「読み聞かせ」の効果は?~その驚くべき成長効果と、注意点について紹介~

No.148更新日付:2024年6月5日

子育てをしているお母さんなら、「読み聞かせ」について一度は聞いたことがあると思います。とはいえ、子どもの成長に大きな効果があると聞いて取り入れているものの、このやり方で本当によいのかな?、効果はあるのかな?と感じている方も多いのではないでしょうか?

こちらのコラムでは、気になる「読み聞かせ」について、始めるべきタイミングやその効果性、また「読み聞かせ」をおこなう際に気を付けるポイントなどを解説していきます。結論からいうと、やはり子どもの成長に大きな効果のある「読み聞かせ」、ぜひこちらのコラムで疑問を解消して、子どもにしてあげてくださいね。

この記事でわかること

  • 読み聞かせとは
  • 読み聞かせの効果
  • 読み聞かせの方法

そもそも「読み聞かせ」とはどんなこと?

まずは、そもそも「読み聞かせ」とはどのようなことを指すのでしょうか?

「読み聞かせ」とは、大人が子どもに対して本や物語を読み聞かせることです。読み手は本や物語の内容を声に出して朗読し、子どもはそれを聞くことで楽しみや学びを得ます。

「読み聞かせ」は、親や保育士、教師などが子どもに対しておこないます。読み手は子供に本や物語を選び、興味を引くような内容を選んで読みます。読み聞かせの対象は幼児期から小学生までの子どもが一般的ですが、年齢に関係なく誰にでもおこなうことができます。

「読み聞かせ」の目的は、子どもの言語発達や読解力の向上、想像力の育成、感情の理解や共感力の促進、親子のきずなの構築など、さまざまな面での子供の成長と発達を促すことです。「読み聞かせ」は、子供が言葉や物語の世界に触れ楽しむことで、学習の基盤を築く重要な活動とされています。

「読み聞かせ」は定期的におこなわれることが望ましいです。定期的な読み聞かせによって、子どもは本に対する興味や関心を高め、読書への習慣を作ってあげることができます。また、読み聞かせは家庭や学校で行われるだけでなく、図書館などの公共の場でもおこなわれたりしています。

意識して考えてみるとあらゆる場面で子どもへの読み聞かせは行っているよね♪家庭ではどのように取り組むのが良いのか一緒に考えていこう!

「読み聞かせ」はいつから始めればよい?

さて、この「読み聞かせ」、子どもの年齢がどれくらいになったら始めるとよいのでしょうか?

生後数か月から始めるのが効果的

諸説ありますが、読み聞かせは子どもの言語発達や読解力の促進に効果的であるため、できるだけ早い時期から始めることがおすすめです。生後数ヶ月ごろから始めるのが望ましいと考えます。

新生児期や乳幼児期には、まだ言葉を理解することができないかもしれませんが、赤ちゃんは音やリズムに敏感です。そのため、赤ちゃんに対して声をかけたり、リズムのある絵本や子ども向けの音楽を聴かせたりすることで、言葉への関心や音の違いに触れる機会を作ってあげることができます。

幼児期は短い物語や絵本がおすすめ

2歳くらいになると、言葉の理解力や注意力が発達し始めます。この時期には、絵本や短い物語の本を読み聞かせることで、子どもが言葉の意味を理解し、物語の展開やキャラクターの感情に興味を持つようになります。

小学校に入ってからも続けてあげよう

幼稚園や小学校入学後も、読み聞かせを続けることで読解力や想像力、共感力を養うことができます。また、読み聞かせは家族のきずなを深める機会でもありますので、成長したからやめる、というのではなく、子どもが望む限り続けてあげましょう。

最適なタイミングは個人の発達や関心によって異なりますので、子どもの成長に合わせて段階的に読み聞かせを進めることが大切です。親や保護者は子どもの興味や関心に合わせた絵本や物語を選び、楽しく読み聞かせることで子どもの学びと成長をサポートすることができます。

赤ちゃんの頃から小学校入学後まで読む内容を変えていきながら長く取り組む育児だということが分かるね☆

「読み聞かせ」にはどんな効果がある?

