自閉症の赤ちゃんの特徴とは?早期発見のための視線の動きと育児のヒント

No.248更新日付:2024年7月16日

自閉症の赤ちゃんを育てている、もしくはその可能性を感じている親や育児関係者にとって、早期発見と適切なサポートはとても大切です。自閉症は早期に発見することで、必要な支援や療育を受ける機会が増え、その子どもの発達を最大限にサポートすることができます。

この記事では、自閉症の赤ちゃんに見られる特徴や早期発見のためのポイント、療育や具体的なサポートの方法についても解説します。ぜひ最後まで読んでその子にとって最適な育児方法を見つけてください。

この記事でわかること

  • 自閉症の赤ちゃんの特徴
  • 自閉症の考えられる原因
  • 自閉症の兆候
  • 自閉症の子のサポートと療育

自閉症の赤ちゃんの特徴と早期発見の重要性

自閉症を早期に発見することは、その子どもの将来に大きな影響を与えます。特に、自閉症の兆候を早い段階で理解し、適切にサポートすることで、発達の遅れを最小限に抑えることができます。

ここでは、自閉症の赤ちゃんに見られる特徴と、自閉症の早期発見がなぜ重要なのかについて詳しく解説します。

自閉症の特徴とは?

自閉症の赤ちゃんには、いくつかの共通した特徴があります。例えば、視線を合わせることが少なかったり、表情が乏しかったりします。また、特定の物事に対して過剰に興味を示す一方で他のことには全く関心を示さないこともあります。これらの行動は、定型発達の赤ちゃんと比較して明らかに異なる場合があります。

その他にも、自閉症の赤ちゃんは繰り返し同じ動作を行うことが多く、例えば手をひらひらさせる、同じ音を繰り返す、特定の遊び方に固執するなどの行動が見られます。また、感覚過敏や鈍感さも特徴の一つで、音や光、触覚に対する反応が他の赤ちゃんと異なることがあります。

自閉症の考えられる原因

自閉症の原因は完全には解明されていませんが、いくつかの要因が考えられています。遺伝的要因が大きな影響を与えているとされ、多くの研究が進められています。また、妊娠中の母親の健康状態や環境要因も関係している可能性があります。

具体的には家族に自閉症の人がいる場合、その子どもも自閉症であるリスクが高くなることが知られています。また、妊娠中の母親が感染症にかかったり、特定の薬物を摂取した場合もリスクが高まることがあるとされています。しかし、これらの要因がどのように作用して自閉症を引き起こすのかについては、まだ多くの謎が残っています。

早期発見がなぜ大切なのか

自閉症の早期発見は非常に重要です。早期に自閉症の兆候を見つけることで、必要なサポートや療育を早い段階から始めることができます。療育は子どもの発達を促し、将来的な生活の質を向上させることができます。

早期発見のためには、親が赤ちゃんの行動や発達を注意深く観察することが大切です。特に、視線の動きや表情、音や光に対する反応など、日常の些細な変化に注目してください。自閉症の可能性を感じたらすぐに専門家に相談し、適切な診断とサポートを受けることが大切です。

赤ちゃんの自閉症のサインを見逃さないために

では、赤ちゃんの段階で自閉症のサインを見つけることは出来るのでしょうか。ここでは、赤ちゃんの自閉症のサインを見逃さないためのポイントを解説します。

視線の動きでわかる自閉症のサイン

自閉症の赤ちゃんは視線の動きに下記のような特徴が見られることがあります。

  • 目を合わせることが少ない
  • 視線が定まらず動きが少ない
  • 特定の物に対して異常なほど視線を固定する

視線を通じたコミュニケーションは赤ちゃんの発達において非常に重要です。自閉症の赤ちゃんの場合、視線を通じたコミュニケーションが乏しいことが多く、これが早期発見の手がかりになります。赤ちゃんが視線を合わせず、親の顔や動きにあまり興味を示さない場合は専門家に相談することをおすすめします。

自閉症の赤ちゃんはよく寝る?

