乳児の断乳マニュアル!赤ちゃんもママも快適なやり方とタイミングを解説

No.231更新日付:2024年6月5日

断乳は母親にとって大きなチャレンジであると共に、赤ちゃんの成長にとっても重要なステップになります。

この記事では、断乳の正しいやり方やタイミングについて詳しく解説します。断乳と卒乳の違いから断乳のおすすめ時期や断乳中のママのおっぱいケア方法など、具体的で役に立つアドバイスをお伝えします。断乳をスムーズに進めるためのコツやパパとの協力方法も紹介しますので、初めての断乳に不安を感じているママも安心して実践できる内容です。


ぜひこのガイドを参考にして、赤ちゃんと一緒にスムーズな断乳を目指しましょう。

断乳と卒乳、どう違う?

断乳と卒乳は、どちらも母乳育児を終了するための方法ですが、それぞれのアプローチや目的は異なります。


断乳は母親が計画的に母乳をやめることを指し、母親の健康状態や生活リズム、赤ちゃんの成長に応じて行います。一方、卒乳は赤ちゃんが自然に母乳から離れる過程で、赤ちゃん自身のペースに任せる方法です。ここでは、それぞれの具体的な定義や違いについて詳しく見ていきましょう。

断乳と卒乳の定義や違いについて

<断乳とは>

断乳は、母親が計画的に母乳育児を終わらせることを指します。通常、断乳は母親の健康状態や生活の変化、赤ちゃんの発育段階に応じて行われます。突然母乳をやめるのではなく、少しずつ授乳回数を減らし、赤ちゃんの負担を軽減しながら進めることが推奨されています。断乳のメリットは、母親が自分の生活リズムに合わせて計画を立てやすいことです。


<卒乳とは>

卒乳は、赤ちゃんが自然に母乳をやめる過程を指します。こちらは赤ちゃんが成長し、固形食やミルクに興味を持ち始め、自然と母乳から離れていくことです。卒乳は赤ちゃんのペースに合わせて進むため、無理なく移行することができます。卒乳の利点は、赤ちゃんが自分のタイミングで母乳をやめるため、ストレスが少なく自然な成長を促すことができる点です。


これらの違いを理解することで、母親は自分と赤ちゃんにとって最適な方法を選ぶことができます。断乳と卒乳のどちらを選ぶにしても、赤ちゃんの健康と母親のライフスタイルに合わせて計画を立てることが重要です。

いつ断乳すればいいの?

では、断乳を始める時期は、いつが最適なのでしょうか。スムーズな断乳を成功させるためには、適切なタイミングを見極めることが必要となります。

ここでは、赤ちゃんの月齢ごとのおすすめタイミングや生活リズムに合わせた計画的な断乳の方法について詳しく解説します。

赤ちゃんの月齢ごとのおすすめタイミング

断乳を始めるタイミングには、赤ちゃんの発育段階や生活習慣が大きく関わってきます。一般的には、以下のような時期が断乳に適しているとされています。


<生後10ヶ月~1歳頃>

この時期は、離乳食が3回食になり、赤ちゃんが固形食をしっかりと食べられるようになる時期です。母乳は重要な栄養源ですが、離乳食からも十分な栄養を摂れるようになるため、このタイミングで断乳を始めることが多いです。また、この頃には水分補給も母乳以外の方法でできるようになり、断乳の準備が整いやすくなります。


<1歳4ヶ月以降>

ある調査によれば、平均的な断乳時期は1歳4ヶ月頃とされています。この時期には多くの赤ちゃんが固形食やミルクに完全に慣れており、母乳なしでも栄養をしっかりと摂取できるようになります。断乳のタイミングに関しては個人差が大きいため、赤ちゃんの成長や家庭の状況に合わせて柔軟に判断することが大切です。


月齢による目安はありますが、断乳のタイミングは赤ちゃんと母親の体調や生活リズムによって大きく変わってきます。赤ちゃんが病気であったり、生活環境が大きく変わる時期(引っ越しや家族の変動など)には、断乳を延期するのがおすすめです。赤ちゃん個々の成長や状況に合わせて、無理なく進めましょう。

