指しゃぶりはいつまでにやめさせるべき?原因から歯並びへの影響、やめさせ方まで解説

No.214更新日付:2024年4月10日

子供の指しゃぶりは、親にとってよくある悩みの一つです。この記事では、指しゃぶりの原因から歯並びへの影響、やめさせる方法までを分かりやすく解説します。いつから始まり、いつまで続くのか、そしてどのようにしてやめさせるべきかについて、詳しくお伝えします。この記事を読んで、指しゃぶりへの対処法を学び、お子さんの成長を上手にサポートしていきましょう!

指しゃぶりはいつから始まり、いつまで続くのか

指しゃぶりは赤ちゃんのときから始まり、大体の子供が自然にやめる行動です。ここでは、なぜ子供が指しゃぶりを始めるのか、いつまで続くのが一般的なのか、そして指しゃぶりをする子に見られる特徴や心理について、見ていきましょう。

指しゃぶりを始める原因と理由とは?

赤ちゃんが指をしゃぶるのは、自然に見られるよくある行動です。生後2ヶ月から4ヶ月くらいになると、自分の手に興味を持ち始めて、指を口に持っていくようになります。これは、お腹が空いたときや安心したいとき、さらには退屈やストレスを感じているときに、自分で自分を落ち着かせるための行動です。赤ちゃんが物を口に持っていくのは、周りの世界について学ぶための大切な一歩であり、これによって、赤ちゃんは目と手をうまく使って動かす方法を覚えます。

つまり、指しゃぶりは、赤ちゃんや子供が感じているさまざまな気持ちの表れであり、子供にとっては非常に自然な行動です。赤ちゃんが安心感を得るための一つの方法として、発達の過程で自然に現れる現象であることを覚えておきましょう。

指しゃぶりはいつまで続く?

多くの子供は2歳から4歳くらいになると、自然と指しゃぶりをやめます。しかし、5歳を過ぎても続いている場合は、歯の成長に悪影響を与えることがあるため注意が必要です。指しゃぶりが長く続くと、口の中の環境や歯の並びに影響を及ぼすことが知られています。


一般に、多くの子供は2歳から4歳の間に自然と指しゃぶりをやめます。この変化は、子供がつかまり立ちやつたい歩きを始めるころ、手を使って遊び始める時期と一致しており、両手を使う活動が増えることで自然と指しゃぶりが減少します。しかし、5歳を過ぎても指しゃぶりが続いている場合は、歯の成長や、社会的に良くない影響を与えることがあるため、注意が必要です。特に4歳を過ぎても続く指しゃぶりは、歯並びや噛み合わせに影響を及ぼす可能性があるため、気になる場合には小児科医や小児歯科医に相談するようにしましょう。ただし、子供が眠い時や退屈な時に指しゃぶりをするのは単なる習慣となっている可能性もあります。最終的にはほとんどの子供が自然にやめることを理解し、焦らずに見守ることが大切です。

指しゃぶりをする子の特徴と背後にある心理とは?

指しゃぶりは、多くの場合、赤ちゃんや子供の自然な発達過程の一部として現れます。特定の赤ちゃんや子供にだけ見られる特徴ではなく、発達のある段階で自然に起こりうる行動です。指しゃぶりをすること自体が、病気や発達上の障害を示すわけではありません。また、子供が指しゃぶりを続けているのは、育て方に問題があるからだ、と悩む必要もありません。まれに親の注意を引きたい時や、なにか心配事がある時に指しゃぶりという行動をするという場合もありますが、親や保護者が愛情を持ってサポートし、子供の不安を軽減することで、自然と指しゃぶりをする必要がなくなっていくでしょう。子供が新しいことや活動に興味を持つようになるにつれて、指しゃぶりの習慣も徐々に減少していくことが多いため、焦らず見守りましょう。

指しゃぶりが子供に与える影響

指しゃぶりは多くの子供にとって自然な行動ですが、長期間続くと子供の健康や発達にさまざまな影響を与える可能性があります。ここでは、特に歯並びと発音、そして社会的・心理的な側面におけるその影響について解説します。親として知っておくべき情報を分かりやすくご紹介し、子供の健全な成長をサポートするための理解を深めましょう。

歯並びと発音への影響

指しゃぶりが長期にわたって続くと、子供の歯並びに悪影響を及ぼすことがあります。特に、前歯が出る原因になることが知られています。前歯が常に前方に押し出されることで、噛み合わせに問題が生じたり、歯が正常な位置に成長しないことがあります。また、歯並びの問題は、発音にも影響を与える可能性があります。歯並びが原因で、特定の音(「さ」や「た」など)の発音がしにくくなる子もいます。例えば、お子さんが「さかな」を「たかな」と言ってしまうような場合です。早めに指しゃぶりをやめさせることで、このような問題を防ぐことができます。

