「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

No.199更新日付:2024年2月5日

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。

 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。

 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。

この記事でわかること

  • 「メンタルリープ」とは
  • 「メンタルリープ」が起こる時期
  • 「メンタルリープ」が起こるときの弊害
  • 「メンタルリープ」に際して親ができること

「メンタルリープ」とはそもそも何か?

「メンタルリープ」とは、先述しましたように産まれたばかりの赤ちゃんがあるタイミングで急速に脳が発達することを指します

 「メンタルリープ」という言葉は、1992年にオランダで出版された「ワンダーウィーク」という育児書に掲載されたもので、一般的には心理学や教育学の文脈で使われることがありますが、正確な専門用語として確立されているわけではありません。

 しかし、近年では今回ご紹介する赤ちゃんの発達段階としての「メンタルリープ」に加えて、大人も含めて学習が急速に進歩するタイミングのことを指す言葉として使われることもあります。

脳が急速に発達して、学習が進歩するタイミング♪それはどんな時なのか是非知りたいね!

赤ちゃんの「メンタルリープ」が起こる時期は?

赤ちゃんの場合、メンタルリープが特定の時期に発生するとする考え方もありますが、個人差も大きく、個々の子どもの成長に影響を与える様々な要因が存在するため、確定した時期としては断定できない部分があります。しかし、一般的に赤ちゃんの発達において、10度のメンタルリープが起こるとされます。

①生後5週間ごろ=「五感のリープ」

最初のリープは、生後5週間ごろ起こるといわれています。「五感のリープ」とも呼ばれ、生後まもなくはまだ曖昧だった五感の感覚が研ぎ澄まされだします。周りのものに敏感になり、よく笑ったり逆に好き嫌いができてきたり、など新しい反応が見られるようになります。

②生後8週間ごろ=「パターンのリープ」

二度目のリープは「パターンのリープ」とも呼ばれ、物事に規則性や物の構造にパターンがあることを理解する時期といわれています。

生まれてから今までに何度も感じたことや物事の形や、自分の身体の動かし方の規則性を理解し、特に身体を自ら積極的に動かしだします。そのため、身体面でも目に見えた成長を感じられる時期です。

③生後12週間ごろ=「推移のリープ」

三度目のリープは「推移のリープ」と呼ばれます。より一層五感が成長し、これまで「点」として認識していた事象を、「線」として認識するようになるといわれ、音の移り変わりや周りの大人の行動に興味を示すようになります。

④生後19週間ごろ=「出来事のリープ」

四回目のリープは生後4~5ヶ月である19週間ごろに起き、「出来事のリープ」と呼ばれます。物事に複雑な変化があることを一連の出来事として認識できるようになります。

具体的には投げたボールが飛んでいくなど、一連の動きを興味深く観察したりするようになります。また、過去の出来事や経験を目の前の新たな出来事に照らし合わせて考えるなど、徐々に大人の持つような意識が芽生えてくるのもこの頃です。

⑤生後26週間ごろ=「関係のリープ」

生後26週間経つころにはさらに複雑な物事の関係性を理解できるようになります。五度目のリープは「関係のリープ」と呼ばれ、人とモノの位置関係や自身との距離感を理解できるようになってきます。

距離感が理解できるのでさらに好奇心旺盛になり、ハイハイで色々動き回ったり、ママとの距離感を感じると後追いをしたりと、親としても大きな成長を感じる時期です。

⑥生後37週間ごろ=「分類のリープ」

六度目のリープは「分類のリープ」と呼ばれます。この時期になると、赤ちゃんは物事をカテゴリー分けして考えることができるようになります。たとえば、りんごとみかんは同じフルーツというカテゴリーに属するということが理解できるようになり、同じカテゴリーのなかでの違いを確かめようとくり返し何かを見たりにおいをかいだりと、新たな行動が見られるようになります。

