チャイルドシートを前向きにするのは何ヶ月・何キロから?理由や注意点も解説

No.234更新日付:2024年6月5日

子供を持つ親にとって、チャイルドシートの使用は安全運転の基本です。しかし、チャイルドシートを後ろ向きから前向きに切り替えるタイミングについては、多くの親が疑問に思うことではないでしょうか。

この記事では、チャイルドシートを前向きに切り替える最適な時期について詳しく解説します。この記事を読むことで、チャイルドシートの適切な使用方法や切り替え時期を理解し、子供の安全を確保するための知識を得ることができます。


さあ、チャイルドシートを前向きに切り替えるタイミングについて、一緒に学んでいきましょう。

チャイルドシートはいつ前向きに切り替える?

子供の成長に伴い、チャイルドシートの向きを後ろ向きから前向きに切り替えるのは自然なことです。しかし、具体的に「何ヶ月から」「何キロから」前向きに切り替えるべきかは分からないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、チャイルドシートの種類や基準に基づいて切り替え時期が異なることや、月齢や身長・体重に合わせて最適なタイミングを見つける方法について詳しく解説します。子供の安全を守るために、適切な切り替え時期を知り、安心してチャイルドシートを利用できるようにしましょう。

チャイルドシートによって切り替え時期は異なる

チャイルドシートの切り替え時期は、製品によって異なることがあります。一般的に、チャイルドシートの製造元は、後ろ向き使用の期間を定めています。これは、安全性を最大限に考慮して設計されているためで、例えば、一部のチャイルドシートは生後6ヶ月から1歳まで後ろ向き使用を推奨しており、それ以降は前向きに切り替えるように設計されています。


また、チャイルドシートの種類によっても切り替え時期が異なることがあります。例えば、乳児用のシートは後ろ向き専用ですが、コンバーチブルシート(乳児から幼児まで使用できるシート)は後ろ向きと前向きの両方に対応しており、成長に合わせて使用方法を変えることができます。


切り替え時期については、必ずチャイルドシートの取扱説明書を確認し、製造元の推奨に従うようにしましょう。各製品にはそれぞれの安全基準が設定されており、それに従うことが最も安全です。

月齢や身長・体重に合わせて切り替えよう

チャイルドシートの切り替えは、単に月齢だけでなく、子供の身長や体重も考慮する必要があります。一般的なガイドラインとしては、子供が最低でも2歳になるまでは後ろ向きで使用することが推奨されています。しかし、身長や体重が製品の後ろ向き使用の上限に達した場合は、前向きに切り替える必要があります。


例えば、後ろ向きのチャイルドシートは通常、体重が9kgから18kgの間で使用することができます。これを超えると、前向きに切り替えることが必要になります。また、身長がシートの背もたれの上端を超えるような場合も、前向きに切り替えるタイミングです。


チャイルドシートの安全性を最大限に引き出すためには、月齢、身長、体重の全てをバランスよく考慮することが大切です。子供の成長は個人差が大きいので、一般的なガイドラインに加えて、定期的にチャイルドシートの使用状況を確認し、適切なタイミングで切り替えを行うよう心掛けましょう。

初めは後ろ向きが推奨される理由とは

チャイルドシートの向きは子供の安全に直結する重要な要素です。特に生後間もない赤ちゃんや幼い子供には、後ろ向きのチャイルドシートが推奨されています。では、なぜ初めは後ろ向きが良いのでしょうか?ここでは、後ろ向きチャイルドシートの利点と、その理由、そして早すぎる前向きへの切り替えがもたらすリスクについて詳しく説明します。

赤ちゃんを守る!後ろ向きチャイルドシートの利点

後ろ向きのチャイルドシートは、赤ちゃんや幼児の安全を守るのにとても効果的です。これは、後ろ向きのシートが前向きのものに比べて、事故の時に子供の体をより効果的に守れるからです。


特に後ろ向きのチャイルドシートは、事故の際に力がシート全体に均等に広がるため、子供の首や背骨への負担を大幅に減らします。赤ちゃんの首や背骨はまだ成長途中でとても弱いため、前向きのチャイルドシートでは事故の時に首にかかる負担が大きくなり、重い怪我をするリスクが高まります。


また、後ろ向きのチャイルドシートは、赤ちゃんが成長し体重が増えても、その保護効果を保つことができます。これは、後ろ向きのシートが体全体を包み込むように支える設計になっているためです。そのため、体重が増えることで、より高い安全性を確保することができます。


このように、後ろ向きのチャイルドシートは赤ちゃんや幼児の弱い部分を補い、最大限の安全を提供するために作られています。そのため、できるだけ長い期間、後ろ向きのチャイルドシートを使うことが勧められます。

