子どもの「抽象化能力」の育て方~実践編:抽象化能力を育てる子どもとの遊び方について~

No.194更新日付:2024年2月27日

近年、教育に関するキーワードでよく目にする「抽象化能力」という言葉があります。一見難しそうな言葉ですが、中学受験の問題などでも問われることの多い、また子どもの将来が充実したものになるためにも重要な能力といわれていることは、コラムNo.166「幼児期の子どもの「抽象化能力」の育て方」でもお伝えしたとおりです。

こちらのコラムではさらに実践的に、具体例を用いて抽象化能力の育て方や、抽象化能力が高いとできる事について解説していきます。よかったら読んでみてくださいね。

「抽象化」とはそもそも何か?

業界やジャンルを問わず「優秀な人」「問題解決能力の高い人」「論理的な人」「仕事ができる人」は、「抽象化能力が高い」といわれます。

 「抽象」という言葉は「あの人の話は、抽象的すぎてよく分からない」など、あまりよい意味で使わないケースが多いですが、それは誤ったイメージです。「抽象化能力」というのは非常に重要な能力ですから、正しく理解し子どもたちを伸ばしたいところです。

 「抽象化」とは、「言葉を上位の分類に置き換えていくこと」「上位概念に置き換えて、一般化すること」です。

 例)生物>動物>脊椎動物>哺乳類>犬>テリア>ヨークシャーテリア

「抽象化能力」が高いとできること

「犬」と「猫」は単純に容姿だけ見れば似ていません。しかし、抽象度を上げることで「四本足で歩く」「赤ちゃんは親と似た姿で生まれ、お乳で育つ」「赤い血が流れ、気温が変化しても決まった体温を保つ」など、共通点を見つけることができます。

 「抽象化」とは、「いくつかの具体物において共通する点を見つけ、一つの概念にまとめること」です。

 生物>動物>脊椎動物>哺乳類>犬、などは、すでに過去の人々が

  • 「犬というグループのもつ共通点」
  • 「哺乳類というグループのもつ共通点」
  • 「動物というグループのもつ共通点」
  • 「生物というグループのもつ共通点」

などを、誰でもが使える「一般化された概念」としてまとめてくれたものです。

①一つの物事に対して、抽象度・具体度を幅広く置き換えられる

抽象化能力が高い人は「一つの具体物に対して、抽象度・具体度を何段階にも幅広く置き換えること」ができます。具体的には以下のようなイメージです。

例)飲食物>飲み物>お茶>紅茶>ダージリン

次の文章には、どの抽象度の単語を入れるのが適切でしょう?

  1. 喉が渇いたから、何か冷たい「     」が欲しい
  2. 食後にはコーヒーか「     」のどちらがよいかしら
  3. この専門店はアッサムや「     」など種類が豊富に揃っている
  4. 劇場内には「     」の持ち込みはご遠慮ください
  5. 遠足の飲み物は、甘くない「     」がよいね

抽象化能力の高い子は、上記のような問題が出た際に頭の中で抽象度・具体度を置き換えて考えるのが非常に早く正確になります。

②複雑な状況や出来事の本質を短い文章に整理できる

抽象化能力が高いと複雑な状況や出来事の本質を、短い文章に整理することが容易になります。

例1)飲食店のアンケート

  • おかわりしたかった
  • 店を出て、すぐにお腹が空いた
  • 美味しかったが、内容的に高いと思った
  • もっと食べたい

抽象度を一段階上げると、すべて共通するのは「量が少ない」であり、すべてはそこから発生している問題だと分かります。具体的に書かれている「おかわり」や「価格」について検討するより先に、「最初の提供量が少なすぎないか?」という問題について検討する必要のあることが見えてきます。

 例2)「僕は日本の中だけじゃなくて、世界中を旅してみたいんだ」

 具体的な文字通りに受け止めることしかできなければ、この希望を叶えるには「外国に行く」という方法しか見出せません。しかし、次のように解釈するとすぐに実践できる行動を見つけることができます。

 「日本←→外国」

=「よく知っているところ←→知らないところ」

=「狭い範囲←→広い範囲」

=「世界の一部←→世界全体」

 このように解釈することができれば、「まだ知らないところにたくさん行ってみたいんだね。じゃあ世界旅行の手始めに、まだ行ったことのない隣の駅に行って街中を散歩してみようか」「休みの日を利用して、日本の中のいろいろな特徴のあるところに行ってみよう。そうすれば、いつか海外に行った時にも似ているところや違うところが分かるからね」と伝えることができます。

③一つの経験から得た学びを異なる場面で応用することができる

抽象化能力が高いと、一つの経験から得た学びを違った場面で応用することができます。例えば以下のようなイメージです。

「お年寄りに席を譲るのはよいことだ」

具体的なことしかできない子は、「お年寄り→席を譲る→よいこと」という判断しかできません。それ以外に応用が利かないのです。

「お年寄り>体調が万全ではない人」

として抽象度を上げて考えられると、今度はそれを複数の具体化に当てはめて、「体調が万全ではない人>お年寄り・怪我人・病気の人・妊婦さん・障害のある人・とても小さい子」など、いくつも応用して考えることができます。

