上手なトイレトレーニングで、おむつは1歳前に取ることができます

No.91更新日付:2024年2月19日

一般的にトイレトレーニングの開始時期は2歳ごろといわれていますが、実は1960年代ごろまでは0歳代でオムツ外れをおこなうのが常識だったことをご存じでしょうか?まだ紙オムツがなかった時代には子どものオムツへの不快感も今とは異なり、また布オムツを毎回洗濯するお母さんの負担も大きかったことから、合理的な判断だったといえるでしょう。

こちらの記事では、昔のオムツ外れの方法をベースに、0歳代でトイレトレーニングをおこなう方法について具体的に解説しています。また、一般的な1歳後半~2歳くらいからトイレトレーニングをおこなうにあたっての心構えについても記載してあります。

もし、2歳代の一般的なトイレトレーニングの方法について詳しく知りたい方は、コラムNo.125「トイレトレーニングはいつから始める?~始めるタイミングや注意点について紹介~」を参照ください。

この記事でわかること

  • おむつ外しに適した時期
  • 0歳代からのトイレトレーニング
  • 1歳以降からのトイレトレーニング

オムツをとるのに適した時期は0~3歳の間に2度来る

実はオムツをとるためには「適した時期」が0~3歳期の間に2回訪れます。1回目は驚くべきことに0歳代。そしてその時期を逸したならば、次はもう焦らず2歳近くになってからが適しています。

1960年代まではオムツ外れは1歳前後が常識だった

意外かもしれませんが、1960年代生まれの人たちが赤ちゃんだった頃の日本では「オムツが外れるのはだいたい1歳前後」という育児が常識だったのです。

これは「0歳の脳の特徴」を非常にうまく活かした育児法だったと思われます。人間の脳は色々な能力の基礎基盤が完成する時期が決まっており、それを「臨界期」と呼びます。ここでは臨界期という表現が学術的に適切ではないかもしれませんが、1歳を過ぎてからオムツ外しをしようと思った場合、もう臨界期を過ぎてしまっているといえます。

そのため、1歳過ぎまでトイレトレーニングをおこなわなかった場合は、「知能」が十分に育ってくる2歳頃になってから改めてオムツを外した方がスムーズですし、親子ともに楽なのです

トイトレは0歳代にやるか、2歳になってからがオススメってことだね♪時期がわかるとやりやすいね☆

ただし、0歳代からのトイレトレーニングは根気がいる作業

そして、0歳から始める場合にはママの根気と努力が必要となります。
現在のように便利な紙オムツが流通している時代ならば、あえて0歳代からオムツを外す必要性は低いのかもしれませんが、紙オムツの性能がどれだけよくなったといっても、やはり布に比べて不快感が大きいのは女性の生理用品を考えてみてもわかるかと思います。

赤ちゃんの肌にとってベストを考えたいと思い、なおかつトイレトレーニングに費やす時間や労力を無理なく捻出できる方はぜひ挑戦してみるとよいでしょう。

0歳代からのトイレトレーニング時を始めるためにまずやること

では、まず初めにトイレトレーニングの一番最初にすべきことをお伝えします。

子どもにトイレの習慣を身に付けさせるためには、「睡眠中に正しいホルモン分泌のリズムを確立すること」が大変重要です。

実は子どもは、睡眠中に「バソプレッシン」というホルモンが適切に分泌されるようになって初めておしっこを我慢したり、トイレでは意識的におしっこを出したりできるようになっていきます。

そのためにまず、【朝子どもを起床させたい時間の1時間前に、親は一度起床しカーテンを開けて、子どもが目覚める前のまどろみの時間に1時間程度は布団の中で朝の日光を浴びさせる】という取り組みを継続してみてください。これがすべてのトイレトレーニングのスタートになります。

0歳代からのトイレトレーニングの時期別の具体的方法

では次に、0歳代のトイレトレーニング方法を具体的に説明いたします。

1.生後

できるだけ生後すぐから布オムツを使用するのが望ましいといえます。「おしっこしたら濡れて気持ち悪い」という「不快」を感じる本性をうまく利用していきます。紙オムツでも構いませんが、おしっこしたかどうか?に対して親が常に敏感になり、量が少なくても濡れたらすぐに取り替えてあげましょう。
また成功率は布オムツの方が高まります。

