3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

No.217更新日付:2024年4月10日

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!

3歳半になってもオムツが取れない原因とは?

子どもが3歳半になってもオムツが取れない理由は、一つではありません。ここでは、主な原因を探り、それぞれに対する理解を深めていきましょう。原因を知ることで、トイレトレーニングをスムーズに進めるヒントを探っていきましょう。

身体の発達と排尿コントロール

子どもの身体は日々成長し続けていますが、排尿をコントロールするための身体的な発達には個人差があります。膀胱(ぼうこう)に一定量の尿を貯められるようになり、さらには尿意を感じてからトイレに行けるようになるには、神経系の発達が大きく関わっています。日本小児泌尿器科学会によると、排尿機能の発達は3歳で完成する子もいれば、7、8歳まで時間がかかる子もいます。そのためトイレトレーニングでは、子どもの身体的な成熟を待つ必要があることを理解しておくことが大切です。

オムツに不快感を感じていない

多くの子どもは、オムツが濡れたり汚れたりすると不快感を覚え、その感覚からトイレトレーニングに興味を持ち始めます。しかし、現代のおむつは快適で、子どもが濡れた感じをあまり感じないこともあるため、中にはオムツの中で排尿等をすることに抵抗を感じない子どももいます。この場合、トイレに行くメリットを実感しにくいため、オムツを外す意欲がわきにくいのです。トイレトレーニングに本人が取り組むきっかけとして、おむつの中の不快感を感じることが重要になります。そんな時はトレーニングパンツの使用もおすすめです。トレーニングパンツは、通常のおむつと異なり、濡れた時の感覚を明確に伝える設計になっているため、子どもがトイレの使用に興味を持つきっかけになります。

子供自身がプレッシャーを感じている場合も

トイレトレーニングを進める中で、親の期待がプレッシャーとなり、子どもが緊張してしまうことがあります。トイレトレーニングは子どもにとって新しい挑戦であるため、失敗を恐れずに取り組むことができるよう、安心できる環境を提供することが大切です。「できなければいけない」とプレッシャーを感じてしまうと、子どもにとって逆効果となり、トイレトレーニングの進行を遅らせる原因になってしまうこともあります。子どもがリラックスしてチャレンジできる環境を整えてあげるようにしましょう。

発達障害の可能性はある?

3歳半でオムツが取れない場合、ごくまれに発達障害が原因であることも考えられます。例えば、自閉症スペクトラム障害(ASD)や注意欠陥・多動性障害(ADHD)を持つ子どもは、トイレトレーニングにおいて特別な支援が必要になる場合があります。もし、トイレトレーニングが進まないこと以外にも気になる行動や発達の遅れが見られる場合は、一度専門の医療機関で相談することをおすすめします。



このように、3歳半でオムツが取れない原因は様々です。しかし、子どものペースを尊重し、個々の状況に合わせたサポートを行うことで、トイレトレーニングは着実に進んでいきます。親御さんが見守り、適切な励ましを続けることが、子どもが自信を持って次のステップに進むための大きな助けとなるでしょう。

3歳児がトイレトレーニングを始める前に親が知っておくべきこと

子どもが自立してトイレを使えるようになるには、親の理解とサポートが不可欠です。ここでは特に、トイレトレーニングを始める前に親が知っておくべきことについて、見ていきましょう。

トイレトレーニングはいつまでに終えるべき?

多くの親が抱える疑問の一つに、「トイレトレーニングはいつまでに終わらせるべきか?」というものがあります。実は、トイレトレーニングに明確な期限はありません。子どもの身体的、精神的な成長には個人差があり、無理に時期を決めるよりも、子どもが準備ができた時を見極めることが大切です。一般的に、2歳から3歳半の間にトイレトレーニングを始める家庭が多いですが、この時期であっても、すべての子どもが準備が整っているわけではありません。重要なのは、子どもの興味や準備のサインを見逃さないことです。

トイレトレーニング成功のための心構え

トイレトレーニングを成功させるためには、親の心構えが非常に大切です。まずは、親が子どもにプレッシャーをかけ過ぎないようにしましょう。トイレトレーニングは成長の過程であり、失敗を恐れずにチャレンジすることが肝心です。また、トイレトレーニングは一晩で成功するものではなく、時間がかかることを理解しておく必要があります。そのため、親は忍耐強く、子どもを励まし続けることが大切です。子どもがトイレを使うことに興味を持ち始めたら、そのモチベーションをサポートし、チャレンジできたことを褒めて励ましていくことで、トイレトレーニングを楽しいものに変えることができます。


