本を大好きな子供に育てるには~幼児期の読書について~

No.65更新日付:2024年4月9日

よく世間でもいわれるように、幼児期から読書の習慣をつけることは子どもの感性や学力を伸ばすのに非常に有効であるといえます。お母さんの読み聞かせから始まり、日常の中に絵本があることで子どもは本になじみ、自然と読書好きになっていきます。

この記事では、幼児期からの読書がもたらすすばらしい効果、子どもを本好きにさせるポイントや読み聞かせのコツをご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

幼児期から読書に親しむ事のメリットとは?

「読書」の習慣というと、幼児期よりもっと成長した小学生以降の時期をイメージする方も多いかと思います。しかし、読書の習慣は成長していから意識的に訓練するものではなく、幼少期から自然となじんでおくとあとが非常に楽です。

人間ならではの能力を育むには「ことば」を育てることが一番です。心を育てるにも、知性を育てるにも、豊かな情緒や感性を育てるのにも、「ことば」の成長が必要なのです。
そして、ことばを育てる最も効果的なツールとは、間違いなく「本」だと思います。

まずは、幼児期から読み聞かせや読書をすることでどのような具体的な効果があるのか見ていきましょう。ここではおもに4つのメリットをご紹介いたします。

1.想像力が豊かになる

読書や読み聞かせをすることで、子どもの想像力が豊かになるといわれています。物語を通して主人公になりきってさまざまな体験をすることで、未知の世界や他人の気持ちを想像するのが上手になります。

アニメなどと比べて本を読むときには、より読者の想像力が必要になります。たとえ絵本であっても、飛行機の絵からそれが飛んでいる場面を想像することや、登場人物の絵から声やしゃべり方を思い描くことが求められます。

受け身ではなく想像をかきたてることに慣れることで、ものごとを発想する豊かな力が広がります。また下述するように他人の気持ちを想像することも上手になることで、コミュニケーション力にもプラスにはたらきます。

2.コミュニケーションスキルが高くなる

コミュニケーションスキルとは、相手の気持ちを考えてことばを選んだり、場の雰囲気にあわせて行動したりできる能力のことです。

本を多く読む子どもは、想像力をはたらかせてコミュニケーションをとったり、行動したりできるようになるので、相手のうれしいことや悲しいことをよく理解した対応が自然とできるようになります。

お母さんの読み聞かせの際に、おはなしの感想や楽しかった部分など話しあうのも、親子の会話が増えてコミュニケーション力のプラスになります。

3.自己肯定感を高める

幼児期の読書や読み聞かせによって、自己肯定感も高まるといわれています。

自己肯定感とは、自分を肯定して認める感覚で、能力や条件に関係なく短所を含めたありのままの自分を受け入れて認められる感情をさします。自己肯定感の高い人は、自分に自信を持っている場合が多く、自分は必要とされている存在であると感じたり、自分を好きだと思えたりする人が多い傾向です。

自己肯定感を高く持てると、自分の今後の人生における可能性を信じ、さまざまな物事に対して積極的に取り組める原動力が得られます。また人間関係を築くうえでもプラスに働く場合が多いため、生きていくうえでより幸福感を感じやすいでしょう。

一般的に自己肯定感の高さは幼児期の両親の言動による影響が大きいといわれていますが、本や物語に親しむことでものごとの捉え方が柔軟になったり、本を通じて主人公の成功の追体験をすることで、より自分の存在価値を感じやすくなります。

4.読解力や語彙力が伸びる

当然ながら本を読むことで読解力や語彙力が高まります。
読書をしたり読み聞かせをしていると、初めて使うことばに出会うことがよくあります。そんな時新しく知ったことばの意味を教えてもらったり、自ら調べることで、おのずと語彙力が鍛えられていきます。

また、本を読めば読むほど文章に慣れ、話の展開を理解しやすくなります。文章を読む機会は大人になっても多いため、子どものうちから鍛えておくと役立ちます。読解力は、国語にかぎらず他の教科や、勉強以外もふくめた人生の中でも非常に重要な能力です。

子どもが読書を大好きになるポイント

ここまで説明してきたように、読書は子どもにとって大きな効果をもたらします。
当然、ママ・パパとしては子どもに読書好きになってほしいと思うものです。しかし、なかなか思ったように本を読むようになってくれない、といった話をよく聞きます。

ここからは、子どもが無理なく楽しく本に親しむようにするための方法について説明いたします。先述したように、幼児期に読書週間を身につけておくと後が非常に楽になります。ぜひ、今のうちから実践してみてくださいね。