2.お座りができるようになったら

子どもがクッションなどを用いて、支えありでお座りができるようになったら、オムツを替えた時間を毎日記録してみましょう。だいたい何時間おきか?がわかってきます。また、お座りができるようになったらオマルを用意します。

「オムツ替え記録」を元に「そろそろかな?」と思ったらオムツを取ってオマルに座らせてあげます。すると、下半身が外気を感じる刺激でうまくおしっこできる時があります。可能なら、お子さん自身のおしっこが出る様子も見せてあげてください。おしっこが出た時には、そのとき家にいる家族みんなで喜んで、いっぱい褒めてあげましょう。

3.オマルでおしっこできる回数が増えてきたら

オマルに座らせる時に「チーしようね」「チーでるかな?」「チーでるといいね」「おしっこ、おしっこ。おしっこ、チー」などと必ず声かけをしながら座らせます。
おしっこが出たら「おしっこできた!」「チーでたね」「○○ちゃん、チー、上手、上手」という感じで、2語文・4語文のみで「おしっこ」「チー」「出る・出た」という言葉をインプットしていきます。

「チー」は口のまわりの筋肉発達が少なくても発語可能ですので、早い時期から教えておくとおしっこが出る前に言葉で教えてくれる時期が早まります。

4.上記を継続すると…

上記の取り組みを根気良く継続すると、大体1歳過ぎくらいでおしっこが出る前に「チー」もしくは「チー出る」と教えてくれるようになります。ここまできたらもうパンツに替えて構いません。ただし、まだトイレに行く前に少量お漏らししてしまうことも多いですから、股の布地が何層かになっているトレーニングパンツにしておくのが良いでしょう。

1歳以降にトイレトレーニングを始める場合の考え方と目安

次に、1歳以降の場合についてです。
1歳代以降の場合は、トレーニング開始時期が早くても遅くてもオムツが取れる月齢の平均はあまり変わりません。つまり1歳代の時期にトイレトレーニングを始めることは、親子ともに大変な時間を過ごす期間が長引くことになってしまいます。

そのため0歳期に行わないならば、もう次の適期が来るまで待った方がよいといえます。

そして、1歳代の時期は「トイレトレーニングについて悩まないこと」が大切です。もしも0歳代にはトイレトレーニングの取り組みをしない…と決めたのならば、今後1歳代に「トイレトレーニング」について思い煩うことはキッパリとやめると良いでしょう。

もしもすでに1歳代後半ならば、最初の取り組みとして「トイレに座ってみる」ということを遊びとして始めてもよいですが、今はまだとにかく「楽しい遊び」にしてあげてください。トイレトレーニングの取り組みがあまり長期に及ぶと子どもは飽きてしまいますので、この時期は急がないことが一番です。

では、0歳代の次の適期ですが、お子さんの適切な睡眠習慣と知能発達が進んでくると、夜中にオムツが濡れなくなります。何歳からというよりも、夜間に6時間連続しておしっこをしなくなったら、トイレトレーニングを開始してみるとよいでしょう。

最後に:トイレトレーニングにあたっての「基本の心構え」

最後に、トイレトレーニングの「基本の心構え」をお伝えします。

他のどのような「しつけ」にも「学び」にも共通していえることなのですが、何かを教えたい時、習得させたい時に最も気をつけなければならない事は、その対象を「嫌いにさせないこと」です。

これがすべての鉄則です。大人でも「嫌いなことをイヤイヤやる」ほど効率の悪い事はありません。気持ちもモヤモヤして楽しくないでしょう。

まず、大切なことは「無理しない」事です。お子さんだけではなくお母さまも同じです。無理なことは長続きしません。「しつけ」のためには「し続ける」ことが大切です。親子ともに「継続できること」であればこそうまくいくものです。

