し、赤ちゃんとのコミュニケーションをさらに深めましょう。それでは、さっそく詳しく説明します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f47eca0d70944162a7ea3133ecddffaa/baby%20brushing%20teeth.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?ガーゼや歯ブラシの使用方法や嫌がる時の解決策まで徹底解説!

親にとって、赤ちゃんの健康は何よりも大切です。赤ちゃんに初めて小さな乳歯が生えてきたとき、その成長を喜ぶと共に、歯磨きについての疑問も出てくるのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんの歯磨きをいつから始めれば良いのか、そしてどのようにして進めれば良いのか、分かりやすく説明します。使用するべきツールや、赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合の対処法についてもご紹介。赤ちゃんの歯磨きに関してよくある疑問を解消し、健康な歯を育む第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2291b6ac9899493289c1c9758c9aa3af/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%97%E6%8C%87%E6%95%B0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E8%82%A5%E6%BA%80%E3%81%AE%E5%88%A4%E6%96%AD%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%83%BB%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%A5%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%80%A4%E3%80%81%E8%82%A5%E6%BA%80%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%A7%A3%E8%AA%AC%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

カウプ指数とは?赤ちゃんの肥満の判断基準・年齢別標準値、肥満予防について解説

健康な体を維持するためには、適切な体重管理が大切です。特に成長期にある赤ちゃんにとって、体重と身長のバランスを見ることは重要な健康管理方法の一つとなります。この記事では、赤ちゃんの健康状態を把握するための重要な指標であるカウプ指数について詳しく解説します。カウプ指数を理解することで、赤ちゃんの健康管理に役立てていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5e0b1ed731194c899f17cc93ad1a6d03/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%9F.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのファーストシューズ、いつから?選び方とサイズ、履かせるベストタイミングまで徹底ガイド

赤ちゃんが初めて靴を履く瞬間は、親にとっても子供の成長を感じる大きな節目です。しかし、いつからファーストシューズを履かせるべきか、どのように選べば良いのか、サイズはどう判断するのか、など迷うことも多いのではないでしょうか。この記事では、こうした疑問について、分かりやすく詳しく説明します。お子様の足の健康を守り、快適に歩き始めるための第一歩を、一緒に踏み出しましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/15c360217430493181ff5c1e365bf64e/NO205-1.jpeg
赤ちゃんの育児

「赤ちゃんのいびき」について~その原因や医師の診察が必要な場合、対策について解説~

赤ちゃんの寝顔は天使のようにかわいいものですよね。育児で疲れている時でも、平和そうな赤ちゃんの寝顔を見ると気持ちが癒されて何とか乗り切れる、ということもあるかと思います。ところが、そんな赤ちゃんが意外と大きないびきをかいてびっくりすることがあると思います。「ぐごー」「しゅぴー」と大人顔負けの大きな音でいびきをかいて親が寝られなくなったり、赤ちゃん自身が自分のいびきの音に驚いて目をさましてしまったり、なんて先輩ママの思い出話を聞いたりするものです。笑い話で語られることも多い「赤ちゃんのいびき」ですが、あまりにひどいと「健康に何か問題があるのではないか?」と心配になる親御さんもいらっしゃると思います。こちらのコラムでは、この「赤ちゃんのいびき」について、いびきが始まる時期やその原因、注意したほうがよいケースや対応法などを説明していきます。こちらを読んでいただき、少しでも子育ての手助けになれば幸いです。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。