幼児期の「遊び」のみちすじ~「ごっこ遊び」など年齢別の必要な遊びとは~

No.77更新日付:2024年4月9日

子どもの「遊び」について、様々な意見を目にすることが増えています。近年では、コロナ禍での子どもの遊びの機会の減少や、騒音などの問題による自由に遊べるスペースの縮小など、どちらかというとネガティブなテーマで子どもの遊びについて取り上げられているニュースが多い印象です。

いうまでもなく子どもにとっての「遊び」は勉強であり人生経験であり、子どもたちは遊びを通じて社会性や思いやりを身につけていきます。こちらのコラムでは、特に0歳から2歳の乳幼児期に必要な遊びの「みちすじ」と、その際に親として気をつけておくべき心がけについてまとめています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

子どもは「遊び」を通して社会性を獲得する

子どもの能力を最大限に発揮させる一番大きな鍵は、「子どもの発達のみちすじを正しくたどる」という事です。ベストな発達をめざそうと思ったら、本来たどるべきみちすじをあまり寄り道しないで正しく通ることが重要です。

幼い子どもにとって学びの方法といえば「遊び」ですね。
子どもの遊びとは、「子どもが大人の能力を獲得するための必要経験」なのです。

人間は社会を形成するという方法で地球上に繁栄してきました。猫が毛糸玉にじゃれつくことで狩りの練習をするように、人間の子どもは「遊び」を通して社会性を獲得していくのです。

現代は子どもに必要な「遊び」を親が与える必要がある

生活の基盤が「大家族」「村落共同体」であった時代には、子どもは放っておいても自然に社会性や身体能力や安全を守るために必要な知恵が育ちました。母親が口出しするよりも近所の少し大きい子どもたちに任せておいたほうが、子どもの様々な能力はよく育ったのです。

しかし、現代社会では「必要な遊びが大人によって次々に禁止される」ことで、自然にそれらの能力を獲得できる環境が崩れてきてしまっています。
そのため、子どもの日常生活の中に「本来たどるべきみちすじをきちんと設定してあげる」ことが求められます。偶然チャンスに出会うのを待つばかりではなく、「偶然」を「必然」に変えてあげることが必要なのです。

子ども同士の友達関係の中で十分に社会性を得られるようになるまでは、親が積極的に適切な「遊び」を与えてあげましょう。

「笑い」を獲得するための0歳期の遊び

それでは、子どもが通る遊びのみちすじを、0歳期から順番に説明していきます。

まず、0歳期は「笑いの獲得」の時期といえます。
産まれたばかりの赤ちゃんが笑うことはないですね。「笑い」というのは大脳新皮質が高度に発達した人間だけが持つ感情表現です。赤ちゃんは、脳のうち記憶を司る海馬の部位がまだ完成していませんので、扁桃体と呼ばれる部位で安全か危険かを判断し、安全が確認されると次に快か不快かを判断しています。赤ちゃんの判断基準はこの2つがすべてといっても過言ではありません。

0歳期の赤ちゃんはまず「泣く」ことを覚える

赤ちゃんは産まれてまず最初に、不快を示す時「泣く」という方法があることを覚えます。
泣けば誰かが世話をしてくれるからです。

この時期に泣いたときしか相手にしてもらえないと、不快を示すことでしか自己表現ができなくなってしまい、その後の1~2歳期の育児が非常に大変になります。注意したり叱ったりすればするほどさらに不快が募り、その不快を全身で訴えるために大人にとっては困った行動をするようになるのです。

「笑い」「遊び」を通して「快」によるコミュニケーションを教える

ですから、穏やかにしている時の親子の関わりあいこそが子どもの問題行動を減らすことにつながります。普段機嫌のよい時にたっぷりと相手をしてあげて、「快」によるコミュニケーションの楽しさや喜びを心の奥深くに刷りこんでいきましょう。
泣いていたり特別何か欲求を示したりしていない時にこそ、たっぷりと笑いを育てる遊びをしてあげることが大切です。

