子どもの社会性を育てるために幼児期にできること

No.67更新日付:2024年5月21日

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。

ここでは、近年よく聞くワードである「社会性」の定義からはじまり、特に乳幼児期に「社会性」を育てていくための注意点についてまとめていきます。

この記事でわかること

  • 社会性の定義
  • 発達心理学から見た社会性
  • 社会性が育つみちすじ

「社会性」の定義とは何か?

「子どもの社会性を育てることが重要」ということばをよく耳にしますが、実は「社会性」の正確な定義というのは本当は存在せず、100人の学者や研究者がいれば100通りの「社会性」の定義があるのが現状です。

一般的には「集団を作って生活しようとする人間の根本的性質」や「社会生活を営むうえでの資質や能力」として定義されることが多いです。

発達心理学から見た「社会性」

ここでは「心理学的判断基準」において、社会性発達の一応の目安とされている項目を元に解説いたします。

「発達心理学」では社会性の具体的な中身、つまり子どもの各成長段階に対応した発達課題として「対人行動」「集団行動」「社会的欲求」「社会的関心」の4項目を定めています。

発達課題①【対人行動】

1つめの「対人行動」は“他者・他人に対して適切な対応ができること”です。個人対個人の関係で上手く相手と心を通わせる能力ですね。

発達課題②【集団行動】

2つめの「集団行動」は“集団の中で協調的に行動できること”。すなわち「グループ内での自分」というものを適切に判断し、メンバー達とうまく調和する行動がとれる能力といえるでしょう。

発達課題③【社会的欲求】

3つめの「社会的欲求」は“仲間から好意を受けたい、仲間として認められたい、という欲求を持つこと”。正に人間の本性(本能)です。

子どもは愛情の欲求などが満たされ、かつ脳の海馬や扁桃体も含むA10神経群(感情をつかさどる中枢)が適切に育っていれば、精神年齢が3歳を過ぎるころから「誰かに認められたい・褒められたい」という気持ちと、人に認められることによって「自分自身でも自分を尊重したい」という気持ちの、2種類の「自我尊厳の欲求」が健やかに育っていきます。

ですが、“謙遜が美徳”とされる日本では幼少期にお子さんの「自我尊厳の欲求」を「自慢」や「目立ちたがり」と判断して、ついつい潰しがちになりやすいので注意が必要です。心配しなくても、いずれ先ほどの「集団行動の能力」が年齢に応じて育ってきた時に集団の中での「自分の実力」を客観的に自己評価できるようになり、自発的に自慢などしないようになってきます。

むしろ幼いころに親に認めてもらえなかった子どもほど、いつまでも「認められたい・褒められたい」という欲求を引きずり続けてしまい、大人になった時に“自慢する悪習慣がすっかり身についてしまって直せない“という事があるので気をつけたいものです。

幼い頃にたっぷりと認めてもらった子どもは、大人になった時には他人に認めてもらうことに固執しなくなるものです。

ただしたっぷり褒めたとしても、子どもができないことを叱ってはいけません。親が子どもの「できる・できない」にこだわってしまうと、子どもも「できたか・できなかったか」だけに価値を置く人になってしまいます。

出来の良し悪しは関係なく、お子さんが純粋に「お父さん・お母さんに認めて欲しい」と思っている時には、それを敏感に感じとって、認めて、褒めてあげましょう。その経験を十分にした子どもは「社会的欲求」が豊かに発達します。

子どもをしっかり褒めてあげるということは、大人になってまで影響のあるとても重要なことなんだね。

発達課題④【社会的関心】

4つめの「社会的関心」は、“その時代、時代の情勢や風潮に関心を示すかどうか”です。これついては8歳くらいまでの子どもの教育ではまだ意識せずともよく、両親が時事問題に関心を持つ姿勢を日常的に見せておくだけでよいでしょう。