生活リズムに合わせて計画的に断乳しよう

断乳をスムーズに進めるためには、赤ちゃんの生活リズムに合わせて計画的に行うことが大切です。


具体的には、まず授乳回数を少しずつ減らしていくことから始めます。次に、母乳の代わりに離乳食やミルクを与える時間を増やします。そして、赤ちゃんの生活リズムを安定させることも断乳をスムーズに進めるために欠かせません。


断乳は赤ちゃんと母親の双方にとって大きな変化を伴います。計画的に進めることで、赤ちゃんにとっても母親にとっても負担を軽減し、スムーズに断乳を成功させることができます。

乳児に優しい断乳のやり方

断乳は母親にとっても赤ちゃんにとっても大きなステップです。断乳による赤ちゃんのストレスを最小限に抑えるためには、計画的なアプローチが必要です。ここでは、断乳を始める前の準備や、実際に断乳を進める具体的な方法について詳しく説明します。

断乳を始める前に子どもに説明する

断乳をスムーズに進めるためには、事前に赤ちゃんに説明することが重要です。赤ちゃんがまだ小さくて言葉の意味を完全に理解できなくても、状況を説明することで安心感を与えることができます。

<説明のポイント>


  • 断乳の日を設定する

「この日におっぱいとバイバイしようね」というように、具体的な日を決め、カレンダーを見せるなどして伝えます。これは赤ちゃんに心の準備をさせるために効果的です。


  • 肯定的な言葉を使う

「だめ」「いけない」などの否定的な言葉は避け、断乳が自然なことだと伝えましょう。「おっぱいはもう終わりだけど、たくさん遊ぼうね」といった前向きな言葉を使うことで、赤ちゃんの不安を軽減します。

徐々にミルクの回数や量を減らす

断乳を成功させるためには、急に母乳をやめるのではなく、徐々に授乳回数や量を減らしていく必要があります。

<具体的な進め方>


  1. 授乳時間を短くする

1回の授乳時間を少しずつ短くしていきます。例えば、最初は10分だった授乳を7分、次に5分と段階的に減らしていきます。


  1. 授乳回数を減らす

授乳時間が短くなったら、次に授乳回数を減らします。例えば、昼間の授乳を1回減らすなどの方法です。昼間は外で遊ぶ時間を増やし、赤ちゃんの気をそらすことで授乳回数を自然に減らすようにしましょう。


  1. 授乳しない日を設定する

授乳回数が1日1〜2回になったら、数日間授乳を完全にやめる日を設定します。この時も、赤ちゃんにしっかりと説明しておきます。


子どもが求める時の対応の仕方

断乳中は、赤ちゃんがおっぱいを求めて泣くことがあります。このときの対応が非常に重要です。可哀そうだからといってすぐに与えてしまっては、せっかく始めた断乳を進めるのが難しくなってしまいます。まずはぐっとこらえて、以下の方法を試してみましょう。

<泣いたときの対応>


  • 代わりの飲み物を与える

母乳の代わりに、ミルクや水、麦茶などを与えてみます。赤ちゃんの好みに合わせた飲み物を用意すると良いでしょう。


  • 抱っこやスキンシップ

赤ちゃんが泣いたときは、抱っこして安心させます。スキンシップを増やすことで、赤ちゃんの不安を軽減できます。


  • お気に入りのおもちゃで気をそらす

赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを使って気をそらします。新しい遊びや絵本の読み聞かせなども効果的です。

断乳は赤ちゃんと母親にとって大きな挑戦ですが、計画的に進めることでスムーズに乗り越えることができます。赤ちゃんの体調やペースに合わせて、無理なく進めることが大切です。

断乳中のママのおっぱいケア方法

断乳を進める際には、赤ちゃんのケアだけでなく、母親自身のおっぱいケアも非常に重要です。適切なケアを行わないと、乳腺炎や痛み、腫れなどのトラブルを引き起こす可能性があります。ここでは、断乳中の母親が知っておくべき痛みと腫れを防ぐためのケア技や正しい搾乳の方法とタイミングについて詳しく説明します。