ではここからは、子どもの成長に大きく貢献するといわれる「読み聞かせ」の、具体的な効果について見ていきましょう。

以下にいくつかの主な効果を紹介します。

1.子どもの言語の発達を促す

「読み聞かせ」によって、子どもは言語のリズムや音の違いを学ぶことができます。また、新しい言葉やフレーズを聞いて覚えることができます。これにより、語彙力や文法の理解が深まり、コミュニケーション能力が向上します。

子どもは3歳ごろまでは、聞いた言葉をそのまま理解できてしまうという幼児期にしかない特殊な能力を持っています。我々が母国語をいつの間にか習得していたのも、その特殊能力によるものです。この能力を持っているうちにたくさん「読み聞かせ」をしてあげることが、言葉の成長に大きな違いを生みます。

2.読解力が向上する

「読み聞かせ」を通じて、子どもはストーリーの内容や文脈を理解する力を養えます。物語の展開やキャラクターの感情を読み取ることで、文章の意味をより深く理解することができます。読解力が向上することで、学校の教科書や文章を理解する能力につながっていきます。

3.感情の発達と社会性の成長を促す

「読み聞かせ」は読解力を向上させるだけでなく、感情の表現や「共感力」の育成にも大きな効果があります。物語の登場人物の感情や行動を通じて、子どもは他人の感情や視点を理解することができます。これにより、他人との関わり方や、共感力やコミュニケーション能力が向上します。

第三者の気持ちが理解できることは社会性の発達につながります。社会性の発達についても、幼児期の生活が大きく影響するといわれていますので、幼児期の「読み聞かせ」は大切なのですね。

4.想像力と創造性を発達させる

さらに、「読み聞かせ」は子どもの想像力も刺激します。物語の世界やキャラクターの描写によって、子どもは自分自身でストーリーを想像し、独自のアイデアを生み出すことができます。このような創造的な思考が発達することで、問題解決能力や創造性が伸びていきます。

このように創造性を発達させるためには、自分で想像する余地の残っている絵本などが重要で、テレビなどでの想像の余地が残らないストーリーでは同じ効果は期待できないのです。

5. 親子のきずなを深める

「読み聞かせ」は親子のきずなを深める大切な時間でもあります。一緒に本を読むことで、親子のコミュニケーションが増え、信頼関係が築かれます。子どもは親から愛情を受けていると感じ、安心感を得ることができます。

他にも「読み聞かせ」によって、読書の習慣が身につく、自分を表現する力がつくことで自己肯定感が向上するなど、様々な効果が期待できるといわれています。

読み聞かせがとってもお子さまの成長にとって大事だということが分かったね♪取り組み時気を付けることをチェックしていこう!

「読み聞かせ」をする際の注意点は?

さて、このように非常に効果的な「読み聞かせ」。実際にするとなると、色々気になることが出てくると思います。

ここでは以下に「読み聞かせ」をおこなう際の注意点をまとめてみました。

1.年齢や興味にあった絵本や物語を選ぶ

まずは、年齢や興味に合わせた絵本や物語を選ぶことが重要です。子どもが理解しやすく、興味を持てる内容や絵柄を選びましょう。

年齢別のおすすめの絵本の目安は以下になります。

◆0〜1歳(乳幼児期)

絵本の素材: タッチや触感の楽しめる素材の絵本や、短い言葉やリズムが特徴の絵本。
絵の特徴: 大きくはっきりとした絵や、鮮やかな色使いの絵が適しています。
内容の特徴: 日常の生活や身近な物事に関連した絵本や、感情や音の表現に重点を置いた絵本が適しています。

◆2〜3歳(幼児期)

絵本の素材: 絵本に触れることで自分でページをめくりやすい厚めのページや、触感の楽しめる素材の絵本。
絵の特徴: 絵の中に細かいディテールやキャラクターの表情が描かれている絵本が適しています。
内容の特徴: 日常の出来事や感情を描いた絵本や、身近な生活や自然界の事物について学べる絵本が適しています。

◆4〜6歳(幼稚園期・低学年)

絵本の素材: 物語が長めで文章量が増えた絵本や、読み手が子どもと対話できる要素がある絵本。
絵の特徴: 絵本のページごとに変化や展開があり、子供の興味を引きつける絵本が適しています。
内容の特徴: 動物やファンタジーの要素を取り入れた絵本や、友情や家族のきずな、困難を乗り越える勇気などを描いた絵本が適しています。

◆7歳以上(小学生以上)