「社会性」が育つみちすじ

それでは先述の4つの項目のうち、特に「対人行動」と「集団行動」の2つの発達を促すためのご家庭での取り組みについてお伝えしてきます。

まずは、乳幼児が社会性を正常に発達させていくうえで、どの子どもも必ず通る顕著な特徴を確認していきましょう。

乳幼児期の時期別にあらわれる「社会性」の特徴

◆【0歳初期】

それまで笑うことのできなかった赤ちゃんが初めて、人があやすと声を出して笑うようになります。

◆【0歳半ば】

人見知りの感覚が発達しはじめます。

◆【1歳前後】

褒められると同じ動作を繰り返すようになります。自分とは違う相手の存在を確認するために、相手の髪の毛を引っ張ったり、腕を叩いたりなどの行動も見られます。

◆【1歳半頃】

オモチャの奪いあいが見られるようになります。もしお子さんが自分からは人の物を奪わず他の子に取られっぱなしだとしても、それは自分と相手の発育の違いを感じとっているので非常に貴重な体験です。

犬が縄張り争いをする時、自分より圧倒的に強い相手とは争わないように、この時期の子どもも「相手が自分より体が大きいかどうか」「力が強いかどうか」などを感覚的に感じとっています。そして身体面や体力面の勝った子どもがその場において支配的となる関係を経験します。この支配関係は当の子ども達自身にはまったく自覚されません。

◆【2歳前後】

友達が自宅を訪ねてくれることや、友達の家を訪ねることを喜ぶようになります。また、「ここにいけば、いつもあの友だち達がいる」というような場所を好むようになります。さらに、親という権威に対して「イヤ!」と否定してみたいという感情が湧きはじめます。

◆【2歳半頃から3歳過ぎにかけて】

支配―被支配の関係が子ども達の中でも漠然と意識されはじめます。そして立場の強い子の心に、立場の弱い子を助けようとする感情が芽生えはじめます。

◆【3歳以降】

能力的に近い子ども同士の間で頻繁にケンカがみられるようになります。これは遊びの仕方やルールを十分に理解できていなかったり、自己主張の方法が未発達だったりするためです。しかし、幼児期にこのケンカを通して友達関係を十分に経験することで、「自分の気持ちがどうやったら相手に伝わるのか」あるいは「どういうやり方では伝わらないのか」など、互いの主張を押し通すだけではなく「お互いが納得できる解決策を考え出す」といった、リーダーシップのスキルも発達していきます。

「社会性」を育てるために注意するべきこと

上述の特徴はその年齢の時期だけに限るというものではなく、たとえば1歳半頃に目立ってきた「オモチャの奪い合い」は、その後数年に渡って継続することになります。

ここでもし、お母さんが厳しく叱りつけて「友達のオモチャを取らないの!」とムチのモチベーションを使ったとしたら、その子は「オモチャを取らない子」にはなるでしょう。しかしそれは、「お母さんが怖いから、自分の欲求を無理に抑制している」だけで、「オモチャの取り合いから学ぶべき能力」は、「オモチャの取りあい」を十分に経験しなかったら何歳になっても本当の意味では育たないのです。

子どもは実に、オモチャを取ったり取られたりする経験から「自分が取られた時の嫌な気持ち」も「自分が取ってしまった後に、相手の悲しそうな表情を見た時の気まずさ」も学ぶのです。そして「取られた時の痛み」も「取ってしまった時の痛み」もわかるからこそ、他の場面でも「絶対に相手を悲しませないようにしたい」という明確な意志が自分自身の本当の心として芽生えるのです。

ですから乳幼児期に社会性の発達を適切に促すには、先述のような「他人の髪の毛や腕を引っ張る」「オモチャの奪い合い」「支配―被支配の関係」「能力が近い子どもとのケンカ」などを経験するという事柄は大変重要なのです。

しかし、最近の育児事情ではこのような行動をわが子が取ろうとした時、相手のお母さんとのトラブルや、「しつけの悪い親」と思われるのを避けようと、たいていはお母さんが先回りしてその状況を回避することが多く、先程のような経験を与えることはかなり難しくなってきているといえます。

子どもの欲求を無理に抑制すると「社会性」が育たない

とはいえ、やはりこれらの経験は子どもの社会性が発達するために必要な道筋ではないでしょうか? というのも実は現在、これらの乳幼児期にするべき行動が小学生や中学生の間で頻繁にみられるからです。知能や知識の面において非常に優秀な子どもが、行動面では実年齢よりも幼い、ということが多く起きています。

これは実際にあった話ですが、小学生の全国模試でも上位成績で某有名中学にも受かるような子ども達が、小学4年生になっても授業中に机や教室の後ろのロッカーに登るということをしていました。

