幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

No.218更新日付:2024年4月10日

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!

幼稚園入園の基礎知識

幼稚園に入園する際には、その基礎知識をしっかりと把握しておくことが大切です。まずここでは、幼稚園と保育園の違いを理解し、それぞれ何歳から入れるのか、そして入園前に必要な準備は何かを見ていきましょう。

幼稚園と保育園の違い

幼稚園と保育園は、どちらも子供が集団生活を経験し、社会性や基本的な生活習慣を身につける場所ですが、主な違いはその目的と運営体制にあります。幼稚園は教育を主目的とし、文部科学省が管轄しています。対して保育園は、働く保護者をサポートするための保育を提供する場であり、厚生労働省が管轄しています。

幼稚園は何歳から入れる?

幼稚園は基本的に3歳から入園が可能です。これは、子供が社会性を身につけ、集団での生活に適応し始める時期と考えられているためです。ただし、入園を希望する年度の4月1日時点で3歳になっていることが条件となります。この年齢制限は、多くの地域で一般的な基準となっていますが、園によってはさらに低い年齢から受け入れているところもあります。具体的な入園条件やプログラム内容については、希望する幼稚園に直接確認することをお勧めします。

保育園は何歳から入れる?

保育園の場合、生後数か月から入園できる施設もあり、幼稚園よりも幅広い年齢層が対象となっています。これは保育園が、保護者の就労を支援する目的で設けられているため、より小さい子供からの預かりが可能になっているからです。ただし、入園できる年齢や受け入れ条件は保育園によって異なり、地域や施設の方針、保育園のキャパシティなどによって変わるため、具体的な情報は希望する保育園に直接問い合わせるのが最も確実です。保育園は主に保護者の就労をサポートする目的で設けられているため、入園の優先順位が就労状況に基づいていることが一般的です。

入園までの準備と流れ

幼稚園に入園するためには、事前に情報収集を行い、希望する幼稚園の見学や説明会に参加することが大切です。また、入園申込書の提出や入園試験(ある場合)の準備など、各幼稚園によって異なる手続きが必要となります。入園前には、子供が幼稚園生活に慣れるように、親子で幼稚園のイベントに参加するなど、心の準備を進めることもおすすめします。

幼稚園の保育年数と入園時期を解説

幼稚園の保育年数とそれぞれの入園時期には、どのような特徴があるのでしょうか?ここでは、3年保育、2年保育、そして4年保育に分けて、それぞれの対象年齢やメリット・デメリットについて見ていきましょう。

3年保育と2年保育の選び方

多くの幼稚園で提供されている3年保育は、3月末で満3歳になっている子供たちから入園する制度です。一方、2年保育は4歳からの入園を意味し、幼稚園によってはこの選択肢も用意されています。選択のポイントは、子供が社会性や集団行動をいつから始めるべきか、また家庭の状況を考慮することが重要です。3年保育はより早くから集団生活を始めるメリットがあり、子供の社交性や自立心を育むのに役立ちます。一方で2年保育は、子供がもう少し成長してから幼稚園生活をスタートさせたい場合に適しています。

4年保育とその対象年齢とは

一部の幼稚園では、2歳から入園できる4年保育を設けている場合もあります。これは、早期教育の機会を提供すると共に、保護者の就労支援を目的としています。4年保育は、早いうちから子供に多様な刺激を提供し、学ぶ楽しさを伝えることができるというメリットがあります。ただし、子供によっては早期からの集団生活がストレスになる可能性もあるため、個々の成長速度や性格を考慮する必要があります。

各保育年数のメリットとデメリット

保育年数を選ぶ際には、子供の性格や成長のスピード、家庭の状況など、さまざまな要素を総合的に考慮することが大切です。下記の表は、一般的な各年保育のメリット・デメリットをまとめたものです。子供の発達には個人差があり、一概にメリット・デメリットを当てはめることは出来ませんが、あくまで一般的なものとして捉え、その子に合った保育年数を見極めるようにしましょう。



メリット

デメリット

4年保育

・早期教育による多様な経験ができる

・好奇心や学習意欲の刺激になる

・保護者の就労支援となる

・個々の成長ペースと合わない場合がある

・集団生活によるストレスが発生する可能性

3年保育

・社交性や自立心を育む機会が多い

・学校生活への適応能力を高められる

・早期からの集団生活による負担の可能性

2年保育

・幼稚園生活への準備が整いやすい

・スムーズな適応が期待できる

・集団生活開始の遅れによる社交性、自立心の発達が遅れる可能性

幼稚園に入園するベストな年齢とは?

子供の幼稚園入園を考える際、最も適切なスタート時期を選ぶことは、その後の学びや成長に大きく影響します。ここでは、子供の成長に合わせて最適な入園時期を選ぶポイントと、年少、年中、年長からの入園における違いについて見ていきましょう。

子どもの成長に合わせて最適なスタート時期を決めよう

幼稚園に入園するベストな年齢は、一般的には3歳からとされていますが、子供の成長や発達、さらにはご家庭の状況によって最適な時期は変わります。子供が社会性を発揮し始め、他の子どもたちとの交流に興味を持ち始めたら、幼稚園への入園時期として合っているかもしれません。また、幼稚園での活動に興味を示し、集団行動に対応できるようなら、入園の準備が整っていると言えるでしょう。

年少、年中、年長からの入園の違い

  • 年少からの入園

最も一般的な選択肢であり、3年間の幼稚園生活を通じて豊かな社会性や学習の基礎を身につけることができます。この時期から入園すると、子供は幼稚園の環境にじっくりと慣れ親しむ時間が確保されます。


  • 年中からの入園

一般的に年中組では、年少組で培われた集団生活の基礎を引き継ぎながら、さらに学びを深めていくことになります。年中からの入園は、子供が他の環境で十分な社会性を身につけている場合や、ご家庭の事情で早期入園が難しかった場合に選ばれることが多いです。


