慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

No.222更新日付:2024年5月8日

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?

この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。

そもそも慣らし保育とは?

慣らし保育は、子どもが保育園生活に慣れるための大切な期間です。慣らし保育では、子どもたちが新しい環境に安心して適応できるよう、徐々に保育園の生活リズムやルーティンに慣れさせていきます。では、この慣らし保育には具体的にどのような目的があり、なぜこのプロセスが必要なのでしょうか。

慣らし保育の目的

慣らし保育の主な目的は、子どもが保育園という新しい環境にストレスなく慣れることです。この期間を設けることで、子どもたちは保育園の先生や新しい友だち、そして保育園の日常生活に徐々に馴染むことができます。また、慣らし保育は子どもだけでなく、保護者にとっても重要です。保護者はこの期間を通じて、子どもが新しい生活環境でどのように過ごしているかを観察し、先生たちとの信頼関係を築く機会を得ることができます。さらに、慣らし保育は、子どもの精神的な安定と自立心を養うためにも欠かせないステップです。

なぜ慣らし保育が必要なのか

多くの子どもにとって、保育園は家庭以外で初めて長時間過ごす場所となります。この大きな変化は、子どもたちにとって不安やストレスの原因となることがあります。慣らし保育を行うことで、子どもたちは保育園の環境に少しずつ慣れ、不安を感じることなく保育園生活をスタートさせることができます。また、慣らし保育期間中には保護者が子どもと一緒に保育園に滞在することが多いため、子どもは保護者の存在を確認しながら安心して新しい環境に適応していくことができます。

慣らし保育の一般的な期間とは?

保育園生活のスタートの際、慣らし保育の期間は多くの保護者が気になることの一つです。慣らし保育は、子どもたちが保育園の環境に安心して慣れるための重要なステップであり、この期間は子どもたちの心の準備にとって欠かせないものです。では、具体的に慣らし保育の期間はどれくらいが一般的なのでしょうか?また、保育園によって期間に違いはあるのでしょうか?

平均的な慣らし保育の期間

慣らし保育期間は1週間から4週間の範囲内が一般的ですが、多くの保育園では1週間から2週間が平均的な期間とされています。この期間内で、子どもたちは徐々に保育園の環境に慣れていきます。園によっては、慣らし保育を行わない方針を取っているところもあり、これは保護者の忙しさや子どもの順応性を考慮してのことです。しかし、保護者や子どもによっては、慣らし保育を通じて徐々に保育園生活に慣れていくことが望ましい場合もあります。この期間は子どもの個性や家庭の状況に合わせて柔軟に調整されるべきであり、慣らし保育が終了した後も、子どもが完全に慣れるまでは早めに迎えに行くなど、保育園と密に連携を取るようにしましょう。

保育園による違いとその理由

保育園によって慣らし保育の期間に違いが生じる主な理由は、保育園の方針や保育環境にあります。例えば、子ども一人ひとりに合わせて柔軟に対応する方針の保育園では、慣らし保育の期間を子どもの状態に応じて調整することがあります。また、保育園によっては、慣らし保育のスケジュールをより詳細に設定し、保護者との面談を多く行うことで、子どもが保育園生活にスムーズに適応できるように努めるところもあります。


保育園選びをする際には、慣らし保育の期間だけでなく、その過程でどのようなサポートがあるのか、保育園の方針は家庭の考え方と合っているかを確認することが重要です。慣らし保育の期間とその過程を通じて、子どもが保育園生活に安心して慣れるためのサポートがどのように行われているかを知ることは、保護者にとっても安心材料になります。


このように、慣らし保育の期間は一概には言えず、保育園の方針や子どもの個性によって異なります。大切なのは、子どもが新しい環境に安心して適応できるように、保護者と保育園がしっかり連携を取ることです。

効果的な慣らし保育のスケジュール

慣らし保育は、お子さんが新しい環境と人々に慣れ、安心して保育園生活をスタートできるようにする大切な期間です。この時期をどのように過ごすかは、お子さんが安心して保育園生活を送れるかに直接関わってきます。ここでは、一般的な慣らし保育の効果的なスケジュールと、スムーズなスタートのコツについて見ていきましょう。

慣らし保育のスケジュール具体例

一般的に、慣らし保育のスケジュールは、保育園で過ごす時間を徐々に長くしていく方式が取られます。最初の1〜2日は1〜2時間程度の短時間から始め、お子さんが保育園の環境に少しずつ慣れることを目指します。その後、お子さんの反応を見ながら、保育時間を段階的に延長していきます。


年齢別スケジュール例(一例)


<0-1歳児向け>

  • 最初の2日間は1.5時間
  • 次に1日2時間
  • さらに2.5時間、3時間と徐々に延長し、初めての給食や午睡、午後のおやつを経験
  • 最終的には7時間過ごし、その後は所定の保育時間へ


<2-3歳児以上>

  • 1日1.5時間から始め、2.5時間、3時間と段階的に時間を延長
  • 給食、午睡、午後のおやつを経験後、7時間の保育時間を経て、所定の保育時間に移行


お子さんが慣らし保育中に体調を崩した場合は、保育園側でスケジュールの調整を行い、お子さんの状態に合わせた慣らし保育を再開します。保護者の方は、お子さんの体調や様子に合わせて保育園と連携を取りながら、慣らし保育の期間を調整することが大切です。