また、0歳期の遊びは対話の基礎を育てたり、手の使い方を「前脚」から「手」に変えていく大切な働きとなります。0歳期に適切な遊びを大人から豊富に与えられていないと、言葉の遅れ、運動能力の遅れ、社会性が育たないなど、後に重大な問題を生じる場合があるのです。

では、次に0歳期の遊びを具体的にお伝えいたします。目安として時期を記載しますが、月齢はあまり重要ではなく「たどるみちすじの順番が正しいかどうか」が肝心です。

0歳前半:「あやし遊び」期

まず、あやし遊びをしてあげましょう。
子どもを「あやす」とは本来「笑わせること」です。ニコニコの笑顔、天使のような無邪気な笑顔、鈴が鳴るようなかわいらしい笑い声を引き出すこと、です。

そのためには「わが子の笑いのツボを数多く発見すること」がポイントです。子どもの成長にともなって笑いのツボも変化していきます。現時点で子どもが最も笑うのはどんな遊びなのか、を見つけてあげてください。

子どもの表情をことごとくまねする「にらめっこ遊び」や、「ぞうきんの歌」などのふれあい遊びもよいですね。パパの力を借りるのもおすすめです。

0歳後半:「ゆさぶり遊び」期

次の段階は、ゆさぶり遊びです。
0歳8ヵ月頃までは、ゆりかごのように穏やかに揺らしたり、クッションに乗せてのスタビリティ・トレーニング(バランス感覚を養う遊び)をおこなう程度にしてください。

0歳9ヵ月以上のお子さんは、昔ながらの「飛行機ブーン」という、あおむけになった親のすねの上に子どもを乗せて、ダイナミックに揺らしてあげる遊びをやってみてください。体を縦にしてのスイング、横にしてのスイング、逆さにしてのスイング、すべてに良い効果があります。

なお、スイングは2秒で1往復程度のゆるやかな速度でおこなってください。また、SBS(揺さぶられっこ症候群)の危険を避けるため、1秒間に3往復などの速さで揺らすことは決してしてはいけません。

わが子の成長発達の様子に合わせて、様々なバリエーション、様々なステップアップを楽しんでくださいね。また、毎日継続してご両親やお子さんにどんな変化があったかを観察してみましょう。

1歳:「お手伝い遊び」期

ベビーパークでは1歳代を「お手伝い遊び」期と呼んでいます。1歳の子どもは「模倣反射」という本性、本能が大変活発に見られるようになります。

1歳の子どもはお母さんのまねが大好きです。これは大人の模倣をすることで生きるために必要な能力を獲得しようとする、もって生まれた本能によるものです。

それゆえお母さんのお手伝いもしたがりますが、もちろんまだ「手伝い」にはならずこの時は生活の仕方、基本的な生活習慣、身の回りのこと、最低限の当たり前の家事などを学ぶ「学習」の位置づけです。

「お手伝い遊び」によって様々な能力が結びつく

この「お手伝い遊び」によって、物の「形・色・大きさ・長さ」などの概念、「動作と言葉の合致」など様々な能力が結びついていきます。何より重要なのは「何に使うものなのか?どういう目的で作られたものなのか?正しい使い方はどうするのか?」など、「品物の用途」について理解するための基礎が培われていく、ということです。

それらを理解する前の時期には、大人にとっては困る行動もありますが、子どもの立場に立ってみればそうしたい理由があるもので、実は問題行動や困った行動になるのは、子どもが大きくなり体力も行動も大きくなっているからなのです。

早い時期から探求心を満たしてあげると後の育児が楽になる

そのため数多くの経験を早い時期から与え、探求反射や身体発達にともなう欲求を子どもが小さいうちに発現させて満たしてしまえば、それから先幼児期の困った行動の数多くを回避できます。

例えば、この時期子どもは活発に室内を立ち歩きますが、これらは「自分の回りをもっとよく知りたい!」という「探究反射」という本性です。テーブルや机の上に登るのは「高いところによじ登る」という身体運動機能が大きく伸びる時期だからです。