本が「空気や水のように」当たり前のものにする

まず絶対してはいけないことは「本」を「勉強」にすることです。強制したりノルマにしたりすることは、反発心を招くだけです。本を好きにさせるというよりも、「本が空気や水のようなもの」であるようにすることが大切だと考えます。

本を読むことは、たとえるなら私たちが呼吸や食事をするようなもので、ごく自然で当たり前のことなのです。ですから生活空間に、空気のように自然にたくさんの本が存在している事が重要です。

絵本の冊数はご家庭によって調整いただいてかまわないですが、0歳から3歳までの時期はできれば最低100冊ほどは欲しいというのを一つの目安としてください。

家庭に常に本があることで、子どもにとっては貴重なオモチャとなります。幼少期のお母さんの語り聞かせから育んでいくと、百科辞典や国語辞書で遊ぶようにもなったりします。

小学高学年くらいになると児童書から大人向けの書籍を読むようにもなり、このような経験をすることで、自然と「ことば」が育ち、学習塾など通わなくても国語が得意になります。

なかには、中学1年生の時に遊び半分で現在の大学入学共通テストにあたるセンター試験を解いたら結果が満点。さらに、高校3年までの6年間ずっと国語のテストで満点を取る子どももいるほどです。
だから「本さえ大好きなら、国語力は簡単に身に付く」と断言できるのです。

絵本の読み聞かせのポイント

絵本を読む時は、かならずお母さんの気分が良い時にしましょう。
もっとも重要なポイントは、「お母さんが笑顔で優しく読み聞かせてくれた楽しい時間と思い出の共有」こそが、子どもに「私は本が大好き!」という認識を強く刷りこむことになるという点です。

子どもが小さいうちの絵本の読み方は大きくわけて3通りあります。
1.普通にお芝居程度のスピードで情感をこめて読む。
2.早口気味に2倍速スピードで朗読している感覚で読む。
3.そのページの要点だけを簡略に読んで1ページ1~2秒ペースで読む。

1は、登場人物にあわせて声色を変えたりして一人芝居すればよいだけです。

2と3は、高這いや一人歩き、また走ることなどが上手になってきた時期におすすめです。動き回りたくてしかたない子どもを、むりに座らせて絵を見せる必要はありません。子どもが動き回っている部屋で、お母さんが絵本を開きながら情感込めて朗読してあげましょう。

また、子どもが途中で絵の中のモノを指さすようであれば、ページをめくらずに好きなだけ指さしさせてそのモノの名前を答えてあげてください。
子どもの様子を見ながら、この3パターンの読み方を織り交ぜていきましょう。
何度も同じ絵本をせがむ場合もこのパターン順に読む事ができます。

毎日継続できる本の読み方

お母さんも「子どもに毎日本を読んであげよう」という気持ちを持っていると思いますが、それが苦痛になってしまうと、せっかくの読み聞かせの時間が台無しになってしまいます。

短い本ならば4冊程度。ストーリー性の高い長めの絵本なら1~2冊。2歳で理解力が十分備わっていれば、「エルマーのぼうけん」などを一日1~2章読んであげるのも良いでしょう。

さらに、両親が本を読んでいる姿を毎日子どもに見せましょう。そうすることで子どもも読みたい!と思うものです。読む本は「将来、子どもに読ませたい本」を選んでください。

また、「児童文学」も非常におすすめです。大人になってから読むと、非常に楽にスラスラ読めますので子どもの頃に読んでいない作品も気軽に読破できます。
両親が読んだ本を、子どもが読める時期までとっておく楽しみが増えますね。

まとめ:ベビーパーク流・本の三原則

1:子どもにとって本を決して「勉強にしないこと」
2:お母さんにとって読み聞かせを「ノルマにしないこと」
3:親子にとって本は常に楽しい娯楽であること


この3原則からはずれると、途端に本は子どもにとって「つまらないもの」になってしまいます。3歳までに本好きにならなくてもいいのです。

本好きの10歳に育てるために、今できる小さなことを毎日楽しく継続していくことが大切です。常に数年後の子どもの成長を想定して楽しく取り組みましょう。

「読書・読み聞かせ」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/60c928346e1b4208bfed903958bdbacc/NO191-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

