子どもの運動神経を飛躍的に伸ばすには?~実践編①:ぶら下がりから直立歩行まで~

No.132更新日付:2024年2月13日

脳の発達に運動神経や身体能力が及ぼす影響は大きいと、近年の脳科学分野ではよくいわれています。人間の脳が大きく発達したのはより複雑に身体を動かせるようになるためだった、という学説も近年では見られます。

つまり、6歳までに90%完成するといわれる脳を効率的に発達させるためには、幼児期の運動神経の発達が非常に大切といえます。

コラムNo.85「子どもの運動神経を飛躍的に伸ばすことと脳の発達について」では、6歳までに90%完成するといわれる脳を効率的に発達させるためには、幼児期の運動神経の発達が非常に大切であるということを、理論の面からご説明いたしました。

こちらの記事ではさらに一歩に進んで、おうちだけでなく公園や外でも子どもと一緒にできる身体能力を育てるプログラムについてご紹介していきます。

子どもの運動神経を高めるには一歩一歩丁寧に

身体能力において、両親が子どもに与えてあげるべき宝物は「優れた呼吸」「高度なバランス感覚」「脳と身体の協調能力」「関節と筋肉の柔軟性」です。

これら4つこそが、後の運動能力と健康を維持するための頑丈な土台となるのです。

もっとも大切なことは、確実に階段の踏み飛ばしのないように一歩一歩丁寧に上がっていくことです。そのことが適切に脳を育てます。「どれくらいの時間やればよいのか」といったご質問をされるお母さんがいらっしゃいますが、それは状況によって変わります。お母さんと子どもが楽しくてたまらない時間が「10分間」だったら、まさに「10分間」こそが最適なレッスン時間なのです。

一番重要なことは、お母さんだけが楽しむのではなく、子どもが楽しんでいるかどうか?であり、チャイルド・インフォメーション(お子さまの状態)に敏感になる必要があります。ここの判断が適切でないと、子どもを飽きさせ、運動プログラムの場合は時に怪我につながってしまいます。

乳幼児期から始めたい運動プログラム

て、今回は特に「手の機能」と「呼吸能力」を格段に高めるモンキーバー・プログラムを中心にご紹介します。

1.「把握反射」を発達させる

乳幼児の赤ちゃんは「把握反射を活用させる」ことが非常に重要です。把握反射を使う頻度が高いほど、子どもの月齢に関係なく優秀な脳の回路の完成が早まります。

ベビーベッドやハイ&ローチェアでおとなしく寝かされ続けたお子さんはそのような機会に恵まれにくいですが、ひんぱんに抱っこされ可愛がってもらった赤ちゃんは「把握反射を使う偶然」が多くなります。例えば「お母さんの髪を引っ張る」などというのもよい例ですね。両親の髪や服を引っ張るというのは、実は非常に良い手指の発達を促すレッスンになっているのです。

このように把握反射を活用する機会を増やすほど、自らの意思で手を握ったり離したりする能力の獲得が早まります。

2.お母さんの指にぶら下がる

お母さんやお父さんの指にぶら下がることは、脳における手の機能の経路を発達させると同時に、胸郭(きょうかく)を発達させ酸素が脳や全身の筋肉により多く送られるような身体全体の機能強化につながります。

最近の現代人が過去に比べて様々な身体疾患や痛みに悩まされるのは、胸郭が未発達で酸素を十分に体内に取り入れることができないからなのです。

小さい頃からぶらさがり運動で胸郭を十分に発達させてもらった子は、そのような体の痛みに悩まされる辛さとは無縁の人生を送れることでしょう。

こちらのプログラムは、コラムNo.85「子どもの運動神経を飛躍的に伸ばすことと脳の発達について」でご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

3.スイング運動

子どもが自力でのぶら下がりが上手になってきたら、少しスイングを加えましょう。

方法:
低い高さで落ちないように子どもがぶら下がっている手をお母さんの手で軽くガードし、子どもをブランコのように前後に軽く揺らしてあげましょう。あるいは室内用の鉄棒にぶら下がらせて、お尻を軽く押して前後に揺らしてあげるのもいいですね。

時間:
1回20秒ほどです。

これだけぶらさがっていられるようになる頃には「高ばいでのハイハイ」や「指先で小さいものをつまむ能力」も十分にできるだけの脳回路が育っているのです。

0歳7ヶ月から1歳0ヶ月の間に出来るようになるのが一般的ですが、ベビーパークに早い時期から通っていただければ、0歳3ヶ月~0歳6ヶ月の間でできるようになることもあります。

