4歳児の発達とは?発達障害のチェックリストや症状、注意すべきサインを解説

No.239更新日付:2024年6月5日

お子さんが4歳という年齢になり、一人で色々なことが出来るようになってくると「いつの間にかこんなことも出来るようになったのか」と驚かされることもあるのではないでしょうか。特にこの時期には、子どもの言葉や運動能力、社交的なスキルが急速に発展します。


しかし、これらの発展が一定のパターンに従わない場合、どのように対応すれば良いのか、またどのようなサインに注目すべきかを知ることが大切です。


この記事では、4歳児の発達の特徴と、発達障害の可能性がある場合のサインや注意点をわかりやすく解説し、お子さんの健やかな成長をサポートする情報をお伝えします。具体的な発達の段階やそれぞれの特徴を詳しく見ていきますので、お子さんの発達についてより深く理解し、適切な育児をするためのヒントにしてください。

4歳児の発達の基本

4歳という年齢は、子どもの成長において非常に重要な時期です。この時期には、言語能力、運動技能、社交スキルが目覚ましく向上し、日々の中で新たな能力をどんどん身につけていきます。親としてこの成長過程を理解し、サポートすることが、子どもたちの健やかな発達には欠かせません。

どう違う?発達障害と通常の発達

4歳の子どもは、言葉を使ったコミュニケーションや身体を使った遊びで大きく成長します。

通常の発達では、子どもたちは日々の指示に従い、簡単な問題も自分で解決できるようになります。たとえば、おもちゃを片付ける、簡単な服を自分で着る、友達と協力して遊ぶなどです。


しかし、発達障害がある場合、これらの能力が同年齢の子どもたちに比べて遅れることがあります。発達障害の代表的なものとして、自閉症スペクトラム症(ASD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などが挙げられます。こうした特性を持っていると、人と上手に話したり、集中して遊んだり、新しいことを学んだりするのが難しい場合があります。


親や保育者は、子どもの成長を注意深く見守り、「4歳の発達チェックリスト」を参考に子どもの成長をチェックすることが大切です。もし発達に遅れがあり、特別な支援が必要だと思われる場合は、早めに専門家に相談しましょう。適切なサポートを受けることで、子どもは自分の力を最大限に発揮し、学びや友達との関わり方を学び成長することができます。

4歳児の発達チェックリストと使い方

4歳のお子さんの成長をきちんと把握するために、「発達のチェックリスト」を参考にしてみましょう。ここでは、4歳児の一般的な発達を表したチェックリストと、そこから分かることについて見ていきましょう。

チェックリストを使った発達の評価とは

発達チェックリストとは、お子さんがある年齢で達成すべき重要な成長の段階をリストにしたものです。4歳になると、子どもたちは言語、自立性、社会性、そして学習の各面で目覚ましい進展を見せます。以下は、4歳の子どもたちが達成していることが期待される能力のチェックリストです。

<4歳児の発達チェックリスト>


言語能力

  • 2つの指示を理解し、実行する。
  • 自分の名前や年齢を答える。
  • 日常的な挨拶をする。
  • 触ったものの感触を言葉で表現する(例:「フカフカ」「ザラザラ」)。
  • 相手の目を見て会話する。


身辺自立

  • 衣服の着脱を自分で試みる。
  • トイレのタイミングを自分で察知する。
  • 自身の身だしなみに気を配る。
  • 箸を使って食事をする。
  • 決められた時間(約30分)席を立たずに食事をする。


社会性

  • 自分の感情を簡単な言葉で表現する。
  • ルールに基づいて遊び、友達と協力する。
  • 自分と他人の違いを理解し、相手の気持ちを考える。
  • 衝突を通じて友達の感情に気づき、対応する。


学習能力

  • 数字1〜10を理解し、数える。
  • 物の増減を理解する(「増えた」「減った」)。
  • 空間的な関係(上下、左右、前後)を理解する。
  • ハサミ、糊、セロハンテープ、絵の具、クレヨンなどの道具を使う。
  • 人間の絵を全体的に描く(顔、体、手足がある絵)。

このチェックリストは子どもが4歳の時に一般的に期待される発達の目安です。しかし、その子それぞれの発達のスピードがあるため、4歳の段階ですべての項目をクリアしていなくても心配はいりません。また、状況によってはこういった能力が一貫して示されるとは限らないため、あくまで1つの指標と捉えるようにしましょう。

