トイレトレーニングはいつから始める?~始めるタイミングや注意点について紹介~

No.125更新日付:2024年2月27日

生まれてからおむつが当たり前だった赤ちゃんですが、2歳くらいになってくると徐々に、おむつ外れ、トイレトレーニングを意識する年頃になりますよね。

実は、コラムNo.91「上手なトイレトレーニングで、おむつは1歳前に取ることができます」でお伝えしましたが、トイレトレーニングは2度適切なタイミングがあり、1度めは実は0歳代でチャンスがあるのです。そしてこのタイミングを逸してしまった場合は、次のチャンスは2歳代に入ってからになります。

今回はこの2歳代でのトイレトレーニングについて、始めるべきタイミングや注意点についてまとめています。2歳代のお子さまをお持ちのお母さまはこちらを読んでみてくださいね。

おむつが取れる時期の目安は「2歳9ヵ月頃~3歳4ヵ月頃」

一般的にオムツが取れる目安は「2歳9ヵ月頃~3歳4ヵ月頃」です。

0歳代初期から熱心にオムツ外しの取り組みを実践すると不思議なことに1歳の誕生日前後でオムツが外れます。しかし、その時期を逸してしまうと1歳以降はどれだけ早くトレーニングを開始しても、トレーニング期間が長くなるだけで大抵は「完璧にオムツが外れる」のは3歳ごろになるものです。

ですからベビーパークでは2歳を過ぎた頃から少しずつ「トイレ」の時間を楽しみにするように習慣付けて、「時期」が来たら一気にオムツが取れるように仕向けることを推奨しています。その「時期」とは、子どもによって本当にバラバラなのですが「夜間、眠っている間にオムツが6時間以上濡れなくなったら」が目安だと考えております。

トイトレの心構え:「嫌いにさせないこと」が鉄則

まずは、どのような「しつけ」や「学び」にも共通していえることが、何かを教えたい時、習得させたい時に最も気をつけなければならない事は、その対象を「嫌いにさせないこと」です。「嫌いなことをイヤイヤやる」ほど、効率悪い事はありません。

「何かを嫌いになる」のは「個性」や「好み」の問題ではないのです。「嫌いにさせてしまう、何らかの原因」が必ずあるのです。特にやりたくない時に無理強いすると、それまで好きだったことも一気に嫌いになる場合があります。それをふまえて、トイレトレーニングをやってみましょう。

ベビーパーク流トイレトレーニング

それでは、ここからはベビーパークで推奨しているトイレトレーニングのおこない方について、順番にご説明していきます。

1.「トイレに座る事」を楽しみにしましょう

お子さまが嫌がらないようであれば2歳前、1歳代からも可能です。

まずは、服は着たままただ補助便座を使用して座らせます。ズボンも下ろさず、オムツもつけたままで大丈夫です。大人しく座れたら本気でほめてください。

この「本気」が大切です。この時に嫌がらないようであれば、下を脱がせてみましょう。これもできたら心からほめましょう。できるようならば1日に3回から5回程度挑戦して習慣にしていきます。なるべく「起床後」「朝食後」「昼食前」「夕食前」「就寝前」におこないましょう。

2.「トイレでおしっこ」を促していく

意識的にトイレの話が出てくる絵本などを読む機会を増やします。

すでに2語文・3語文が話せて意志疎通ができるお子さまならば、トイレの話に的を絞った短めのDVDを見せるのもよいでしょう。わざとらしく、「トイレだね~!」など協調する必要はありません。

そして、トイレに子どもの好きそうなポスターを貼ります。「がんばりシール表」のようなものだとなおよいですね。トイレに座った時に、もしもおしっこが出たならものすごくほめてシールを1枚貼らせましょう。あまり詳しく説明する必要はありません。

説明せずとも段々自分で「おしっこできたらシールが貼れるんだ!」と気付いていきます。おしっこが出ない時にシールを貼りたがる時は、必ず笑顔で毅然と「おしっこ出たらシールね♪」と優しく言いましょう。

子どもが泣いてもグズっても、お母さんは根負けしてシールを与えないようにしましょう。もしもウンチが出たらシールは2枚貼らせるか、スペシャルな大きいシールなどを貼らせてください。

3.「急がない・焦らない」が大切

2歳代のトイレトレーニングは「1年かける」くらいの気持ちでのんびりいきましょう。トイレでおしっこできる回数が増えてきても、まだ普段はオムツ着用で構いません。リビングなどでおもらしするのは目に見えています。お母さんの手間を増やす必要はなく、まだまだ「準備期間」くらいに考えておけばよいのです。

