夜泣きの原因・対策や年齢別の正しい対応の仕方・NGな方法まで解説

No.241更新日付:2024年7月16日

赤ちゃんの夜泣きは、多くの親にとって避けて通れない育児の悩みです。親自身が寝不足になり、ストレスがたまっている…という方も多いのではないでしょうか。


この記事では、夜泣きの原因やその対策について詳しく解説します。さらに、赤ちゃんの年齢別の対応方法や、避けるべきNGな接し方についても触れています。この記事を読んで、赤ちゃんの夜泣きに対する不安や疑問を解消し、夜泣きに適切に対応出来るようになりましょう!

夜泣きの基礎知識

赤ちゃんの夜泣きは、多くの親が経験する悩みの一つです。突然、夜中に泣き出す赤ちゃんに対して、どう対応すれば良いのか戸惑うことも多いでしょう。ここでは、夜泣きの基本的な知識について詳しく解説します。夜泣きが始まる時期や終わる時期を知ることで、親御さんが冷静に対応できるようになります。

夜泣きとは

夜泣きとは、赤ちゃんが夜中に突然泣き出す現象のことを指します。これは多くの親が経験することですが、特に初めての育児では不安やストレスの原因となりがちです。


夜泣きは赤ちゃんが深い眠りから目覚めてしまい、再び眠りにつくまでの間に起こります。この現象は通常生後6ヶ月頃から始まり、赤ちゃんの睡眠パターンや体内時計がまだ安定していないために起こります。


夜泣きの原因は様々ですが、代表的なものには、赤ちゃんの体内時計がまだ成熟していないこと、日中の刺激が多かったこと、そして体の不快感などがあります。また、成長や発達の過程で起こる変化も夜泣きの一因となります。

夜泣きが始まる時期と終わる時期

夜泣きは、生後6ヶ月頃から2歳前後までの間に多く見られます。この時期は、赤ちゃんの睡眠サイクルが変化し、昼夜の区別がつきにくいことが主な原因です。

具体的には、以下のような時期に夜泣きが見られることが多いです。

  • 生後6ヶ月頃
    この時期は、赤ちゃんが自分で寝返りを打つようになり、睡眠中に目を覚ますことが増えます。またこの時期に離乳食が始まることもあり、新しい食事に対する反応で夜泣きが起こることもあります。


  • 生後9ヶ月から1歳頃
    この時期は赤ちゃんがハイハイや歩行を始め、日中の活動量が増えます。これに伴い夜中に目を覚ますことが増えることがあります。


  • 2歳前後

言葉の発達や自己主張が強くなる時期です。これにより、夜中に目を覚まして泣くことがあります。

夜泣きは通常、赤ちゃんが2歳前後になると自然に収まります。しかし時期には個人差があり、赤ちゃんによってはそれ以降も続くことがあります。この場合、夜泣きの原因をしっかりと見極め、適切な対策をしていくことが大切です。


続いて、夜泣きの主な原因について詳しく説明します。

夜泣きの主な3つの原因

夜泣きは、その原因を理解することで適切な対応が可能になります。ここでは、夜泣きの主な3つの原因について詳しく解説します。赤ちゃんが夜中に泣き出す理由を知ることで、親としてどのように対処すればよいかを理解し、夜泣きに対する不安やストレスを減らしていきましょう。

①睡眠の未熟さ

赤ちゃんの睡眠パターンは大人とは異なり、非常に未熟です。新生児は特に、深い眠りと浅い眠りのサイクルが短く、頻繁に目を覚ますことがあります。赤ちゃんは体内時計もまだ整っていないため昼夜の区別がつきにくく、夜中に泣き出すことが多いです。これが夜泣きの一つの原因です。


②日中の刺激

日中に多くの刺激を受けると赤ちゃんの脳はその情報を処理しきれず、夜中に目を覚ましてしまうことがあります。新しい経験や興奮した状態が続くと、赤ちゃんはリラックスできずそれが夜泣きの原因となります。

③体の不快感

赤ちゃんは言葉で自分の不快感を伝えることができないため、泣くことで不快を表現します。おむつが濡れている、服がきつい、室内の温度や湿度が適切でないなどさまざまな要因が考えられます。また、病気や体調不良も夜泣きの原因となります。

夜泣きでチェックすべきポイント

夜泣きが始まったとき、慌てずに対応できるようにするために、いくつかのチェックポイントを押さえておきましょう。ここでは、室内の温度や湿度、赤ちゃんの体調、そして昼夜のリズムという3つのポイントについて詳しく解説します