0歳代でトイレトレーニングを始めることにチャレンジするにしても、1歳以降にトイレトレーニングするにしても、親子とも無理なく続けられることを前提に考えてみてくださいね。

もし、2歳代の一般的なトイレトレーニングの方法について詳しく知りたい方は、コラムNo.125「トイレトレーニングはいつから始める?~始めるタイミングや注意点について紹介~」を参照くださいませ。

赤ちゃんの育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/15c360217430493181ff5c1e365bf64e/NO205-1.jpeg
赤ちゃんの育児

「赤ちゃんのいびき」について~その原因や医師の診察が必要な場合、対策について解説~

赤ちゃんの寝顔は天使のようにかわいいものですよね。育児で疲れている時でも、平和そうな赤ちゃんの寝顔を見ると気持ちが癒されて何とか乗り切れる、ということもあるかと思います。ところが、そんな赤ちゃんが意外と大きないびきをかいてびっくりすることがあると思います。「ぐごー」「しゅぴー」と大人顔負けの大きな音でいびきをかいて親が寝られなくなったり、赤ちゃん自身が自分のいびきの音に驚いて目をさましてしまったり、なんて先輩ママの思い出話を聞いたりするものです。笑い話で語られることも多い「赤ちゃんのいびき」ですが、あまりにひどいと「健康に何か問題があるのではないか?」と心配になる親御さんもいらっしゃると思います。こちらのコラムでは、この「赤ちゃんのいびき」について、いびきが始まる時期やその原因、注意したほうがよいケースや対応法などを説明していきます。こちらを読んでいただき、少しでも子育ての手助けになれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1933c3dd4e9c451f8670ff2b7a54f810/NO203-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

「手づかみ食べ」いつから始める?~成長への効果性や注意点について解説~

赤ちゃんが順調に成長してきて、そろそろ離乳食を始める時期かな?となると、調べるべきことがまたたくさん増えて大変な時期になりますよね。 離乳食の始め方や、ふさわしい食材、どれくらいの量を一回に与えるべきなのか…、など気になることがたくさんあるかと思います。その中の一つに「赤ちゃんに手づかみ食べをさせたほうがよい?」ということがあります。 赤ちゃんの「手づかみ食べ」ですが、決してお行儀が悪いなどということはなく、今後の成長や食育について大きな効果が期待できるものです。こちらのコラムでは、この赤ちゃんの「手づかみ食べ」について、いつから始めるべきか、またその効果性や注意点についてまとめています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f7a46e568ab46969e12c080a4c85ae9/NO202-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが寝る時の服装のおすすめは?~季節別や月齢別のおすすめや注意点を紹介~

赤ちゃんを育てている親御さんなら、赤ちゃんがちゃんと夜寝てくれるかはとても大事なテーマだと思います。夜ぐっすりと寝てくれれば赤ちゃんも健康になるし、お母さんとしても少しは楽な時間が作れる…、と願いますが、実際はなかなか寝付いてくれなかったり、寝てもすぐに起きてしまったりと、ほとんどのパパママにとっての悩みのタネだと思います。 こちらのコラムでは、赤ちゃんが快適に睡眠をとれるようにするための適切な服装や寝室の環境などについて解説していきます。どうしても寝てくれない日や、夜泣きをする日はあるものですが、なるべく快適な環境で子どもにぐっすり寝てもらえるように役立てば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/57b5f9f191244d4885bf30086d44fe93/NO201-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

「喃語(なんご)」は成長のサイン!~赤ちゃんの喃語の特徴と、0歳期の言葉の育て方について~

赤ちゃんが生後5~6ヶ月ごろになると、「ば・ば・ば」や「だ・だ・だ」など徐々にはっきりとした発音をするようになります。この時点ではまだ特段の意味を持たない状態なのですが、今「パパ」って言ったかな?「ママ」って言ったよね?など、親としてもつい嬉しくなる瞬間だと思います。 こちらのコラムでは、この生後6ヶ月ごろから見られる「喃語」について、「クーイング」との違いや、赤ちゃんが言葉を発するようになる過程、「喃語」を話す時期にお子さまの言葉を発達させるために親ができうることについて説明していきます。 
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68c8be1a5df1431eb6dddfb78b01167d/NO200-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの「黄昏泣き」とは?~その原因や症状、親ができうる対策法について解説~