2歳6ヵ月~3歳ごろには、「オムツ」に比べて「パンツ」は「お兄さん・お姉さんなんだ!」という意識を少しずつ目覚めさせます。その気持ちが芽生えるまでは焦る必要はありません。

4.「オムツからパンツへ」は一気におこなう

子ども本人に「パンツを履きたい」という意識が芽生えたらチャンスです。ここからはあまり時間をかけずに一気に「オムツ外し」を心がけ親子で楽しく取り組みましょう。

トレーニングパンツを活用しましょう。「お友達の○○ちゃんは、もうパンツなんだね~」というような話を、お子さまの心を傷つけないように最大限の気を使いながら何気なく話題にします。そして我が子にも「○○もパンツ好き?そう♪じゃあパンツはいてみる?パンツにおしっこしちゃいけないんだよ」と、優しく促します。

また「朝、5時半ごろにオムツが濡れていないかどうか」をチェックし、この状態が続くようになれば日中のオムツ外しを本格的に開始する目安になります。そして、2週間から長くても1か月以内でオムツを卒業させたいものです。

そのためには、おしっこが出そうになったら出る前に教えてくれたり、夜間に長時間オムツが濡れなくなったりなど、十分にオムツ外しの準備ができていることを確認してください。

トイレトレーニングで大切なこと=落胆を顔に出さない

おもらししても決して怒らず、落胆した声や顔・表情は絶対に出さないでください。お母さんがここで「残念そう」な素振りを見せれば、子どもはトイレを嫌がるようになり、かえってオムツの外れる時期が遅くなります。多くのお母さんは「早くオムツを卒業して欲しい」という気持ちが出るあまりに、子どもへの声がけの口調が少し厳しくなったり、ゆとりと笑顔を失いがちになったりしやすいものです。

「いつかは必ずとれる」くらいの気持ちで、ゆったり構えていたほうが結局は早くオムツが取れる場合が多いのです。子どもに決してプレッシャーをかけないことを意識してください。

「おねしょ」についての対応

夜尿、すなわち「おねしょ」は叱っても怒っても仕方ありません。夜尿の原因は睡眠中のバソプレッシンというホルモン分泌のリズムが確立していない事にあります。また、夕食の量が多すぎたり味が濃すぎたりすることや、日中の活動が不足している、などに原因がある場合もあります。

眠りのリズムを整えることが、おねしょ対策に有効

何よりも一番に心がけなければならないことは「眠りのリズムを整えること」です。夜の寝つきや、夜中に目覚めることはまだ気にしなくて構いません。

朝6時台の自律起床、つまり自分一人で自然と起き出してくることを目指しましょう。お母さんが、子どもを起こしたい時間の1時間前に起床し、カーテンを開けて朝の陽ざしをたっぷりと浴びさせるという取り組みを継続することが重要です。冬場は起床時刻が1時間程度遅く、7時台になっても構いません。

また、寝ても寝なくても構わないので20時ごろに布団に入ることを習慣付けていきましょう。なるべくお母さんが添い寝して眠ってしまえば、不思議と子どもも眠ってしまう場合が多いものです。

夜中にトイレに起こすのはNG

そして一番やってはいけない方法は、夜中にお子さまを起こしてトイレに行かせることです。「眠りのリズム作り」を妨げてしまうことはやめましょう。トイレの習慣を付けるためには「睡眠中に正しいホルモン分泌のリズムが確立すること」が大変重要です。

まとめ:トイレトレーニングは、子どもの成長にあわせて焦らずに!

いかがでしたでしょうか?

トイレトレーニングを始めるおおまかな目安はあるものの、実際に始める時期は子どもの成長の度合にあわせて人それぞれです。

今回の話をご参考に、子どもの様子に合わせてトイレトレーニングを開始してみてくださいね。焦ったり落胆したりすることなく、どのような学びも子どもの成長の1ページと心得て、親子ともに楽しみながらおこなうように意識してみてください。

「おむつ・トイレトレーニング」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/25aaee907d80422d8cad21904f4c9e1e/img01.jpg
その他

トイレトレーニングとは? 始めるべきタイミングと家族の心構えについて紹介

子どもが2歳前後になると、多くのお母さんが気になるのが子どもの「トイレトレーニング」や「おむつはずし」ですね。お友達のおうちではすでに始めてるよ、なんてお話を聞いて焦っている、というお母さんもいることだと思います。この「トイレトレーニング」を始めるタイミングですが、実は個人差も大きく、さらに適切なタイミングも、0歳代の時と2歳代の時で2回あるとベビーパークでは考えています。こちらのコラムでは、まず基本的なトイレトレーニングの考え方や必要な準備を説明しつつ、0歳代・2歳代、それぞれの時期に適切なトイレトレーニングの方法をご紹介していきます。気になるお母さんはぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d0507233343445e6ae9ca6b8b06324d5/img01.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのおむつの上手な替え方とは?コツやタイミングをご紹介!!