絵本の素材: 一つの物語やテーマをじっくり楽しめる長編の絵本や、文学作品を絵本化したもの。
絵の特徴: ディテールや描写がより細かく、子どもの想像力を刺激する絵本が適しています。
内容の特徴: 複雑なストーリーやキャラクターの心情や成長を描いた絵本や、歴史や科学、文化などの知識を学べる絵本が適しています。

2.表情や声の使い方を意識して読んであげる

子どもは読み手の表情や声に敏感です。表情豊かに読むことや、物語のキャラクターの声や感情に合わせて声を出すことで、子どもの興味を引きつけて、物語の世界に集中できるようになります。

3.対話や質問の機会を取り入れる

読み聞かせ中に子どもとの対話や質問の機会を取り入れると、子どもの理解や熱意を深めることができます。物語の内容や登場人物について子どもの意見や感想を聞いたり、予測を立てさせたりすることで子どもの参加を促しましょう。

4.読み聞かせの場を静かで集中できる環境にする

読み聞かせをおこなう際には、静かで集中できる環境を整えることが重要です。テレビや電子機器の音量を下げたり、他の騒音を避けたりして、子どもが集中して聞ける状態を作りましょう。

5.定期的に時間を決めて読み聞かせする

読み聞かせは継続的におこなうことが大切です。毎日決まった時間に定期的におこなうことで子どももより読み聞かせに安心して楽しめるようになります。お風呂から上がって、寝るまでの間に読み聞かせをしてあげると、入眠にもよい効果がありますよ。

6.親も一緒に「楽しむ」ことを重視する

このように非常に効果の大きい読み聞かせですが、つい教育的な成長を期待してしまう親御さんも多いと思います。しかし、その成長もあくまで子どもが楽しく読み聞かせに参加することで初めて可能となるものです。プレッシャーや強制は避け、お母さんも子ども一緒に楽しむ気持ちで取り組みましょう。

まとめ:効果が大きいからこそ、楽しんで取り組もう

いかがでしたでしょうか?

「読み聞かせ」は子どもの様々な能力の成長にも、親子のきずなを築いていくためにも非常に効果的なものですので、ぜひ積極的に取り組んでほしいと思います。ただ、過度に成長を期待するものではなく、あくまで親子で楽しむ一つの遊び、という認識でおこなうと、より子どもにとって楽しく貴重な時間となっていきます。

子どもの時、お母さんと楽しく過ごした読み聞かせの時間というのは、子どもが成長してからもずっとよい思い出として心に残っていきます。ついYou tubeやテレビに頼りがちな現代だからこそ、読み聞かせに意識的に取り組んでみてくださいね。

「読書・読み聞かせ」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/60c928346e1b4208bfed903958bdbacc/NO191-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

絵本から児童書へ ~絵本の読み聞かせから活字に移行するために必要なことを解説~

現在、3~6歳くらいの保育園や幼稚園に通っているお子さまに、積極的に絵本の読み聞かせをおこなっている親御さんは多いと思います。「読み聞かせ」が子どもの成長に大きな効果があることは、コラムNo.148「「読み聞かせ」の効果は?~その驚くべき成長効果と、注意点について紹介~」でもご説明いたしました。子どもが読み聞かせに慣れてくると一緒に文字を読んだりするようになって、そのすらすらと読めている我が子の姿を見ると、そろそろ絵本だけでなく児童書を読ませてあげてもよいのかな?と感じたりすることがあると思います。こちらのコラムでは、子どもが絵本から児童書に移行していくにあたって、どのような能力が必要なのか、またその育て方について解説しています。子どもの適切な成長の参考になっていただければ幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3cb83a41c8f44ef8a838a6dd47fd5032/img01.jpg
3歳~6歳の育児

読書好きな子に育てるコツ

一般的に読書をする子どもは学力が高いと言われています。 本を読むだけで学力が伸びるなら、うちの子にもたくさん本を読ませたい!とは思うものの、実際に子どもに本を読ませるのはなかなか大変なことです。インターネットで調べていても「1週間で10冊は読もう」とか「年間1000冊読ませました!」とか「そんなの無理」と思うような情報がいっぱいです。親自身が本を読むメリットを感じられていなければ、それこそ子どもに本を読ませるのは至難の業です。でも諦めなくて大丈夫。今からでもやり始めれば、小学生になるころには「うちの子、本ばっかり読んでいるのよね」と言えるようになる方法を紹介します。読書のメリットを理解して、お子さまと一緒に読書を始めましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c361fbe27b9448358527a0d9e6241879/img01.jpg
1歳~3歳の育児