自閉症の赤ちゃんは、定型発達の赤ちゃんと比べて睡眠に関する問題を抱えることが多いです。例えば寝付きが悪かったり、夜中に何度も起きたりすることがあります。これらの睡眠の問題は、親にとっても大きなストレスとなりやすいため、適切な対応が必要です。

また、自閉症の赤ちゃんは日中も過剰に眠ることがあるため、これが他の行動と相まって自閉症のサインと見なされることがあります。親としては、赤ちゃんの睡眠パターンに注意を払い、異常と感じたら専門医に相談するようにしてください。

他の行動から見える自閉症の兆候

自閉症の赤ちゃんは、他の行動にも特徴的な兆候が現れることがあります。具体的には下記の通りです。

  • 特定の動作を繰り返す(手をひらひらさせる、体を揺らす)
  • 音や光に対する過剰な反応または鈍感さ
  • 特定の物や遊びに異常な執着
  • 他の物事に全く興味を示さない
  • 他の人との関わりを避ける傾向

保護者は赤ちゃんの行動に注意を払い、気になる様子が見られた場合には専門家に相談するようにしましょう。

少しでも気になることがある場合は専門家の意見を仰ぐことが一番です。ご自身で感じることを相談できる専門家を探してみましょう!

自閉症の子とのコミュニケーションと育児のポイント

自閉症の子どもは、定型発達の子どもと異なるコミュニケーションスタイルや行動パターンを持っています。そのため、親や育児関係者はこれらの違いを理解し、適切な方法で接することが大切です。ここでは、自閉症の子どもとの効果的なコミュニケーション方法や安心できる環境作りの工夫について詳しく解説します。

効果的なコミュニケーション方法

自閉症の子どもとのコミュニケーションには、特別な工夫が必要です。具体的には、下記の方法が効果的です。

  • 視線を合わせることが難しい場合でも、顔の表情や声のトーンを工夫する
  • 絵カードや写真を使って視覚的なサポートを行う
  • 短く明確な言葉を使いゆっくりと話す
  • 複雑な指示や長い文章は避けシンプルな表現を心がける
  • 繰り返しのリズムやパターンを取り入れる

安心できる環境作りの工夫

自閉症の子どもにとって、安心できる環境を整えることはとても大切です。具体的には、下記のような方法が有効です。

  • 日常生活のルーティンを確立し、一貫性を持たせる
  • 視覚的にスケジュールを示す
  • 静かで落ち着いた場所を確保し過度な刺激を避ける
  • 感覚過敏がある場合は、音や光、触覚の刺激を最小限に抑える
  • 子どもの好きな物や活動を取り入れ、リラックスできる時間を設ける

このような方法を取り入れることで、自閉症の子どもとのコミュニケーションが円滑になる可能性があります。子供に合ったサポート方法を見つけ、子どもの成長を支援していきましょう。

自閉症のサポートと療育

自閉症の赤ちゃんや子どもに対する適切なサポートと療育は、その成長と発達に大きな影響を与えます。自閉症の特性を理解し、それに基づいた支援を行うことで、子どもが最大限に能力を発揮できるようになります。ここでは、自閉症の子どもに対する具体的な療育方法やそのメリット、そして療育を受けるための手続きについて詳しく解説します。

療育の具体的な方法

療育とは、自閉症の子どもの発達を支援するための特別な教育や訓練のことです。具体的な方法としては、以下のようなものがあります。

ABA療法(応用行動分析)

ABA療法は、自閉症の子どもの行動を観察し、特定の行動を強化することで望ましい行動を増やす方法です。例えば、子どもが自分の名前を呼ばれたときに反応した場合、その行動を褒めることで反応を強化します。

TEACCHプログラム

TEACCHプログラムは、視覚的な情報を多用して子どもが環境を理解しやすくする方法です。スケジュールを絵カードで示したり、作業をステップごとに視覚化することで子どもが自分で行動できるようにサポートします。

言語療法

言語療法では、コミュニケーション能力を向上させるための訓練を行います。言葉がうまく使えない場合でも、ジェスチャーやピクチャーカードを使って意思疎通を図る方法を学びます。

感覚統合療法

感覚統合療法は、感覚刺激に対する反応を改善するための療法です。特定の音や光に対する過敏さを和らげたり、触覚やバランス感覚を高める訓練を行います。

療育のメリット

療育には、さまざまなメリットがあります。まず、子どもの発達を促進することができ、社会的スキルやコミュニケーション能力が向上します。また、日常生活での自立をサポートすることができるため、将来的な生活の質を高めることができます。さらに、親や育児関係者も療育を通じて子どもの特性を理解し、適切な対応方法を学ぶことができます。