⑦生後46週間ごろ=「順序のリープ」

七度目のリープは「順序のリープ」と呼ばれ、この時期に子どもは物事には順序があるということを認識できるようになります。

積み木のおもちゃを積んでは壊す、スコップで砂を掘って山を作るなど、目標に対して順序が必要な遊びを好むようになる時期です。

⑧生後55週間ごろ=「工程のリープ」

八度目のリープは生後1年をすぎて1歳2ヶ月に差しかかる頃にやってくるといわれています。「工程のリープ」といわれ、これまでよりもさらに複雑な手順や工程を理解するようになります。

具体的には後片付けが上手になってきたり、色々な手順を知るために自分でなんでもやりたがるなどの行動が表れてきます。

⑨生後64週間ごろ=「原則のリープ」

九度目のリープは「原則のリープ」と呼ばれます。文字通り原則=ルールや物事のつながりを理解できるようになり、原則やルールを試すためのいたずらなどの行動も見られ始めます。

⑩生後75週間ごろ=「体系のリープ」

「体系のリープ」と呼ばれる10度目のリープでは、より体系的に物事を把握して、新しい環境や場所でも応用が利くようになってきます。公私の違いや、場所によってルールが変わることなどを把握できるようになり、内弁慶になったりなどの態度もこの時期に現れます。

成長の過程で新しいことができるようになる時期なんだね♪

「メンタルリープ」が起こるときの弊害はある?

これまでご説明してきたように、赤ちゃんのメンタルリープは成長の証であり望ましいものなのですが、この「メンタルリープ」という言葉がひんぱんに使われるようになった要因の一つに、このリープが起こる時期に赤ちゃんがよくぐずったり不機嫌になることがあるからです。

 ここではメンタルリープが起こる際に見られる可能性がある弊害や課題についていくつか見ていきましょう。

不安やストレス状態になる

急激な変化が赤ちゃんにとってストレスや不安を引き起こすことがあります。新しい刺激や経験に対する不安が表れ、それが一時的に不安定な状態をもたらします。ぐずったり不機嫌になるのもこのためです。

睡眠時間の変化

メンタルリープが進む中で、赤ちゃんの睡眠パターンに変化が現れることがあります。昼寝をしたがらなかったり、夜泣きをするようになったりします。とはいえ、睡眠への影響は一時的なものなので、大きな心配はいりません。

一時的な発達の後退

メンタルリープが進む中で、一時的に以前の行動や発達段階に逆戻りしたように見えることがあります。しかし、これは新しい能力を確立するための一時的なものであり、じきに元の状態に戻っていきます。

「メンタルリープ」に際して親ができることは何か?

このように子どもの成長の過程であるメンタルリープに際して、親がするべきことや守るべき心構えはどんなことでしょうか? 基本的には親が子どもの成長過程を理解し、優しく見守ってあげることになります。

子どもの成長を理解し、見守る

赤ちゃんがメンタルリープを経験している際は、新しい認知能力を身につけようとしている時期です。時にこれまでになかった突飛に見える行動をして、親としては心配したりイライラする時もあるかもしれませんが、理解と忍耐をもって赤ちゃんのペースに合わせて接することが大切です。

安心感を与える

赤ちゃんはメンタルリープの時期は、新しい物事や概念の認識に触れて不安に感じることが多いものです。親が日々の生活のなかで子どもに安心感を与えて、安定した環境を作ることが重要です。抱っこをしてあげたり愛情を注ぎながら、赤ちゃんが安心して新しい経験をすることを助けてあげましょう。

毎日の生活のルーティーンを維持する

赤ちゃんは規則的な生活に安心感を覚えることがあります。メンタルリープの際も、可能な限り規則正しい日課を維持することがよいです。例えば、食事や睡眠の時間を一定にするなどが挙げられます。

適切な刺激も与える

赤ちゃんが新しい経験や理解を身につけるためには、適切な刺激が必要なものです。絵本を読んだり、音楽を聴かせたり、安全なおもちゃで遊ばせるなど、子どもの成長段階に合わせた適度な刺激も同時に与えることも大切です。

優しく見守り、寄り添ってあげることが大事なんだね♪

「メンタルリープ」は大切な成長の時期、よく理解して優しく見守ろう

いかがでしたでしょうか?

