子どもの表現力を伸ばすには?自己表現を妨げるNG行動とは?

No.37更新日付:2024年6月5日

子どもの表現力を伸ばすためには、まずは子どもの話を積極的に聞くことが大切です。子どもの気持ちを尊重し、親の理想や期待を押し付けることはやめましょう。

できるだけ多くの人と関わったり、五感を刺激する体験を重ねたりすることで、多彩な感情表現を身につけていきます。表現力が豊かになれば、自分の意見や気持ちを相手に正しく伝えられることができます。また、他人とコミュニケーションを取りやすくなるため、将来社会生活を円滑に送れるようになるでしょう。

今回は、子どもの表現力を伸ばす方法や親が気をつけたいNG行動などを解説します。

この記事でわかること

  • 子どもの自己表現の重要性
  • 子どもの表現力を伸ばす方法
  • 子どもの自己表現を妨げる行動

子どもの自己表現の重要性

自己表現とは、自分が考えていることや伝えたいこと、感情を表すことです。言葉や文章だけなく、身振り手振り、顔の表情でも伝えることができます。

人は楽しいとき、自然と笑顔になったり声を上げたりします。悲しいときが涙を流し、悩み事があるときは表情が暗くなることも。また、表には出にくい内に秘めた思いを伝えるために、言葉や文章を使って表現する場合もあるでしょう。

ただ、口数が極端に少ない、表情が乏しい、感情を表に出さないなど、感情を上手く表現できない人、苦手な人もいます。自己表現力が乏しいと、相手との意思疎通ができない、集団に馴染めないなど、社会生活を送ることが困難になる恐れがあります。そのため、感受性が豊かで、見たもの触れたものをどんどん吸収していく子どものうちから自己表現力を育むことは、大変重要なことといえるでしょう。

自己表現力は、他人と円滑にコミュニケーションが取れる協調性や社会性を身につけるだけでなく、将来高い理解力や判断力、思考力を養うための基礎作りにもなるのです。

表現力が豊かなことによるメリット

子どもの表現力が豊かになることで得られる主なメリットには、次の3つがあります。

自分の考えや想いを相手に伝えられる

表現力が身につけば、自分の考えや気持ちを相手に正確に伝えることができるようになります。言葉や表情、文章を使って自分の今の想いを表現できれば、相手に自分のことをより理解してもらえるようになるでしょう。

相手に理解してもらえてれば、自分も相手を理解したいという気持ちが膨らみ、深い関係性を築くきっかけにもなります。

相手に伝えたいという気持ちが強くなる

言葉や身振り手振りで上手く自己表現ができるようになると、「今自分はこんな気持ちだ」「自分の考えはこうだ」と、相手に自分の意見や考えを伝えたいという気持ちが強くなります。

たとえば、話すだけではうまく説明できないものがあれば、イラストを描いて説明しようとしたり、文章にまとめて伝えようとしてみたりして、相手により理解してもらえるよう、最適な表現方法を工夫し始めます。

誤解を与えないようにコミュニケーションが取れる

表現力が高い人は、表情や言葉のボキャブラリーが豊富な人が多く、感受性も豊かです。表情や声色、言葉使いで細かいニュアンスを上手に伝えたり、相手の気持ちを考えた言い回しができたりするため、誤解を与えないようにコミュニケーションが取れるでしょう。

コミュニケーションをするうえで表現力はとても重要だよね!お子さまにもぜひその力を付けてもらいたいね♪

子どもの表現力を伸ばすには?

子供の表現力を伸ばすために押さえておきたい、親がするべき5つのアクションは次の5つです。それぞれ詳しく見てきましょう。

子どもの話を積極的に聞く

子供の表現力を伸ばすには、子どもと最も近い位置にいる大人である親が、子どもとのコミュニケーションを深めていくことが重要です。子どもの話を積極的に聞き、今の気持ちや考えを理解してあげましょう。子ども時代に話をじっくり聞いてもらった機会が多い子どもは、他人の話を聞ける子どもになります。

また、子どもの話を聞くばかりでなく、親自身も積極的に子どもに話しかけて感情を共有することがポイントです。子どもが返答につまる場合や、上手く気持ちを表現できずに考え込んでいるときは、決して急かさないようにしましょう。考える時間を十分に与えることで、自分で判断する力や考える力が向上し、自然と子どもの自己表現力が養われていきます。

