トイトレでウンチができない悩みを解決!効果的な誘い方や対策を解説

No.235更新日付:2024年6月5日

トイレトレーニング、通称トイトレは、子どもの成長にとって重要なステップです。しかし、特にウンチができないという悩みを抱える親御さんは多くいます。


この記事では、子どもがトイレでウンチができない理由とその解決策、効果的なトイレトレーニングの方法について詳しく説明します。また、便秘や心理的な要因についても触れ、親としてどのようにサポートすればよいかを具体的に提案します。この記事を読むことで、子どもがトイレでウンチをできるようになるためのヒントやアドバイスを得られるでしょう。ぜひ、トイトレの成功に向けて、一緒に学んでいきましょう。


トイトレでウンチができない原因とそれぞれの解決策

トイレトレーニングを進める中で、特にウンチができないという悩みを抱える親御さんは多いです。子供がトイレでウンチをするのを嫌がる原因はさまざまで、それぞれに対策が必要です。

ここでは、子供がトイレでウンチをできない原因を3つ取り上げ、それぞれの解決策について詳しく解説します。

原因①おむつに慣れてしまっている

おむつは子供にとって長い間使ってきた安心できる場所です。特に排便時におむつが当たり前になっている子供は、トイレを使うことに対して抵抗を感じやすいです。おむつからトイレへの移行をスムーズにするためには、まずトイレに親しむ時間を設けることが大切です。例えば、おむつを外してトイレに座る練習をすることで、トイレに対する恐怖心を少しずつ和らげることができます。また、子供が好きなキャラクターのトイレ用ステッカーや便座カバーを使うことで、トイレを楽しい場所と感じさせる工夫も有効です。

原因②トイレに落ちるうんちの感覚や音に対する恐怖

子供の中には、トイレに落ちるウンチの感覚や音に対して恐怖を感じる子もいます。この恐怖は、特に初めてトイレを使う子供にとって大きな障害となります。この問題に対処するためには、まず子供が感じる不安を理解し、その上で安心感を与える工夫が必要です。例えば、トイレの音を軽減するためにトイレットペーパーを少量敷く方法や、トイレに慣れるための音なしでの練習を行うことが効果的です。また、子供と一緒にトイレを見学したり、トイレの使用方法を絵本や動画で学ばせることも良い方法です。

原因③うんちのタイミングをコントロールできない

子どもは自分の体のリズムを完全に把握していないため、ウンチのタイミングをコントロールするのが難しい場合があります。この問題を解決するためには、まず子どもの排便パターンを観察し、そのパターンに合わせたタイミングでトイレに誘うことが重要です。例えば、食事の後や特定の時間帯に便意を感じることが多い子どもであれば、その時間に合わせてトイレに誘うと成功しやすくなります。また、便秘が原因で排便が難しい場合は、食事内容や水分補給を見直すことで便秘解消を図り、スムーズな排便をサポートします。心理的なサポートも重要で、子どもにリラックスした環境を提供することが大切です。


こうした原因を理解し、具体的な対策を講じることで、子どもがトイレでウンチをすることに対する不安や抵抗を減らし、トイレトレーニングの成功につなげることができます。

トイレでうんちを成功させるステップ

子供がトイレでウンチをできるようになるためには、親はどのようにサポートすればよいのでしょうか。このセクションでは、具体的な方法を5つのステップに分けて詳しく解説します。この手順に従って進めることで、子供が自信を持ってトイレを使えるようにサポートし、トイレトレーニングをスムーズに進めることができます。それでは、成功へ導くためのステップを順を追って見ていきましょう。

①子供に合ったトイレ環境に整える

子供がトイレで安心してウンチをするためには、まずトイレ環境を整えることが重要です。まずは、子供用の便座や踏み台を使用することで、子供が自分でトイレに座りやすいようにしましょう。便座が冷たいと感じる場合は、暖かい便座カバーを用意するのも良いでしょう。また、トイレにお気に入りのキャラクターのステッカーを貼ることで、トイレを楽しい場所にする工夫も効果的です。

