赤ちゃんとの温泉旅行、いつからOK?必要な準備や注意点を知って安全に楽しもう!

No.226更新日付:2024年5月8日

子供が生まれると、家族での旅行も一つの大きなイベントです。特に、赤ちゃんを連れての温泉旅行は、親子の大切なふれあいの時間となりますが「赤ちゃんには温泉はいつから安全なの?」や「どんな準備をしていけばいいの?」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。


この記事では、赤ちゃんとの温泉デビューに最適な時期や温泉に入る際の注意点を分かりやすく解説します。赤ちゃんが快適に温泉を楽しむための知識を身につけ、安心して温泉旅行を楽しむための第一歩を踏み出しましょう。

赤ちゃんの温泉入浴、スタートはいつから?

赤ちゃんと一緒に温泉に行くことを考えたとき、多くの親が一番知りたいのは「赤ちゃんをいつから温泉に入れても大丈夫か」ということです。ここでは、赤ちゃんが温泉に入れる最適な時期と温泉の成分や水温が赤ちゃんの健康にどう影響するかについて、専門的な視点から説明します。

赤ちゃんの温泉デビューの適切な時期

赤ちゃんが温泉に入れるかどうかを考えるとき、まず大切なのは赤ちゃんの体の健康と肌の状態です。一般的に、赤ちゃんが生後6ヶ月を過ぎたら温泉入浴を始めても良いとされています。この頃になると、赤ちゃんの肌も少し丈夫になり、体温をうまく保てるようになります。また、首がしっかりと支えられるようになるため、水の中での安全性も高まります。

入浴可能な月齢は?

具体的に「赤ちゃんが温泉に入れる月齢」を考える場合、最も大切なのは赤ちゃんの個々の成長と健康状態を見ることです。生後6ヶ月未満の場合、特に未熟児であった赤ちゃんは、外部の刺激に対する抵抗力が弱いため、温泉入浴を避けるべきです。6ヶ月を過ぎた赤ちゃんでも、皮膚にトラブルが見られる場合や体調が優れないときは入浴を控えましょう。

赤ちゃんにとって温泉の成分や温度は安全?

赤ちゃんの肌は大人よりも刺激を受けやすいため、温泉の成分や温度には特に注意が必要です。硫黄などのミネラル成分が多い温泉は、大人には良い効果があるかもしれませんが、赤ちゃんには刺激が強すぎる場合があります。温泉を選ぶときは、成分が赤ちゃんに優しいかどうかを確認しましょう。


また、赤ちゃんが入る温泉の温度は、約38度が最適です。温度が高すぎると肌に悪影響を与えたり、体温が下がりすぎるリスクもあります。赤ちゃん専用の温度設定を提供している施設もあるので、事前にチェックしておくと安心です。


赤ちゃんの初めての温泉入浴は、親子にとって特別な思い出になります。適切な準備と注意を払って、安全で楽しい温泉時間を過ごしましょう。

赤ちゃんとの温泉入浴のための完全ガイド

温泉旅行は家族にとって楽しい体験ですが、赤ちゃんを連れての入浴にはしっかりした準備と注意が必要です。このガイドでは、赤ちゃんと一緒に温泉を安全かつ快適に楽しむための準備方法、入浴時の注意点、および適切なマナーについて詳しく説明します。