4. モンキーバー(うんてい)

ここから先は「1~2歳児の体格に合った室内用うんてい」が家庭内にない限り挑戦できません。ですので、ぶらさがり運動は公園のうんていで継続していただき、3歳ごろまでにおこないたい運動をご紹介します。

方法:
子どもの右手と右足を持ってぶら下げ、お母さんがクルクル回って回転運動の刺激を与えます。(同様に左手と左足も)ご両親で両手と両足を持ってぶら下げ揺らしたり、高い高いしながらお子さまを軽く宙に放り上げてキャッチしてあげます。

時間:
1回15秒以内で1日2回できれば理想的です。

これは、次の段階からスタートする能動的バランスプログラムの準備を十分整えるためのものなのです。

5. 直立二足歩行

子どもが自力で親の指やうんていにぶらさがってスイングすることができれば、もう十分に二足歩行できるだけのバランス能力は育っています。

子どもが日常的に過ごしている場所を、歩く練習に適した空間に改良しましょう。床はやわらかいけれど、弾力のあまり無い安定したものが望ましいです。

また、子どもが立ち上がって歩いてみようとしている時に、手押し車を与えたり、手をつないだりしてはいけません。余計なサポートは独力で歩くときに必要なバランスの取り方を脳が学習する機会を妨げます。

方法:
子どもが過ごす部屋に、つかまり立ちに適した低くて安定の良い家具を置き、その家具と家具の間を子どもにとって、なにも捕まらず1歩歩けば届くくらい離して置きます。つまり、なにも捕まらず1歩歩いたら次に捕まる、つかまり立ちができる環境を作ります。また、家具がなくても、両親が向かい合って、子どもにお父さんとお母さんの間を歩くようなゲームも適しています。何歩か歩けるようになったら、くり返すことが一番大切です。

時間:
毎日20~30回は歩く機会を与えましょう。

1回に1・2歩歩くだけで十分です。歩いたら、愛情を込めて抱きしめキスしてあげましょう。上手に歩けるようになるにしたがって、1日中ほとんど立って過ごせるようになります。

目標:
子どもが途中で止まることなく10メートル歩けることです。そして一日に合計200メートルを歩けるようになることを目指しましょう。

まとめ:子どもの運動能力は過去の経験量によって決定される

今回ご紹介したお話の中から、子どもに合ったプログラムを発見してみてください。すでにおわかりのことと思いますが、子どもの運動能力は過去の経験量によって決定されます。月齢とは関係なくどんな経験をさせてあげられたかでバラバラです。

選んだプログラムを、可能な限り毎日実践してください。このような基礎運動を日常的なものとしておこなう事で、運動能力をしっかり身につけてしまう必要があります。ご家庭の事情に合わせて、自在にカスタマイズしてくださいね。

次のコラムNo.133「子どもの運動神経を飛躍的に伸ばすには?~実践編②:走る能力の発達について~」では、歩くことができるようになった子どもがさらに運動神経を発達させるために、おもに「走ること」についての能力の育て方について解説しています。もしよかったらあわせて読んでみてくださいね。

「運動神経の発達」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/dd16807ef73141b8a68af9d045a37afe/img01%20(4).jpg
その他

子どもの運動神経を飛躍的に伸ばすには?~実践編②:走る能力の発達について~

脳の発達に運動神経や身体能力が及ぼす影響は大きいと、近年の脳科学分野ではよくいわれています。人間の脳が大きく発達したのはより複雑に身体を動かせるようになるためだった、という学説も近年では見られます。つまり、6歳までに90%完成するといわれる脳を効率的に発達させるためには、幼児期の運動神経の発達が非常に大切といえます。コラムNo.85「子どもの運動神経を飛躍的に伸ばすことと脳の発達について」では、6歳までに90%完成するといわれる脳を効率的に発達させるためには、幼児期の運動神経の発達が非常に大切であるということを、理論の面からご説明いたしました。また、コラムNo.132「子どもの運動神経を飛躍的に伸ばすには?~実践編①:ぶら下がりから直立歩行まで~」では、乳幼児期からまず取り組みたい運動プログラムについて、特にぶら下がり運動から立って歩くまでを中心に解説いたしました。最終回となるこちらの記事では、歩行からさらに進んで主に走ることについて詳細にご紹介していきます。ぜひ参考にしていただき、お子さまの運動神経を育ててあげてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d2c01d8345ff417bbd79df42363926b4/img01.jpg
その他