そのため、テーブルや椅子やたんす以上に子どもの「登る能力」を高める優れたアイテムが家庭内にたくさんあるという方はテーブルに登らせる必要はありませんが、一般的な家庭ではそれらに勝る優れた遊具はほとんどないと思われます。室内ジャングルジム程度ではテーブルの魅力に勝てません。そうであればテーブル程度の低い山は早くに征服させてあげ十分に満足させるという方法で、早い時期に登らなくなるように仕向けるのが一番です。

本能の欲求に対して厳しく叱ってはいけない

そして、この時には決して厳しく叱ってはいけません。「厳しく叱る」という行為は、すなわち「恐怖のモチベーション」で子どもを動かすことになるので、怖いからその場は言う事を聞きますが、やがて怒鳴り声にも慣れて平気になってしまいます。

このように厳しく叱ることでテーブルに登ることを抑制し続けていると、3歳頃にはファミリーレストランの椅子に平気で登るようになりかねません。幼稚園時代に「親が怖いから」という理由で登らずにいる子は、小学校にあがって親の目が届かなくなってから学校のロッカーなどに登るようになる場合が多いのです。

本能の抑圧は、強烈な欲求となっていつまでもくすぶり続けます。あるいは、能力発達の時期を逸してしまうと、ほんの少しの高いところでも怖がってまったく登ることができない大人になる場合もあります。さらには、「探究反射」を「恐怖」による「不快」で妨げられた子どもは次第に「学ぶこと」への意欲を失っていきます。大人にとっての困った行動は、子どもが「物の用途」を理解し、「因果関係」を理解できるようになれば終わりますので、怒鳴って叱りつけるよりもまずは子どもの知能を高め、言い聞かせれば理解できる頭脳を早く作ってあげましょう。

効果的な「お手伝い遊び」の仕方

そのためにもっとも効果的な「お手伝い遊び」の方法は大きく分けて二つです。

一つは実際にお母さんが家事をする時、一緒に簡単な仕事を与えてあげること。例えば、洗濯物のカゴを運ぶとか、掃除の時に布で家具のからぶきをするなどがよいでしょう。もちろん、何一つ満足にはできないでしょうし、与えた仕事は二度手間になってしまうでしょう。ですから絶対に子どものお手伝いは「お手伝い」だとは思わず「家事の修行」と心得て、親の時間と体力と心に余裕がある時に与えてください。そして、終わった時にはたくさん褒めてあげてください。この「褒める」ことが、人の役に立つと嬉しいという尊い意識を育てます。

そして二つめは、大人が誘導しておままごとをおこなう方法です。こちらの方が実際の家事よりは被害が少なくて済みますが、得られるものが大きいのはやはり本物の家事といえるでしょう。ただ、知識を短時間で豊富にインプットするのには、おままごと遊びの方が適しています。ぬいぐるみや人形を活用するのもいいです。お子さんは遊びを通して家具や食器類、日常雑貨の用途や適切な使用法を自然に理解していくでしょう。

2歳:「ごっこ遊び」期

「ごっこ遊び」には大きく分けて2種類あります。

一つは「ままごと」。これは「まんま(飯)ごと(仕事)」であり、「食事を得るために必要となる仕事のすべて」、言い換えれば「家事や日常の生活における仕事のすべて」を指します。

もう一つは「鬼ごっこ」。「鬼」は古来「力」や「賢さ」の象徴でもありました。つまり「現在の自己能力」を向上させていく遊びです。かけっこも、様々なバリエーションの鬼ごっこも基本的には「努力し、苦労を乗り越え、目的を果たし、結果を手に入れる」ことがベースになっています。