慣らし保育をスムーズにスタートさせるコツ

慣らし保育をスムーズにスタートさせるためには、何が必要なのでしょうか。以下に、事前に出来る、ちょっとしたコツをお伝えします。


  • 保護者も心の準備をしよう

子どもだけでなく、保護者も心の準備をすることが大切です。親も少なからず子どもが保育園に通い始めることに対する不安があると思いますが、子どもの前では不安を払拭し、明るく穏やかに接することで、子どもも安心します。


  • 事前に園を訪問してみよう

可能であれば、慣らし保育が始まる前に一度保育園を訪れてみてください。そうすることで、お子さんが新しい場所に少しでもなじむきっかけを作ってあげられます。先生や他の子どもたちとの初対面も、慣らし保育の前に行えると良いでしょう。


  • 送迎はできるだけ同じ人が行うようにしよう

慣らし保育期間中は、できるだけ同じ保護者が送り迎えをすることで、子どもに安定感を与えます。これにより、子どもは保育園と家庭をつなぐ安心感を持つことができます。


  • 保育園での楽しかった出来事について話そう

お子さんが保育園から帰ってきたら、その日に楽しかったことや、新しく学んだことを一緒に話しましょう。そうすることで、お子さんの中で保育園に対する良いイメージが強くなります。


慣らし保育期間中の親と子の心構え

慣らし保育期間は、子どもが保育園生活に慣れるための大切なステップですが、この時期は親にとっても子どもにとっても大きな変化となります。保育園初日を迎えるにあたり、どのような準備が必要なのか、また、子どものストレスケアのために親がどのような心構えを持つべきなのか、さらには慣らし保育中に起きやすい問題とその解決策について見ていきましょう。

保育園初日の準備

保育園初日を迎えるにあたっては、子どもが快適に過ごせるよう、準備することが多くあります。必要な持ち物リストを保育園からもらったら、名前付けを含め、前もって準備をしておきましょう。また、子どもが安心できるように、お気に入りの小さなぬいぐるみや写真など、保育園で持つことが許されている安心アイテムがあれば一緒に持たせるのも一つの方法です。さらに、初日は通常よりも少し早めに家を出て、ゆっくりと保育園に向かうようにしましょう。急いでいると子どもも不安を感じやすくなります。

子供のストレスケアのための親の心構え

子どもが保育園生活に慣れるまでの間、様々な感情を抱えることがあります。子どもが感じるストレスや不安を理解し、受け止めることが大切です。子どもが感じる感情に対して、「大丈夫だよ」と肯定的な言葉をかけ、安心させるようにしましょう。また、子どもが保育園での出来事を話したくなったら、じっくりと耳を傾け、共感することが重要です。親自身もストレスを感じることがありますが、前向きで明るい姿勢を保つことで、子どもも徐々に安心することができます。

慣らし保育中に起きやすい問題と解決策

慣らし保育期間中には、子どもが泣いてしまう、保育園に行きたがらないという問題が起こることがあります。このような時は、子どもの感情を否定せず、理由をじっくりと聞き出すことが大切です。また、保育園の先生と連携を取り、子どもが感じている不安を和らげるための方法を一緒に考えましょう。問題が続く場合は、保育園の生活に慣れるまで、送迎時に少し時間をかけて、子どもと一緒に過ごす時間を持つなど、徐々に慣れさせていくことも一つの方法です。


慣らし保育期間は、子どもだけでなく親にとっても新しい挑戦の期間です。この時期を乗り越えることで、子どもは新しい環境に適応し、成長していきます。親子でこの時期を支え合いながら、保育園生活のスタートを切りましょう。

慣らし保育期間でよくある疑問Q&A

慣らし保育を控える保護者の方々からは、多くの疑問が寄せられます。子どもの保育園生活のスタートをスムーズにするために、ここでよくある質問とその回答を共有します。


Q.子どもが慣らし保育にうまく適応できない場合、どのように対応すれば良いですか?

子どもが慣らし保育に適応できないと感じたら、まずは保育園の先生と相談することが大切です。子どもが不安を感じている原因を一緒に探り、解決策を考えましょう。家庭では、子どもが保育園での経験を話せるように、積極的に聞き手になることが大切です。また、保育園での楽しい経験を家でも再現するなど、保育園に良い印象を持ってもらうための工夫を行うのも効果的です。


Q.慣らし保育で子どもが泣いたりすることは普通ですか?

はい、全く普通です。慣らし保育は子どもにとって大きな変化であり、新しい環境や人々に慣れるまでには時間がかかります。初めのうちは不安や恐怖を感じ、泣いてしまう子どもも少なくありません。この時期は、子どもの感情を受け止め、安心感を与えることが大切です。徐々に慣れるにつれて、泣くことも少なくなっていきます。


Q.慣らし保育は必ず必要ですか?