②絵本などを使ってうんちやトイレについて楽しく教える

トイレやウンチに対する恐怖心を和らげるためには、絵本やアニメーションなどを使って、楽しく教える方法が有効です。子供が興味を持ちやすいストーリーやキャラクターを通じて、トイレの使い方やウンチの大切さを学ばせることができます。親が一緒に絵本を読みながら、トイレについて話し合う時間を持つことも、子供の理解を深める助けになります。

③うんちが出そうなタイミングでトイレに誘う

まずは子供の排便リズムを観察し、うんちが出そうなタイミングでトイレに誘ってみましょう。例えば、食後や特定の時間帯に便意を感じることが多い場合は、そのタイミングでトイレに誘うようにしましょう。また、「そろそろトイレに行ってみようか?」と優しく声をかけることで、子供が自然にトイレに向かうことができます。無理強いせず、リラックスした雰囲気で誘うことが大切です。

④子どもが安心して用を足せるようサポートする

トイレでの排便は、子供にとって大きな挑戦です。子供が安心して用を足せるように、親がそばでサポートすることが必要です。例えば、手を握ってあげる、優しく声をかけるなど、子供が安心感を持てるような接し方を心掛けましょう。また、トイレの時間を急がせず、子供が自分のペースで用を足せるように配慮することも重要です。

⑤成功したら積極的にほめる

子供がトイレでウンチをすることに成功したら、積極的にほめるようにしましょう。「よくできたね!」「すごいね!」など、具体的な言葉で褒めることで、子供は達成感を感じ、自信を持つことができます。成功体験を重ねることで、トイレトレーニングがスムーズに進むようになります。成功したらシールを貼るなど、小さなご褒美を用意するのも良い方法です。


これらのステップを実践することで、子供がトイレでウンチをすることに対する不安や抵抗を減らし、トイレトレーニングの成功につなげることができます。

トイレでうんちを嫌がる子どもへの対処法

子どもがトイレでうんちを嫌がる理由はさまざまですが、その一つ一つに対処することで、トイレトレーニングをスムーズに進めることができます。ここでは、子どもがトイレでうんちを嫌がる具体的な原因に対して、親としてどのように対処すれば良いかを解説します。

便座が冷たい・高い!小さな子ども向けの快適なトイレ環境作り

子どもがトイレでうんちを嫌がる原因の一つに、便座の冷たさや高さがあります。こうした問題を解決するために、子どもにとって快適なトイレ環境を整えることが重要です。


まず、便座が冷たい場合は、便座カバーを使用することで冷たさを軽減できます。特に冬場は、暖かい便座カバーを用意することで、子どもが快適に座れるようになります。また、高さが合わない場合は、子ども用の便座を用意しましょう。子ども用便座は小さく、子どもが安定して座れるように設計されています。


さらに、踏み台を設置することで、子どもが自分で便座に座りやすくなります。踏み台は、足を安定させるだけでなく、子どもが自信を持ってトイレを使う手助けにもなります。トイレが怖い場所ではなく、安心して使える場所だと感じてもらうことが大切です。

トイレに行くのを怖がる時のサポート方法

子どもがトイレに行くのを怖がる場合は、その恐怖を取り除くためのサポートが必要です。恐怖の原因は様々で、暗い場所や大きな音、過去の失敗体験などが考えられます。これらの恐怖を和らげるための具体的な対策を紹介します。


まず、トイレが暗くて怖い場合は、夜間用の小さな照明を設置することで解決できます。明るい環境を作ることで、子どもが安心してトイレに行けるようになります。また、トイレの音が怖い場合は、音を軽減するためにトイレットペーパーを敷く方法や、子どもが安心できる音楽をかけるといった工夫が有効です。