また、「席を譲る<困っている人を助ける」と考えられた子は、乗り物の座席という小さなシチュエーションから大きく離れて、「困っている人に手を差し伸べるのはよいことだ」というより大きな学びに転換して考えることができます。

「一を聞いて十を知る」「枝葉末節にとらわれず物事の根幹を見抜く」というのは、抽象化能力が高いということです。お子さまの抽象化能力を大きく育てていきましょう。

抽象化・具体化の振り幅が大きい人が「抽象化能力が高い」

  • 生物>動物>セキツイ動物>哺乳類>犬>テリア>ヨークシャーテリア
  • 飲食物>飲み物>茶>紅茶>ダージリン
  • 困っている人>体調が万全でない人>お年寄り

上記の事柄は右に行くほどより抽象的で、左に行くほどより具体的です。便宜的にこれを「抽象度スケール」と呼びます。

「抽象化」は「言葉を上位の分類に置き換えること」です。

「具体化」は「言葉を下位の分類に置き換えること」です。

今回の例示では左に行くほど抽象度が高く具体度が低くなり、右に行くほど具体度が高く抽象度が低くなる、という言い方ができます。抽象化能力が高いと、いったん抽象化して深く解釈した事柄に対して、今度はそれに当てはまる具体的な事例を数多く思いつけるようになります。

このように、抽象度スケールを左へ右へと自在に行き来できる人こそが「抽象化能力が高い」といえます。これこそ、まさに「活きた問題解決能力」です。

(右へ行くときには「具体例を数多く思いつける」という意味も含みます)

「優秀」「問題解決能力が高い」「論理的」「仕事ができる」といわれる人達は 

  • 抽象度スケールを適切な位置まで左に進み、適切な表現に置き換えて深く理解する
  • 次にスケールを右に移動し、理解した事柄に当てはまる具体的な事例を複数思いつくことができる

という、この思考活動のスピードが格段に速いのです。

「具体的なものを思いつける」というだけでは問題解決には至りません。

まず、先に「抽象度を上げて枝葉の部分を削ぎ落し、物事の本質を見極め把握する」ということができなければなりません。そのうえで具体的な事例に落とし込めれば、次に何をどうすべきかを適切に考えることができます。「抽象度スケールの振り幅が大きく、速い」ことは、とても大きな価値のあることだといえるでしょう。

「抽象化能力」の育て方について

では、ここからは非常に重要な「抽象化能力」を、どうやってお子さまに育ててあげられるかについてご説明していきます。

①単語・文・文章の抽象的置き換え

抽象化能力の第一歩は、簡単な単語を使って「抽象←→具象」の置き換えができることです。抽象化する時には「つまり」という言葉を使うと便利です。

つまりなにクイズ

「にんじん・じゃがいも・たまねぎ、つまり、なに?」「つまり、野菜」

「シャツ・ブラウス・ズボン、つまり、なに?」「つまり、衣服」

 その時「そうね、服ね。衣類という言い方もあるね。」と、子どもの答えを肯定する形で新しい語彙にも触れさせます。

 レベルアップ(動詞)

「シャツを着た、ズボンをはいた、帽子をかぶった。つまり、なに?」「つまり、衣類を身に着けた」

「にんじん・じゃがいも・たまねぎ、つまり、なに?」

「つまり、カレーの材料」「つまり、土の中で育つ野菜」

レベルアップ(適切な抽象度を選択する練習)

「たしざん・ひきざん・かけざん、つまり、なに?」「つまり、計算」

「たしざん・ひきざん・図形、つまり、なに?」「つまり、算数」

「リンゴ・ミカン・モモ、つまり、なに?」「果物」

「リンゴ・ミカン・ケーキ、つまり、なに?」「食べ物」

「リンゴ・ミカン・ケーキ、つまり、なに?」「デザート」

②単語・文・文章の具体的置き換え

言葉の置き換えを具体的にする練習では、「いくつも思いつく」という点を重視しましょう。

 「古今東西ゲーム」

「古今東西、魚の名前」しりとりのように順番に「サンマ」「タイ」「マグロ」「コイ」など答えます。大人がなるべくいろいろな単語を出し、定期的に同じお題で遊ぶようにすると効率的にお子さまの語彙を増やせます。お題の工夫が親の腕の見せどころです。

「古今東西、掃除の方法」「ほうきで掃く」「雑巾でぬれ拭きする」「雑巾でから拭きする」「掃除機をかける」「はたきをかける」「モップで拭く」など、単語ではなく文で答える必要のあるお題など、いろいろと考え楽しみましょう。