入浴前の準備

赤ちゃんとの温泉旅行前には、以下のような準備が必要です。


  • 医師の許可

特に初めての温泉旅行の場合、赤ちゃんの健康状態を確認し、医師に温泉に入ってもよいか確認を取りましょう。

  • バスグッズの準備

赤ちゃん用の浮き輪、水温計、無添加のベビーソープ、保湿クリーム、そして水着など、必要なアイテムを忘れずに準備しましょう。

  • チェックイン前の確認

温泉施設に連絡を取り、赤ちゃんの入浴が可能か、赤ちゃん用の設備が整っているか(おむつ交換スペース、個室の利用可能性など)を確認します。

赤ちゃんとの温泉入浴時の注意点

赤ちゃんと一緒に温泉に入る時には、以下の点に注意してください。

  • 水温の管理

赤ちゃんの体にやさしい水温は約38度です。水温計を使用して、常に適切な温度が保たれていることを確認しましょう。

  • 時間の管理

長時間の入浴は赤ちゃんの負担となります。5分から10分の短い時間での入浴を心掛け、体調を常にチェックしましょう。

  • 入浴後のケア

入浴後は、すぐに赤ちゃんをよく拭き、保湿クリームでしっかりと保湿を行ってください。これにより、温泉成分による肌荒れを防ぎます。

赤ちゃん連れの温泉マナー

赤ちゃん連れでの温泉利用時には、いつもに増して、他の利用者に配慮したマナーが求められます。

  • 周囲への配慮

赤ちゃんが泣き始めたら、迅速に対処をし、必要なら一時的に浴場を離れましょう。

  • 使用後の清掃

使用した浴槽の周りは、他のゲストが気持ちよく利用できるように、きれいにしておきましょう。

  • プライバシーの尊重

個室や家族風呂を利用できる場合は、それらを利用しましょう。温泉に来ている他のゲストにも配慮しつつ、気兼ねなく家族での時間を楽しむことができます。



赤ちゃんとの温泉入浴は、万全の準備と注意を払うことで、家族みんなが快適に過ごすことができます。このガイドを参考に、安心して温泉を楽しんでください。

赤ちゃんにやさしい温泉選びのコツ

温泉旅行は家族にとって特別な楽しみの一つですが、赤ちゃんを連れての旅行は少し工夫と準備が必要です。特に大切なのは、赤ちゃんが安心して入れる温泉と宿を選ぶことです。ここでは、赤ちゃんの肌に優しい泉質と赤ちゃん連れに配慮した宿の選び方について説明します。

赤ちゃんにおすすめの泉質

温泉旅行は家族にとって楽しい経験ですが、赤ちゃんを連れての温泉選びには特に注意が必要です。特に赤ちゃんの肌は非常にデリケートで、すべての温泉が赤ちゃんに適しているわけではありません。


赤ちゃんに最もおすすめされるのは「単純温泉」です。この泉質は、温泉成分の含有量が少なく、体に与える刺激が非常に低いため、敏感な赤ちゃんの肌にも優しいとされています。単純温泉は「美肌の湯」とも称されることがあり、その温和な特性から、赤ちゃんの初めての温泉としても最適です。


ただし、温泉に入る前には必ず大人が先に試入浴をして、肌に刺激がないかどうかを確認するようにしましょう。もし大人が入浴してわずかでも肌に刺激を感じた場合は、その温泉は赤ちゃんには適さない可能性が高いので、入浴を避けるべきです。


また、強酸性や強アルカリ性の泉質など、刺激の強い温泉は避け、赤ちゃんにとって安全で心地よい温泉を選ぶことが重要です。

赤ちゃん連れに優しい温泉宿の選び方

赤ちゃんとの旅行では、宿選びも重要です。ここでは赤ちゃん連れに優しい宿を選ぶポイントを紹介します。

  • 設備が整っているか

赤ちゃん用のベッドやおむつ交換台があるか確認しましょう。個室のお風呂があると、他のゲストに気兼ねなく済むので便利です。

  • スタッフの対応はどうか

赤ちゃん連れ専用のサービスがあるか、スタッフが赤ちゃん連れの扱いに慣れているかも大切です。宿の評判や口コミをチェックしてみましょう。

  • 食事の配慮があるか

赤ちゃん向けの食事があるか、アレルギー対応ができるかも重要です。家族全員が快適に食事できるかが旅の満足度を左右します。



赤ちゃん連れにやさしい温泉と宿を選べば、赤ちゃんも家族も安心して温泉を楽しむことができます。これらのポイントを参考にして、次の温泉旅行を計画してみてください。きっと、赤ちゃんにとっても、親にとっても、快適で楽しい時間が過ごせるはずです。

赤ちゃん連れ温泉旅行のためのチェックリスト

赤ちゃんと一緒に温泉旅行を計画している家族にとって、事前の準備はとても大切です。

ここでは、赤ちゃんの入浴が可能かどうかを確認する方法と旅行に必要なアイテムについてチェックすべき事項をまとめました。これを参考に、しっかりと準備をして、安全で快適な旅行を楽しみましょう。