色々な人と関わる機会を作る

親だけでなく、親戚や友達など、できるだけさまざまな人と関わる機会を作ることも大切です。同じものを見聞きしても、人はそれぞれ異なった考え方や感じ方をするものです。子どものうちから多くの人とコミュニケーションを交わすことで、多彩な言葉選びや表現方法を取得していきます。

保育園や幼稚園だけじゃなく、休みの日には公園に行って友達と遊んだり、地域のイベントでさまざまな年代の人と触れ合ったりなど、積極的に人との関わりを作っていきましょう。

絵本の読み聞かせ

上手く自己表現をするには、ある程度言葉のボキャブラリー、すなわち「語彙力」が必要です。語彙力は親や周囲の人間との日常会話を通して身につけていくほか、絵本の読み聞かせも効果的です。

読み聞かせる絵本は、人や動物、自然、食べ物などを題材にした絵本がおすすめです。ときには登場するキャラクターの気持ちに共感し、今まで聞いたことがなかった気持ちを表現する言葉に出会えるでしょう。絵本を読み聞かせることで子どもは多彩な感情表現に触れ、自己表現の幅を広げていきます。

歌やお絵かきなど自己表現の方法を教える

自己を表現する方法は言葉や文章だけではありません、言葉や文字だけでは伝えづらいときに絵を描いて補足したり、自分の気持ちを歌に乗せて相手に伝えたりなど、さまざまなものがあります。

そのなかで自分の得意な表現方法を見つけたり、シチュエーションによって表現方法を使い分けたりすることを学びます。表現方法の幅が広がれば、より自分の感情や考えを相手に伝えやすくなるでしょう。

五感を刺激する体験をさせる

豊かな表情や言語表現など、子どもの表現力を高めるためには、ものづくりやスポーツ、楽器の演奏、大人数で行うゲーム、料理など、五感を刺激するさまざまな体験をさせることが大切です。

おいもほりの際に触れる土の冷たさや感触、自分で野菜を切ったり焼いたりして作った料理の味など、実際に体験しなければわからないことはたくさんあります。こういった経験を積み重ねることで、新たな感情や表現方法を見つけていくのです。

自己表現を妨げるNG行動は?

子どもの自己表現を養うためには、次のような行動は控えた方がよいでしょう。

親の理想を押し付ける

親は子どもに幸せになって欲しい、または期待をかけてしまうあまり、「こうあってほしい」という理想を押し付けてしまうことがあります。そして、子どもが理想から外れたとき、「どうしてできないの」と叱ったり、イライラしたりする人もいるでしょう。

親が子どもの理想の姿や幸せを思い描くのは、決して悪いことではありません。しかし、「こうあるべき」と思い込み、その型に子どもをはめ込もとすると、子どもはありのままの自分を表現することができなくなり、親の顔色ばかり伺うようになってしまいます。自己表現力が乏しい子どもは、判断力や思考力、理解力が低く、自分の考えで動くことができない人間になってしまう恐れがあるので注意しましょう。

子どもの感情を抑えつける

子どもには大人のような言葉のボキャブラリーがなく、感情表現が未熟なため、泣いたり怒ったり、笑ったりなど、顔の表情や行動で表すことがほとんどです。特にまだ年齢が小さいうちは、電車や人混みの中で大声で笑ったり泣き出したりなど、周囲の状況や環境を考慮せず、自分の感情を素直に表現します。

このようなとき、親は思わず「うるさい!」「泣かないの!」と叱りつけてしまいがちです。しかし、子どもの感情表現を抑えつけてばかりいると表現力が養われず、感情表現が乏しい子どもに育ってしまう可能性があります。

頭ごなしに叱りつけず、まずは「面白いね」「痛かったね」など、子どもの感情に共感してあげることが大切です。

大人がなんでも先回りしない

「今日は赤い服を着ようね」「アイスクリームはコーンじゃなくカップにしなさい」など、大人がなんでも先回りしてやってしまう、決めてしまうのも、子どもの自己表現を妨げる行動の1つです。