室内の温度や湿度を確認

夜泣きの原因として、赤ちゃんが寝ている部屋の環境が快適でないことが挙げられます。赤ちゃんは大人よりも体温調節が未熟なため、暑すぎる部屋や寒すぎる部屋では眠りが浅くなり夜泣きを引き起こすことがあります。


理想的な室温は20〜22度、湿度は50〜60%が目安です。夏場はエアコンや扇風機を上手に使い、冬場は加湿器や暖房を調整して快適な環境を維持しましょう。また赤ちゃんが汗をかいていないか、手足が冷たくなっていないかなども確認し、必要に応じて衣服や寝具を調整してください。


赤ちゃんの体調を確認

赤ちゃんが夜泣きをする原因として、体調不良や不快感が考えられます。赤ちゃんは言葉で不調を訴えることができないため、泣くことで体調不良を知らせようとします。以下の点を確認しましょう。

  • おむつの状態:濡れたり汚れたりしていないか
  • お腹の空き具合:お腹が空いていないか
  • 体温の確認:暑すぎる、寒すぎるなど体温が適切か
  • 風邪の兆候:鼻水や咳などの風邪の症状がないか
  • 痛みの確認:耳やお腹に痛みがないか

体調不良が疑われる場合は、早めに小児科医に相談するようにして下さい。

昼夜のリズムを確認

赤ちゃんの体内時計がまだ整っていない場合、昼夜のリズムが崩れてしまい、夜泣きの原因となることがあります。赤ちゃんが日中に十分な活動をし、夜にはリラックスできる環境を整えるようにしましょう。


昼間は明るい場所で活動し、夜は暗く静かな環境を作ることで赤ちゃんの体内時計を整えることができます。特に夕方から夜にかけては激しい遊びや興奮するような活動を避け、静かに過ごす時間を増やすことが効果的です。また毎日同じ時間に寝かしつけることで、赤ちゃんの体内時計が規則正しくなるよう心がけましょう。

夜泣きへの正しい対応の仕方

続いて、夜泣きへの効果的な対処法を見ていきましょう。夜泣きの原因を理解した上で状況に合った対応を行うことで、夜泣きの頻度を減らすことができます。ここでは、4つの具体的な対応方法について詳しく説明しますので、ぜひ参考にして下さい。

①授乳や抱っこで落ち着かせる

夜泣きの際に最も基本的な対策の一つが、授乳や抱っこで赤ちゃんを落ち着かせることです。赤ちゃんは母親の体温や心音に触れることで安心感を得ます。授乳によってお腹が満たされることで、再び眠りにつきやすくなります。ただし授乳が原因で夜泣きが頻繁に起こる場合は、授乳のタイミングや量を見直す必要があります。


抱っこする際には赤ちゃんをしっかりと支え、優しく揺らすことで安心させましょう。赤ちゃんが安心して眠りに戻るのを助けることができます。

②おむつの交換

赤ちゃんはおむつが濡れていると不快感を感じます。夜泣きが起こった際は、まずおむつの状態を確認しましょう。おむつが濡れていたり、汚れていたらすぐに交換することで赤ちゃんが落ち着く場合があります。


おむつを交換する際は、赤ちゃんがなるべく目を覚まさないうちに、手早く静かに行うことがポイントです。

③落ち着く音楽や音を流す

赤ちゃんの夜泣きには、落ち着いた音や音楽を聞かせることも効果的です。夜泣きが起こった際に、リラックスできる音楽やホワイトノイズを流すことで、赤ちゃんの気持ちが落ち着くこともあります。


「ホワイトノイズ」とは、様々な周波数の音が均等に混ざり合った雑音のことを指します。ホワイトノイズは、赤ちゃんにとって一定の音環境を提供し、外部の騒音を遮る効果があり、リラックスや睡眠を促進するためによく利用されます。


特に、胎内音に似たホワイトノイズや、波の音、心音などは、赤ちゃんにとって安心感を与えることが知られています。適度な音量で、赤ちゃんが落ち着くまで流してみましょう

④一度しっかり起こす

赤ちゃんが何度も夜泣きを繰り返す場合、一度しっかりと起こすことも効果的です。赤ちゃんを起こしてしばらく遊ばせたり、お腹が空いている場合は軽食を与えることで赤ちゃんが再び深く眠れるようになる場合もあります。


この方法は赤ちゃんが疲れてぐっすり眠れるようになるため、夜泣きの頻度を減らす助けになります。ただし、赤ちゃんのリズムを乱さないよう、起こすタイミングには注意が必要です。