社会的・心理的影響

指しゃぶりは、子供の社会的な交流にも影響を与えることがあります。学齢期になっても指しゃぶりが続いている場合、他の子供たちからのからかいの対象になることがあります。そうしたことがお子さんの自信喪失に繋がり、人と話すのが苦手になるかもしれません。また、指しゃぶりはストレスや不安を感じているサインであることもあるため、子供が指しゃぶりを続ける背景にある心理的な要因に注意を払うことが大切です。このような時には、お子さんにたくさん話しかけて、安心できる環境を作ってあげるようにしましょう。そうすることで、自然と指しゃぶりの回数が減っていくこともあります。

指しゃぶりはいつやめさせる?効果的なタイミングと方法

指しゃぶりは、多くの子供にとって自然な成長の過程で見られる行動です。しかし、この習慣が長引くと、歯並びや心理的な側面に影響を及ぼすことがあります。親が気になるのは、どのタイミングで子供に指しゃぶりをやめさせるべきか、そしてどのような方法が効果的なのかという点です。このセクションでは、指しゃぶりをやめさせる適切な時期と、そのためのステップについて詳しくご説明します。

指しゃぶりをやめさせるべきタイミング

指しゃぶりをやめさせる最適な時期は、子供が3歳から4歳になる頃です。この時期までには、多くの子供が自然に指しゃぶりをしなくなります。しかし、この習慣が5歳を超えて続いている場合は、歯並びに悪影響を及ぼす可能性が高まります。また、社会性が発達するこの時期に指しゃぶりが続いていると、他の子供たちからからかわれる原因になることもあります。そのため、子供が幼稚園に上がる前には、できるだけ指しゃぶりをやめる努力を始められるとよいでしょう。

やめさせ方のステップ

指しゃぶりをやめさせるためには、子供と一緒にコミュニケーションを取りながら、根気強く取り組むことが大切です。下記のステップを通じて、親子間のスキンシップを大切にし、すぐにうまく行かなくても焦らずに取り組むようにしましょう。


  1. 理解を深める:

最初に、子供がなぜ指をしゃぶるのかその理由を理解することが大切です。ストレスや不安が原因であれば、それらを和らげる方法を見つけることが大切です。


  1. 指しゃぶりの代わりとなる代替手段を探す

 指しゃぶりの代わりになる安心できる行動を見つけます。例えば、お気に入りのぬいぐるみを抱っこする、絵本を読むなど、安心感を得られる代替手段を提案しましょう。


  1. 少しの成功でも褒める

指をしゃぶらないでいられたときは、積極的に褒めてあげることが大切です。ステッカーやちょっとしたご褒美など、子供の小さな成功を一緒に喜ぶことで、子供も嫌がらず積極的に取り組めるようになるでしょう。


  1. 段階的に進める

 すぐにやめさせようとするとストレスが増えることがあるため、徐々に指しゃぶりの時間を減らしていくのが効果的です。例えば、「テレビを見ているときだけはOK」といったルールを設け、徐々に指しゃぶりをする時間や場面を限定していきます。


  1. サポートを続ける

子供が指しゃぶりをやめようとする過程では、親のサポートと理解が欠かせません。焦らず、子供が自信を持って新しい習慣を身につけられるように、温かく見守りましょう。

指しゃぶりを止めるための具体的な方法

指しゃぶりは多くの子供たちにとって、自然な行動です。しかし、この習慣が長く続くと、歯並びや心理的な側面に影響を及ぼすことがあります。そこで、指しゃぶりをやめさせるための具体的な方法をいくつかご紹介します。

①アクティブな遊びと運動を増やす

子供が活動的であればあるほど、指しゃぶりをする時間が減ります。遊びや運動は、子供の注意を引きつけ、エネルギーを発散させるのに役立ちます。公園での遊び、スポーツ、ダンスなど、子供が楽しめるアクティビティを一緒に楽しむことで、指しゃぶりの頻度を自然と減らすことができます。

②手をつなぐなどして、夜寝るときの安心感を与える

指しゃぶりは、子供が不安や緊張を感じているときに見られることもあります。寝る前に手をつなぐ、抱きしめる、ゆっくり話を聞くなど、安心感を与えることで、子供は指をしゃぶる必要がなくなります。親子の絆を深める良い機会にもなります。

③指しゃぶりの代わりになるものを用意する

指しゃぶりの代わりとなるものを用意することも一つの方法です。お気に入りのぬいぐるみや、安心できるブランケットなど、子供が安心感を求めるときに代わりになるアイテムを提供します。これにより、子供は徐々に指しゃぶりから離れることができます。