療育を受けるための手続き

療育を受けるためには、まず専門医の診断が必要です。診断を受けた後自治体や療育センターに相談し、適切な療育プログラムを紹介してもらいます。多くの場合療育は専門の施設や支援団体で行われますが、自宅での療育も可能です。

また、療育には費用がかかることがありますが、自治体の支援や保険制度を利用することで負担を軽減することができます。具体的な手続きや支援制度については、地域の保健センターや療育支援センターに問い合わせてみてください。

自閉症の子どもに対する療育は、子どもの成長を支え、家族全体の生活を豊かにするために非常に重要です。早期に療育を開始し、継続的にサポートを受けることで、子どもの可能性を最大限に引き出すことができます。

まとめ

この記事では、自閉症の赤ちゃんの特徴や早期発見の重要性について詳しく解説しました。また、自閉症の子どもとのコミュニケーション方法や安心できる環境作りの工夫、療育についても紹介しました。

自閉症の赤ちゃんに対する理解を深め、適切なサポートを行うことで、子どもの成長を見守りながら親子ともに充実した生活を送ることができるでしょう。小さな一歩一歩が大きな成長につながります。あなたの愛情と努力が、お子さんの未来をより明るくする力になることを願っています。

#ベビーパーク #キッズアカデミー #TOEZアカデミー #幼児教室 #親子教室 #幼児教育 #知育 #知能教育 #英語育児

「子どもの健康」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e632e9d5fda64b5880bd4ca260067361/toddler-pacifier.jpg
子どもの健康

おしゃぶりは平均いつまで使う?使い続けるリスクとやめるための8ステップ

子どもが安心して眠るために使用しているおしゃぶりですが、いつまで使うべきか、また使い続けることでどのようなリスクがあるのか、悩んでいる親御さんは多いでしょう。この記事では、おしゃぶりを使用する月齢の平均と目安、使用し続けることによるリスクについて詳しく解説します。そして、おしゃぶりをやめさせるための8つのステップも紹介します。この記事を通じて、おしゃぶりの使用についての不安や疑問を解消し、おしゃぶりをやめさせるための知識と方法を得ることができます。お子さんの健康と成長をサポートし、安心しておしゃぶりを卒業できるよう、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ca9e7381edfb49e4b681a3676ca4eb27/baby%E2%80%90laundry.jpg
子どもの健康

赤ちゃんの洗濯物はいつまで別にする?正しい洗濯方法と洗剤・柔軟剤の使い方

赤ちゃんの衣類の洗い方について、普段通りの洗濯方法でいいのか迷ったことはありませんか?赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、少しの刺激でもトラブルが起きやすいもの。そのため、赤ちゃんの衣類の洗濯方法には注意すべきポイントがあります。この記事では、赤ちゃんの洗濯物を他の家族の洗濯物と一緒に洗うべきか、別にするべきかについての疑問に答えます。また、洗剤や柔軟剤の選び方、赤ちゃん特有の汚れの落とし方、そして肌トラブルを防ぐための洗濯のコツについても詳しく解説します。正しい知識を身に付けて、大切な赤ちゃんの肌を守りましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/212b7e99b6be4425a54688d576a2fe5f/baby-massage.jpg
子どもの健康

ベビーマッサージで発達をサポートしよう!効果や時期・やり方や注意点を解説

ベビーマッサージという言葉、聞いたことがありますか?ベビーマッサージは、親子の深い絆を育むだけでなく、赤ちゃんの健康と発達に良いとされています。この記事では、ベビーマッサージの具体的な効果や最適なタイミング、基本的なやり方、そして注意点について詳しく解説します。初心者の方でも安心して始められる内容ですので、ベビーマッサージに興味がある方や具体的な方法を知りたい方は、ぜひご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d4af2bc80eb347bba890a6bc3f2631da/star-teeth%E2%80%90hardening.jpg
子どもの健康

歯固めはいつからいつまで使う?歯並びへの影響やおしゃぶりとの違い・選び方も解説

赤ちゃんの成長に伴い、小さな歯が生えてくるのは多くの親にとって喜ばしい瞬間です。しかし、赤ちゃんの歯に関するアイテムの一つ「歯固め」は、いつから何のために使うのか疑問に思ったことはありませんか?この記事では、歯固めの基本的な役割から効果、安全な使い方までを詳しく解説します。歯固めに関する疑問を解消し、赤ちゃんのお口の健康を守るためぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f47eca0d70944162a7ea3133ecddffaa/baby%20brushing%20teeth.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?ガーゼや歯ブラシの使用方法や嫌がる時の解決策まで徹底解説!