過去の失敗体験が原因でトイレを怖がる場合は、その経験を振り返り、子どもと一緒に乗り越えることが大切です。親が優しくサポートし、失敗しても責めない姿勢を示すことで、子どもは安心感を得ることができます。また、トイレを楽しい場所に感じられるように、お気に入りの絵本やおもちゃを持ち込むことも一つの方法です。


これらの対策を通じて、子どもがトイレに対する恐怖心を克服し、安心してうんちができるようになるサポートをしていきましょう。

トイトレをスムーズに進めるための親の接し方

トイレトレーニング(トイトレ)は、子どもにとっても親にとっても大きなステップです。この過程をスムーズに進めるためには、親の接し方が非常に重要です。子どもが安心してトイレを使えるようにするためのコツや、日常生活の中で自然にトイレトレーニングを取り入れる方法を紹介します。親が急がず、焦らず、子どものペースに合わせてサポートすることで、トイレトレーニングが楽しい体験となり、成功につながります。

急がず・焦らず・子どものペースに合わせて

トイレトレーニングを進める上で最も重要なのは、親が子どものペースに合わせることです。子どもによってトイレトレーニングの進み具合は異なりますので、焦らずに取り組むことが大切です。子どもがトイレを嫌がったり、失敗したりしても、決して怒らず、優しく励ましながら進めましょう。親が焦ると、その気持ちが子どもにも伝わり、かえってトレーニングが難航することがあります。子どもが自信を持ってトイレを使えるようになるためには、成功体験を重ねることが重要です。小さな成功を一緒に喜び、子どもが自分のペースで成長できるようサポートしてください。

日々の生活の中でトイトレを自然に取り入れるコツ

トイレトレーニングをスムーズに進めるためには、日常生活の中で自然にトレーニングを取り入れることが効果的です。例えば、食事の後や寝る前など、決まったタイミングでトイレに誘うことで、子どもがトイレのリズムをつかみやすくなります。また、子どもがトイレに興味を持てるように、トイレに関する絵本を読んだり、トイレの使い方を一緒に学ぶ時間を作ることも有効です。


さらに、トイレに行くことを楽しい体験にするために、トイレのデコレーションや、お気に入りのキャラクターのステッカーを貼るなどの工夫をするのも良いでしょう。子どもがトイレを使うことに対してポジティブなイメージを持つようにすることで、トイレトレーニングがよりスムーズに進みます。


親がリラックスして楽しみながらトレーニングを進めることで、子どもも安心して取り組むことができます。日常の中で少しずつトイレトレーニングを進め、子どもが自然にトイレを使えるようになるまで、根気よくサポートしていきましょう。

まとめ

この記事では、子供がトイレでウンチができない原因とその解決策について詳しく解説しました。トイトレがうまく進まない原因として、おむつに慣れてしまったことや、トイレに落ちるウンチの感覚や音に対する恐怖、うんちのタイミングをコントロールできないことなど、さまざまな原因が考えられます。それぞれの原因に対して、ぜひこの記事で紹介した対処法を試してみてください。これらの方法を実践することで、子供が安心してトイレを使えるようになり、トイレトレーニングがスムーズに進むようになります。親が子供の気持ちに寄り添い、温かくサポートすることで、子供は自信を持ってトイレでウンチができるようになるでしょう。この記事を参考にして、トイレトレーニングの成功に向けて頑張りましょう。

「おむつ・トイレトレーニング」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/60514eb0ff034665909c80f6c06c2474/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

トイレトレーニングはいつから始める?~始めるタイミングや注意点について紹介~

生まれてからおむつが当たり前だった赤ちゃんですが、2歳くらいになってくると徐々に、おむつ外れ、トイレトレーニングを意識する年頃になりますよね。実は、コラムNo.91「上手なトイレトレーニングで、おむつは1歳前に取ることができます」でお伝えしましたが、トイレトレーニングは2度適切なタイミングがあり、1度めは実は0歳代でチャンスがあるのです。そしてこのタイミングを逸してしまった場合は、次のチャンスは2歳代に入ってからになります。今回はこの2歳代でのトイレトレーニングについて、始めるべきタイミングや注意点についてまとめています。2歳代のお子さまをお持ちのお母さまはこちらを読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/25aaee907d80422d8cad21904f4c9e1e/img01.jpg
その他

