3歳までに人格は形成される

人格の土台は3歳までに形成される

3歳までの成長&育児が決定的に重要な理由は、この時期に人格の根底部分が形成されてしまうという事実があるからです。人格形成にとってもっとも大切なのは、心の根底に「自分は愛されている」「自分は必要な人間だ」という深い自己肯定感や肯定的世界観がしっかりと根付いているかどうかという事です。

昨今の社会問題となっている青少年による深刻な事件は、ほとんどがこれらの欠落によるものと言えます。この精神的なバックボーンが骨太であれば、子どもは成長後にどのような苦境に直面しようとも心の強さを失う事がありません。

どんな苛酷な状況でも、それでもまだ自分を信じ、他者を信じ、愛情や優しさを信じて、現状を打破しようという強い意志と希望をもって人生に立ち向かうでしょう。そのようなポジティブ思考の子どもには、現在中学・高校・大学生間に広まる「深すぎる挫折感」も「自傷行為」も「衝動的犯罪」も縁がありません。

精神的基盤は、3歳までに深く愛情を伝え心の絆作りをしたかで決まる

この精神的基盤は妊娠期の胎児の時期から3歳までに、両親が(またはそれに代わる保護者が)どれだけ深く愛情を伝え心の絆作りをしたか、数多く抱きしめふれあって、また様々な状況下で赤ちゃんに対してどのような対応をしたかによって決まります。

外的刺激に対して各個人がどのような感情を抱くかは、生理学的に言えば「神経伝達物質」が大きく関与します。感情でも思考でも、何でも人の脳内の活動は「神経細胞(ニューロン)」内を電気信号として伝わり、それはシナプス結合部分でアセチルコリン・セロトニン・ノルアドレナリンなどの様々な神経伝達物質を介在し伝わることがわかっています。

どの物質が多ければ嬉しい、少なければ悲しいなどといった単純なものではありませんが、ポジティブ思考の人、ネガティブ思考の人というのはこの脳内での生化学反応に一定の習慣づけができている、と言い換えることができます。

つまり同じレベルの苦境にたった時に、「意欲・希望・自信」が沸いてくる人と、「恐怖・不安・焦燥」にかられる人との違いは、この外的刺激に対して脳内でどのような反応を示す習慣が身についているかの差であるといえます。

0~3歳期の真っ白な心に刻みこまれる「思考パターン」「価値観」は強い

ヒナ鳥が生まれて初めてみたものを親だと思いこむように、3歳までに刻み込まれた思考パターンはそれがポジティブなものであれ、ネガティブなものであれ、それを変えるにはその後10年かけても足りないといわれています。

それほど0~3歳期の真っ白な心に刻みこまれる「思考パターン」「価値観」は強いものなのです。

ではどのように育てれば、「深い自己肯定感」や「肯定的世界観」といったものがわが子の心(脳)に根付くのでしょうか?親としては十分な愛情を注いでいるつもりでも、間違った育児法、間違った接し方で赤ちゃんの育児にあたると心に傷を残してしまう、ということは良くあることです。

この代表的なもののひとつに「抱きぐせ」という言葉があります。かつては「抱きぐせがつくから赤ちゃんが泣いてもあまり抱かない方がよい」という教えが育児常識となっていました。

もしこのような常識の下に育児がおこなわれればどういう事になるでしょう?「泣いても泣いても抱いてもらえない赤ちゃん」は、「どうせ泣いてもママは来てくれない。抱っこしてくれない」というあきらめと否定感を持ってしまう事になるでしょう。

そのように母親に諦めを抱いてしまった子の心には、生まれてきたこの世界そのものにもあきらめや拒絶感、拒否感が生じることになるのは当然といえます。良かれと思って何気なくとった行動が、赤ちゃんの心にネガティブな影を落としてしまったのです。

世の中の常識とは怖いものです。大人の感性をそのまま赤ちゃんにあてはめるという間違いは他にもたくさんあります。その結果、可能性あふれる赤ちゃんの才能や人格を台無しにしてしまっている例はあまりにも多いのです。

ベビーパークの
教育方針

ベビーパークの心の教育への考え方
ベビーパークは心の教育をベースに子どもの能力を可能な限り引きだすことによって、トータルな人生の幸せをめざす【親子(母親)のための教室】です。
ベビーパークの教育
人が社会的存在として心豊かで充実した人生を送るためには4つの柱が必要です。心【EQ】、健康【HQ】、運動能力【PQ】、知的能力【IQ】に大別されます。
すべての根幹は心の教育【EQ】
乳幼児期から適切な時期に適切な心の教育を与えて、また同時に親も「幸せな家庭教育」を実現するためのコツを学び、子どもとともに成長しよう。
家庭生活の要は「食育」【HQ】
「土地と季節に適った自然な食べ物」を見わける『眼』と、素材の持ち味をいかす理にかなった調理法をお母さまに伝授していきます。
真の早期教育は【適期教育】
ベビーパークでは乳幼児の脳の発達と本能のエネルギーを熟慮し、パターン認知型(右脳的)・体験&思考型(左脳的)の両側面から効果的な適期知能教育をおこないます。
体の発育を促す「遊育」【PQ】
ベビーパークでは大脳の各領域に発達段階に応じた適切な刺激を与える「親子遊び」をお伝えしていきます。遊びを通して身体能力を高めながら、笑顔あふれるふれあいの機会をつくり、親子の愛情と信頼の絆を育みます。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。