子どもの集中力が続かない原因とは?集中力を高める方法を解説します!

No.21更新日付:2024年6月5日

子どもの集中力は長く持続せず、10〜20分程度集中できれば十分だといわれています。しかし、集中力には個人差があるため、子どもによっては集中が途切れやすく、10分も続かない場合もあるでしょう。子どもの集中力が続かない原因は、周囲の環境や勉強に興味が持てない、精神的な問題などさまざまです。

集中力を高めるためには、子どもが落ち着いて勉強できる環境作りや、日々の生活のなかにトレーニングを取り入れることが大切です。今回は、子どもの集中力が続かない原因や、集中力を高める方法などを詳しく解説します。

この記事でわかること

  • 子どもの集中力を低下させる原因
  • 集中力のある子とない子の違い
  • 子どもの集中力をアップさせる方法
  • 集中力を引き出すポイント

子どもの集中力を低下させる原因は?

子どもの集中力の持続時間は年齢によって異なりますが、小学校低学年で15分程度、就学生で30分程度といわれています。子どもの集中力はそもそも長く続かないため、10〜20分しっかり集中することができれば十分ということになります。

しかし、その10〜20分程度の時間も机に向かっていられない、10分も経たないうちに集中力が低下してしまうという場合は、次のような原因が考えられます。

  • テレビの音や兄弟の声など周囲の環境が騒がしい
  • 勉強が楽しくない、興味が持てないままなんとなくやっている
  • 悩み事など精神的な問題で集中できない

子どもは大人よりも周囲の環境に敏感です。例えばリビングで勉強をしている場合、テレビの音や兄弟が騒いでいる声、スマートフォンの着信音などで集中力が途切れてしまうことがあります。

また、勉強の必要性がわからないまま、先生や親に「勉強しなさい」と言われているからなんとなくやっているだけだったり、勉強が好きではないのに無理していたりする子どもは、どうしても集中力が途切れがちです。勉強の大切さを理解し、興味を持って取り組めるよう、子どもを導いてあげることが重要です。

また、子どもはとても繊細な面があるため、学校で嫌なことがあった、友達とケンカしてしまったなど、悩みや心配ごとがあると、集中できなくなってしまうケースがあります。上の空になっていると感じたら、精神面をしっかりケアしてあげる必要があるでしょう。

お子さまをしっかり観察して、集中できない原因を突き止めて対処してあげることがとても大切なんだね。

集中力のある子とない子の違い

集中力がある・ない子の違いは、集中力のタイプによるところも大きいといわれています。

集中力は「集中タイプ」と「拡散タイプ」の2つがあり、集中タイプは次の3つのケースがあります。

  • 自分の興味や関心があるものに関して集中力を発揮する
  • 必要に迫られたときに集中力を発揮する
  • 先天的に集中力が高い

一方、拡散タイプは自分の身の回りのことに敏感で、周囲の環境が気になって集中力がすぐに途切れ、持続しません。人の気持ちや環境の変化をすぐに察知できるという長所もありますが、どうしても「落ち着きがない」という印象になりがちです。

子どもが拡散タイプの場合は、集中力を持続できる環境をできるだけ整えてあげることと、子どもの特性を理解して根気強く見守ってあげることが大切です。

子どもの集中力をアップさせる方法

子どもの集中力が続かない場合は、年齢に合わせたトレーニングや集中力を鍛えるゲームがおすすめです。

3〜5歳の未就学児の集中力は長くても10分程度です。まずは遊びを通して集中を促してあげましょう。

おすすめの遊びは「手遊び」です。「グーチョキパー」や「むすんでひらいて」など、手を動かしながら歌うことで、興味・関心が移りやすい子どもの意識が集中できるきっかけを作ります。

集中を上手く促せるようになったら、今度は集中力を持続させるトレーニングがおすすめです。特に、絵本の読み聞かせは子どもが夢中になりやすく、集中力を高めるきっかけになります。最初は短めの絵本1冊から始め、集中できていると感じたら、長めの絵本にしてみたり、絵本の冊数を増やしてみたりすると良いでしょう。

絵本の読み聞かせは当コラムでもさまざまな場面で良いとご紹介しているけど、集中力を高めるにも良いんだね♪

子どもの集中力が鍛えられるゲーム

集中力を鍛えるにはトレーニングを継続させることが大切です。集中力アップに効果的なゲームを日常生活に取り入れることで、子どもの集中力を少しずつ高めていきましょう。おすすめのゲームは次の3つです。

◆ジグソーパズル

ジグソーパズルは記憶力や注意力を育み、集中力を鍛えるのにピッタリのゲームです。まずは年齢に合わせたピースのパズルから始め、スムーズに完成させるようになったら、ピースの多いパズルや複雑な絵柄のパズルに挑戦するとよいでしょう。完成したときの達成感は強く、子どもでも大人でも楽しめます。

◆ボードゲーム

オセロやすごろく、トランプなどのボードゲームは長期戦になることが多いため、長い時間集中力が必要なゲームです。楽しみながら集中力を鍛えられるとともに、ゲームに勝つための思考力を育むことができます。

◆折り紙

折り紙をきれいに折るには、手順通りに折るための理解力や記憶力、手先を器用に動かして作業する集中力が必要です。初めは簡単に折れる船や紙飛行機、慣れてきたら定番の鶴、と徐々に難易度を上げ、上手く折れるようになったらもっと複雑な折り紙を親子で一緒に挑戦すると良いでしょう。集中力を鍛えるとともに、親子のコミュニケーションをとれるのも折り紙の良いところです。