痛みと腫れを防ぐためのケア技

断乳を始めると、母乳が溜まりやすくなり、おっぱいが痛んだり腫れたりすることがあります。これを防ぐためには、以下のケア技を試してみましょう。

  • 冷やす

おっぱいが熱を持っている場合は、冷やすことが効果的です。冷たいタオルや保冷剤を使用して、患部を冷やすことで痛みや腫れを和らげることができます。ただし、直接肌に当てると冷えすぎることがあるため、布で包んで使用すると良いでしょう。


  • 少量の搾乳

痛みがひどい場合やおっぱいが硬くなっている場合は、少量の搾乳を行います。完全に搾乳するのではなく、痛みが和らぐ程度に少しだけ搾乳することで、おっぱいの圧を軽減します。


  • マッサージ

乳管のつまりを防ぐために、優しくマッサージを行います。特に乳房の下部から上部に向かって優しく圧をかけるようにマッサージすることで、母乳の流れをスムーズにし、つまりを解消します。


正しい搾乳の方法とタイミング

断乳中の搾乳は、適切な方法とタイミングで行うことが重要です。以下のステップを参考にしてください。

<搾乳のタイミング>


  • 初めの3日間

断乳開始後の初めの3日間は、おっぱいが張りやすくなります。この期間は、痛みを感じたら少しだけ搾乳を行います。


  • 3日後の搾乳

最初の3日間を過ぎたら、再び少量の搾乳を行います。乳管のつまりを防ぐために、優しく搾乳を続けます。


  • その後のケア

さらに3日後には、再度少量の搾乳を行い、乳管のつまりを解消するためのマッサージも取り入れます。これを1週間、2週間と徐々に間隔を空けながら続けることで、おっぱいの状態を安定させます。

<正しい搾乳の方法>


  1. 手洗い

搾乳前には必ず手を洗い、清潔な状態で行います。


  1. リラックス

リラックスした状態で行うことが大切です。深呼吸をして心を落ち着かせてから始めましょう。


  1. マッサージ

乳房全体を優しくマッサージし、母乳の流れを良くします。


  1. 搾乳

乳房の下部から上部に向かって優しく圧をかけ、母乳を搾ります。痛みを感じた場合は無理をせず、少量だけ搾乳するようにしましょう。

断乳中のおっぱいケアを適切に行うことで、痛みや腫れを防ぎ、乳腺炎などのトラブルを避けることができます。また、助産院や母乳外来に相談することもおすすめです。プロのアドバイスを受けながら進めることで、安心して断乳を進めることができるでしょう。

断乳後の体調管理と子供のケア

断乳を終えた後も、母親と赤ちゃんの体調管理は非常に大切です。ここでは、断乳後の母親の体の変化と対策、そして赤ちゃんのミルクや食事のケアについて詳しく説明します。

断乳後のママの体の変化と対策

断乳を終えると、母親の体にはさまざまな変化が現れることがあります。これらの変化に対処するためには、適切なケアと対策が必要です。


<乳房の張りと痛み>

断乳後、母乳が溜まりやすくなり、乳房が張ったり痛んだりすることがあります。このような場合、以下の対策が効果的です。


「痛みと腫れを防ぐためのケア技」でお伝えしたように、「冷やす」「少量の搾乳」「マッサージ」を行いましょう。


<体調の変化>

断乳後、ホルモンバランスの変化により、体調が変わることがあります。十分な休息、バランスの取れた食事、適度な運動を心掛けて、無理しないように体調管理を行いましょう。

断乳後の赤ちゃんのミルクや食事

断乳後は、赤ちゃんの食事と栄養管理が重要です。まず、赤ちゃんの離乳食があまり進んでいない場合は、母乳に代わる栄養源としてフォローアップミルクを使用しましょう。フォローアップミルクは、赤ちゃんの成長に必要な栄養素をバランスよく含んでいるため、月齢に応じた適量を守り、過不足なく与えることが大切です。ミルクを作る際には、清潔な哺乳瓶や器具を使用し、消毒を徹底しましょう。


また、断乳後は固形食を中心にバランスの取れた食事を心がけましょう。野菜、果物、肉、魚などを取り入れて、栄養不足を防ぎます。規則正しい食事の時間を設定し、赤ちゃんに食事のリズムを覚えさせることも大切です。そして、食事の時間を楽しむことで、赤ちゃんの食べることへの興味を引き出します。さらに、水分補給も大切ですので、適切なタイミングで水や麦茶を与え、水分不足を防ぎましょう。