事前に赤ちゃんの入浴が可能か温泉施設の条件をチェック

赤ちゃんとの温泉旅行前には、以下の点を確認しておくことが大切です。


  • 温泉の成分分析表の確認

温泉施設に直接問い合わせ、成分分析表をチェックしてください。赤ちゃんの肌に刺激の少ない成分であるかどうか確認しておきましょう。


  • 水温の確認

赤ちゃんが入浴するには約38度の水温が適しています。施設によっては設定温度を調整してくれる場合があります。


  • 施設のサポート体制の確認

緊急時の対応や、赤ちゃん用の設備が整っているかも確認しましょう。

赤ちゃんとの温泉旅行に持っていくべきアイテムリスト

赤ちゃんとの旅行では、訪れる施設や月齢にもよりますが、次のようなアイテムを準備すると良いでしょう。


  • 赤ちゃん用のバスグッズ

防水のおむつ、ベビーバスローブ、ベビーソープやシャンプー、保湿クリームを持参しましょう。宿にない場合、空気で膨らむタイプの赤ちゃん用のバスチェアなども持っていくと便利です。


  • 健康管理用品

体温計、普段使っている薬や日焼け止め、赤ちゃん用の救急セットも忘れずに。


  • 授乳・食事用品

ミルク、哺乳瓶、赤ちゃん用の食器とスプーン、使い捨てのビブ、さらにはおやつや離乳食など。


  • その他必需品

着替えの服やおむつ、おしりふき、ベビーカーなど、使い慣れたものを持っていきましょう。



このチェックリストを参考に、赤ちゃんが安心して温泉を楽しめるような環境を整えましょう。万全の準備で赤ちゃんとの温泉旅行を存分に楽しんでください。

赤ちゃんとの温泉旅行でよくある疑問Q&A

ここでは、赤ちゃんとの温泉旅行についてよくある質問を見ていきましょう。旅行を計画する時の参考にして下さい。

赤ちゃんが温泉に入る時間はどのくらいが良い?

赤ちゃんの温泉入浴時間については、短めに設定するのが一般的です。理想的な入浴時間は5分から10分です。長くても15分を超えないようにしましょう。赤ちゃんの体は大人に比べて熱を逃がしにくいため、熱中症のリスクを避け、こまめに体温をチェックしてください。また、入浴後はすぐに体を拭いて保温することが大切です。

温泉での赤ちゃんの安全対策はどうすればいい?

赤ちゃんの温泉安全対策として最も大切なのは、以下の三つです。

  • 温度管理

温泉の温度は赤ちゃんの体にとって非常に重要です。理想的な水温は37度から38度。温度計を用いて常にチェックしましょう。

  • 水の深さ

赤ちゃんが口や鼻を水につけないよう、水深は浅めの場所で入浴し、常に支えてあげるようにしましょう。

  • 目を離さない

赤ちゃんを水に入れるときは、一瞬たりとも目を離さず、常に手を添えて安全を確保してください。宿にベビーバスチェアなどがある場合、積極的に活用しましょう。

赤ちゃんが温泉に入った後のケアはどうするべき?

温泉から上がった後の赤ちゃんのケアも重要です。すぐに温かいタオルで体を優しく拭き取り、保湿クリームを使用して肌の乾燥を防ぎましょう。また、温泉の成分が刺激となることもあるので、特に肌が敏感な赤ちゃんには入浴後は水道水で軽くシャワーを浴びさせることをお勧めします。

温泉旅行で赤ちゃんが体調を崩したときの対処法は?

赤ちゃんが温泉旅行中に体調を崩した場合、次の対処法を試してください。

  • 冷静に対応

まずは赤ちゃんの症状を冷静に観察し、必要ならば直ちに最寄りの医療機関を訪れます。

  • 水分補給

熱がある場合は積極的に水分を与え、体温調節を助けましょう。

  • 適度な休息

体調が悪いときは無理をせず、十分な休息を取ることが重要です。快適な環境を整えて、赤ちゃんがリラックスできるようにしましょう。


まとめ

この記事では、赤ちゃんとの温泉旅行についての様々な疑問に答え、赤ちゃんが温泉を安全に楽しむための準備や注意点を詳しく説明しました。赤ちゃんと一緒に温泉に行く際には、泉質や温度、温泉宿の対応など、いくつかの重要なポイントを事前にチェックすることが必要です。