 「メンタルリープ」の時期は、子どもにとって大切な成長の時期です。親としては大体どの時期にどんな兆候があるかをあらかじめ理解しておいて、子どもの成長を優しく支えてあげられるようにしましょう。

「発達段階」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7a263159b7ff47acb598849202327297/img01.jpg
その他

子どもの「赤ちゃん返り」~どんな時に起こる?対処法は?詳しく解説します~

第二子が生まれると、上の子どもが突然赤ちゃんのころに戻ったかのようにふるまいだす「赤ちゃん返り」。上の子だって構ってほしいのは理解しつつも、二人めが生まれて毎日忙しいさなかに「赤ちゃん返り」されて大変…、という話はよく聞きますよね。こちらのコラムでは、この「赤ちゃん返り」について、いつ・なぜ起こるのか?と具体的な対処方法についてご説明していきます。これから二人めのお子さまを考えている方もぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f4e36c96818a43c0b760b0a9092cf391/img01%20(1).jpg
その他

子ども時代に通る成長のステージと、親のかかわり方について

子どもを持つすべての両親が、子どもの成長の道筋と、その時々でどのように子どもと接していければよいのだろう、という心配を持っていると思います。いつまで子どもに手取り足取り教えてあげるべきなんだろう? 子どものいうことはどのくらい尊重してあげたらよいのだろう? 反抗期を迎えた時はどのように接するべきなんだろう?と、我が子の将来を思って考えをはせる時もあると思います。こちらのコラムでは、幼少期から子どもの通る成長のステージごとに、自主性をどの程度尊重して成長を促していくべきかについて簡潔にまとめています。まだ小さい子どもをもつパパ・ママも、将来のためにぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5a657d9fad9748688d16d5fdd6fd3386/img01%20(1).jpg
1歳~3歳の育児

3歳児の理解力の目安は?子どもとのコミュニケーションの重要性

子どもの成長の中でも特に気になるのが理解力です。基準は一概には決められないため、3歳児の理解力をチェックする際は目安を参考にするのがおすすめです。さっそく3歳児の理解力の目安を詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e13afc6c4f546608296ef399e9c33b5/img01%20(2).jpg
赤ちゃんの育児

新生児の育て方は?~健やかでのびのびと育てるために~

一般的に新生児の視力はぼんやりとしていて、色の識別もまだ不十分な状態です。ママはそういった赤ちゃんの特性を日々観察しながら、おむつの取替え方などを学んでいきます。新生児をお世話するということは、母乳を与えたり寝かしつけたりと始終一緒に過ごすということです。ママは初めての子育てですから、適宜息抜きをすることも大切です。また、頻繁な外出を控え、新生児が落ち着ける環境づくりも必要です。赤ちゃんが健やかに伸び伸びと育っていけるよう、スキンシップをしながら周囲も細やかな気配りをしてあげましょう。今回のコラムでは、新生児の特徴や育て方について解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c81103499c9e46c69b3b877406ece50c/img01%20(1).jpg
1歳~3歳の育児

小児の発達段階とは?各段階に応じた子どもの特徴・人との関わり方を紹介

親ならば、他の子どもと比べて、「うちの子は発達が遅いかも……」と不安になることは少なからずあるでしょう。個人差はあるものの、発達段階に合わせた対応ができていれば、子どもは自然と成長するものです。ただし、発達段階の課題を乗り越えられないと、健全な発達に支障をきたす可能性もあります。そこで今回は、幼児や小児の発達段階の基本を説明し、各段階に応じた特徴と関わり方を解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ba92afe75f546f19cbecc1256e83b56/img01%20(5).jpg
1歳~3歳の育児

3歳児のできることってどんなこと?成長の目安や発達状態を解説

3歳児は成長が顕著で、何ができるのか分かりにくいのが特徴です。今回は3歳児がどれくらい成長するのかに加え、3歳になってから4歳を迎えるまでにできるようになる動作を詳しく解説していきます。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/43045a81e4ea492187c0ed55686e78ac/%E6%8C%87%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AB%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.jpg
その他