トイレトレーニングとは?始めるべきタイミングと家族の心構えについて紹介

子どもが2歳前後になると、多くのお母さんが気になるのが子どもの「トイレトレーニング」や「おむつはずし」ですね。お友達のおうちではすでに始めてるよ、なんてお話を聞いて焦っている、というお母さんもいることだと思います。この「トイレトレーニング」を始めるタイミングですが、実は個人差も大きく、さらに適切なタイミングも、0歳代の時と2歳代の時で2回あるとベビーパークでは考えています。こちらのコラムでは、まず基本的なトイレトレーニングの考え方や必要な準備を説明しつつ、0歳代・2歳代、それぞれの時期に適切なトイレトレーニングの方法をご紹介していきます。気になるお母さんはぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d0507233343445e6ae9ca6b8b06324d5/img01.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのおむつの上手な替え方とは?コツやタイミングをご紹介!!

赤ちゃんのおむつの替え方は、最初は両親もわからずとまどうことが多いものです。なかなか思い通りにはいかず悩むこともあるのではないでしょうか。本記事では赤ちゃんの上手なおむつの替え方についてコツをご紹介します。また、赤ちゃんにぴったりサイズのおむつを選ぶのも意外とタイミングが難しいものです。ママやパパが恐怖のうんち漏れを経験することのないように、おむつのサイズアップのタイミングについても情報をまとめています。もうすぐ赤ちゃんが生まれる方も読んでおくと、いざという時に慌てずに対処できますよ。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a820c3470a2f4f8eab563d144025538c/girl%E2%80%90sitting%E2%80%90in%E2%80%90child%E2%80%90seat.jpg
1歳~3歳の育児

チャイルドシートを前向きにするのは何ヶ月・何キロから?理由や注意点も解説

子供を持つ親にとって、チャイルドシートの使用は安全運転の基本です。しかし、チャイルドシートを後ろ向きから前向きに切り替えるタイミングについては、多くの親が疑問に思うことではないでしょうか。この記事では、チャイルドシートを前向きに切り替える最適な時期について詳しく解説します。この記事を読むことで、チャイルドシートの適切な使用方法や切り替え時期を理解し、子供の安全を確保するための知識を得ることができます。さあ、チャイルドシートを前向きに切り替えるタイミングについて、一緒に学んでいきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1b909dd69f84c618e0a41f4f2b16cee/milk%20bottle.jpg
1歳~3歳の育児

卒乳はいつする?スムーズなやり方やタイミング、断乳との違いまで徹底解説!

子育ての大きな節目として、親子にとって特別な意味を持つ「卒乳」。しかし、特に第一子の場合、「卒乳はいつ頃行えばよい?」「スムーズに卒乳を進めるにはどうしたらいいの?」など不安を感じている、という方も多いのではないでしょうか。この記事では卒乳の適切なタイミングやスムーズに進めるための方法、そして断乳との違いまで、わかりやすく解説します。卒乳を成功させるための知識を身につけ、この大切な時期を母子共に穏やかに過ごすための一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/16f16d46aa164f91a066260434111495/%E6%85%A3%E3%82%89%E3%81%97%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e200935f9e134d65b4d3ec224730d1dd/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%AA%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%81%AF%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友だちをひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/663fb53272af43158ed66041afad1026/img01%20(3).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」②~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2回目の今回は、コラムNo.136「2歳児の「言葉の育て方」~発達段階別に実践的な方法を紹介~①」で解説した2歳児の標準的な言語発達段階において、各レベルに適した取り組みを紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/346437196ea64dee9428eb123317c9fe/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」①~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2歳前後のお子さまのいらっしゃる方はぜひ一度読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。