赤ちゃんとの温泉旅行は、家族にとって貴重な思い出となるでしょう。この記事で紹介した準備と注意点を守りながら、皆さんが安全で心地よい温泉時間を過ごせることを願っています。

赤ちゃんの育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68a0baf9b99e4bb4838e9e162aa3a147/when-stop-formula-transition-baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのミルクはいつまで必要?適正タイミングや量の減らし方などスムーズにやめる方法をご紹介

子育ての中で「赤ちゃんにミルクはいつまで与えるべきか」という疑問を抱える親御さんは少なくないでしょう。特に初めての育児では、ミルクのやめるタイミングや適切なフォローアップミルクの選び方が分からず、不安を感じることも少なくありません。この記事では、赤ちゃんの成長に合わせたミルクの与え方や、スムーズにミルクを卒業するための方法をわかりやすくご紹介します。赤ちゃんの成長に合ったミルクのあげ方を理解し、安心して次のステップに進むことができるようになるでしょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/897108153eff47d89b0361dcd9c07370/troubled%20mother%20and%20a%20child%20having%20fun.jpg
赤ちゃんの育児

後追いはいつから始まっていつ終わる?行動の理由やベストな対応策も紹介

初めは寝てばかりいた赤ちゃんが、ハイハイできるようになる頃から始まる「後追い」。子供の成長は嬉しいけれど、あまりにも後追いがひどいとどのように対応すれば良いのか、いつまで続くのか・・・、と悩む親も多いでしょう。この記事では、赤ちゃんがなぜ後追いを始めるのか、その行動の背後にある心理や発達のメカニズム、そして後追いが自然に減っていく時期や対処法について詳しく解説します。親子の毎日をより良くするヒントを見つけましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/822c0728f00f43d1be83e8ae3477a160/baby%20pointing.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの指差しサインはいつから?その意味や指さしをしない場合の理由を解説!

赤ちゃんが何かを伝えたい時、言葉を使う前にしばしば見せる行動が「指差し」です。この小さなジェスチャーには、さまざまな意味や目的が込められていることをご存知でしょうか? 赤ちゃんが初めて指を差すのはいつからか、また、その後どのように進化していくのか、そして、指差しをしない場合、その理由にはどのようなものがあるのか。これらの疑問にお答えします。この記事を通じて、赤ちゃんの指差しに込められた「メッセージ」を理解し、赤ちゃんとのコミュニケーションをさらに深めましょう。それでは、さっそく詳しく説明します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f47eca0d70944162a7ea3133ecddffaa/baby%20brushing%20teeth.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?ガーゼや歯ブラシの使用方法や嫌がる時の解決策まで徹底解説!

親にとって、赤ちゃんの健康は何よりも大切です。赤ちゃんに初めて小さな乳歯が生えてきたとき、その成長を喜ぶと共に、歯磨きについての疑問も出てくるのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんの歯磨きをいつから始めれば良いのか、そしてどのようにして進めれば良いのか、分かりやすく説明します。使用するべきツールや、赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合の対処法についてもご紹介。赤ちゃんの歯磨きに関してよくある疑問を解消し、健康な歯を育む第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2291b6ac9899493289c1c9758c9aa3af/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%97%E6%8C%87%E6%95%B0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E8%82%A5%E6%BA%80%E3%81%AE%E5%88%A4%E6%96%AD%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%83%BB%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%A5%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%80%A4%E3%80%81%E8%82%A5%E6%BA%80%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%A7%A3%E8%AA%AC%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

カウプ指数とは?赤ちゃんの肥満の判断基準・年齢別標準値、肥満予防について解説

健康な体を維持するためには、適切な体重管理が大切です。特に成長期にある赤ちゃんにとって、体重と身長のバランスを見ることは重要な健康管理方法の一つとなります。この記事では、赤ちゃんの健康状態を把握するための重要な指標であるカウプ指数について詳しく解説します。カウプ指数を理解することで、赤ちゃんの健康管理に役立てていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5e0b1ed731194c899f17cc93ad1a6d03/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%9F.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのファーストシューズ、いつから?選び方とサイズ、履かせるベストタイミングまで徹底ガイド