親にとって、赤ちゃんの健康は何よりも大切です。赤ちゃんに初めて小さな乳歯が生えてきたとき、その成長を喜ぶと共に、歯磨きについての疑問も出てくるのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんの歯磨きをいつから始めれば良いのか、そしてどのようにして進めれば良いのか、分かりやすく説明します。使用するべきツールや、赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合の対処法についてもご紹介。赤ちゃんの歯磨きに関してよくある疑問を解消し、健康な歯を育む第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2291b6ac9899493289c1c9758c9aa3af/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%97%E6%8C%87%E6%95%B0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E8%82%A5%E6%BA%80%E3%81%AE%E5%88%A4%E6%96%AD%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%83%BB%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%A5%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%80%A4%E3%80%81%E8%82%A5%E6%BA%80%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%A7%A3%E8%AA%AC%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

カウプ指数とは?赤ちゃんの肥満の判断基準・年齢別標準値、肥満予防について解説

健康な体を維持するためには、適切な体重管理が大切です。特に成長期にある赤ちゃんにとって、体重と身長のバランスを見ることは重要な健康管理方法の一つとなります。この記事では、赤ちゃんの健康状態を把握するための重要な指標であるカウプ指数について詳しく解説します。カウプ指数を理解することで、赤ちゃんの健康管理に役立てていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bd7fa0f925b242eb977655d9720be0b3/img01%20(5).jpg
その他

「低身長症」って本当ですか?~情報に振り回されすぎない判断を~

「低身長症」という言葉を最近よく目にするようになりました。我が子の伸長が健全に伸びてほしいというのは、すべての親に共通する自然な願いだと思います。現在「低身長」とされた子どもに対して成長ホルモンによる治療がおこなわれています。しかし、世間では過剰に「低身長」を心配するあまりに、本当に治療が必要な状況ではない子どもにも、副作用に関するデータが十分とはいいがたい薬を投与しているケースも見受けられます。こちらのコラムでは、「低身長症」にまつわる現状と客観的な事実について掲載しています。過度に心配しすぎず、落ち着いて両親で考えてみる手助けになれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fd299927b2de49298326a919e85a1518/img01.jpg
その他

気になる子どもの「指しゃぶり」~やめさせるタイミングと注意点について解説~

生後数ヶ月たった頃から見られ始める「指しゃぶり」。指しゃぶりしながら寝ている赤ちゃんの姿はかわいく、ついそのうち直るだろうと思いつつ見とれてしまったりするものですね。いっぽうで子どもの歯並びや言語の発達に影響すると聞き、心配になるお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、子どもの「指しゃぶり」について、いつから始まるのか、どのような影響が子どもにあるのか、やめさせる際の注意点ややめさせるべき時期など詳細に解説しています。子どもの「指しゃぶり」について気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f42c6aa031841a4a966789e6b391195/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期における「白砂糖」摂取の弊害について

近年「白砂糖は健康によくない」という記事や評判をひんぱんに目にするようになったと感じます。健康に気を使っている方は、肥満防止のために白砂糖を控えめにしている人も多いと思います。では、特に幼児期の子どもが白砂糖を過剰に摂取するとどうなるのでしょうか? こちらの記事では、特に幼児期の子どもが早い段階から白砂糖を過剰に摂取してしまうことの弊害について、虫歯予防の観点や健康の観点から説明しています。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/77219cd1a960441c97ae07a55ec6bd41/img01%20(8).jpg
その他

子どもの身長を健康的に伸ばすために

近年、日本の平均身長の伸びが止まっている、というニュースをよく目にすることがありますが、子どもの身長を高くしてあげたい、子どもの身長が低くないか心配…、と子どもの身長について何らかの心配や思いのあるお母さまは多いと思います。子どもの身長は遺伝ももちろん大きく関わりますが、生活習慣や環境による影響も大きく、親が適切な生活習慣を子どもに教えてあげられることで、子どもは健康的に成長し身長も伸びていきます。こちらのコラムでは、子どもの身長を健康的に伸ばすために、幼少期から定着すべき必要な生活習慣を4つに大別し解説していきます。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4c6c55073ee24b8caafdccee5f06d14f/a-woman-comforting-a-crying-baby-at-night.jpg
泣く・夜泣き

