子どもの社会性はどう伸ばす?親の心構えについても解説

No.102更新日付:2024年2月13日

赤ちゃんが成長し子どもと呼ばれる年齢になると、他者とのつながりが増えていきます。この時期は集団生活に向けて社会性を育てる大切な時期です。子どもの社会性は集団生活の中で身につくと考える人もいますが、実は遊びを通して学ぶことが豊富にあります。保育園や幼稚園に通う前の小さな年齢であっても、家庭での遊びの中で社会性を学んでいるのです。

本記事では、子どもの社会性を伸ばす遊び方を紹介します。子どもの社会性を伸ばすための親の心構えも紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

子どもの自我が芽生えて他者とのつながりが増えるのはいつ頃から?

子どもの自我が芽生えるのは2~3歳頃です。自己主張をするようになり、思い通りにいかないとかんしゃくを起こす子どももいます。

また、この頃になると社会性や集団性が必要とされるような人とのつながりが増え始めます。今まではおもちゃを使って1人遊びをしていた子どもが、遊びを通じて他者との関わりを学んでいくのです。

その後3~4歳になると保育園や幼稚園での集団生活が始まり、お友達と過ごす時間が増えます。するとますます他者とのつながりが増えて、社会性が育ちやすくなるでしょう。

遊びを通して社会性が育つ理由

子どもは遊びを通して社会のルールや人との関わり方などの社会性を学びます。そもそも社会性とは、周囲の人に自分の気持ちや考えを伝えるために表現する力のことを指すのが一般的です。つまり人の話を聞く・人に自分の思いを話すといった力を身につけることが、社会性を育むことにつながります。

例えばおままごとをしたとき、お母さんになりきって料理をしたり子どもを寝かしつけたりと人との関わり方を学びます。

他の子どもと協力しながら、楽しく遊べるようにルールを決めることもあるでしょう。すると自然と社会性が育っていき、他者とともに生きる力を身につけられます。

なお人との関わり方や集団生活でのルールを知らない状態で集団行動を開始すると、社会性が身につきにくくなる傾向があります。社会の基本を知らないまま集団生活を始めたことで、人の物を奪ったり大きな声を出しながら走り回ったりと、以降の発達にさらなる悪影響をもたらす恐れもあるほどです。そのため子どもの社会性は、まずは身近な人と遊びながら段階的に身につけるのが望ましいといえるでしょう。

【年齢別】子どもの社会性を育てる遊び方

子どもの社会性を育てる遊び方は以下のとおりです。


1歳 再現遊び
過去に経験したことや見たことのある場面を再現する遊び

2歳 見立て遊び
物を別の何かに見立てて行う遊び

3歳 ごっこ遊び
身近な出来事を題材にして遊ぶ

4歳 ごっこ遊び
想像力を働かせながらストーリーを作り上げる

5歳 ごっこ遊び
お友達と協力して共通の目的を達成させる

年齢によって成長の度合いが異なるため、遊び方にも違いが見られます。どの遊び方でも社会性を伸ばすコツが隠れているため、年齢に応じた楽しみ方を見つけるのがおすすめです。ここでは、年齢別で社会性を育てる子どもの遊び方について詳しく紹介します。

1歳児の社会性が育つ遊び

1歳児でもできる社会性が育つ遊びは、再現遊びです。例えば細長い積み木を耳元に当てて「もしもし」と電話をするそぶりをしたり、お菓子を食べるふりをしたりといった遊びがあげられます。過去に経験したことや見たことのある場面を再現しながら遊びます。

子どもが再現遊びを始めたら、一緒になって過去の場面を再現したり相槌を打ったりしながらイメージを膨らませてあげましょう。日常動作の定着にもつながっていくため、子どもの成長に大きな影響を与えられます。

2歳児の社会性が育つ遊び

2歳児になると見立て遊びを通して社会性を伸ばしていきます。見立て遊びとは、とあるものを別の何かに見立てて遊ぶ方法です。例えば積み木を横につなげて電車遊びをしたり、ぬいぐるみを赤ちゃんに見立ててお世話をしたりします。自分の体を何か別のものに見立てて遊ぶこともでき、活発な動きが増える時期でもあるでしょう。

子どもが見立て遊びを始めたら、室内環境を整えてあげるのがおすすめです。おままごとセットを用意したり、さまざまな形の空き箱を保管したりすることで、見立て遊びがしやすくなります。