赤ちゃんが初めて靴を履く瞬間は、親にとっても子供の成長を感じる大きな節目です。しかし、いつからファーストシューズを履かせるべきか、どのように選べば良いのか、サイズはどう判断するのか、など迷うことも多いのではないでしょうか。この記事では、こうした疑問について、分かりやすく詳しく説明します。お子様の足の健康を守り、快適に歩き始めるための第一歩を、一緒に踏み出しましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/15c360217430493181ff5c1e365bf64e/NO205-1.jpeg
赤ちゃんの育児

「赤ちゃんのいびき」について~その原因や医師の診察が必要な場合、対策について解説~

赤ちゃんの寝顔は天使のようにかわいいものですよね。育児で疲れている時でも、平和そうな赤ちゃんの寝顔を見ると気持ちが癒されて何とか乗り切れる、ということもあるかと思います。ところが、そんな赤ちゃんが意外と大きないびきをかいてびっくりすることがあると思います。「ぐごー」「しゅぴー」と大人顔負けの大きな音でいびきをかいて親が寝られなくなったり、赤ちゃん自身が自分のいびきの音に驚いて目をさましてしまったり、なんて先輩ママの思い出話を聞いたりするものです。笑い話で語られることも多い「赤ちゃんのいびき」ですが、あまりにひどいと「健康に何か問題があるのではないか?」と心配になる親御さんもいらっしゃると思います。こちらのコラムでは、この「赤ちゃんのいびき」について、いびきが始まる時期やその原因、注意したほうがよいケースや対応法などを説明していきます。こちらを読んでいただき、少しでも子育ての手助けになれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1933c3dd4e9c451f8670ff2b7a54f810/NO203-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

「手づかみ食べ」いつから始める?~成長への効果性や注意点について解説~

赤ちゃんが順調に成長してきて、そろそろ離乳食を始める時期かな?となると、調べるべきことがまたたくさん増えて大変な時期になりますよね。 離乳食の始め方や、ふさわしい食材、どれくらいの量を一回に与えるべきなのか…、など気になることがたくさんあるかと思います。その中の一つに「赤ちゃんに手づかみ食べをさせたほうがよい?」ということがあります。 赤ちゃんの「手づかみ食べ」ですが、決してお行儀が悪いなどということはなく、今後の成長や食育について大きな効果が期待できるものです。こちらのコラムでは、この赤ちゃんの「手づかみ食べ」について、いつから始めるべきか、またその効果性や注意点についてまとめています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f7a46e568ab46969e12c080a4c85ae9/NO202-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが寝る時の服装のおすすめは?~季節別や月齢別のおすすめや注意点を紹介~

赤ちゃんを育てている親御さんなら、赤ちゃんがちゃんと夜寝てくれるかはとても大事なテーマだと思います。夜ぐっすりと寝てくれれば赤ちゃんも健康になるし、お母さんとしても少しは楽な時間が作れる…、と願いますが、実際はなかなか寝付いてくれなかったり、寝てもすぐに起きてしまったりと、ほとんどのパパママにとっての悩みのタネだと思います。 こちらのコラムでは、赤ちゃんが快適に睡眠をとれるようにするための適切な服装や寝室の環境などについて解説していきます。どうしても寝てくれない日や、夜泣きをする日はあるものですが、なるべく快適な環境で子どもにぐっすり寝てもらえるように役立てば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/57b5f9f191244d4885bf30086d44fe93/NO201-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

「喃語(なんご)」は成長のサイン!~赤ちゃんの喃語の特徴と、0歳期の言葉の育て方について~

赤ちゃんが生後5~6ヶ月ごろになると、「ば・ば・ば」や「だ・だ・だ」など徐々にはっきりとした発音をするようになります。この時点ではまだ特段の意味を持たない状態なのですが、今「パパ」って言ったかな?「ママ」って言ったよね?など、親としてもつい嬉しくなる瞬間だと思います。 こちらのコラムでは、この生後6ヶ月ごろから見られる「喃語」について、「クーイング」との違いや、赤ちゃんが言葉を発するようになる過程、「喃語」を話す時期にお子さまの言葉を発達させるために親ができうることについて説明していきます。 
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。