子どもが自らトイレを使いたいと思うようになるまで、親御さんはサポート役として、忍耐と理解を持って接してください。トイレトレーニングには「正しい時期」というものがあるわけではなく、子ども個人の発達に合わせたアプローチが最も効果的です。

実践!効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもが成長する過程で重要なステップです。トイレトレーニングをスムーズに進めるためには、親が正しい方法でサポートすることが必要です。以下では、まだオムツが取れない子どもたちのための、実践的なトイレトレーニング方法を紹介します。

①正しいタイミングでトレーニングを始める

トイレトレーニングを開始する最適なタイミングは、子どもによって異なります。一般的に、子どもが自分の意志で座ったり立ったりできるようになり、一定の言葉を理解し始めたら、トレーニングを開始する準備が整ったと考えられます。また、オムツが乾いている時間が長くなると、トイレトレーニングを始める良い兆候です。子どもがトイレトレーニングに興味を示し始めたら、その意欲を大切にしましょう。

②ポジティブな態度で楽しく

トイレトレーニング中は、子どもが成功した時には必ずポジティブな気持ちを伝えてあげることが重要です。小さな成功でも喜びを共有し、褒めることで、子どもの自信とモチベーションを高めます。失敗しても叱らず、励まし続けることが大切です。この過程を楽しいものにするために、ステッカーや小さなご褒美を用意するのも良いアイデアです。

③トイレに行くルーティン(習慣)を作る

トイレトレーニングにおいて、日常生活の中でトイレに行く習慣を作ることは非常に効果的です。特定の時間にトイレに行く習慣をつけることで、子どもは自然とトイレの使用に慣れていきます。例えば、食事の後や就寝前など、日々の生活リズムに合わせてトイレに誘うと良いでしょう。

④お気に入りのパンツを自分で選ばせる

子どもがトイレトレーニングに興味を持つようにするためには、お気に入りのキャラクターが描かれたトレーニングパンツや下着を自分で選ばせるのも良いでしょう。自分で選んだパンツを着用することで、子どもはトイレトレーニングに対して前向きな気持ちになります。

⑤子供向けトイレ用品でトイレを楽しい空間に

トイレ自体を子どもにとって魅力的な空間に変えることも、トイレトレーニングを進める上で効果的です。子供用のトイレグッズや足台、彼らの好きなキャラクターがデザインされたハンドソープなどを用意し、トイレを使うこと自体を楽しい経験にしましょう。


トイレトレーニングは一朝一夕に成功するものではありませんが、これらの具体的な方法を取り入れることで、子ども自身がトイレを使う楽しさを見つけ、自信を持って次のステップに進むことができるでしょう。親御さんが忍耐強く、愛情を持ってサポートすることが、子どもの成長を促す最善の方法です。

トイレトレーニング中の悩みを解決するヒント

トイレトレーニングは、子どもの成長にとって大切な一歩ですが、その過程は必ずしもスムーズには進まないものです。ここでは、なかなかオムツが取れないと悩む親が直面する事が多い悩みについて、見ていきましょう。

3歳を過ぎた子のオムツの外し方のポイント

オムツを外す過程で最も重要なのは、子どもがトイレトレーニングに対してポジティブな印象を持つことです。突然オムツを取り上げるのではなく、子どもがトイレを使うことに興味を持つよう促しましょう。日中はトイレトレーニング用のパンツに切り替え、トイレに行くことを楽しい活動として捉えることができるようにすると良いでしょう。また、トイレを使った後には、小さなご褒美や褒め言葉で子どもの努力を認めることが大切です。

夜間のおむつ外しの方法は?

