子どもの自立心を育てるために必要なこと

No.36更新日付:2024年6月5日

きちんと子どもの将来性を考えるなら、自分自身で生きていく力を身に付けさせることも、親としての重要な役割でしょう。そしてその力の支えとなる、大切な要素の1つが自立心です。

今回は子どもの自立心を育むために、知っておきたい基礎知識をご紹介します。

自立心とは?

自立心とは、自らやりたいことやすべきことを考えたり選択したりすることで、行動に責任を持つ姿勢を指します。

乳児期を経てだんだんと自我が強くなっていくと、顔を洗う、着替えるなどの身支度を自分でやりたがったり、ご飯のお手伝いをしようとしたりするケースも出てくるでしょう。こうして、子ども自身から「これがしたい」「あれをやってみたい」と感じ始めるのは、自立心が芽生えてきている証拠です。

反対に、「今日はこのおもちゃで遊びたくない」といった拒否も、ある意味では自立心から来ています。自立と聞くと、自分のことは自分でできるというイメージが強いかもしれません。しかし、自立心とは、自分の価値観に基づいて動ける心構えです。単純に親の手から離れられる状態にするための考え方ではないので、ただ手が掛からなくなったからといって、自立心が育っているとは限りません。

自立心は、子ども自身で人生を切り拓き、自分なりの将来を作っていくために必要な要素といえるでしょう。

自立心が無い状態で育つとどうなるの?

そもそも子どもの自立心を妨げる原因には、親の過保護や過干渉があります。身近な例を挙げるとすれば、出かける前の準備や遊んだおもちゃの後片付けなどです。

特に、なかなか時間に余裕がないとついつい手を出してしまいがちですが、何でも親がやってしまうと、自分から動こうとする気持ちが生まれません。親が先回りしていれば失敗する機会もないため、自分の行動を工夫する力も身につきにくくなるでしょう。

また、親の願いを押し付けすぎてしまうのも、子どもの自立心を抑え込んでしまうことにつながります。例えば、子どもが望んでいない習い事を続けさせたり、1日のスケジュールを事細かに立てたりなど、親が決まったレールを敷いてしまうと、「周りがやってくれるから」「もう決められたことだから」と考えない子どもに育ってしまう可能性があります。

時には子どもが「やってみたい」と思うことが、親の理想に沿わない場合もあるでしょう。だからといって簡単に否定してしまうと、子どもは委縮してしまう可能性があります。自分で考える機会がなくなると同時に、やりたいことをやらせてもらえないことで諦め癖がつきやすくなるかもしれません。

このように、自立心による主体性を発揮する経験が少ないと、いざ大人になって自分の人生を選択する際に、どうしたらいいのか分からなくなってしまいます。親の意見がないと何事も始められない・新しいことになかなかチャレンジできないなど、自分で人生を設計する能力が無い大人になってしまうのです。

自立心のある子どもの行動例

自立心が育っている子どもの場合、日々の生活の中で具体的にどのような行動ができるのか、詳しく見ていきましょう。

早寝早起きをする

自立心が育っていれば、保育園や学校に行くためにどれくらいに起きて準備すれば間に合うのかイメージし、朝起きるのにつらくない時間に眠るように行動できるでしょう。

子ども自身で通う意識を持ち、その目的のための行動に移せるのは、自立心が育っている証拠です。自立心があるからこそ、何時頃に寝ればスッキリ目覚められるのか、自分の意思で動いて工夫できます。

出かける準備やお料理の手伝いを自分でする

親から言われなくても持ち物や身に付けるアイテムを自分で決めるのは、自立心から来る行動です。

まず、持ち物なら「何を持っていきたいのか」「どこで何が必要なのか」など、自分で考えられる姿勢は自立心に値します。「ハンカチはトイレに行ったら使う」「連絡帳は先生に見せる」といったように、言われるがままではなく、きちんと持ち物の目的が分かっていれば、自分ですすんで準備できるでしょう。

また、昼食や夕食の時間が近づいてきたら「自分から準備しよう」「お気に入りの食べ物が食べたい」など意思を持って進んで手伝いをするのは、自立心があってこそ成り立ちます。親から見ると嬉しい喜びですが、子どもの中にはハッキリとした理由があるはずなので、一緒に行いながら見守っていきましょう。

自らすすんで後片付けをする

使ったおもちゃや自分で散らかしたものを片付けられるのも、自立心による影響です。「自分で遊んだ後はキレイにする」という自覚があれば、自らすすんで後片付けができます。部屋をスッキリさせたり定位置に収納したりすることに達成感を持つことも、自発的な行動につながります。

また、自分から片付けることで、「この位置に置いておくと取り出しにくいから変えよう」など、工夫できるのも自立心によるものです。今までの経験から考えて、動き方を変えられるのは、きちんと自立心が育っている証拠でしょう。

子どもの自立心を育てるためには?