早すぎる前向きへの切り替えはNG

早すぎる段階でチャイルドシートを前向きに切り替えることは、子供の安全にとって大きなリスクとなります。多くの親が、子供が成長して前向きのシートに移るタイミングを早めたいと思うことがありますが、それは避けるべきです。

前に述べたように、後ろ向きのチャイルドシートは事故の時の衝撃を分散し、子供の首や背骨を守ります。しかし、前向きに切り替えると、事故の際に子供の首に大きな負荷がかかり、重い怪我をする可能性が高まります。


アメリカ小児科学会(AAP)やその他の安全基準機関は、子供が少なくとも2歳になるまでは、後ろ向きのチャイルドシートを使用することを推奨しています。さらに、身長や体重の基準に達していない場合は、それ以上の期間後ろ向きシートを使うことが望ましいとされています。

子供の安全を最優先に考え、早すぎる段階での前向きへの切り替えは避けましょう。正しい時期に、安全にチャイルドシートを前向きに切り替えることで、子供を最大限に守ることができます。

前向きチャイルドシートに変えるときの安全チェック

チャイルドシートを前向きに切り替えるタイミングが来たら、安全に設置することが最も重要です。正しい設置方法や注意点を理解することで、子供の安全を確保することができます。ここでは、前向きチャイルドシートに切り替える際の具体的な手順や安全チェックのポイントを詳しく解説します。また、設置ミスを防ぐための注意事項も紹介します。

チャイルドシートを安全に設置する方法

前向きチャイルドシートを安全に設置するためには、正しい手順を踏むことが非常に重要です。まず、チャイルドシートの取扱説明書をしっかりと確認し、製造元の指示に従って設置を行いましょう。

  • シートベルトまたはISOFIXを使用する

多くのチャイルドシートは、車のシートベルトまたはISOFIX(アイソフィックス)システムを使用して固定します。ISOFIXは、車両に内蔵された固定金具を使用する方法で、簡単かつ確実にチャイルドシートを取り付けることができます。取扱説明書に従い、シートベルトやISOFIXを正しく取り付けることが重要です。


  • シートの角度を調整する

チャイルドシートが正しい角度で設置されているか確認しましょう。前向きチャイルドシートは、子供の背中がシートにしっかりとフィットするように設計されていますが、シートの角度が適切でないと、安全性が損なわれる可能性があります。取扱説明書に記載されている推奨角度を確認し、それに従ってシートの角度を調整してください。


  • ハーネスをしっかりと固定する

チャイルドシートに子供を乗せたら、ハーネスをしっかりと固定しましょう。ハーネスは子供の肩と腰にしっかりとフィットし、適度な締め具合に調整されている必要があります。ハーネスが緩んでいると、衝突時に子供がシートから飛び出す危険性がありますので、必ず確認してください。


  • シートベルトの締め具合を確認する

チャイルドシートが車のシートにしっかりと固定されているか確認するために、シートベルトをしっかりと締めましょう。シートベルトが緩んでいる場合、チャイルドシートが動く可能性があります。取り付け後にシートを軽く揺さぶり、動かないことを確認してください。

前向きに切り替えるときの注意点

前向きチャイルドシートに切り替える際には、いくつかの重要な注意点があります。これらを守ることで、子供の安全を確保することができます。

  • 適切なタイミングで切り替える

前向きに切り替えるタイミングは、月齢や体重、身長に基づいて決定します。一般的には、子供が2歳を過ぎるまでは後ろ向きの使用が推奨されていますが、体重や身長が製品の後ろ向き使用の上限を超えた場合は、前向きに切り替える必要があります。


  • 座席の位置を確認する

前向きチャイルドシートを設置する座席の位置も重要です。後部座席の中央が最も安全な位置とされていますが、車両の設計や他の乗員の配置によっては左右の座席を使用することもあります。車の取扱説明書やチャイルドシートのガイドラインに従い、最適な位置を選びましょう。


  • ハーネスの高さを調整する

子供の成長に合わせて、ハーネスの高さを適切に調整することが必要です。ハーネスが肩の高さに正しく配置されているか確認し、成長に応じて調整してください。肩よりも低すぎる位置にあると、衝突時に十分な保護ができません。


  • 定期的なチェックを行う

チャイルドシートの設置状況やハーネスの締め具合は、定期的に確認することが重要です。使用するたびに、シートがしっかりと固定されているか、ハーネスが正しく調整されているかをチェックしましょう。

これらのポイントを守り、安全に前向きチャイルドシートを使用することで、子供の安全を確保し、安心してドライブを楽しむことができます。

親が知っておくべきチャイルドシートのルール

チャイルドシートの使用には、親が知っておくべき重要なルールがあります。これらのルールを守ることで、子供の安全を確保し、交通事故によるリスクを最小限に抑えることができます。このセクションでは、チャイルドシートの使用期間や具体的なルールについて詳しく解説します。

チャイルドシートはいつからいつまで必要?