年齢別の夜泣き対応法

赤ちゃんの成長に伴い、夜泣きの原因や対応方法も変わってきます。各年齢に適した対処法を知ることで、より効果的に夜泣きを乗り越えることができます。ここでは、新生児期、乳児期、そして幼児期における夜泣きの対応方法について詳しく解説します。それぞれの時期に応じた具体的な対策を見ていきましょう。

新生児期の対応方法

新生児期の赤ちゃんは昼夜の区別がつかず、頻繁に目を覚まします。夜泣きが起こった場合、まずは赤ちゃんを優しく抱き上げ必要に応じて授乳しましょう。この時期の赤ちゃんは、母親の温もりや心音に触れることで安心感を得やすくなります。また、同時に赤ちゃんの体調やおむつの状態を確認しましょう。


新生児期は、赤ちゃんがリラックスできる環境を整えることが重要です。静かな音楽やホワイトノイズを使って、赤ちゃんが安心して眠れるようにすることが効果的です。また、赤ちゃんの体温調節が未熟なため室温や湿度を適切に保つことも忘れずに行いましょう。

乳児期の対応方法

乳児期になると赤ちゃんの睡眠パターンは少しずつ安定してきますが、それでも夜泣きはまだ頻繁に起こることがあります。この時期の赤ちゃんに対しては、授乳やおむつ交換だけでなく昼間の活動量を増やして体内時計を整えることが有効です。日中にしっかりと遊ばせることで、夜深く眠ることができます。


また、寝る前のルーティンを決めるのも効果的です。例えば、毎晩同じ時間にお風呂に入れてから授乳を行う、絵本を読むなどのリラックスした時間を過ごすことで赤ちゃんの体内時計が整いやすくなります。

幼児期の対応方法

幼児期になると、夜泣きの頻度は徐々に減少しますが、まだ完全には解消されないことがあります。この時期の夜泣きは昼間の興奮やストレスが原因となることが多いため、日中の過ごし方に注意を払いましょう。特に、夕方から夜にかけては静かで落ち着いた時間を過ごすように心がけます。


幼児期の赤ちゃんには、安心感を与えるためにお気に入りのぬいぐるみや毛布を持たせるのもよいでしょう。また、夜中に泣き出した場合はすぐに駆けつけて優しく声をかけることで、赤ちゃんの不安を取り除くことができます。必要であれば、一度しっかりと起こしてから再び寝かしつける方法も試してみてください。

やってはいけないNGな夜泣き対策

赤ちゃんが夜泣きをした時、適切な対処法を知らずに誤った方法を取ってしまうと、赤ちゃんの心身に悪影響を与える可能性があります。ここでは、夜泣き対応で絶対に避けるべきNGな対策について解説します。

強く揺さぶる

赤ちゃんが夜泣きをしているときに強く揺さぶることは絶対に避けてください。赤ちゃんの脳は非常にデリケートであり、激しく揺さぶると「揺さぶられっ子症候群」という深刻な障害を引き起こす可能性があります。

「揺さぶられっ子症候群」とは、赤ちゃんを強く揺さぶることによって脳に損傷が生じる深刻な障害のことです。

場合によっては脳の損傷や視力の低下、さらには死亡に至ることもあります。赤ちゃんを落ち着かせるためには優しく抱きしめ、穏やかに揺らす程度に留めましょう。

長時間泣かせっぱなしにする

赤ちゃんが泣き続けているときに、そのまま放置することもNGです。赤ちゃんは泣くことで不快感や不安を訴えています。長時間泣かせっぱなしにすることで、赤ちゃんはさらに不安になり、心理的なストレスを感じることがあります。赤ちゃんが泣いているときはできるだけ早く対応し、安心させてあげることが大切です。

怒鳴る・叱る

夜泣きが続くと親も疲れてしまい、つい怒鳴ってしまうことがあるかもしれません。しかし、赤ちゃんに対して怒鳴ることや叱ることは避けましょう。赤ちゃんはまだ言葉の意味を理解できないため、怒鳴り声にただ恐怖を感じるだけです。親がイライラしているのを感じると、赤ちゃんはさらに泣き続けてしまうことがあります。赤ちゃんが泣いているときは落ち着いて優しく対応し、安心感を与えることを心がけましょう。

夜泣きは家族で乗り越えよう

夜泣きは、決して一人で抱え込む必要はありません。家族で協力し合うことが出来れば夜泣きの対応もスムーズに進み、育児の負担を軽減することができます。ここでは、家族全員で夜泣きを乗り越えるためのポイントをいくつかご紹介します。


まず、夜泣きの対応は一人の親だけが行うのではなく、夫婦で役割を分担することが大切です。例えば、平日は片方の親が夜泣き対応を行い、週末はもう一方の親が担当するなど、スケジュールを決めておくことでお互いの負担を軽減できます。役割分担をすることで親自身も十分な休息を取ることができ、心身の健康を保つことができます。