「たたかいごっこ」など危険な遊びも経験させることが重要

走ることがベースの「鬼ごっこ」や、力くらべがベースの「おすもう遊び」、「たたかいごっこ」など、たくさん経験させてあげましょう。実は男の子は、本能的に「たたかいごっこ」の中から、理屈ぬきに他人との付き合い方の基本を数多く学んでいるもので、特にチャンバラ遊びは本能的に好みます。新聞紙などで剣を作ってあげてたっぷりと経験させましょう。危険だからと禁止するのではなく、「安全なあつかい方を習得させる」という考え方が大切です。

実は、最近の小学生もやはり3年生くらいの子は「たたかいごっこ」が大好きなのですが、力の加減がうまくできない子が多く見受けられます。

30年前の小学3年生たちは力の加減も上手で、ケンカをしても体のどの部分は絶対に殴ってはいけないか、などをよく知っていましたが、現代の子達との違いはやはり「幼児期にじゃれあい遊びが決定的に不足している」ことではないでしょうか。

今、1歳から6歳ごろまでの間に子ども達がおこなっている「たたかいごっこ」は、常にお母さんの目がそばにあり、実際には相手の体に接触せずポーズだけの真似事のたたかいごっこが多いですね。そして、小学校に入ると学校にはお母さんの目がないので、初めて本格的なじゃれあい遊びが始まるのです。

パンチやキックも軽くですが相手に当てたり、取っ組みあいもします。ところが、それまでに経験してきていないので力の加減ができず、既に7歳以上で力も強くなっているので加減ができないと怪我や事故につながってしまう…、ということが起きているのです。

この、じゃれあい遊び、取っ組み合い遊びは、大自然の摂理の一部といえるのではないでしょうか。幼い時期に適切な経験をすることで力加減のコントロールが上達する。もともとの力が弱いから大きな怪我などの心配もなく、痛い思いをした時の気持ちも深く理解できるようになる。そして自分の身体能力、運動能力に一定レベル以上の自信がつくと、戦わなくても自分と相手との力量を計れるようになるので、もうくだらないケンカなどはしなくなるのです。

子どものうちにそういう経験をしておかないと、中学生以上になってから「自分がどれだけ強いか試したい」などと言って、危険な暴力に憧れる傾向が強まります。幼い時期に抑圧によって、小さな大人のようなふるまいをさせていると、結局は適切な時期に大人になりきれず、精神の一部に幼児性を残したまま体だけが大人になってしまいます。

現代社会の抱える大きな問題の一つがそこにあるように思います。「おとなしい」の語源は「大人らしい」ですが、子どもは大人らしくする必要なんてありません。子どもの時期に存分に子どもらしく過ごすからこそ、適切な時期に大人らしくなれるのです。

また、いろいろなバリエーションの「ままごと」「鬼ごっこ」遊びを通して、子どもは自己の能力を向上させる喜びを覚え、さらには集団生活を豊かにするルールへの認識を育てていきます。

まとめ:その時期に合った遊びを積極的に経験させることが社会性を育てる

いかがでしたでしょうか?
子どもにはその時期その時期に必要な遊びのみちすじがあり、そのみちすじをしっかりと経験させてあげることで、適切な社会性が育っていきます。

現代は何かと子どもに適切な遊びを経験させてあげることが難しくなっています。信頼できるママ同士で、子どもに過剰に心配することなく思いっきり必要な遊びを楽しませてあげることが、子供の成長に非常に重要な時代になっているのかもしれませんね。

「遊び・遊び方」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/091e57e94df54e66a5ce1c8f5fecf936/img01.jpg
3歳~6歳の育児

外遊びで心も体も健康に育てる

お子さまは外遊びをしていますか?子どもの外遊びにはたくさんのメリットがあります。暑すぎたり、大雨が続く日もありますが、天気のいい日にはどんどん外に出て遊びましょう!今回は、外遊びのメリットと年齢別の遊びをご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6cda1cff434f4a2d8c85342f0fb23ea9/img01.jpg
3歳~6歳の育児

