理性的な子どもの育て方~わがままな子どもの「利己」を認めて「利他」に導く具体的方法~

No.183更新日付:2024年2月13日

「あれが欲しい!」「もっと遊びたい!」など、お買い物中や夕方の公園で子どもに大泣きされて、ついイライラしてしまったり、疲れてしまうお母さまは多いと思います。毎日くり返される子どものわがままにうんざり、言っても効かないし、いつまでこんな感じが続くんだろう…、と辟易としてしまう時が親なら一度や二度はあるものです。

子どもに「もっとお母さんや家族、お友達のことも考えて!」「みんなちゃんとできてるよ!」などと怒って伝えたりしますが、実はまだ子どもは「自分」の視点しかなく「世のため人のため」に動くことは不可能なのです。

このコラムでは、幼児期の子どもの「利己的」な特性を説明したうえで、その本能を否定せずに子どもを理性的・利他的な行動に導く秘訣を、具体的なケースを通して解説していきます。つい子どもの行動にイライラしてしまった時、ぜひ思い出していただけますと幸いです。

子どもはなぜ「わがまま」なのか

まず、なぜ大人の視点から見ると子どもは「わがまま」だと感じるのかについて一度掘り下げてみましょう。

そもそも子どもにとっての「わがまま」とは何かしらの悪意や他意のあるものでなく、素直で正直な気持ちをそのまま行動に移したものです。子どもにとっては「あれが欲しい」からそう伝えるし、「まだ遊びたい」からそのように伝えるのはいたって合理的な事です。

この「わがまま」と受け取られがちな、本能からくる行動を理性的な行動に変えていくには、「目先の欲求を上回る未来の利益を予測して感情を納得させること」が必要になります。

しかし、高度な未来予測をするためには、自分の正直な気持ちを認識し言葉で適切に表現できることが不可欠で、この部分が子どもにはまだ難しいのです。

なぜ「わがまま」は問題なのか?

では、なぜ子どもの「わがまま」がしばしば問題行動として扱われてしまうのでしょうか?

それは、幼い子どもにとっての「利益」とは「自分にとっての利益」に他ならないからといえます。子どもは他人の利益・不利益を考慮せず自分のことしか考えないので、「わがままは迷惑」という社会通念からすると、子どものわがままは問題行動となってしまうのです。

しかし、子どもにとっての「わがまま」はいわば本能であり、問題行動などではなく当然の反応であるということを親御さんは理解しておくことが大切です。

子どもの理性的な行動の始まりは「利己」からでよい

子どもは体験を伴わない知識だけでは適切な判断ができない

これまでお話ししてきましたように、子どもは「自分」の視点でしか物事を認識できないものです。また、「自分の感情の動きをともなった経験」がないことでは、適切な利益・不利益の判定がまだできません。つまり、体験をともなわない知識だけでは適切な判断ができないのです。

子どもは納得できないまま強制されたことを嫌いになる

また、子どもは納得のいかないままに強制されたことは嫌いになりやすいものです。

「世のため・人のために尽くすことが良いこと」
「自分の利益ばかりを考えるのはわがままで悪いこと」
のように、まだ実感を伴わないような善悪の基準を強制することは避けましょう。

子どもに、そのような考え方があること自体はもちろん伝えてよいのですが、強制することはNGです。また、伝える際もただ単純に「自分のことばかり主張するだけなのはダメ」と言うのではなく、実体験や物語などの仮想体験を通して、なるべく「実感」を得られる形で伝えていくことが大切です。

「狼少年」や「赤ずきんちゃん」などの昔話も、教訓を物語を通じて実感を得られる形で伝えているからこそ、長年語り継がれているのかもしれませんね。

困った時の処方箋:ケース別子どものわがままへの対応

ここまで、子どもがわがままであるのは致し方のないこと、より理性的な判断をするためには実体験をともなった形で物事の良しあしを伝えないと理解されないことをお伝えしてきました。

このような子どもの特性を理解したうえで、実際に「わがまま」と感じられるようなシーンに遭遇した場合に親のとるべき対処法についてご説明いたします。

1.「あれが欲しい」「あれ買って」「友だちのものを取る」「スーパーで大泣きする」

対処法は以下のとおりです。

  1. 「手に入る」と思うから欲しがるのであって、「手に入らない」という事実を体験させる。
  2. まず「○○が欲しいのね」と「心」を「言葉で表現」して子どもの気持ちを受け入れる。
  3. いつか買い与えてやれるものであれば「○○になったらあげるね」と未来の約束をする。
  4. それでもおさまらない場合は「今は無理」「ママにも無理、ごめんね」と伝える。
  5. さらに諦めないようならば「ママにもできないことをあまり言われるとママは悲しい気持ちになるよ」などと語りかけてさっさとその場を離れる。
  6. 子どもが「泣く・わめく・叩く・ぐずる」という問題行動をおこなっている時には、絶対に「根負けして買ってあげる」ということだけはしてはいけない。「親を困らせれば買ってもらえる」という事実結果を学習させてはならない。買ってあげるのは別の機会によい行動をしている時にする。