子どもの運動神経を飛躍的に伸ばすことと脳の発達について

脳の発達に運動神経や身体能力が及ぼす影響は大きいと、近年の脳科学分野ではよくいわれています。人間の脳が大きく発達したのはより複雑に身体を動かせるようになるためだった、という学説も近年では見られます。つまり、6歳までに90%完成するといわれる脳を効率的に発達させるためには、幼児期の運動神経の発達が非常に大切といえます。このコラムでは、6歳までの子どもに日々の遊びのなかでおこなってほしい簡単な運動遊び、なかでも手を使った遊びについて具体的に解説しています。ぜひ最後まで読んでわが子に実践してあげてくださいね。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ba88ac9d4c06417b82022f134deb8223/img01.jpg
その他

子どもの金銭感覚の育て方~幼少期からお金の勉強をする方法とメリットについて解説

昨今の世間を賑わせるお金の絡んだニュースを見て、うちの子どもにはきちんとした金銭感覚を養わせないといけない、と感じている親御さんも多いと思います。お金はよりよい人生を送るためにとても大切な道具の一つでありますが、いっぽうでお金に飲まれてしまったり、お金だけを大切にして道を誤ってしまったり、といった話は枚挙にいとまがありません。とはいえ、いつからどのように子どもにお金について教えてあげればよいのだろう?と困っている方も多いと思います。このコラムでは子どもへの金銭価格、お金の教え方について、始めるべき時期や具体的方法について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5347c52eaaee41e9af8f94813f3e6adf/img01.jpg
その他

子どもの幼児期からペットを飼うことのメリットと注意点について

幼児期の子どもを持つお母さん、お父さんには、子どものためにペットを飼ってあげたい、と考えている方も少なくないと思います。子どもにとってペットを育てて生活を共にする経験は大きなものです。住宅環境によって制限はあるものの、どんなペットを飼うべきは迷いますよね。こちらのコラムでは、子どもが何歳くらいになったらペットを飼うのが適切か?ペットを飼うことにはどんなメリットがあるのか? ペットと子どもを一緒に育てる事にどんな注意点があるのか?などを解説していきます。ペット選びの前に参考にしていただけますと幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7a263159b7ff47acb598849202327297/img01.jpg
その他

子どもの「赤ちゃん返り」~どんな時に起こる?対処法は?詳しく解説します~

第二子が生まれると、上の子どもが突然赤ちゃんのころに戻ったかのようにふるまいだす「赤ちゃん返り」。上の子だって構ってほしいのは理解しつつも、二人めが生まれて毎日忙しいさなかに「赤ちゃん返り」されて大変…、という話はよく聞きますよね。こちらのコラムでは、この「赤ちゃん返り」について、いつ・なぜ起こるのか?と具体的な対処方法についてご説明していきます。これから二人めのお子さまを考えている方もぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1cf2359aa76d45aea3c2911d77651694/img01.jpg
その他

「STEM教育」とは? 意味や定義、日本の実践状況や家庭での取り組み方をご紹介!

近年、教育関係の本や記事を読んでいると、「STEM教育」というワードがよく目につくようになりました。国語・算数・理科・社会ができていればよかった昔とは変わって、IT・コンピュータや早期の英語教育、国際的に通用する表現力・思考力など将来必要とされる能力や技能も増えてきて、ママパパとしては可愛い我が子に何を教えてあげればよいのだろう?、と迷ってしまう方も多いと思います。こちらのコラムでは、注目のキーワードとなっている「STEM教育」について、その意味や日本での「STEM教育」の実施状況、子どもに「STEM教育」を受けさせるにはどうすればよいかを解説しています。参考になれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3056bbe8e295459d8baed6a5093a658b/img01.jpg
その他

「小1プロブレム」について~小学校入学の現状と幼児期からの対策について紹介~

近年「小1プロブレム」という言葉を、ニュース記事や雑誌などで目にすることが増えてきました。「小1プロブレム」とは、子どもたちが保育園や幼稚園を卒園後に、小学校での生活になかなかなじめず、落ち着かない状態になってしまうことをいいます。この「小1プロブレム」に見舞われている学校や生徒が最近増えてきているといわれます。こちらのコラムでは、「小1プロブレム」について、近年増えてきている理由や幼児期からできうる対策についてご説明していきます。来年小学校への入学を控える年長さんの子どもを持つ親御さんだけでなく、年中さんや年少さんの子どもを持つお母さんもぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。