では、上記のような行動の根本となる自立心を伸ばしていくために、親としてあるべき姿勢も解説していきます。

日常の成功体験を積み重ねる

子どもの自立心を育てる上で大切なのが、「自分にもできる」と自信を持たせることです。「着替えのときにこうしたら早くできた」「お手伝いしたらお礼を言われてうれしかった」など、自分の行動から良い結果につながる経験が増えれば、どんどん自立心は大きくなっていきます。

もし困っている様子が見られても、簡単に手伝ったり交代したりしないことが大切です。あくまで子ども自身で達成感が得られるように、少しだけヒントを与えたりやり方を見せたりして、自分の力でできることを自覚させていきましょう。

最初は身支度などの小さなことから始めて、些細な成功体験を繰り返し重ねることで、次は自分で何ができるのか発見させていくことが重要です。

子どものやりたい気持ちを尊重する

子どもが新しいことにチャレンジできるのは、親の存在による絶対的な安心感があるときです。自立心を伸ばすためには、子どもの意思を認める姿勢が大前提。子どもが何かやりたいと言い出した際に、初めから否定したり茶化したりるのは、もってのほかです。親がきちんと自分を応援してくれていることが分からないと、どんどん意欲もなくなってしまいます。

自ら挑戦しなくなってしまったら、自立心が育つ機会もなくなってしまうでしょう。それどころか親の顔色を伺う気持ちが強くなってしまい、何事もすぐに諦めてしまう癖が付く可能性もあります。自発的な行動を大切にするためにも、まずは子どもの思いを受け止めることから始めましょう。

子ども自身が選ぶ・目標を持つ

子ども自身が自分で自由に選べる自覚を持たなければ、そもそも自立心は育ちません。何でも「ああしなさい、こうしなさい」と言われていると、それが当たり前になってしまい、自分の意思を決める機会がなくなってしまいます。

自ら考える経験ができなければ自立心は育たないので、子ども自身に選択権があることをきちんと認識してもらいましょう。もしまだ自分から何かを選ぶのが難しそうなら、選択肢を与えることも1つの方法です。

また、日常の中で目標を立ててもらうことも、自立心の育成につながります。子ども自身にとっての理想像に向かって努力するのは、自然と自分で工夫したり計画したりするきっかけにもなります。そして親からの押し付けではなく、自ら決めた目標を目指すことで、自分の取り組みに対する責任感も生まれてくるでしょう。

失敗しても責めない

まださまざまな経験がない子どもだからこそ、たくさんの失敗があるのは当然です。しかしうまくいかずに落ち込むのは、何よりも子ども自身でしょう。失敗しなければ見えてこないことは必ずあるので、決して叱り付けるのではなく、今の状況になった原因と対策が見つけられるように促しましょう。

失敗しても責めずに一緒に受け止めてあげることで、次も挑戦してみようとする安心感につながります。失敗を怖がらせないように、子どもをケアするのも親の務め。トライアンドエラーを繰り返して成長するものと心得ましょう。

手を出さず我慢して見守ることが一番大事

親から見ると、危なっかしかったりもどかしかったりする場合もありますが、自立心を育てるには手出し・口出しをしないのが鉄則です。

大人なら少し考えれば分かることも、子どもにとって未経験なら、先を想定できないのは当たり前です。そこで身をもって何が起きるのか知っていくことで、自分なりの知恵として身につくでしょう。そして、主体的に物事を判断したり工夫したりできる自立心を生み出していくのです。

失敗を重ねながら少しずつできるようにしよう

子ども自身で挑戦してみたいことを見つけるのは、自立心が生まれる第一歩です。せっかく自立心の芽が出ているところに大人が余計な手を加えてしまうと、折れてなくなってしまう可能性があります。それなら失敗してでもチャレンジして、どんどん経験を積ませてあげることが何よりも重要です。