「黄昏泣き(たそがれなき)」という言葉を知っていますでしょうか? 生後しばらく経った赤ちゃんに見られる、夕暮れ時になると急にぐずり出したり泣き出したりする状態を指します。赤ちゃんが生まれてから怒涛の日々のなかで、ようやく少し育児にも慣れてきたかなという時に、赤ちゃんがこの「黄昏泣き」になってどうしてよいかわからず疲労困ぱい、なんて話もよく聞きます。 こちらのコラムではこの「黄昏泣き」について、夜泣きとの違いやその原因、さらには親ができうる対処策について紹介していきます。少しでも赤ちゃんを育てていく助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fd90222c444344f3895ccaba638c4bee/img01%20(19).jpg
赤ちゃんの育児

0歳児との遊び方がわからない…具体的な遊び方や注意点をご紹介!

出産して赤ちゃんとの生活が始まると、「たくさん遊んであげたい!」と思う一方で、授乳やオムツ替え、寝かしつけなどで1日があっという間に過ぎていきます。「あまり赤ちゃんと遊んでないような気がする」「赤ちゃんの成長は大丈夫かな」と不安になってしまうママも多いです。とくに0歳児は泣いていることも多いので、機嫌の良いときにたくさん遊んであげるとよいでしょう。そこで、意思の疎通がまだまだこれからの0歳児と、どういう遊びをしたら良いのか悩んでいるママに向けて、具体的な遊び方や注意点をご紹介します。ママとの遊びは、0歳児の成長にとってとても大切な経験になります。ぜひ参考にして、日々の暮らしに取り入れてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0e6046204b664d83a09ca3f095b57608/img01%20(18).jpg
赤ちゃんの育児

おっぱいが出ない、子どもがおっぱいを飲まない…原因や対処法を紹介

出産したらすぐにおっぱいが出ると思っていたママも多いでしょう。しかし、思うようにおっぱいがでないケースもあり、個人差が大きいものです。またせっかくおっぱいが出ても子どもが飲まないこともあります。子どもにおっぱいをあげられないと不安になりますよね。今思うようにおっぱいが出なくてもできることがあります。子どもが思うようにおっぱいを飲まないときにもできることがあります。今回はそんな授乳の悩みについて、原因や対処法について解説いたします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/72fc8c550b1042f4a64eb0423c412046/img01.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの抱っこの仕方について~「縦抱き」「横抱き」の方法と注意点について解説!~

大変でもあり、幸せでもあった妊娠の期間が終わり、ついにわが子が生まれたとき、とても愛おしい瞬間だと思います。その泣き顔や寝顔を見て胸がいっぱいになりますよね。初めての赤ちゃんと一緒の生活が始まるにあたって、赤ちゃんってどうやって抱っこすればよいんだろう?と心配になるお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、赤ちゃんの抱っこの仕方の種類やその方法、注意点について解説していきます。まずはこちらを読んで、お子さまとの生活を始める準備をしてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9b2e592601ae4746888a63a1e54d0882/img01%20(16).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない②~母乳育児のコツを学ぼう~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。ですが、この「つらい」の原因になっている感情は、実は本当は悩む必要のないことで悩んでしまっていることが多いのです。前回のコラムNo.113「母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~」では、母乳育児のメリットや正しい知識についてまとめています。今回は、主に母乳育児をしていくなかで出てくるお悩みについて、その対処法やコツをまとめています。あわせて参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8537da0513204636a835e5a9c761b5dc/img01%20(15).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。ですが、この「つらい」の原因になっている感情は、実は本当は悩む必要のないことで悩んでしまっていることが多いのです。こちらのコラムでは、母乳育児についての正しい知識やメリットをまとめています。特にはじめての授乳だと慣れないことも多いものですが、必要以上に「つらい」と感じず母乳育児が進められる手助けになれれば、と思います。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。