また、祖父母や親戚、友人など、家族以外のサポートネットワークを活用するのもおすすめです。夜泣きが続いて疲れがたまっている場合、一時的に赤ちゃんを預けて休息を取るようにしましょう。また、地域の育児支援サービスや相談窓口を利用することで、専門家からアドバイスを受けることもできます。


夜泣きは一時的なものですが、家族全員で協力して乗り越えることで絆が深まり、育児の喜びも増していきます。夜泣きを乗り越えるための具体的な対策を試しながら、家族で支え合い、楽しい育児生活を送りましょう。

まとめ

夜泣きは多くの親が経験する育児の悩みですが、その原因や対策を理解することで、適切に対応できるようになります。この記事を読んで、夜泣きに対する理解を深めていただけたでしょうか。

最後に、赤ちゃんは夜泣きするのが当たり前です。寝不足になり大変な時期ですが、無理せず、親も上手に休息を取って出来るだけリラックスして過ごせるようにしましょう。この記事を参考に、今日からの育児に役立てていただければ幸いです。

#ベビーパーク #キッズアカデミー #TOEZアカデミー #幼児教室 #親子教室 #幼児教育 #知育 #知能教育 #英語育児

「泣く・夜泣き」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68c8be1a5df1431eb6dddfb78b01167d/NO200-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの「黄昏泣き」とは?~その原因や症状、親ができうる対策法について解説~

「黄昏泣き(たそがれなき)」という言葉を知っていますでしょうか? 生後しばらく経った赤ちゃんに見られる、夕暮れ時になると急にぐずり出したり泣き出したりする状態を指します。赤ちゃんが生まれてから怒涛の日々のなかで、ようやく少し育児にも慣れてきたかなという時に、赤ちゃんがこの「黄昏泣き」になってどうしてよいかわからず疲労困ぱい、なんて話もよく聞きます。 こちらのコラムではこの「黄昏泣き」について、夜泣きとの違いやその原因、さらには親ができうる対処策について紹介していきます。少しでも赤ちゃんを育てていく助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/60b59c6943e34d668c5ffca2cb6efcc8/img01.jpg
その他

幼児がギャン泣きする理由や対応策を紹介

急にお子さんがギャン泣きを始めて「どうすればいいの?」と頭を抱えたり、お手上げ状態になってしまうことがあります。叫んでいるように泣いてしまうと、周りの目も気になり、親のストレスも溜まりやすいです。この記事では、年代別に幼児がギャン泣きする原因や対処法を紹介します。親がすべきではないことや、ギャン泣きを放置した場合にどうなるのかなども解説します。お子さんのギャン泣きに困っている方はぜひお役立てください。あまりにもひどいギャン泣きは病気の可能性もあります。子どもの様子をよく見ましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ccfa30f3c8dd4058942a97e1a37808e8/img01%20(1).jpg
その他

「泣く」という大切なメッセージを正しく受け止めよう

子どもが泣くと、多くの親はすぐに「泣きやませよう」とします。ですが、「泣く」という行為は小さい子ども達からご両親への「大切なメッセージ」です。そのメッセージを受け取る努力をせずに拒絶してしまうと、実は子どもの「心の発達」「言葉の発達」「社会性の発達」においてマイナスな対応を重ねていることになってしまいます。ここでは「泣く」というメッセージの受け止め方について、夜泣きや「泣き」のタイプにあわせて解説いたします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8263a0e45d244deaab24dac140089e81/img01.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんはなぜ泣くの?理由と対処法を紹介

「赤ちゃんは泣くのが仕事」とよく言われますが、何をしても泣き止まないと「何がいけないのだろう」「もしかして病気かも…」と不安になってしまうところです。理由もわからずにあやし続けていると、パパもママも疲れ切ってしまいますので、赤ちゃんが泣く主な理由と、その対処方法をあらかじめチェックしておきましょう。今回は、赤ちゃんが泣く理由や、やってはいけない対処法、原因がわからないときの対応の仕方について解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/49219885ab634d09a5d90f4d1ddb97f4/img01%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

0歳児の夜泣きがつらい…原因と対処法を紹介!