自立心が育てば、自らやりたいことやすべきことを考えたり選択したりできます。子どもの頃は周りの大人がサポートしてくれますが、大人になるにつれて自分で決めなければならないことが次々と現れます。その時に周りの目を伺ったり、誰かに意見をもらわないと選択できない人にならないよう、練習を積んでおく必要があるのです。子どものころから自ら考え行動する癖をつけておけば、集団行動や社会に出た後でも、自分で道を切り開ける人になれるでしょう。

「自己表現・自立心」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/40db30dd06b24fb5b80442aa842f198f/img01.jpg
1歳~3歳の育児

子どもがわがままになる原因や年代別の対応策を紹介

「子どものわがままに疲れる…」「以前はわがままを言わなかったのに」と悩んでいる方は多いです。わがままは成長の証と言われることもありますが、子どもの振る舞いに「親のせいかな」と不安を覚えることもあるでしょう。この記事では、子どもがわがままになる原因や、年代別の対応方法などを詳しく解説します。この記事を参考にして、子どものわがままにうまく対応しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e4713a93ba524ddca6459c868fd6b226/img01%20(5).jpg
1歳~3歳の育児

赤ちゃんの自己主張にはどう対応すればいい?

子育ての悩みは年齢によって変化していきますが、赤ちゃん~2歳児くらいの頃によく悩まされるのが、子どもの自己主張への対応です。子どもが自己主張し始めるのは成長の証であり、決して悪いことではないのですが、あまりに自己主張が激しすぎると、対応するパパ・ママも困り果ててしまいます。そこで今回は、子どもの自己主張の芽生えを説明すると共に、自己主張が始まったときの対処法や、自己主張とわがままの違いについて解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f7df5e40f6547a3b2259dd0a4ec32cf/img01.jpg
3歳~6歳の育児

子どもの表現力を伸ばすには?自己表現を妨げるNG行動とは?

子どもの表現力を伸ばすためには、まずは子どもの話を積極的に聞くことが大切です。子どもの気持ちを尊重し、親の理想や期待を押し付けることはやめましょう。できるだけ多くの人と関わったり、五感を刺激する体験を重ねたりすることで、多彩な感情表現を身につけていきます。表現力が豊かになれば、自分の意見や気持ちを相手に正しく伝えられることができます。また、他人とコミュニケーションを取りやすくなるため、将来社会生活を円滑に送れるようになるでしょう。今回は、子どもの表現力を伸ばす方法や親が気をつけたいNG行動などを解説します。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3bfd16260ec54a4cacb3838077c52068/boy%E2%80%90playing%E2%80%90magnetic%20blocks%20(1).jpg
3歳~6歳の育児

4歳児の発達とは?発達障害のチェックリストや症状、注意すべきサインを解説

お子さんが4歳という年齢になり、一人で色々なことが出来るようになってくると「いつの間にかこんなことも出来るようになったのか」と驚かされることもあるのではないでしょうか。特にこの時期には、子どもの言葉や運動能力、社交的なスキルが急速に発展します。しかし、これらの発展が一定のパターンに従わない場合、どのように対応すれば良いのか、またどのようなサインに注目すべきかを知ることが大切です。この記事では、4歳児の発達の特徴と、発達障害の可能性がある場合のサインや注意点をわかりやすく解説し、お子さんの健やかな成長をサポートする情報をお伝えします。具体的な発達の段階やそれぞれの特徴を詳しく見ていきますので、お子さんの発達についてより深く理解し、適切な育児をするためのヒントにしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/26126d1042304f13ae2bf65cb5c69382/Elementary%20school%20entrance%20exam.jpg
3歳~6歳の育児

「お受験」とは?小学校受験はいつから準備すべき?費用、メリット・デメリットも解説

お子さんが小学校に進学する前に、多くの親御さんが考える「お受験」。しかし、「お受験」と一口に言っても、その実態や準備の仕方、かかる費用やメリット・デメリットなど、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、小学校受験を控えた親御さんに向けて、お受験の基本から、準備のタイミング、さらに成功へのポイントまで、分かりやすく解説します。お受験に必要な情報をしっかりと把握し、子どもの大切な一歩を支えるための準備を始めましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。