3歳児の社会性が育つ遊び

3歳児になるとお友達と一緒にごっこ遊びを楽しむ子どもが増えてきます。お花屋さんやお医者さんなど身近な職業を題材にしたり、テレビで見た戦隊ものになりきったりしながら遊びを楽しむ姿が見られます。回数を追うごとにごっこ遊びも上達していくため、子どもの自信にもつながるでしょう。

ただし、3歳児は多くの場合お友達と関わり合った経験がまだ少ないため、それぞれが自分の世界で遊びを楽しむ傾向にあります。お友達と遊ぶ際はおもちゃの取り合いが起きないように多めに用意をしてあげたり、十分な空間を確保したりすることで、子ども同士が仲良く遊ぶための手助けをおこないましょう。

子ども自身がお友達の存在を認識し始めたら、周囲の大人が積極的に声をかけていきコミュニケーションの取り方を学ぶ機会を作ってあげます。お友達と一緒に遊ぶ楽しさを知るきっかけにもつながり、子どもの社会性を育めるでしょう。

4歳児の社会性が育つ遊び

4歳児になると想像力を働かせながらごっこ遊びができるようになります。例えば絵本の世界をイメージしながらおままごとをしたり、お友達同士で家族になったりと、それぞれの想像力を活かしながらストーリーを作り上げていきます。

また集団でのルールも身につけ始めるため、お友達同士でコミュニケーションを楽しみながら遊ぶ姿も見られるでしょう。

ただし4歳児ともなると、お友達と意見がぶつかって喧嘩に発展する恐れもあります。本人同士で話し合いながら解決できるように手助けをしてあげましょう。お友達の気持ちを理解し始める年齢なので、それぞれの思いを伝え合うことで仲直りしやすくなります。

5歳児の社会性が育つ遊び

5歳児になるとお友達と共通の目的を持ってごっこ遊びをするようになります。例えば、ドーナツ屋さんを始めるときドーナツの形や味、お店の看板、メニュー表など、本物のお店をイメージしながら再現しようと試みる姿が見られます。お友達と一緒に話し合いながら役割を決めることで、段取りよく準備を進めるようになるでしょう。

ごっこ遊びで使用する道具にもこだわりを見せるため、より具体的に再現できるようにさまざまな素材や道具を準備してあげるのがおすすめです。遊ぶ場所や片付け方法なども子どもと話し合いながら決めていけば、より社会性が身につきやすくなります。

子どもの社会性を育てるための親の心構え

子どもの社会性を育てるために親がすべきことは、以下の4つです。

  • しっかりと見守る
  • 十分な環境を整える
  • 行動に関心を持つ
  • 子どもを尊重する

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

しっかり見守る

子どもの社会性を育てるためには、しっかりと見守ることが大切です。親が口を挟んで指示をしてしまうと、子どもの想像力を鍛えられません。子どもの遊んでいる姿をよく観察しておき、困っている様子があれば助言をしてあげるといいでしょう。話が展開しやすいように質問してあげることで、子どもの発想力の妨げになることなく遊びのヒントを渡してあげられます。

十分な環境を整える

子どもの社会性を育てるために、夢中で遊べる環境を整えてあげましょう。例えば少人数で遊ぶことの多い子どもには、棚などで空間を区切ってあげると遊びやすくなる場合があります。狭い空間を用意してあげることで、お店や家のイメージがしやすくなるためです。

またごっこ遊びなどをする際は、必要なおもちゃも用意してあげるとより想像力を働かせやすくなります。お菓子の空き箱などもうまく活用して、ストーリーをイメージしやすい環境を作ってあげましょう。

行動に関心を持つ

子どもの社会性を育てるには行動に関心を持つことも大切です。子どもの行動には何らかの意味が込められており、心の状態を表していることも少なくありません。例えばお友達を傷つけるような行動を起こす場合は「寂しい・悲しい」という感情があることも考えられます。

特に年齢の低い子どもは自分の気持ちを表現できないことも多く、身近にいる大人が感じ取ってあげなければいけません。そのためには子どもの行動をよく観察し、話をよく聞いてあげる必要があります。

子どもを尊重する

子どもの社会性を育てるためには子どものことを尊重しましょう。子どもにはもともと自ら遊んで学ぶ力が備わっています。そのため子どもが「やってみたい」と進んで行う遊びは、邪魔をせずに尊重してあげることが大切です。