慣らし保育は、子どもが保育園生活にスムーズに適応するために多くの保育園が取り入れています。必ずしも全ての子どもに必要というわけではありませんが、多くの場合、慣らし保育をすることで子どもの不安が減り、保育園生活の良いスタートにつながります。保育園によっては慣らし保育の期間や方法が異なるため、具体的な内容については保育園と相談すると良いでしょう。


Q.親が仕事を持っている場合、慣らし保育のスケジュールはどのように調整すれば良いですか?

仕事を持つ保護者の場合、慣らし保育のスケジュール調整は難しいかもしれません。しかし、多くの保育園では、保護者の就労状況を考慮した慣らし保育のプランを提案してくれます。可能であれば、慣らし保育期間中は柔軟な勤務時間の調整を職場に相談するか、家族や友人のサポートを得ることが重要です。また、保育園とも連携を取りながら、子どもにとって最もスムーズな慣らし保育ができるように計画を立てましょう。

まとめ

慣らし保育は、お子さんが保育園の新しい生活に慣れ、安心して過ごすための大切な期間です。慣らし保育期間を成功させるためには、保育園との密な連携が必須です。お子さんが抱える不安やストレス、また慣らし保育期間中に起こり得る問題に対しても、不安があればまずは保育園の先生に相談し、一緒に解決策を考えましょう。

この記事を通じて、慣らし保育の期間、目的、そしてスムーズにスタートを切るためのコツについて理解を深めていただけたでしょうか。親子で慣らし保育をうまく乗り切り、お子さんが保育園生活を楽しく、安心して過ごせることを願っています。

「保育園・幼稚園」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e200935f9e134d65b4d3ec224730d1dd/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%AA%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%81%AF%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/80eb001dd8c149c3808adeae0069f745/img01.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園に必要なアイテムは? 入園準備にしておきたいことも解説

保育園に入園することが決まったら、入園までに必要なアイテムをそろえ始めます。用意するアイテムは保育園によって異なりますし、お子様の年齢によっても必要なものが変わります。本記事では0~3歳までを対象に、共通してそろえるアイテムや年齢別に必要なものなどを詳しく紹介します。入園準備でよくある失敗についても合わせて解説しますので、最後までご覧いただき準備万端の状態で入園を迎えましょう。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1b909dd69f84c618e0a41f4f2b16cee/milk%20bottle.jpg
1歳~3歳の育児

卒乳はいつする?スムーズなやり方やタイミング、断乳との違いまで徹底解説!

子育ての大きな節目として、親子にとって特別な意味を持つ「卒乳」。しかし、特に第一子の場合、「卒乳はいつ頃行えばよい?」「スムーズに卒乳を進めるにはどうしたらいいの?」など不安を感じている、という方も多いのではないでしょうか。この記事では卒乳の適切なタイミングやスムーズに進めるための方法、そして断乳との違いまで、わかりやすく解説します。卒乳を成功させるための知識を身につけ、この大切な時期を母子共に穏やかに過ごすための一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e200935f9e134d65b4d3ec224730d1dd/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%AA%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%81%AF%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友だちをひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/663fb53272af43158ed66041afad1026/img01%20(3).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」②~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2回目の今回は、コラムNo.136「2歳児の「言葉の育て方」~発達段階別に実践的な方法を紹介~①」で解説した2歳児の標準的な言語発達段階において、各レベルに適した取り組みを紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/346437196ea64dee9428eb123317c9fe/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」①~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2歳前後のお子さまのいらっしゃる方はぜひ一度読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7cf925cff1734e0dace52ad5a8899dd2/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「イヤイヤ期」の子どもへの効果的な対応方法まとめ~ケース別に具体的にご紹介!

早い子どもでは1歳後半から始まり、2歳をピークに、子どもによっては3~4歳まで続く「イヤイヤ期」。子育てをするお母さんなら、誰もが一度は通る道だと思います。時に何をしてもひたすら「いやー!」と泣き叫ばれて、すっかりヘトヘトに…、ということもあると思います。こんな時に頭ごなしに子どもを叱っても効果がないことは皆さまご存じの通りです。コラムNo.64「【第1次反抗期】(イヤイヤ期)への対処方法」では、イヤイヤが何故起きるのかと、イヤイヤの6つのパターンについて解説いたしましたが、こちらのコラムでは、実際に子どもが「イヤイヤ!」になってしまった時の具体的な対処についてわかりやすくまとめています。少しでも苦労なさっているお母さんの助けになってもらえれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/b620efe5ff374a30860b9729213e99df/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「魔の2歳児」いやいや期の具体的な克服方法について

「魔の2歳児」「いやいや期」と聞くと、これから子育てを始めるママは身構えてしまうかもしれません。多くの母親が悩まされる「いやいや期」ですが、子どもにとっては「自我の芽生え」であり、自分自身の「自我」を確立するために必要な時期でもあります。このコラムでは、「いやいや期」を落ち着いて乗り切るために、ケース別の対処法や、「いやいや期」をなるべく軽く乗り切るためのコツなどを掲載しています。子どもが「いやいや」になるのも理由があるものです。適切に原因と対処法を覚えておければ、大きな苦労なく乗り越えていけますよ。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。