指しゃぶりはいつまでにやめさせるべき?原因から歯並びへの影響、やめさせ方まで解説

子供の指しゃぶりは、親にとってよくある悩みの一つです。この記事では、指しゃぶりの原因から歯並びへの影響、やめさせる方法までを分かりやすく解説します。いつから始まり、いつまで続くのか、そしてどのようにしてやめさせるべきかについて、詳しくお伝えします。この記事を読んで、指しゃぶりへの対処法を学び、お子さんの成長を上手にサポートしていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5f019f1d12284dc9851f89ebd7b3f578/3%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%80%81%E7%94%A3%E3%82%80%EF%BC%9F%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
その他

「3人目、産む?諦める?」平均年齢からメリットデメリット、経済面まで!悩む方への徹底ガイド

3人目の子供を迎えるかどうか、悩んでいませんか?この記事では、3人目の子供を持つ際の平均年齢、メリット、デメリット、そして3人目を迎えた家庭のリアルな声まで、幅広くご紹介します。この記事を読んで、3人目の子供を産むべきかどうか、悩んでいる方はご自身で決める際のヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ba88ac9d4c06417b82022f134deb8223/img01.jpg
その他

子どもの金銭感覚の育て方~幼少期からお金の勉強をする方法とメリットについて解説

昨今の世間を賑わせるお金の絡んだニュースを見て、うちの子どもにはきちんとした金銭感覚を養わせないといけない、と感じている親御さんも多いと思います。お金はよりよい人生を送るためにとても大切な道具の一つでありますが、いっぽうでお金に飲まれてしまったり、お金だけを大切にして道を誤ってしまったり、といった話は枚挙にいとまがありません。とはいえ、いつからどのように子どもにお金について教えてあげればよいのだろう?と困っている方も多いと思います。このコラムでは子どもへの金銭価格、お金の教え方について、始めるべき時期や具体的方法について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5347c52eaaee41e9af8f94813f3e6adf/img01.jpg
その他

子どもの幼児期からペットを飼うことのメリットと注意点について

幼児期の子どもを持つお母さん、お父さんには、子どものためにペットを飼ってあげたい、と考えている方も少なくないと思います。子どもにとってペットを育てて生活を共にする経験は大きなものです。住宅環境によって制限はあるものの、どんなペットを飼うべきは迷いますよね。こちらのコラムでは、子どもが何歳くらいになったらペットを飼うのが適切か?ペットを飼うことにはどんなメリットがあるのか? ペットと子どもを一緒に育てる事にどんな注意点があるのか?などを解説していきます。ペット選びの前に参考にしていただけますと幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7a263159b7ff47acb598849202327297/img01.jpg
その他

子どもの「赤ちゃん返り」~どんな時に起こる?対処法は?詳しく解説します~

第二子が生まれると、上の子どもが突然赤ちゃんのころに戻ったかのようにふるまいだす「赤ちゃん返り」。上の子だって構ってほしいのは理解しつつも、二人めが生まれて毎日忙しいさなかに「赤ちゃん返り」されて大変…、という話はよく聞きますよね。こちらのコラムでは、この「赤ちゃん返り」について、いつ・なぜ起こるのか?と具体的な対処方法についてご説明していきます。これから二人めのお子さまを考えている方もぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1cf2359aa76d45aea3c2911d77651694/img01.jpg
その他

「STEM教育」とは? 意味や定義、日本の実践状況や家庭での取り組み方をご紹介!

近年、教育関係の本や記事を読んでいると、「STEM教育」というワードがよく目につくようになりました。国語・算数・理科・社会ができていればよかった昔とは変わって、IT・コンピュータや早期の英語教育、国際的に通用する表現力・思考力など将来必要とされる能力や技能も増えてきて、ママパパとしては可愛い我が子に何を教えてあげればよいのだろう?、と迷ってしまう方も多いと思います。こちらのコラムでは、注目のキーワードとなっている「STEM教育」について、その意味や日本での「STEM教育」の実施状況、子どもに「STEM教育」を受けさせるにはどうすればよいかを解説しています。参考になれば幸いです。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。