周囲の大人が口や手を出して遊びの邪魔をすると、子どもの遊びたい気持ちを阻害することにつながります。

また途中で遊びの内容が変わったり、諦めてしまったりしても問題ありません。「やってみたい」「遊んでみたい」という気持ちを尊重してあげることで、主体性が身につきやすくなります。

子どもと一緒に成長できる幼児教室ならベビーパーク

子どもの社会性は、遊びの中から学ぶことが多い傾向です。再現遊びやごっこ遊びなど、年齢に応じた遊び方を取り入れることで、自然と社会性を身につけられます。保育園や幼稚園に入園する前の1歳でも社会性は伸ばせるので、おおらかな心で見守ってあげるとよいでしょう。

また子どもの社会性を伸ばすためには、ただ見守るだけでなく、子どもの行動に関心を持ったり子どもを尊重してあげたりすることも大事です。子どものやる気を伸ばしながらサポートしてあげることで、想像力も鍛えられます。子どもが主体的となって成長できる環境を整えてあげましょう。

親子の絆を深めるためには、ベビーパークの利用がおすすめです。

ベビーパークは親子の愛情の絆を深めるための親子教室です。親から子どもに注がれる愛情によって子どもの能力は開花されることから、母親の愛情に溢れた場を提供しています。

ベビーパークは子どもが楽しく学ぶだけではなく、お母さんに育児のノウハウもお伝えしています。自らも母親である講師が子どもを豊かに伸ばせる育児方法を伝授しているため、自信を持って育児に取り組めるでしょう。育児に関する悩みを抱えている人や、子どもと一緒に楽しく学べる場がほしい人は、ぜひ一度無料体験を試してみてくださいね。

「子どもの社会性」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/feefe5fc07484cdd9c6bf754c8ed1edb/img01.jpg
1歳~3歳の育児

脳の性差を理解して、子ども社会性の発達を促す方法について

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。コラムNo.67「子どもの社会性を育てるために幼児期にできること」では、「社会性」の定義や、乳幼児期に子どもの社会性を育てるための基本的な注意点についてご説明いたしました。また、コラムNo.73「子どもの社会性を育てるために家庭でできること」では、一歩進んで各家庭でできる具体的な取り組みについて解説いたしました。こちらのコラムでは、さらに子どもの性別で異なる社会性の発達にスポットライトを当てつつ、子どもの社会性の発達を促す方法についてご説明いたします。よかったら上述のコラムとあわせて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/883707a84e25408b90947f1aaa23b3cf/img01.jpg
1歳~3歳の育児

子どもの社会性の発達とリーダーシップについて

子どもの社会性を育てていきたいと考えていると、しばしば「リーダーシップ」という言葉を目にします。「リーダーシップ」と聞くとグループのリーダーとして周囲を引っ張っていくことをイメージしがちですが、リーダーとしての役割だけではなく「各々の役割を果たしていくための行動力」というのが本来の意味です。こちらのコラムでは、まさしく子どもの社会性の発達にあたって欠かせない「リーダーシップ」の育て方や、リーダーシップを育てていくにあたっての子どものコミュニケーションの取り方による4つのタイプ分類法などを紹介していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6fc738f5b7924e76917e83ffb094e4c6/img01.jpg
その他

子どもの社会性を育てるために家庭でできること

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。『コラムNo.67 子どもの社会性を育てるために幼児期にできること』では、この「社会性」という言葉の定義からはじまり、特に乳幼児期に「社会性」を育てていくための注意点について解説いたしました。こちらのコラムでは、子どもの社会性を豊かに育むために、特に「家庭でできる取り組み」について具体例をまじえつつ解説していきたいと思います。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4190b31a53cf4e2aa303a26e39963f35/img01.jpg
1歳~3歳の育児

子どもの社会性を育てるために幼児期にできること

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。ここでは、近年よく聞くワードである「社会性」の定義からはじまり、特に乳幼児期に「社会性」を育てていくための注意点についてまとめていきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fdabfed375a14a5ba7a4c13ebeb71a6c/img01.jpg
3歳~6歳の育児