本を大好きな子供に育てるには~幼児期の読書について~

よく世間でもいわれるように、幼児期から読書の習慣をつけることは子どもの感性や学力を伸ばすのに非常に有効であるといえます。お母さんの読み聞かせから始まり、日常の中に絵本があることで子どもは本になじみ、自然と読書好きになっていきます。この記事では、幼児期からの読書がもたらすすばらしい効果、子どもを本好きにさせるポイントや読み聞かせのコツをご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9f3a4cf2401d42a092b08040b2fd27be/crying-boy.jpg
その他

すぐ泣く子供の特徴・心理や接し方、HSPや発達障害との関係について解説!

子供がすぐに涙を見せると、親として心配になることもあるでしょう。この記事では、すぐ泣く子供の心理的特性と、その背景にある感情表現を年齢ごとに解説します。また、HSP(Highly Sensitive Person)や発達障害との関連性にも触れ、親が理解を深めて正しいサポートができるような情報を紹介します。この記事を通じて、子供の感受性を大切にしながら親子の絆を深めるヒントを学んでいきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6ab39b0a01ac47fd9a49849eeab27cf5/autism-spectrum-disorder-flap-hand.jpg
その他

さかさバイバイは健常児でもする?逆さバイバイをする理由や自閉症との関係を解説

子どもが「さかさバイバイ」をするとき、親御さんは不思議に思うかもしれません。この記事では、逆さバイバイが何を意味しているのか、その理由と、自閉症との関連性について詳しく解説します。さらに、この行動が意味する可能性のある発達のサインに対して、親がどのように対応すれば良いのかについても触れていきます。子どもの行動をより理解し、さかさバイバイについて正しい知識が身につくでしょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/79b938ad20394fcba8b66cda1b6a4a41/boy%E2%80%90flying%E2%80%90hula%E2%80%90hoop.jpg
その他

運動療育とは?その目的や効果・子どもの発達障害改善に役立つ理由などを解説します!

運動療育は、発達に課題を抱える子どもたちのために設計された特別なプログラムです。この記事では、運動療育の基本的な概念から、その具体的な活動内容、効果までを詳しく解説します。運動療育とは何か、どのような子どもたちが対象となるのか、また、ADHDなどの発達障害にどのような改善効果が期待できるのかなど、専門的な内容も含めながらわかりやすく説明します。ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4defe3467990434f9c72f46d38e8a3c5/2%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E3%81%8B%E6%82%A9%E3%82%80%E6%96%B9%E5%BF%85%E8%A6%8B%20(1).png
その他

2人目の子供を持つか悩む方必見!悩みの理由や一人っ子との違いも解説

多くの家庭で、2人目の子供を持つかどうかは大きな悩みの一つです。1人目の子育て経験を経て、2人目も欲しいけれど、再び新しい命を迎える準備ができているか、経済的、精神的な準備は整っているか、といった不安を感じる方も少なくありません。この記事では、2人目を持つことに悩む理由とその解消法に焦点を当てて、探っていきます。2人目の子供を持つか迷ったら、ぜひ悩み解決のヒントにしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/43045a81e4ea492187c0ed55686e78ac/%E6%8C%87%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AB%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.jpg
その他

指しゃぶりはいつまでにやめさせるべき?原因から歯並びへの影響、やめさせ方まで解説

子供の指しゃぶりは、親にとってよくある悩みの一つです。この記事では、指しゃぶりの原因から歯並びへの影響、やめさせる方法までを分かりやすく解説します。いつから始まり、いつまで続くのか、そしてどのようにしてやめさせるべきかについて、詳しくお伝えします。この記事を読んで、指しゃぶりへの対処法を学び、お子さんの成長を上手にサポートしていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5f019f1d12284dc9851f89ebd7b3f578/3%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%80%81%E7%94%A3%E3%82%80%EF%BC%9F%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
その他

「3人目、産む?諦める?」平均年齢からメリットデメリット、経済面まで!悩む方への徹底ガイド

3人目の子供を迎えるかどうか、悩んでいませんか?この記事では、3人目の子供を持つ際の平均年齢、メリット、デメリット、そして3人目を迎えた家庭のリアルな声まで、幅広くご紹介します。この記事を読んで、3人目の子供を産むべきかどうか、悩んでいる方はご自身で決める際のヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。