  • 年長からの入園

5歳からの入園は、小学校入学前の準備期間として捉えられることが多く、短期間で学校生活に必要な基本的なルールや社会性を身につけることを目的とします。年長からの入園を選ぶ家庭では、子供が既に別のプリスクール教育を受けていたり、特定の事情がある場合が多いです。


子供の幼稚園入園において、一番大切なことは、子供が幼稚園生活を楽しみ、有意義な学びの時間を過ごせるかどうかです。子供一人ひとりの性格や発達の段階をしっかりと見極め、ご家庭にとって最適な入園時期を選択してください。

幼稚園選びのポイント

子供の幼稚園選びは、その後の成長に大きく関わります。ここでは、幼稚園選びの際に特に注目すべき3つのポイント、「通いやすさと教育方針」「親子での幼稚園見学」「親のサポート体制」について、見ていきましょう。これらのポイントを押さえて、幼稚園選びの際の参考にして下さい。

通いやすさと教育方針をチェック

幼稚園を選ぶ際、最初に考慮すべきはその「通いやすさ」です。家からの距離や通園ルートの安全性、送迎の便利さなど、まずは家族の負担なく通える体制が大切です。また、幼稚園がどのような教育方針を持っているかも重要な選択基準になります。例えば、遊びを通じて学ぶことを重視しているのか、スポーツや英語教育に力を入れているのかなど、子供の興味やご家族の教育に対する価値観と合うかを確認しましょう。

親子で幼稚園見学に行こう

出来る限り親子で実際に幼稚園を訪問し、園の雰囲気を見に行きましょう。見学を通じて、施設の設備や安全性、先生方の雰囲気、他の子どもたちの様子など、パンフレットやウェブサイトだけでは伝わりにくい情報を得ることができます。また、子供が幼稚園の環境にどのように反応するかを見ることも大切です。積極的に関わろうとするか、楽しそうにしているかなど、子供の様子からも適切な幼稚園かどうかのヒントを得られます。

親のサポート体制も確認

幼稚園生活は、子供だけでなく、家族全体にとって新たなスタートです。そのため、幼稚園側がどの程度保護者のサポートに力を入れているかを確認することも重要です。保護者会の開催頻度や、先生と保護者とのコミュニケーションの取り方、緊急時の連絡体制など、ご家族をサポートする体制が整っているかをチェックしましょう。園によっては役員などの負担が大きい園もあります。家族の希望と合ったサポート体制があるか、しっかり確認しておきましょう。

幼稚園入園で費用はどのくらいかかる?

幼稚園に子供を入園させる際、多くの親が気になるのが費用の問題です。このセクションでは、入園時に必要な費用と、月々かかる費用について、そして幼児教育・保育の無償化制度に触れながら、詳しく解説します。事前に知っておくことで、家計に無理なく、また賢く計画を立てるようにしましょう。

入園費用と月々のかかる費用

幼稚園の入園費用には、入園金や施設利用料、教材費などが含まれます。これらは一度きりの支払いで、幼稚園によって金額は大きく異なりますが、数万円から数十万円程度が一般的です。また、月々かかる費用には、保育料、給食費、行事費などがあり、これらもまた幼稚園によって差があります。保育料は地域や施設によって大きく異なり、給食費も同様です。そのため、事前に幼稚園から詳細な料金表を入手し、具体的な費用を確認することが重要です。

幼児教育・保育の無償化とは

2019年10月から始まった幼児教育・保育の無償化制度は、3歳から5歳までの子どもを持つ家庭を対象に、幼稚園や保育園、認定こども園の利用料が無償となるものです。この制度の目的は、子どもたちに平等な教育機会を提供し、子育て世代の経済的負担を軽減することにあります。ただし、無償化の対象となるのは教育・保育の基本的な部分であり、追加で発生する給食費や行事費などは対象外となる場合が多いです。詳細は住んでいる自治体や利用する施設によって異なるため、各自治体のウェブサイトや直接施設に問い合わせるのがおすすめです。


幼稚園を選ぶ際には、教育内容や環境だけでなく、費用の面もしっかりと考慮することが大切です。無償化制度を活用しながらも、追加でかかる費用についても把握し、家計に合った計画を立てましょう。子供の幼稚園生活が、家族にとっても経済的に無理のないものとなるよう、しっかりと情報収集を行うことが重要です。

まとめ

この記事では、幼稚園と保育園の違い、入園可能な年齢、保育年数の選び方、入園準備の流れ、選び方のポイント、そして費用について解説しました。幼稚園はお子様が社会性や学びの楽しさを育む最初のステップです。適切な年齢での入園が、お子様の成長にとって大きな一歩となります。

このガイドが、子供にとって最適な幼稚園を見つけ、満足のいく幼稚園生活をスタートさせるための参考になれば幸いです。各家庭の状況やお子様の性格、発達に合わせて、最適な選択をしてください。

「保育園・幼稚園」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/16f16d46aa164f91a066260434111495/%E6%85%A3%E3%82%89%E3%81%97%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e200935f9e134d65b4d3ec224730d1dd/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%AA%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%81%AF%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/80eb001dd8c149c3808adeae0069f745/img01.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園に必要なアイテムは? 入園準備にしておきたいことも解説

保育園に入園することが決まったら、入園までに必要なアイテムをそろえ始めます。用意するアイテムは保育園によって異なりますし、お子様の年齢によっても必要なものが変わります。本記事では0~3歳までを対象に、共通してそろえるアイテムや年齢別に必要なものなどを詳しく紹介します。入園準備でよくある失敗についても合わせて解説しますので、最後までご覧いただき準備万端の状態で入園を迎えましょう。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。