「小競り合い」の経験がいじめを防ぐ~3歳以降の子どもの社会性の育て方~

子どもが3歳くらいまで成長すると公園でのお友達との遊びに加えて、幼稚園や保育園などで多くの同年代の子どもや大人の方と関わる機会が増えてきます。そうなると、子どもどうしでけんかが起きたり、おもちゃの取り合いになったりと、親としては子どもがちゃんと社会性を持てるようになるのか心配になるシーンが出てくると思います。しかし、そのような心配は必要ありません。子どもにとって幼児期のけんかや小競り合いというのは、その後の人間関係を構築していくにあたって非常に重要な経験なのです。このコラムでは特に3歳以降の幼児期の子どもの社会性を育てていくにあたって必要な親の心構えと、子どもの対人トラブルから見える発達段階について説明していきます。読んでいただき、子どもの成長への心配から解放されると幸いです。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ba88ac9d4c06417b82022f134deb8223/img01.jpg
その他

子どもの金銭感覚の育て方~幼少期からお金の勉強をする方法とメリットについて解説

昨今の世間を賑わせるお金の絡んだニュースを見て、うちの子どもにはきちんとした金銭感覚を養わせないといけない、と感じている親御さんも多いと思います。お金はよりよい人生を送るためにとても大切な道具の一つでありますが、いっぽうでお金に飲まれてしまったり、お金だけを大切にして道を誤ってしまったり、といった話は枚挙にいとまがありません。とはいえ、いつからどのように子どもにお金について教えてあげればよいのだろう?と困っている方も多いと思います。このコラムでは子どもへの金銭価格、お金の教え方について、始めるべき時期や具体的方法について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5347c52eaaee41e9af8f94813f3e6adf/img01.jpg
その他

子どもの幼児期からペットを飼うことのメリットと注意点について

幼児期の子どもを持つお母さん、お父さんには、子どものためにペットを飼ってあげたい、と考えている方も少なくないと思います。子どもにとってペットを育てて生活を共にする経験は大きなものです。住宅環境によって制限はあるものの、どんなペットを飼うべきは迷いますよね。こちらのコラムでは、子どもが何歳くらいになったらペットを飼うのが適切か?ペットを飼うことにはどんなメリットがあるのか? ペットと子どもを一緒に育てる事にどんな注意点があるのか?などを解説していきます。ペット選びの前に参考にしていただけますと幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7a263159b7ff47acb598849202327297/img01.jpg
その他

子どもの「赤ちゃん返り」~どんな時に起こる?対処法は?詳しく解説します~

第二子が生まれると、上の子どもが突然赤ちゃんのころに戻ったかのようにふるまいだす「赤ちゃん返り」。上の子だって構ってほしいのは理解しつつも、二人めが生まれて毎日忙しいさなかに「赤ちゃん返り」されて大変…、という話はよく聞きますよね。こちらのコラムでは、この「赤ちゃん返り」について、いつ・なぜ起こるのか?と具体的な対処方法についてご説明していきます。これから二人めのお子さまを考えている方もぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1cf2359aa76d45aea3c2911d77651694/img01.jpg
その他

「STEM教育」とは? 意味や定義、日本の実践状況や家庭での取り組み方をご紹介!

近年、教育関係の本や記事を読んでいると、「STEM教育」というワードがよく目につくようになりました。国語・算数・理科・社会ができていればよかった昔とは変わって、IT・コンピュータや早期の英語教育、国際的に通用する表現力・思考力など将来必要とされる能力や技能も増えてきて、ママパパとしては可愛い我が子に何を教えてあげればよいのだろう?、と迷ってしまう方も多いと思います。こちらのコラムでは、注目のキーワードとなっている「STEM教育」について、その意味や日本での「STEM教育」の実施状況、子どもに「STEM教育」を受けさせるにはどうすればよいかを解説しています。参考になれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3056bbe8e295459d8baed6a5093a658b/img01.jpg
その他

「小1プロブレム」について~小学校入学の現状と幼児期からの対策について紹介~

近年「小1プロブレム」という言葉を、ニュース記事や雑誌などで目にすることが増えてきました。「小1プロブレム」とは、子どもたちが保育園や幼稚園を卒園後に、小学校での生活になかなかなじめず、落ち着かない状態になってしまうことをいいます。この「小1プロブレム」に見舞われている学校や生徒が最近増えてきているといわれます。こちらのコラムでは、「小1プロブレム」について、近年増えてきている理由や幼児期からできうる対策についてご説明していきます。来年小学校への入学を控える年長さんの子どもを持つ親御さんだけでなく、年中さんや年少さんの子どもを持つお母さんもぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。