お絵描きで脳育しよう! ~子どもがお絵描きをすることのメリットや親の心構えを紹介~

子どもの頃、ノートや教科書のすきまに落書きをしたことはないでしょうか。お絵描きって楽しかったですよね。実は、お絵描きをすることで脳を鍛えられるって知っていましたか? なぜ絵を描くことで脳を鍛えられるのか。その仕組みとポイントをお伝えします。お父さん、お母さんもお子さまと一緒に脳トレしましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae60605965f844a28808d75199e3827d/img01.jpg
3歳~6歳の育児

3~6歳児の室内遊び:簡単な「実験」で好奇心の芽を育てよう

 3歳くらいになると、「なんで?」と聞いてくることが多くなります。それは、知能が発達してきた証拠。子どもが身の回りのことに興味を持ち始めたタイミングで、さまざまな体験をさせてあげることが大切です。今回は、自宅で簡単にできる実験を年齢別にご紹介します。お父さん、お母さんも一緒に楽しみながら、たくさんの発見をさせてあげましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/33fb7379381744aa9a5f1aa3ceb981f9/img01.jpg
3歳~6歳の育児

雨の日も!【年齢別】室内でもできる運動遊び

雨や暑さが続くと、外に出るのが億劫になってしまいますよね。でも、おうちの中でゴロゴロテレビを見ているだけではお子さまのエネルギーを発散できなくて、夜なかなか寝てくれません。お絵描きも、粘土遊びももう飽きた。つまんない!となってしまったら、おうちの中で体を動かして遊びましょう。ストレスも発散できて、体力もつき、夜もしっかり寝てくれる。3~6歳児向けの一石三鳥の室内遊びをご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fd90222c444344f3895ccaba638c4bee/img01%20(19).jpg
赤ちゃんの育児

0歳児との遊び方がわからない…具体的な遊び方や注意点をご紹介!

出産して赤ちゃんとの生活が始まると、「たくさん遊んであげたい!」と思う一方で、授乳やオムツ替え、寝かしつけなどで1日があっという間に過ぎていきます。「あまり赤ちゃんと遊んでないような気がする」「赤ちゃんの成長は大丈夫かな」と不安になってしまうママも多いです。とくに0歳児は泣いていることも多いので、機嫌の良いときにたくさん遊んであげるとよいでしょう。そこで、意思の疎通がまだまだこれからの0歳児と、どういう遊びをしたら良いのか悩んでいるママに向けて、具体的な遊び方や注意点をご紹介します。ママとの遊びは、0歳児の成長にとってとても大切な経験になります。ぜひ参考にして、日々の暮らしに取り入れてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/55b89dbe0756450b9990dde71993ecb2/img01%20(14).jpg
その他

【0~3歳まで年齢別】子どもの室内遊びの方法とメリットをご紹介

天候や体調などの関係で、室内遊びが多くなってしまう時もありますよね。動画を見たり、お気に入りのおもちゃで遊んだりと楽しく過ごす方法はあるものの「ずっと室内で遊んでいてもいいのかな」と心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで本記事では、室内でできる遊びとそのメリットを0〜3歳まで年齢別にご紹介します。実は、室内遊びも子どもの成長にとっては欠かせない大切な経験です。この記事を参考に、日常の遊びにプラスで取り入れてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bd2134052fe04833a76373f3ade61b45/img01.jpg
1歳~3歳の育児

大切な「ごっこ遊び」、2種類のおままごとの遊び方について

子どもはだいたい1~2歳から「ごっこ遊び」を始めるものです。この「ごっこ遊び」は、想像力や表現力、言葉の発達など子どもの成長にとって非常に重要であるといわれています。この記事では特にごっこ遊びの典型である「おままごと遊び」に特化して、年齢ごとの「おままごと遊び」の特徴と、「おままごと遊び」をつうじて伸ばせる子どもの能力について、具体例をまじえながら解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7fa97bd71f244962bbe0d07f143cc476/img01%20(5).jpg
1歳~3歳の育児