子どもが決められることは自分で決めさせること、自分で考える時間を与えてあげることが大切です。親が子どもの気持ちを尊重することで、子どもは自分で考える、表現する力を養っていくのです。

子どもの気持ちや考えを尊重しながら表現力を鍛えよう

子どもの自己表現力を育むためには、まずは子どもの気持ちや考えを尊重することが大切です。親の理想を押し付けることや、先回りしてなんでもやってあげてしまうことはやめましょう。また、頭ごなしに叱りつけたりして、子どもの感情を抑えつけてしまうと、豊かな表現力を育むことができません。

子どもの表現力を育むには、子どもの話を積極的に聞いて親子のコミュニケーションを深めたり、さまざまな人と関わる機会を作ったりすることが効果的です。また、絵本の読み聞かせや五感を刺激する体験させるのも良いでしょう。

豊かな自己表現力は判断力や思考力、理解力につながります。子どもが成長しても大切な能力なので、長期的に考えて育みましょう。

「自己表現・自立心」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/40db30dd06b24fb5b80442aa842f198f/img01.jpg
1歳~3歳の育児

子どもがわがままになる原因や年代別の対応策を紹介

「子どものわがままに疲れる…」「以前はわがままを言わなかったのに」と悩んでいる方は多いです。わがままは成長の証と言われることもありますが、子どもの振る舞いに「親のせいかな」と不安を覚えることもあるでしょう。この記事では、子どもがわがままになる原因や、年代別の対応方法などを詳しく解説します。この記事を参考にして、子どものわがままにうまく対応しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e4713a93ba524ddca6459c868fd6b226/img01%20(5).jpg
1歳~3歳の育児

赤ちゃんの自己主張にはどう対応すればいい?

子育ての悩みは年齢によって変化していきますが、赤ちゃん~2歳児くらいの頃によく悩まされるのが、子どもの自己主張への対応です。子どもが自己主張し始めるのは成長の証であり、決して悪いことではないのですが、あまりに自己主張が激しすぎると、対応するパパ・ママも困り果ててしまいます。そこで今回は、子どもの自己主張の芽生えを説明すると共に、自己主張が始まったときの対処法や、自己主張とわがままの違いについて解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4c41981b729745f89b99402e44fd4ce2/img01.jpg
3歳~6歳の育児

子どもの自立心を育てるために必要なこと

きちんと子どもの将来性を考えるなら、自分自身で生きていく力を身に付けさせることも、親としての重要な役割でしょう。そしてその力の支えとなる、大切な要素の1つが自立心です。今回は子どもの自立心を育むために、知っておきたい基礎知識をご紹介します。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3bfd16260ec54a4cacb3838077c52068/boy%E2%80%90playing%E2%80%90magnetic%20blocks%20(1).jpg
3歳~6歳の育児

4歳児の発達とは?発達障害のチェックリストや症状、注意すべきサインを解説

お子さんが4歳という年齢になり、一人で色々なことが出来るようになってくると「いつの間にかこんなことも出来るようになったのか」と驚かされることもあるのではないでしょうか。特にこの時期には、子どもの言葉や運動能力、社交的なスキルが急速に発展します。しかし、これらの発展が一定のパターンに従わない場合、どのように対応すれば良いのか、またどのようなサインに注目すべきかを知ることが大切です。この記事では、4歳児の発達の特徴と、発達障害の可能性がある場合のサインや注意点をわかりやすく解説し、お子さんの健やかな成長をサポートする情報をお伝えします。具体的な発達の段階やそれぞれの特徴を詳しく見ていきますので、お子さんの発達についてより深く理解し、適切な育児をするためのヒントにしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/26126d1042304f13ae2bf65cb5c69382/Elementary%20school%20entrance%20exam.jpg
3歳~6歳の育児

「お受験」とは?小学校受験はいつから準備すべき?費用、メリット・デメリットも解説

お子さんが小学校に進学する前に、多くの親御さんが考える「お受験」。しかし、「お受験」と一口に言っても、その実態や準備の仕方、かかる費用やメリット・デメリットなど、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、小学校受験を控えた親御さんに向けて、お受験の基本から、準備のタイミング、さらに成功へのポイントまで、分かりやすく解説します。お受験に必要な情報をしっかりと把握し、子どもの大切な一歩を支えるための準備を始めましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。