チェックリストで分かること

発達のチェックリストは、お子さんの成長についての具体的な指標となります。特に、発達に遅れや問題がある場合、早めに気づいて対応することができるため、必要に応じて治療や特別な教育プログラムに参加する手助けにもなります。


仮にチェックリストに心配な項目がある場合、日々の生活の中でお子さんの様子をより注意深く見てみましょう。そして必要ならば専門家に相談するようにして下さい。


チェックリストと子供の行動を照らし合わせて過度に心配しすぎるのではなく、ツールをあくまで1つの目安として上手に使うことで、子供の成長をサポートしてあげるようにしましょう。

自閉症スペクトラム症(ASD)の特徴と見分け方

4歳児の発達を見る上で、自閉症スペクトラム症(ASD)は、よくある発達障害の一つです。ここでは、ASDの主な特徴とその見分け方について説明します。

4歳児に見られる自閉症の典型的な症状

自閉症の子どもには以下のような特徴が見られることが多いです。

  • 他の人と目を合わせない

・他の子どもや大人と目を合わせるのが難しい。

・感情を表現するのが苦手。

  • 言葉の遅れ

・言葉の発達が遅れている。

・同じ言葉を何度も繰り返すことがある。

  • 同じことの繰り返し

・特定の行動を何度も繰り返す。

・新しい場所や状況に強く抵抗する。

これらの特徴がある場合、4歳の子どもは自閉症の可能性があります。こうした兆候に早く気づくことで、適切なサポートを早めに始めることができます。

自閉症の診断方法

一般的に、自閉症は下記の様な段階を経て診断されます。

  1. 初期の観察:親や先生が子どもの行動を注意深く見ます。気になることがあったら、子どもの行動や発達の遅れに関する記録をしておきましょう。


  2. 専門家の評価:小児科医や発達専門医が子どもを診察します。


  3. 詳細な検査:必要に応じて、言語療法士や心理学者が評価に参加することがあります。


  4. 定期的なフォローアップ:子どもの成長に合わせて、定期的に状況を見直し、必要なサポートを検討・実施します。

自閉症は専門家による正確な診断が必要ですが、親が子どもの日常の行動に注意を払うことも大切です。何か気になることがあれば、早めに専門家に相談してください。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の特徴と見分け方

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、特に幼い子どもたちに見られる行動のパターンで、集中力の欠如、過剰な活動性、衝動的な行動が特徴です。ここでは、ADHDの主な症状と、対処法について説明します。正しい理解と早期発見が、子どもの発達に大きな差をもたらすことがあります。

4歳児に見られるADHDの典型的な症状

4歳の子どもたちにおいて、ADHDの典型的な症状には以下のようなものがあります。

  • 注意散漫: 集中力が続かず、すぐに気が散る。


  • 衝動性: 順番を待つのが難しく、しばしば割り込んだり、不適切なタイミングで発言や行動をする。


  • 過活動: 静かに座っていることが困難で、常に動き回っている。

これらの症状は、家庭内外で一貫して観察されることが多いです。

ADHDへの効果的な対処法

ADHDの子どもへの対処には、以下のような対策が効果的とされています。

  • 環境の整備: 騒音や視覚的な刺激を減らし、集中しやすい環境を作る。


  • 行動療法: 明確なルールと目標を設定し、良い行動は積極的にほめる。


  • 時間管理: タイマーやアラームを使用して、日々の活動に一定の流れを作る。

こうした方法を取り入れることをすることで、ADHDの子どもの発達を手助けできます。

学習障害(LD)の特徴と見分け方

学習障害(LD)は、お子さんが読んだり、書いたり、計算したりする際に特定の困難を感じる障害です。この障害は、お子さんの他の能力には影響がなく、学習の特定の部分にのみ問題を引き起こします。ここでは、学習障害がどのようなものか、そしてどのようにして見分けるかを説明します。

4歳児に見られる学習障害の初期サインとは

学習障害(LD)は、学びの過程に直接関係しており、通常は小学校に入学してから、7歳から9歳頃に特徴がはっきりと現れることが多いです。そのため、4歳の時点で学習障害の明確な特徴を見つけるのは難しく、診断がつけられることは少ないです。

下記のいくつかの特徴に該当する場合でも、それだけで発達障害があると断定することはできません。下記は、気になる行動があるかどうかを確認する手助けとして活用しましょう。


学習障害の初期の兆候には下記の様なものがあります。

  • 言葉の遅れ: 他の子どもたちと比べて、言葉を理解したり話したりするのが遅いです。


  • 記憶力の課題: 単純な指示を覚えるのが難しい、または日常的な情報を思い出すのが苦手です。


  • 形や文字の識別が困難: 年齢に応じて、形や文字、数字を識別するのが難しい場合があります。

発達障害かも…と思ったらどうする?