ごっこ遊びを通じて身につく力は?年齢別おすすめのごっこ遊びを紹介

子どもが好きな遊びのひとつが「ごっこ遊び」です。時代が変わっても無くなることのない、遊びの定番ともいえるごっこ遊びですが、実は子どもの成長にとって非常に大切な役割をもっていると言われています。今回はそんなごっこ遊びについて詳しく解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ee54ab2c8f0e4675b6346cfd58a025a2/img01%20(3).jpg
赤ちゃんの育児

【時期別】親子で楽しめる0歳児遊びの種類や注意点を紹介

0歳児はまだまだ自分でできることが少ないため、「子どもと一緒にどのような遊びをしたらいいのか」と悩んでいる保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで本記事では、親子で楽しめる0歳児の遊びの種類や注意点をご紹介します。0歳と一口にいっても、子どもの成長具合は月齢によって大きく違うため、時期別でおすすめの遊びをまとめました。子どもの成長に合わせた遊びをおこなうために、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/54505d78d27546fdad3df1da1a99e7d9/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期において遊びは発達に大切!効果やポイントについて紹介

幼児期は遊びを通してさまざまなことを学びます。運動機能の基礎を形成したり、自発力や認知能力、創造力、社会性を育んだりなど、幼児の心身の健やかな成長を促すためには、遊びの時間を十分確保することや、特定の遊びばかりでなくさまざまな遊びを取り入れること、年代や発達段階に合わせた遊びを提供することが大切です。幼児期の発達におすすめの遊びとしては、ごっこ遊びや工作、大人数で遊べるゲームなどがあります。今回は、幼児にとっての遊びの重要性やその効果、遊ぶ際のポイントなどを解説します。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/16f16d46aa164f91a066260434111495/%E6%85%A3%E3%82%89%E3%81%97%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e200935f9e134d65b4d3ec224730d1dd/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%AA%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%81%AF%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友だちをひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/663fb53272af43158ed66041afad1026/img01%20(3).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」②~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2回目の今回は、コラムNo.136「2歳児の「言葉の育て方」~発達段階別に実践的な方法を紹介~①」で解説した2歳児の標準的な言語発達段階において、各レベルに適した取り組みを紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/346437196ea64dee9428eb123317c9fe/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」①~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2歳前後のお子さまのいらっしゃる方はぜひ一度読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7cf925cff1734e0dace52ad5a8899dd2/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「イヤイヤ期」の子どもへの効果的な対応方法まとめ~ケース別に具体的にご紹介!

早い子どもでは1歳後半から始まり、2歳をピークに、子どもによっては3~4歳まで続く「イヤイヤ期」。子育てをするお母さんなら、誰もが一度は通る道だと思います。時に何をしてもひたすら「いやー!」と泣き叫ばれて、すっかりヘトヘトに…、ということもあると思います。こんな時に頭ごなしに子どもを叱っても効果がないことは皆さまご存じの通りです。コラムNo.64「【第1次反抗期】(イヤイヤ期)への対処方法」では、イヤイヤが何故起きるのかと、イヤイヤの6つのパターンについて解説いたしましたが、こちらのコラムでは、実際に子どもが「イヤイヤ!」になってしまった時の具体的な対処についてわかりやすくまとめています。少しでも苦労なさっているお母さんの助けになってもらえれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/b620efe5ff374a30860b9729213e99df/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「魔の2歳児」いやいや期の具体的な克服方法について

「魔の2歳児」「いやいや期」と聞くと、これから子育てを始めるママは身構えてしまうかもしれません。多くの母親が悩まされる「いやいや期」ですが、子どもにとっては「自我の芽生え」であり、自分自身の「自我」を確立するために必要な時期でもあります。このコラムでは、「いやいや期」を落ち着いて乗り切るために、ケース別の対処法や、「いやいや期」をなるべく軽く乗り切るためのコツなどを掲載しています。子どもが「いやいや」になるのも理由があるものです。適切に原因と対処法を覚えておければ、大きな苦労なく乗り越えていけますよ。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。