絵本から児童書へ ~絵本の読み聞かせから活字に移行するために必要なことを解説~

現在、3~6歳くらいの保育園や幼稚園に通っているお子さまに、積極的に絵本の読み聞かせをおこなっている親御さんは多いと思います。「読み聞かせ」が子どもの成長に大きな効果があることは、コラムNo.148「「読み聞かせ」の効果は?~その驚くべき成長効果と、注意点について紹介~」でもご説明いたしました。子どもが読み聞かせに慣れてくると一緒に文字を読んだりするようになって、そのすらすらと読めている我が子の姿を見ると、そろそろ絵本だけでなく児童書を読ませてあげてもよいのかな?と感じたりすることがあると思います。こちらのコラムでは、子どもが絵本から児童書に移行していくにあたって、どのような能力が必要なのか、またその育て方について解説しています。子どもの適切な成長の参考になっていただければ幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3cb83a41c8f44ef8a838a6dd47fd5032/img01.jpg
3歳~6歳の育児

読書好きな子に育てるコツ

一般的に読書をする子どもは学力が高いと言われています。 本を読むだけで学力が伸びるなら、うちの子にもたくさん本を読ませたい!とは思うものの、実際に子どもに本を読ませるのはなかなか大変なことです。インターネットで調べていても「1週間で10冊は読もう」とか「年間1000冊読ませました!」とか「そんなの無理」と思うような情報がいっぱいです。親自身が本を読むメリットを感じられていなければ、それこそ子どもに本を読ませるのは至難の業です。でも諦めなくて大丈夫。今からでもやり始めれば、小学生になるころには「うちの子、本ばっかり読んでいるのよね」と言えるようになる方法を紹介します。読書のメリットを理解して、お子さまと一緒に読書を始めましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0afc30ff82c54e928b0535f226f71feb/img01.jpg
その他

「読み聞かせ」の効果は?~その驚くべき成長効果と、注意点について紹介~

子育てをしているお母さんなら、「読み聞かせ」について一度は聞いたことがあると思います。とはいえ、子どもの成長に大きな効果があると聞いて取り入れているものの、このやり方で本当によいのかな?、効果はあるのかな?と感じている方も多いのではないでしょうか?こちらのコラムでは、気になる「読み聞かせ」について、始めるべきタイミングやその効果性、また「読み聞かせ」をおこなう際に気を付けるポイントなどを解説していきます。結論からいうと、やはり子どもの成長に大きな効果のある「読み聞かせ」、ぜひこちらのコラムで疑問を解消して、子どもにしてあげてくださいね。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/16f16d46aa164f91a066260434111495/%E6%85%A3%E3%82%89%E3%81%97%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e200935f9e134d65b4d3ec224730d1dd/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%AA%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%81%AF%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友だちをひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/663fb53272af43158ed66041afad1026/img01%20(3).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」②~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2回目の今回は、コラムNo.136「2歳児の「言葉の育て方」~発達段階別に実践的な方法を紹介~①」で解説した2歳児の標準的な言語発達段階において、各レベルに適した取り組みを紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/346437196ea64dee9428eb123317c9fe/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」①~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2歳前後のお子さまのいらっしゃる方はぜひ一度読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7cf925cff1734e0dace52ad5a8899dd2/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「イヤイヤ期」の子どもへの効果的な対応方法まとめ~ケース別に具体的にご紹介!

早い子どもでは1歳後半から始まり、2歳をピークに、子どもによっては3~4歳まで続く「イヤイヤ期」。子育てをするお母さんなら、誰もが一度は通る道だと思います。時に何をしてもひたすら「いやー!」と泣き叫ばれて、すっかりヘトヘトに…、ということもあると思います。こんな時に頭ごなしに子どもを叱っても効果がないことは皆さまご存じの通りです。コラムNo.64「【第1次反抗期】(イヤイヤ期)への対処方法」では、イヤイヤが何故起きるのかと、イヤイヤの6つのパターンについて解説いたしましたが、こちらのコラムでは、実際に子どもが「イヤイヤ!」になってしまった時の具体的な対処についてわかりやすくまとめています。少しでも苦労なさっているお母さんの助けになってもらえれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/b620efe5ff374a30860b9729213e99df/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「魔の2歳児」いやいや期の具体的な克服方法について

「魔の2歳児」「いやいや期」と聞くと、これから子育てを始めるママは身構えてしまうかもしれません。多くの母親が悩まされる「いやいや期」ですが、子どもにとっては「自我の芽生え」であり、自分自身の「自我」を確立するために必要な時期でもあります。このコラムでは、「いやいや期」を落ち着いて乗り切るために、ケース別の対処法や、「いやいや期」をなるべく軽く乗り切るためのコツなどを掲載しています。子どもが「いやいや」になるのも理由があるものです。適切に原因と対処法を覚えておければ、大きな苦労なく乗り越えていけますよ。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。