 

③ことわざ・慣用句・故事成語の活用

「ちりも積もれば山となる」「蒔かぬ種は生えぬ」など、ことわざや故事成語は価値ある教訓やよくあるシチュエーションを抽象的に言い表しています。子どもとの会話の中に積極的に取り入れることで、出来事の大枠を抽象的に捉える力が育ちます。

④物語の主題について考え、話し合う

長い間読み継がれている名作絵本には、人間的な成長を促すテーマが込められています。しかし、それは具体的には描かれていません。物語に登場する具体的なエピソードは、どんなことを象徴しているのか? それを子どもと話し合うことは、抽象化能力を大きく伸ばします。

例)「とべ ばった」(抜粋・要約)

小さいしげみの中にバッタが一匹隠れすんでいた。そこには恐ろしいものたちがいて、バッタを食べてしまおうと狙っていた。バッタは毎日びくびくしながら暮らしていた。しかし、バッタはこんなところでおびえながら生きていくのが、つくづく嫌になった。

ある日、バッタは決意した。バッタは、大きな石のてっぺんで悠々とひなたぼっこを始めた。やっぱりヘビにみつかってしまった。カマキリも襲いかかってきた。バッタは、死に物狂いで跳んだ。バッタはついに何よりも高く登りつめた。しかし、バッタはもうそれ以上登る事ができなかった。

バッタは、下へ下へと落ちていった。バッタは自分の背中についている四枚の羽に気付いた。それは今までに一度も使った事のないものだった。もうだめかと思った時、バッタは夢中で羽をばたつかせた。すると、体が急に軽くなってバッタは浮き上がった。バッタは飛んだ、高く高く。自分の羽で、自分の行きたいほうへ風に乗って飛んでいった。

  • 「恐ろしいものたち」→具体的:「ヘビやカマキリ」→抽象的:「生活の中で出会う困難」
  • 「こんなところ」→具体的:「バッタの隠れ住んでいる小さいしげみ」→抽象的:「困難を乗り越えようとしない自分自身の現状」
  • 「バッタが決意し、ひなたぼっこを始めた」→「困難に立ち向かうための、具体的行動を起こした」
  • 「四枚の羽」→「自分の中に眠っている未知の力」

この話からは、具体的なエピソードだけではなく「精一杯の努力をした時、自分の中に眠っている、まだ気づかなかった力に気がつくものだ」「人は、自分で自分の限界を勝手に作り出してしまっているもので、その限界は超えることができる」といった抽象的なテーマを読み取ることができます。

名作と呼ばれる絵本は、心を打つテーマ、人間的成長を促すテーマが込められているからこそ、長年読み継がれてきているのです。幼児向け絵本でも抽象化能力を伸ばす深い読み方をすることが可能です。

まとめ:日々の遊びの中で子どもの「抽象化能力」を育ててあげよう

いかがでしたでしょうか?

肝心なことは、親が「抽象化・具体化」や「抽象度スケール」について常に心のどこかに留め置き、時折り触れて考えることです。常日頃から抽象化の重要性を意識し「子どもに伝えられる機会があれば積極的に活かそう」と思っていれば、高確率でチャンスを活かすことができます。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/dfc723c6b3bc457891375e3d6ff37a10/NO195-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験1 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c05f007d5554aa88cecccb2e984e334/AdobeStock_356741109%20(2).jpeg
3歳~6歳の育児

最優先すべきは「嫌いにさせないこと」 3歳~6歳の子どもの育児の心構えについて

お子さまが3歳くらいまで成長してくると、色々できることが増えてきたり、才能の片りんを感じる時もあると思います。そこで、つい親としては子どもの成長に過度に期待してしまったり、逆にお友だちと比較してなかなかできないことがあったりすると焦ってしまったりしがちです。 しかし、子どもに「やらせたい・できるようにさせたい」という感情が表に出てしまうことは、子どもの成長にとって望ましいものではありません。こちらのコラムでは、3歳~6歳ごろの幼児期の子どもに接していく時の心構え、特に子どもに物事を嫌いにさせないための親の心の持ちようについて説明していきます。 短いながらも育児のエッセンスのつまったコラムですので、ぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/719f99f3506942dc917050a14a7ead8c/NO192-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

幼児期の子どもに文字を「書く」ことを教えるには?~姿勢や手順について紹介!~

一般的に幼児期の子どもがひらがなを読めるようになるのは3~4歳、書けるようになるのは4~5歳といわれています。この時期の子どもの文字への理解は個人差も大きく、遅いからといって心配する必要は基本的にありませんが、理解しているとつい嬉しくなってしまうのも親心だと思います。こちらのコラムでは、4~5歳の幼児期の子どもに文字の書き方を教える際の効果的な方法について説明しています。くり返しにはなりますが、この時期は個人差も大きく焦ることはありませんが、一つの参考になれば幸いです。 
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。