赤ちゃんのおむつの替え方は、最初は両親もわからずとまどうことが多いものです。なかなか思い通りにはいかず悩むこともあるのではないでしょうか。本記事では赤ちゃんの上手なおむつの替え方についてコツをご紹介します。また、赤ちゃんにぴったりサイズのおむつを選ぶのも意外とタイミングが難しいものです。ママやパパが恐怖のうんち漏れを経験することのないように、おむつのサイズアップのタイミングについても情報をまとめています。もうすぐ赤ちゃんが生まれる方も読んでおくと、いざという時に慌てずに対処できますよ。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友達をひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/663fb53272af43158ed66041afad1026/img01%20(3).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」②~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2回目の今回は、コラムNo.136「2歳児の「言葉の育て方」~発達段階別に実践的な方法を紹介~①」で解説した2歳児の標準的な言語発達段階において、各レベルに適した取り組みを紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/346437196ea64dee9428eb123317c9fe/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」①~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2歳前後のお子さまのいらっしゃる方はぜひ一度読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7cf925cff1734e0dace52ad5a8899dd2/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「イヤイヤ期」の子どもへの効果的な対応方法まとめ~ケース別に具体的にご紹介!

早い子どもでは1歳後半から始まり、2歳をピークに、子どもによっては3~4歳まで続く「イヤイヤ期」。子育てをするお母さんなら、誰もが一度は通る道だと思います。時に何をしてもひたすら「いやー!」と泣き叫ばれて、すっかりヘトヘトに…、ということもあると思います。こんな時に頭ごなしに子どもを叱っても効果がないことは皆さまご存じの通りです。コラムNo.64「【第1次反抗期】(イヤイヤ期)への対処方法」では、イヤイヤが何故起きるのかと、イヤイヤの6つのパターンについて解説いたしましたが、こちらのコラムでは、実際に子どもが「イヤイヤ!」になってしまった時の具体的な対処についてわかりやすくまとめています。少しでも苦労なさっているお母さんの助けになってもらえれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/b620efe5ff374a30860b9729213e99df/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「魔の2歳児」いやいや期の具体的な克服方法について

「魔の2歳児」「いやいや期」と聞くと、これから子育てを始めるママは身構えてしまうかもしれません。多くの母親が悩まされる「いやいや期」ですが、子どもにとっては「自我の芽生え」であり、自分自身の「自我」を確立するために必要な時期でもあります。このコラムでは、「いやいや期」を落ち着いて乗り切るために、ケース別の対処法や、「いやいや期」をなるべく軽く乗り切るためのコツなどを掲載しています。子どもが「いやいや」になるのも理由があるものです。適切に原因と対処法を覚えておければ、大きな苦労なく乗り越えていけますよ。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/feefe5fc07484cdd9c6bf754c8ed1edb/img01.jpg
1歳~3歳の育児

脳の性差を理解して、子ども社会性の発達を促す方法について

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。コラムNo.67「子どもの社会性を育てるために幼児期にできること」では、「社会性」の定義や、乳幼児期に子どもの社会性を育てるための基本的な注意点についてご説明いたしました。また、コラムNo.73「子どもの社会性を育てるために家庭でできること」では、一歩進んで各家庭でできる具体的な取り組みについて解説いたしました。こちらのコラムでは、さらに子どもの性別で異なる社会性の発達にスポットライトを当てつつ、子どもの社会性の発達を促す方法についてご説明いたします。よかったら上述のコラムとあわせて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f42c6aa031841a4a966789e6b391195/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期における「白砂糖」摂取の弊害について

近年「白砂糖は健康によくない」という記事や評判をひんぱんに目にするようになったと感じます。健康に気を使っている方は、肥満防止のために白砂糖を控えめにしている人も多いと思います。では、特に幼児期の子どもが白砂糖を過剰に摂取するとどうなるのでしょうか? こちらの記事では、特に幼児期の子どもが早い段階から白砂糖を過剰に摂取してしまうことの弊害について、虫歯予防の観点や健康の観点から説明しています。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。