「赤ちゃんは泣くのが仕事」といいますが、昼間に家事や育児をこなしたうえで、夜泣きの面倒まで見続けるのは大変ですよね。何をしても泣きやんでくれない0歳児の夜泣きに、睡眠不足やストレスがたまり、疲労困憊してしまうママやパパは多いようです。そこで今回は、0歳児の夜泣きの原因と対処法を紹介します。「夜泣きの対処法がわからない」と悩んでいるママやパパは、ぜひ参考にしてみてください。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/13595e854f654b179ea72b67bf12df6f/autism-blocks.jpg
子どもの健康

自閉症の赤ちゃんの特徴とは?早期発見のための視線の動きと育児のヒント

自閉症の赤ちゃんを育てている、もしくはその可能性を感じている親や育児関係者にとって、早期発見と適切なサポートはとても大切です。自閉症は早期に発見することで、必要な支援や療育を受ける機会が増え、その子どもの発達を最大限にサポートすることができます。この記事では、自閉症の赤ちゃんに見られる特徴や早期発見のためのポイント、療育や具体的なサポートの方法についても解説します。ぜひ最後まで読んでその子にとって最適な育児方法を見つけてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9f3a4cf2401d42a092b08040b2fd27be/crying-boy.jpg
その他

すぐ泣く子供の特徴・心理や接し方、HSPや発達障害との関係について解説!

子供がすぐに涙を見せると、親として心配になることもあるでしょう。この記事では、すぐ泣く子供の心理的特性と、その背景にある感情表現を年齢ごとに解説します。また、HSP(Highly Sensitive Person)や発達障害との関連性にも触れ、親が理解を深めて正しいサポートができるような情報を紹介します。この記事を通じて、子供の感受性を大切にしながら親子の絆を深めるヒントを学んでいきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f71ddf2017d4441385a46480051437ee/autism-spectrum-disorder-flap-hand.jpeg
その他

さかさバイバイは健常児でもする?逆さバイバイをする理由や自閉症との関係を解説

子どもが「さかさバイバイ」をするとき、親御さんは不思議に思うかもしれません。この記事では、逆さバイバイが何を意味しているのか、その理由と、自閉症との関連性について詳しく解説します。さらに、この行動が意味する可能性のある発達のサインに対して、親がどのように対応すれば良いのかについても触れていきます。子どもの行動をより理解し、さかさバイバイについて正しい知識が身につくでしょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/79b938ad20394fcba8b66cda1b6a4a41/boy%E2%80%90flying%E2%80%90hula%E2%80%90hoop.jpg
その他

運動療育とは?その目的や効果・子どもの発達障害改善に役立つ理由などを解説します!

運動療育は、発達に課題を抱える子どもたちのために設計された特別なプログラムです。この記事では、運動療育の基本的な概念から、その具体的な活動内容、効果までを詳しく解説します。運動療育とは何か、どのような子どもたちが対象となるのか、また、ADHDなどの発達障害にどのような改善効果が期待できるのかなど、専門的な内容も含めながらわかりやすく説明します。ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4defe3467990434f9c72f46d38e8a3c5/2%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E3%81%8B%E6%82%A9%E3%82%80%E6%96%B9%E5%BF%85%E8%A6%8B%20(1).png
その他

2人目の子供を持つか悩む方必見!悩みの理由や一人っ子との違いも解説

多くの家庭で、2人目の子供を持つかどうかは大きな悩みの一つです。1人目の子育て経験を経て、2人目も欲しいけれど、再び新しい命を迎える準備ができているか、経済的、精神的な準備は整っているか、といった不安を感じる方も少なくありません。この記事では、2人目を持つことに悩む理由とその解消法に焦点を当てて、探っていきます。2人目の子供を持つか迷ったら、ぜひ悩み解決のヒントにしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/43045a81e4ea492187c0ed55686e78ac/%E6%8C%87%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AB%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.jpg
その他

指しゃぶりはいつまでにやめさせるべき?原因から歯並びへの影響、やめさせ方まで解説

子供の指しゃぶりは、親にとってよくある悩みの一つです。この記事では、指しゃぶりの原因から歯並びへの影響、やめさせる方法までを分かりやすく解説します。いつから始まり、いつまで続くのか、そしてどのようにしてやめさせるべきかについて、詳しくお伝えします。この記事を読んで、指しゃぶりへの対処法を学び、お子さんの成長を上手にサポートしていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5f019f1d12284dc9851f89ebd7b3f578/3%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%80%81%E7%94%A3%E3%82%80%EF%BC%9F%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
その他

「3人目、産む?諦める?」平均年齢からメリットデメリット、経済面まで!悩む方への徹底ガイド

3人目の子供を迎えるかどうか、悩んでいませんか?この記事では、3人目の子供を持つ際の平均年齢、メリット、デメリット、そして3人目を迎えた家庭のリアルな声まで、幅広くご紹介します。この記事を読んで、3人目の子供を産むべきかどうか、悩んでいる方はご自身で決める際のヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。