④子供に指しゃぶりが良くないことをきちんと伝える

年齢に応じて、指しゃぶりがなぜ良くないのかを優しく説明することが重要です。歯並びが悪くなることや、大きくなったらやめることが難しくなることなど、子供が理解できるように話しましょう。しかし、決して責めるような言い方は避け、ポジティブな言葉遣いを心がけてください。

⑤無理強いせず、少しでも頑張れたら褒める

指しゃぶりをやめることは、子供にとって大きな挑戦です。一度にやめようとするとストレスを感じることがあるため、少しずつ進めることが大切です。指しゃぶりをしないでいられた時は、大げさに褒めてあげましょう。子供が自信を持って挑戦を続けられるように、サポートし続けることが重要です。


これらの方法を試すことで、子供が指しゃぶりの習慣をやめるためのサポートをすることができます。親としては、根気よく、愛情を持って寄り添うことが何よりも大切です。

まとめ

この記事では、指しゃぶりを始める主な原因から、その習慣が子供の歯並びや心理に与える影響、さらには指しゃぶりをやめさせる効果的なタイミングと方法について解説しました。子供の指しゃぶりをやめさせる過程は、一朝一夕にはいかないかもしれません。しかし、愛情を持って、根気よくサポートを続けることで、子供はこの習慣を乗り越えることができるでしょう。この記事を通じて、指しゃぶりに関する理解を深め、子供が健康的な成長を遂げるための手助けをすることができれば幸いです。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4defe3467990434f9c72f46d38e8a3c5/2%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E3%81%8B%E6%82%A9%E3%82%80%E6%96%B9%E5%BF%85%E8%A6%8B%20(1).png
その他

2人目の子供を持つか悩む方必見!悩みの理由や一人っ子との違いも解説

多くの家庭で、2人目の子供を持つかどうかは大きな悩みの一つです。1人目の子育て経験を経て、2人目も欲しいけれど、再び新しい命を迎える準備ができているか、経済的、精神的な準備は整っているか、といった不安を感じる方も少なくありません。この記事では、2人目を持つことに悩む理由とその解消法に焦点を当てて、探っていきます。2人目の子供を持つか迷ったら、ぜひ悩み解決のヒントにしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5f019f1d12284dc9851f89ebd7b3f578/3%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%80%81%E7%94%A3%E3%82%80%EF%BC%9F%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
その他

「3人目、産む?諦める?」平均年齢からメリットデメリット、経済面まで!悩む方への徹底ガイド

3人目の子供を迎えるかどうか、悩んでいませんか?この記事では、3人目の子供を持つ際の平均年齢、メリット、デメリット、そして3人目を迎えた家庭のリアルな声まで、幅広くご紹介します。この記事を読んで、3人目の子供を産むべきかどうか、悩んでいる方はご自身で決める際のヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ba88ac9d4c06417b82022f134deb8223/img01.jpg
その他

子どもの金銭感覚の育て方~幼少期からお金の勉強をする方法とメリットについて解説

昨今の世間を賑わせるお金の絡んだニュースを見て、うちの子どもにはきちんとした金銭感覚を養わせないといけない、と感じている親御さんも多いと思います。お金はよりよい人生を送るためにとても大切な道具の一つでありますが、いっぽうでお金に飲まれてしまったり、お金だけを大切にして道を誤ってしまったり、といった話は枚挙にいとまがありません。とはいえ、いつからどのように子どもにお金について教えてあげればよいのだろう?と困っている方も多いと思います。このコラムでは子どもへの金銭価格、お金の教え方について、始めるべき時期や具体的方法について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5347c52eaaee41e9af8f94813f3e6adf/img01.jpg
その他

子どもの幼児期からペットを飼うことのメリットと注意点について

幼児期の子どもを持つお母さん、お父さんには、子どものためにペットを飼ってあげたい、と考えている方も少なくないと思います。子どもにとってペットを育てて生活を共にする経験は大きなものです。住宅環境によって制限はあるものの、どんなペットを飼うべきは迷いますよね。こちらのコラムでは、子どもが何歳くらいになったらペットを飼うのが適切か?ペットを飼うことにはどんなメリットがあるのか? ペットと子どもを一緒に育てる事にどんな注意点があるのか?などを解説していきます。ペット選びの前に参考にしていただけますと幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7a263159b7ff47acb598849202327297/img01.jpg
その他

子どもの「赤ちゃん返り」~どんな時に起こる?対処法は?詳しく解説します~

第二子が生まれると、上の子どもが突然赤ちゃんのころに戻ったかのようにふるまいだす「赤ちゃん返り」。上の子だって構ってほしいのは理解しつつも、二人目が生まれて毎日忙しいさなかに「赤ちゃん返り」されて大変…、という話はよく聞きますよね。こちらのコラムでは、この「赤ちゃん返り」について、いつ・なぜ起こるのか?と具体的な対処方法についてご説明していきます。これから二人目のお子さまを考えている方もぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。