2.「まだ遊びたい」

  1. 「もっと遊びたいのね」と気持ちを受け入れて言葉にする。
  2. 「でも今は無理なの。ごめんね」と語り聞かせる。

3.「やるべきことをやらない」

  1. 「できること」と「身についていること」は違う。
  2. 身についていることはいつでも容易にできるが、「ようやく少しできるようになったこと」をおこなうのはまだまだ苦痛。
  3. 「やって当たり前・できて当たり前」とは考えずに、その日の様子でハードルを下げる。
  4. 身支度に関することをやりたがらない日にはお母さんが強制的におこなってしまう。
  5. 最初のうちはなるべくお母さんの分担パートを大きくし、子どもが少しの努力でできることだけを毎回必ずやるようにして習慣化しつつ、少しずつ子どもの分担パートを増やしていく。
  6. 保育園や教室では片付けられる量のおもちゃでも、それは友だちや先生から褒められるという報酬があればこそできるもの。自宅で一人で片付けるにはその量はハードルが高い。お母さんがある程度片付け、子どもにとって「苦痛を感じ過ぎない分量」だけおこなわせる。

4.「室内で全力ダッシュする・飛び跳ねる」

  1. これは「本能行動」であり、大脳皮質の発達を待たない限りどれだけ叱っても効果はない。
  2. 「走る」→「怒られる」という条件反射を刷りこんでおこなわないようにさせることは可能だが、「大人の顔色をうかがい自分の意志を持とうとしない」「本能欲求を抑制する癖がつき、何事にも消極的になる」などマイナスの習慣をつけてしまいがち。
  3. 「走る場所」「跳ぶ場所」「歩く場所」「座る場所」というように少しずつ場所と行動を関連付けていけるよう、日常の中でくり返し意識させていく。
  4. やってしまった時は「無意識」の行動なので叱るのではなく、本人の意識を「そこは何をする場所か」という考えに引き戻し、飛び跳ねる喜びのかわりになる嬉しいことや楽しいことを与えてあげる。
  5. 大脳皮質の発達がすすめば本能行動はいずれ自制できる。知能発達を促進する機会を与えることが結局は改善の近道になる。

まとめ:子どもがわがままなのは仕方ないこと。実感を持てるように伝えていこう

「七十にして心の欲する所に従えども、矩(のり)を踰(こ)えず」という言葉をご存じでしょうか?自分の心のおもむくままに行動しても人の道を逸れなくなったのは70歳、という意味です。

人のことを考えた行動が自分自身にとってもいかに素晴らしいことであり、自分のためにもなっているという深い実感に到達できれば、「利己」と「利他」が等しくなります。建て前と本音が一致して、大脳辺縁系と大脳皮質の間に矛盾がなくなるのでどれだけわがままにふるまおうとも問題がなくなります。

利己的であること、わがままであることは悪でもなく否定すべきものでもありません。利己と利他、わがままと人のために尽くすことは対立関係にあるのではなく、いつか一致していくものです。わが子にそのように育って欲しい、または自分自身がそのような70代を目指すためには、「わが子の教育」を考えることが一番早いのかもしれません。

最初は子どもはわがままであることが当たり前です。わがままを否定して無理に協調を強いるよりも、理性的な行動がいかに自分や周りの人にとって利益のあるものかを、子どもに実感できるような形で伝えていくことが大切です。一歩ずつ親子で進んでいけるようにしましょう。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/dfc723c6b3bc457891375e3d6ff37a10/NO195-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験1 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bfe32db6ae284f0288e7f6a2c4c62c04/NO194-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

子どもの「抽象化能力」の育て方~実践編:抽象化能力を育てる子どもとの遊び方について~

近年、教育に関するキーワードでよく目にする「抽象化能力」という言葉があります。一見難しそうな言葉ですが、中学受験の問題などでも問われることの多い、また子どもの将来が充実したものになるためにも重要な能力といわれていることは、コラムNo.166「幼児期の子どもの「抽象化能力」の育て方」でもお伝えしたとおりです。こちらのコラムではさらに実践的に、具体例を用いて抽象化能力の育て方や、抽象化能力が高いとできる事について解説していきます。よかったら読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c05f007d5554aa88cecccb2e984e334/AdobeStock_356741109%20(2).jpeg
3歳~6歳の育児

最優先すべきは「嫌いにさせないこと」 3歳~6歳の子どもの育児の心構えについて

お子さまが3歳くらいまで成長してくると、色々できることが増えてきたり、才能の片りんを感じる時もあると思います。そこで、つい親としては子どもの成長に過度に期待してしまったり、逆にお友だちと比較してなかなかできないことがあったりすると焦ってしまったりしがちです。 しかし、子どもに「やらせたい・できるようにさせたい」という感情が表に出てしまうことは、子どもの成長にとって望ましいものではありません。こちらのコラムでは、3歳~6歳ごろの幼児期の子どもに接していく時の心構え、特に子どもに物事を嫌いにさせないための親の心の持ちようについて説明していきます。 短いながらも育児のエッセンスのつまったコラムですので、ぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。