いざというとき集中力を引き出すポイント

集中が途切れやすく、日によってムラがある子どもの集中力を引き出すには、次の5つのポイントを押さえた勉強方法や環境作りが大切です。

1.目標を立てることで達成感を積み重ねる

集中力を持続させるには、具体的で明確な目標を設定して学習に取り組むことが大切です。目標は無理なく達成できるものから設定するのがポイントです。

いきなり大きな目標を立ててしまうと、できなかったときにやる気が削がれてしまいます。また、「無理だ」と感じたときに、途中ですぐ投げ出すようになってしまう場合があるため、注意が必要です。

無理のない目標をいくつも達成することで、「目標どおりにできた」という成功体験を積み重ねることができます。成功の積み重ねは自信ややる気につながり、子どもの集中力を高められるでしょう。

スモールステップを踏んでいきながら達成感を感じられると、大人でも嬉しいですよね♪

2.時間を決めて計画的に取り組む

その日の学習計画を立てることが苦手な子どもは、集中力が持続しない傾向があります。時間を決めて計画的に学習することを促せば、子どもは勉強をどれくらいやれば終えられるという見通しがつくようになります。ゴールが設定されていれば、「そこまで頑張ろう」と、やる気を出して勉強に集中できるでしょう。

3.ウォーミングアップとして簡単な作業をする

どうしてもやる気が出ないことや苦手な勉強をする際は、集中力が低下してしまい勉強が捗りません。集中せずになんとなく勉強をこなしたところで、効果はあまり得られないでしょう。

難しいことや面倒なことに取り組むときは、まずは子どもに合ったウォーミングアップを行ってから集中力を高めることがおすすめです。まずは書き取りや簡単な計算など、子どもの得意なことから始めましょう。

4.励ましながら子どもと一緒に取り組む

子どもが勉強に集中できずにいても、「ちゃんとやりなさい」「早くしなさい」など、子どもをせかしたり、叱りつけたりするのはやめましょう。

子どもは叱られるとますますやる気が削がれてしまいます。子どもが集中して勉強に取り組めるようにするには、叱るよりも褒めることが大切です。

子どもが集中して勉強できるように励ましながら、頑張ったときには思いきり褒めてあげましょう。子どもはもっと褒められたいとやる気を出し、意欲的に勉強するようになるでしょう。

5.集中できる環境づくり

子どもが勉強をする場所から関心が移ってしまいそうなものを排除し、子どもが集中できる環境を作ることも大切です。おもちゃや漫画、ゲーム機はもちろん、テレビの音や兄弟の騒ぎ声といった雑音もできるだけ除きましょう。

また、子どもが快適に勉強できるような室温設定や照明の明るさなども気を付けてあげるとよいでしょう。

リビングや子ども部屋の環境から見直してみるのもおすすめです☆

【まとめ】子どもの集中力をアップさせるには環境やトレーニングが大切

子どもの集中力を高めるためには、子どもが意欲を持って取り組める環境づくりや日常的なトレーニングが重要です。なかなか集中できない場合は、目標設定をしたり時間を決めて計画的に取り組んだりといった工夫をしましょう。

日ごろから集中力を鍛えるためには、遊びを通して集中を促したり、絵本の読み聞かせやゲームを通して集中力を鍛えたりすると良いでしょう。子どもが興味を持てるものを日常生活に取り入れることで、自然と集中力が養われていきます。

そもそも子どもの集中力は10~20分程といわれているため、興味がない物事へ集中させることはとても難しいです。そのため、無理やり嫌なことをやらせるのではなく、自然に集中できるよう誘導してあげると良いでしょう。ご紹介したような工夫をして、子どもが抵抗なく集中できるよう促しましょう。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3bfd16260ec54a4cacb3838077c52068/boy%E2%80%90playing%E2%80%90magnetic%20blocks%20(1).jpg
3歳~6歳の育児

4歳児の発達とは?発達障害のチェックリストや症状、注意すべきサインを解説

お子さんが4歳という年齢になり、一人で色々なことが出来るようになってくると「いつの間にかこんなことも出来るようになったのか」と驚かされることもあるのではないでしょうか。特にこの時期には、子どもの言葉や運動能力、社交的なスキルが急速に発展します。しかし、これらの発展が一定のパターンに従わない場合、どのように対応すれば良いのか、またどのようなサインに注目すべきかを知ることが大切です。この記事では、4歳児の発達の特徴と、発達障害の可能性がある場合のサインや注意点をわかりやすく解説し、お子さんの健やかな成長をサポートする情報をお伝えします。具体的な発達の段階やそれぞれの特徴を詳しく見ていきますので、お子さんの発達についてより深く理解し、適切な育児をするためのヒントにしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/26126d1042304f13ae2bf65cb5c69382/Elementary%20school%20entrance%20exam.jpg
3歳~6歳の育児

「お受験」とは?小学校受験はいつから準備すべき?費用、メリット・デメリットも解説

お子さんが小学校に進学する前に、多くの親御さんが考える「お受験」。しかし、「お受験」と一口に言っても、その実態や準備の仕方、かかる費用やメリット・デメリットなど、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、小学校受験を控えた親御さんに向けて、お受験の基本から、準備のタイミング、さらに成功へのポイントまで、分かりやすく解説します。お受験に必要な情報をしっかりと把握し、子どもの大切な一歩を支えるための準備を始めましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。