夜泣きの原因・対策や年齢別の正しい対応の仕方・NGな方法まで解説

赤ちゃんの夜泣きは、多くの親にとって避けて通れない育児の悩みです。親自身が寝不足になり、ストレスがたまっている…という方も多いのではないでしょうか。この記事では、夜泣きの原因やその対策について詳しく解説します。さらに、赤ちゃんの年齢別の対応方法や、避けるべきNGな接し方についても触れています。この記事を読んで、赤ちゃんの夜泣きに対する不安や疑問を解消し、夜泣きに適切に対応出来るようになりましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9f3a4cf2401d42a092b08040b2fd27be/crying-boy.jpg
その他

すぐ泣く子供の特徴・心理や接し方、HSPや発達障害との関係について解説!

子供がすぐに涙を見せると、親として心配になることもあるでしょう。この記事では、すぐ泣く子供の心理的特性と、その背景にある感情表現を年齢ごとに解説します。また、HSP(Highly Sensitive Person)や発達障害との関連性にも触れ、親が理解を深めて正しいサポートができるような情報を紹介します。この記事を通じて、子供の感受性を大切にしながら親子の絆を深めるヒントを学んでいきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f71ddf2017d4441385a46480051437ee/autism-spectrum-disorder-flap-hand.jpeg
その他

さかさバイバイは健常児でもする?逆さバイバイをする理由や自閉症との関係を解説

子どもが「さかさバイバイ」をするとき、親御さんは不思議に思うかもしれません。この記事では、逆さバイバイが何を意味しているのか、その理由と、自閉症との関連性について詳しく解説します。さらに、この行動が意味する可能性のある発達のサインに対して、親がどのように対応すれば良いのかについても触れていきます。子どもの行動をより理解し、さかさバイバイについて正しい知識が身につくでしょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/79b938ad20394fcba8b66cda1b6a4a41/boy%E2%80%90flying%E2%80%90hula%E2%80%90hoop.jpg
その他

運動療育とは?その目的や効果・子どもの発達障害改善に役立つ理由などを解説します!

運動療育は、発達に課題を抱える子どもたちのために設計された特別なプログラムです。この記事では、運動療育の基本的な概念から、その具体的な活動内容、効果までを詳しく解説します。運動療育とは何か、どのような子どもたちが対象となるのか、また、ADHDなどの発達障害にどのような改善効果が期待できるのかなど、専門的な内容も含めながらわかりやすく説明します。ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4defe3467990434f9c72f46d38e8a3c5/2%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E3%81%8B%E6%82%A9%E3%82%80%E6%96%B9%E5%BF%85%E8%A6%8B%20(1).png
その他

2人目の子供を持つか悩む方必見!悩みの理由や一人っ子との違いも解説

多くの家庭で、2人目の子供を持つかどうかは大きな悩みの一つです。1人目の子育て経験を経て、2人目も欲しいけれど、再び新しい命を迎える準備ができているか、経済的、精神的な準備は整っているか、といった不安を感じる方も少なくありません。この記事では、2人目を持つことに悩む理由とその解消法に焦点を当てて、探っていきます。2人目の子供を持つか迷ったら、ぜひ悩み解決のヒントにしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/43045a81e4ea492187c0ed55686e78ac/%E6%8C%87%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AB%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.jpg
その他

指しゃぶりはいつまでにやめさせるべき?原因から歯並びへの影響、やめさせ方まで解説

子供の指しゃぶりは、親にとってよくある悩みの一つです。この記事では、指しゃぶりの原因から歯並びへの影響、やめさせる方法までを分かりやすく解説します。いつから始まり、いつまで続くのか、そしてどのようにしてやめさせるべきかについて、詳しくお伝えします。この記事を読んで、指しゃぶりへの対処法を学び、お子さんの成長を上手にサポートしていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5f019f1d12284dc9851f89ebd7b3f578/3%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%80%81%E7%94%A3%E3%82%80%EF%BC%9F%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
その他

「3人目、産む?諦める?」平均年齢からメリットデメリット、経済面まで!悩む方への徹底ガイド

3人目の子供を迎えるかどうか、悩んでいませんか?この記事では、3人目の子供を持つ際の平均年齢、メリット、デメリット、そして3人目を迎えた家庭のリアルな声まで、幅広くご紹介します。この記事を読んで、3人目の子供を産むべきかどうか、悩んでいる方はご自身で決める際のヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。