そこで担任教師は、そのような子ども達にクラスの“掲示物係”に立候補するようにアドバイスをし、係の仕事として堂々とロッカーの上に登れる立場にしたり、国語の授業で「青空」をテーマにした詩があれば、時にはジャングルジムの上で授業をしたりしていった結果、2学期ごろにはどの子もすっかり落ちついて、もう決して机に登ったりせず問題行動が一切なくなるなどの効果があったのです。

その子達はみんな、2~3歳のころから非常に良い子として厳しくしつけけられ、その本性(本能)を心の奥底に抑え続けてきた結果、それがある時期に爆発してしまったようでした。小学4年生くらいで爆発できた子はまだよく、中学校以降も引きずり続けてずっと親の期待する良い子の仮面を被り続けている子は、高校や大学時代に「親の前での自分」と「自分の本当の気持ち」の間でかなり苦しい葛藤を経験してしまいます。

そのため、ベビーパークではお母さま達に「幼稚園や小学校で机に登る子どもにしないためにも、いま机に登りたがる欲求を無理に抑制しないでください」とお願いしています。

つい注意してしまいがちな困った行動でも、本能からくる欲求を抑え込まないことがその後の成長につながってくるんだね♪

子どもがケンカをしてもトラブルにならない関係のママ友を作る

先述のごとく現代の育児事情では「オモチャの奪いあい」「どの遊びをするかでケンカをする」などの経験ができる環境を作りだすのはなかなか難しいことです。

ですから子ども同士がケンカをしても絶対にトラブルにならないママ友の存在は、本当に貴重な「宝もの」です。どうぞ、そのような関係のご友人を一人でも二人でも増やしてみてください。その数が多いほど、お子さんの「対人行動」のみならず「集団行動」のスキルもよりよく育てることができます。

いかがでしたでしょうか?

より具体的な各ご家庭での子どもの社会性の育て方については、さらにコラムNo.73「子どもの社会性を育てるために家庭でできること」や、コラムNo.142「脳の性差を理解して、子ども社会性の発達を促す方法について」で詳しく解説しています。

よかったらあわせて読んでみてくださいね!。

「子どもの社会性」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/feefe5fc07484cdd9c6bf754c8ed1edb/img01.jpg
1歳~3歳の育児

脳の性差を理解して、子ども社会性の発達を促す方法について

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。コラムNo.67「子どもの社会性を育てるために幼児期にできること」では、「社会性」の定義や、乳幼児期に子どもの社会性を育てるための基本的な注意点についてご説明いたしました。また、コラムNo.73「子どもの社会性を育てるために家庭でできること」では、一歩進んで各家庭でできる具体的な取り組みについて解説いたしました。こちらのコラムでは、さらに子どもの性別で異なる社会性の発達にスポットライトを当てつつ、子どもの社会性の発達を促す方法についてご説明いたします。よかったら上述のコラムとあわせて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/883707a84e25408b90947f1aaa23b3cf/img01.jpg
1歳~3歳の育児

子どもの社会性の発達とリーダーシップについて

子どもの社会性を育てていきたいと考えていると、しばしば「リーダーシップ」という言葉を目にします。「リーダーシップ」と聞くとグループのリーダーとして周囲を引っ張っていくことをイメージしがちですが、リーダーとしての役割だけではなく「各々の役割を果たしていくための行動力」というのが本来の意味です。こちらのコラムでは、まさしく子どもの社会性の発達にあたって欠かせない「リーダーシップ」の育て方や、リーダーシップを育てていくにあたっての子どものコミュニケーションの取り方による4つのタイプ分類法などを紹介していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6fc738f5b7924e76917e83ffb094e4c6/img01.jpg
その他

子どもの社会性を育てるために家庭でできること

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。『コラムNo.67 子どもの社会性を育てるために幼児期にできること』では、この「社会性」という言葉の定義からはじまり、特に乳幼児期に「社会性」を育てていくための注意点について解説いたしました。こちらのコラムでは、子どもの社会性を豊かに育むために、特に「家庭でできる取り組み」について具体例をまじえつつ解説していきたいと思います。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6a48a38f695e44b994014677e11be24a/img01%20(5).jpg
その他