子どもの成長には個人差がありますが、何か気になる行動が見られた場合、それは発達障害のサインである可能性もあります。ここでは、そんなときどう対応すればよいか、そしてどんな支援が受けられるかを紹介します。

発達障害の診断を受ける方法

もし子どもの行動に気になる点があれば、まずは専門の医療機関で相談しましょう。発達障害の診断は、大学病院や総合病院、小児科や児童精神科、発達外来などで行われています。診断では、医師が子どもの行動や能力を詳しく見て、必要に応じて心理検査や発達検査を行います。


診断の際には、「DSM-5」というガイドラインがよく使われます。これに基づき、子どもの日常生活での適応の程度や症状がどれくらい続いているかが評価されます。


DSM-5(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fifth Edition)は、アメリカ精神医学会(APA)が発行する精神障害の診断と統計マニュアルの第5版です。DSM-5は精神疾患の診断基準を提供しています。

専門家に相談する際の準備

専門家に相談する前に、子どもの日常の様子をしっかりと記録しておきましょう。例えば、どんな時に困っているのか、どんな行動が多いのかをメモしておくと話しやすくなります。また、これまでの健診の記録や母子手帳も大切な情報になります。


診断を受けることで、その子に合った支援や対策を検討でき、子どもの成長をより良く支えることができます。

発達障害と診断された時、親ができることとは

お子さんが発達障害と診断されたとき、親として感じる心配や疑問はたくさんあるでしょう。しかし、適切な方法でサポートし、理解を深めることで、子どもの成長を手助けできます。

家族の心構えで大切なこと

発達障害の診断を受けた時の反応は家族によってさまざまです。驚きや心配もあるかもしれませんが、大切なのは子どもの持つ可能性を信じて、支えることです。診断がすべてではありません。一人一人が得意なことや強みを持っているので、それに注目しましょう。


また、他の親や専門家と情報を共有することも大切です。他人の経験を聞いたり、アドバイスをもらったりすることで、新しいアイデアや解決策が見えてくることがあります。

家庭でできるサポートと支援方法

子どもの日常生活で、家庭はとても大事なサポートの場所です。日々の生活の中で心がけたいことをいくつか紹介します。

  • 決まった時間に決まった活動をする
    発達障害のある子どもは予測できる環境で安心します。決まったルーティンを作り、安定した日常を提供しましょう。


  • はっきりとした指示を出す
    「片付けなさい」という曖昧な指示ではなく、「ブロックはここに入れて、本はこっちの棚に戻そう」と具体的に伝えることが重要です。

  • 子どもに合った教育環境を見つける
    子どもに合わせて特別支援のクラスやプログラムを利用することを考えましょう。地域の教育機関や福祉事務所に相談すると、どんな支援が受けられるか教えてもらえます。

子どもと一緒に困難に立ち向かうことで、家族全員が成長できる機会となります。家での積極的なサポートと愛情が、子どもの自信や自己価値感を育てます。

まとめ

4歳児の成長には個人差がありますが、この時期に見られる成長は目覚ましいものがあります。言語、運動能力、社交スキルなどが急速に進むため、親としては、子どもの日常と成長をサポートする知識が必要です。この記事では、4歳児の発達の基本から発達障害のサインまで説明しました。しかし、発達に関するチェックリストはあくまでも目安です。万が一、チェックリストに基づいて気になる点が見られる場合でも、それが一つ二つであれば、過度に心配することはありません。不安な点があれば専門家に相談し、専門的な意見やサポートを求めることが大切です。子ども一人ひとりがその独自のペースで成長することを理解し、健やかな発達をサポートしましょう。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/26126d1042304f13ae2bf65cb5c69382/Elementary%20school%20entrance%20exam.jpg
3歳~6歳の育児

「お受験」とは?小学校受験はいつから準備すべき?費用、メリット・デメリットも解説

お子さんが小学校に進学する前に、多くの親御さんが考える「お受験」。しかし、「お受験」と一口に言っても、その実態や準備の仕方、かかる費用やメリット・デメリットなど、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、小学校受験を控えた親御さんに向けて、お受験の基本から、準備のタイミング、さらに成功へのポイントまで、分かりやすく解説します。お受験に必要な情報をしっかりと把握し、子どもの大切な一歩を支えるための準備を始めましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。