夜間のトイレトレーニングは日中よりも難しいとされています。子どもが深く眠っている間にトイレへ行くことは難しいため、まずは日中のトイレトレーニングから始め、それが一定の成功を収めてから夜間のトレーニングに移行しましょう。夜間トレーニングを始める際には、下記の方法を試してみるのが効果的です。


  • 就寝前の水分摂取を控える

夜間に子どもがおむつを外して寝る際には、寝る2~3時間前からの水分摂取を控えめにしましょう。これにより、夜間の尿量を減らし、おねしょの可能性を低減できます。


  • 就寝前にトイレに行く習慣をつける

 寝る前に必ずトイレに行くルーティンを作りましょう。また、可能であれば夜中に一度起きてトイレに行く習慣をつけることも有効です。


親が必要以上に焦らない

子どものトイレトレーニングに関して、親が焦り過ぎることは逆効果です。子どもにとってトイレトレーニングは新しいスキルの習得であり、個人差が大きくあります。親御さんが過度にプレッシャーをかけると、子どもはストレスを感じ、トレーニングが逆に遅れることもあります。子どものペースを尊重し、前向きなサポートを続けることが大切です。

家族みんなで取り組もう!

トイレトレーニングは、家族全員で取り組むことが成功の鍵です。家族が一丸となって子どもをサポートし、「オムツが外れると気持ちがいいよ」などと一貫したメッセージを伝えることで、子どもはトイレトレーニングに対して肯定的な態度を持ちやすくなります。また、兄弟姉妹がいる場合は、彼らが良い手本となることもあります。家族全員で子どものトイレトレーニングを応援し、この大切な成長の過程を共に楽しむことが大切です。

まとめ

3歳半でまだオムツが取れない場合、その理由はいくつか考えられますが、大切なのは子ども一人ひとりに合わせたサポートをすることです。トイレトレーニングは子どもが自分でできるようになる大事なステップ。親が焦らず、子どもの成長を信じて、ポジティブに応援するようにしましょう。

この記事が、オムツがなかなか取れないと心配している親御さんの助けになれば幸いです。子どものペースを大切に、一緒に頑張りましょう。

「おむつ・トイレトレーニング」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/60514eb0ff034665909c80f6c06c2474/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

トイレトレーニングはいつから始める?~始めるタイミングや注意点について紹介~

生まれてからおむつが当たり前だった赤ちゃんですが、2歳くらいになってくると徐々に、おむつ外れ、トイレトレーニングを意識する年頃になりますよね。実は、コラムNo.91「上手なトイレトレーニングで、おむつは1歳前に取ることができます」でお伝えしましたが、トイレトレーニングは2度適切なタイミングがあり、1度めは実は0歳代でチャンスがあるのです。そしてこのタイミングを逸してしまった場合は、次のチャンスは2歳代に入ってからになります。今回はこの2歳代でのトイレトレーニングについて、始めるべきタイミングや注意点についてまとめています。2歳代のお子さまをお持ちのお母さまはこちらを読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/25aaee907d80422d8cad21904f4c9e1e/img01.jpg
その他

トイレトレーニングとは?始めるべきタイミングと家族の心構えについて紹介

子どもが2歳前後になると、多くのお母さんが気になるのが子どもの「トイレトレーニング」や「おむつはずし」ですね。お友達のおうちではすでに始めてるよ、なんてお話を聞いて焦っている、というお母さんもいることだと思います。この「トイレトレーニング」を始めるタイミングですが、実は個人差も大きく、さらに適切なタイミングも、0歳代の時と2歳代の時で2回あるとベビーパークでは考えています。こちらのコラムでは、まず基本的なトイレトレーニングの考え方や必要な準備を説明しつつ、0歳代・2歳代、それぞれの時期に適切なトイレトレーニングの方法をご紹介していきます。気になるお母さんはぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d0507233343445e6ae9ca6b8b06324d5/img01.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのおむつの上手な替え方とは?コツやタイミングをご紹介!!

赤ちゃんのおむつの替え方は、最初は両親もわからずとまどうことが多いものです。なかなか思い通りにはいかず悩むこともあるのではないでしょうか。本記事では赤ちゃんの上手なおむつの替え方についてコツをご紹介します。また、赤ちゃんにぴったりサイズのおむつを選ぶのも意外とタイミングが難しいものです。ママやパパが恐怖のうんち漏れを経験することのないように、おむつのサイズアップのタイミングについても情報をまとめています。もうすぐ赤ちゃんが生まれる方も読んでおくと、いざという時に慌てずに対処できますよ。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。