チャイルドシートの使用期間は、法律や安全基準によって定められており、子供の年齢、体重、身長に基づいて段階的に変わります。一般的に、以下のガイドラインに従ってチャイルドシートを使用することが推奨されています。

  • 新生児から1歳未満(体重約10kg以下)

新生児用の後ろ向きチャイルドシートを使用します。後ろ向きのシートは、衝突時に赤ちゃんの頭、首、背中を最も効果的に保護します。


  • 1歳から4歳(体重約10kg〜18kg)

後ろ向きチャイルドシートまたはコンバーチブルシートを使用します。可能な限り長く後ろ向きで使用し、シートの最大体重制限まで後ろ向きで利用することが推奨されます。


  • 4歳から7歳(体重約18kg〜25kg)

前向きチャイルドシートを使用します。シートのハーネスをしっかりと固定し、子供が安全に座れるように調整します。


  • 7歳から12歳(体重約25kg〜36kg)

ブースターシートを使用します。ブースターシートは、車のシートベルトが子供の肩と腰に正しく位置するように調整します。


  • 12歳以降

車のシートベルトを使用します。シートベルトが正しく装着されているか確認し、子供が安全に座れるようにします。

安全第一!子供のためにルールを守ろう

チャイルドシートの正しい使用は、子供の安全を守るために欠かせません。まず、チャイルドシートの取扱説明書をよく読み、製造元の指示に従って設置し、使用期間や体重制限を守ることが重要です。また、チャイルドシートの取り付け状況を定期的に確認し、緩みや不具合がないかをチェックしましょう。特に長時間のドライブやシートの移動後は再確認が必要です。さらに、交通事故に遭った場合は、目に見えないダメージがある可能性があるため、必ずチャイルドシートを交換することが推奨されます。そして、子供が成長してチャイルドシートやブースターシートが不要になっても、車のシートベルトを正しく使用することが大切です。シートベルトが正しく装着されているか確認するとともに、子供にもその重要性を教えましょう。

まとめ

この記事では、チャイルドシートを前向きに切り替えるタイミングや、後ろ向きチャイルドシートの利点、切り替える際の安全チェックや設置方法について詳しく説明しました。親として、子供の安全を最優先に考え、チャイルドシートの使用ガイドラインを守ることは非常に大切です。チャイルドシートを正しく設置し、定期的にチェックすることで、子供を守ることができます。

この記事を参考に、チャイルドシートの使用方法や安全ルールをしっかりと理解し、実践してください。子供の安全を守るという親としての責任を果たしましょう。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5bc9b6c792204dfe9ae53f0ab9a15236/sheep%E2%80%90sitting%E2%80%90on%E2%80%90the%E2%80%90toilet.jpg
おむつ・トイレトレーニング

トイトレでウンチができない悩みを解決!効果的な誘い方や対策を解説

トイレトレーニング、通称トイトレは、子どもの成長にとって重要なステップです。しかし、特にウンチができないという悩みを抱える親御さんは多くいます。この記事では、子どもがトイレでウンチができない理由とその解決策、効果的なトイレトレーニングの方法について詳しく説明します。また、便秘や心理的な要因についても触れ、親としてどのようにサポートすればよいかを具体的に提案します。この記事を読むことで、子どもがトイレでウンチをできるようになるためのヒントやアドバイスを得られるでしょう。ぜひ、トイトレの成功に向けて、一緒に学んでいきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1b909dd69f84c618e0a41f4f2b16cee/milk%20bottle.jpg
1歳~3歳の育児

卒乳はいつする?スムーズなやり方やタイミング、断乳との違いまで徹底解説!

子育ての大きな節目として、親子にとって特別な意味を持つ「卒乳」。しかし、特に第一子の場合、「卒乳はいつ頃行えばよい?」「スムーズに卒乳を進めるにはどうしたらいいの?」など不安を感じている、という方も多いのではないでしょうか。この記事では卒乳の適切なタイミングやスムーズに進めるための方法、そして断乳との違いまで、わかりやすく解説します。卒乳を成功させるための知識を身につけ、この大切な時期を母子共に穏やかに過ごすための一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/16f16d46aa164f91a066260434111495/%E6%85%A3%E3%82%89%E3%81%97%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e200935f9e134d65b4d3ec224730d1dd/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%AA%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%81%AF%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友だちをひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/663fb53272af43158ed66041afad1026/img01%20(3).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」②~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2回目の今回は、コラムNo.136「2歳児の「言葉の育て方」~発達段階別に実践的な方法を紹介~①」で解説した2歳児の標準的な言語発達段階において、各レベルに適した取り組みを紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/346437196ea64dee9428eb123317c9fe/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」①~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2歳前後のお子さまのいらっしゃる方はぜひ一度読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。