子どもの社会性はどう伸ばす?親の心構えについても解説

赤ちゃんが成長し子どもと呼ばれる年齢になると、他者とのつながりが増えていきます。この時期は集団生活に向けて社会性を育てる大切な時期です。子どもの社会性は集団生活の中で身につくと考える人もいますが、実は遊びを通して学ぶことが豊富にあります。保育園や幼稚園に通う前の小さな年齢であっても、家庭での遊びの中で社会性を学んでいるのです。本記事では、子どもの社会性を伸ばす遊び方を紹介します。子どもの社会性を伸ばすための親の心構えも紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fdabfed375a14a5ba7a4c13ebeb71a6c/img01.jpg
3歳~6歳の育児

「小競り合い」の経験がいじめを防ぐ~3歳以降の子どもの社会性の育て方~

子どもが3歳くらいまで成長すると公園でのお友達との遊びに加えて、幼稚園や保育園などで多くの同年代の子どもや大人の方と関わる機会が増えてきます。そうなると、子どもどうしでけんかが起きたり、おもちゃの取り合いになったりと、親としては子どもがちゃんと社会性を持てるようになるのか心配になるシーンが出てくると思います。しかし、そのような心配は必要ありません。子どもにとって幼児期のけんかや小競り合いというのは、その後の人間関係を構築していくにあたって非常に重要な経験なのです。このコラムでは特に3歳以降の幼児期の子どもの社会性を育てていくにあたって必要な親の心構えと、子どもの対人トラブルから見える発達段階について説明していきます。読んでいただき、子どもの成長への心配から解放されると幸いです。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5bc9b6c792204dfe9ae53f0ab9a15236/sheep%E2%80%90sitting%E2%80%90on%E2%80%90the%E2%80%90toilet.jpg
おむつ・トイレトレーニング

トイトレでウンチができない悩みを解決!効果的な誘い方や対策を解説

トイレトレーニング、通称トイトレは、子どもの成長にとって重要なステップです。しかし、特にウンチができないという悩みを抱える親御さんは多くいます。この記事では、子どもがトイレでウンチができない理由とその解決策、効果的なトイレトレーニングの方法について詳しく説明します。また、便秘や心理的な要因についても触れ、親としてどのようにサポートすればよいかを具体的に提案します。この記事を読むことで、子どもがトイレでウンチをできるようになるためのヒントやアドバイスを得られるでしょう。ぜひ、トイトレの成功に向けて、一緒に学んでいきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a820c3470a2f4f8eab563d144025538c/girl%E2%80%90sitting%E2%80%90in%E2%80%90child%E2%80%90seat.jpg
1歳~3歳の育児

チャイルドシートを前向きにするのは何ヶ月・何キロから?理由や注意点も解説

子供を持つ親にとって、チャイルドシートの使用は安全運転の基本です。しかし、チャイルドシートを後ろ向きから前向きに切り替えるタイミングについては、多くの親が疑問に思うことではないでしょうか。この記事では、チャイルドシートを前向きに切り替える最適な時期について詳しく解説します。この記事を読むことで、チャイルドシートの適切な使用方法や切り替え時期を理解し、子供の安全を確保するための知識を得ることができます。さあ、チャイルドシートを前向きに切り替えるタイミングについて、一緒に学んでいきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1b909dd69f84c618e0a41f4f2b16cee/milk%20bottle.jpg
1歳~3歳の育児

卒乳はいつする?スムーズなやり方やタイミング、断乳との違いまで徹底解説!

子育ての大きな節目として、親子にとって特別な意味を持つ「卒乳」。しかし、特に第一子の場合、「卒乳はいつ頃行えばよい?」「スムーズに卒乳を進めるにはどうしたらいいの?」など不安を感じている、という方も多いのではないでしょうか。この記事では卒乳の適切なタイミングやスムーズに進めるための方法、そして断乳との違いまで、わかりやすく解説します。卒乳を成功させるための知識を身につけ、この大切な時期を母子共に穏やかに過ごすための一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/16f16d46aa164f91a066260434111495/%E6%85%A3%E3%82%89%E3%81%97%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e200935f9e134d65b4d3ec224730d1dd/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%AA%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%81%AF%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友だちをひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/663fb53272af43158ed66041afad1026/img01%20(3).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」②~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2回目の今回は、コラムNo.136「2歳児の「言葉の育て方」~発達段階別に実践的な方法を紹介~①」で解説した2歳児の標準的な言語発達段階において、各レベルに適した取り組みを紹介します。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。