断乳後は、母親と赤ちゃんの両方にとって大きな変化の時期です。適切なケアと対策を行うことで、健康を維持し、スムーズな移行を実現しましょう。

パパと協力して乗り切るコツ

断乳を成功させるためには、パパの協力が欠かせません。まず、夜間の対応をパパと分担することが重要です。赤ちゃんが夜泣きしたとき、パパが抱っこしてあやしたりミルクを与えたりすることで、母親は十分な休息を取ることができます。さらに、家事や育児を分担することも大切です。断乳中は、母親が疲れやすくなるため、パパがお風呂の時間や食事の準備を担当するなど、具体的な役割分担を決めて母親の負担を軽減しましょう。また、断乳についての情報を夫婦で共有し、母親が感じている悩みや不安をパパに伝えることも重要です。


断乳は大変なプロセスですが、パパと一緒にポジティブな姿勢で取り組むことが大切です。断乳の成功を目指し、赤ちゃんの成長を見守りながら楽しむことで、家族全員が前向きな気持ちで過ごせるようになります。

まとめ

断乳は母親と赤ちゃんにとって大きなステップですが、計画的に進めることでスムーズに乗り越えることができます。

この記事では、断乳のタイミングや方法、母親と赤ちゃんのケアについて詳しく解説しました。断乳の成功には家族の協力も大きな力となります。適切なタイミングを見極め、生活リズムに合わせた計画を立て、母親自身のケアも忘れずに行いましょう。断乳は一歩ずつ進めることで、赤ちゃんの成長を実感できる貴重な時間です。

この記事を参考に、前向きに断乳に取り組み、母親と赤ちゃんの絆をさらに深めてください。

「授乳・母乳育児」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68a0baf9b99e4bb4838e9e162aa3a147/when-stop-formula-transition-baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのミルクはいつまで必要?適正タイミングや量の減らし方などスムーズにやめる方法をご紹介

子育ての中で「赤ちゃんにミルクはいつまで与えるべきか」という疑問を抱える親御さんは少なくないでしょう。特に初めての育児では、ミルクのやめるタイミングや適切なフォローアップミルクの選び方が分からず、不安を感じることも少なくありません。この記事では、赤ちゃんの成長に合わせたミルクの与え方や、スムーズにミルクを卒業するための方法をわかりやすくご紹介します。赤ちゃんの成長に合ったミルクのあげ方を理解し、安心して次のステップに進むことができるようになるでしょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1b909dd69f84c618e0a41f4f2b16cee/milk%20bottle.jpg
1歳~3歳の育児

卒乳はいつする?スムーズなやり方やタイミング、断乳との違いまで徹底解説!

子育ての大きな節目として、親子にとって特別な意味を持つ「卒乳」。しかし、特に第一子の場合、「卒乳はいつ頃行えばよい?」「スムーズに卒乳を進めるにはどうしたらいいの?」など不安を感じている、という方も多いのではないでしょうか。この記事では卒乳の適切なタイミングやスムーズに進めるための方法、そして断乳との違いまで、わかりやすく解説します。卒乳を成功させるための知識を身につけ、この大切な時期を母子共に穏やかに過ごすための一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0e6046204b664d83a09ca3f095b57608/img01%20(18).jpg
赤ちゃんの育児

おっぱいが出ない、子どもがおっぱいを飲まない…原因や対処法を紹介

出産したらすぐにおっぱいが出ると思っていたママも多いでしょう。しかし、思うようにおっぱいがでないケースもあり、個人差が大きいものです。またせっかくおっぱいが出ても子どもが飲まないこともあります。子どもにおっぱいをあげられないと不安になりますよね。今思うようにおっぱいが出なくてもできることがあります。子どもが思うようにおっぱいを飲まないときにもできることがあります。今回はそんな授乳の悩みについて、原因や対処法について解説いたします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9b2e592601ae4746888a63a1e54d0882/img01%20(16).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない②~母乳育児のコツを学ぼう~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。ですが、この「つらい」の原因になっている感情は、実は本当は悩む必要のないことで悩んでしまっていることが多いのです。前回のコラムNo.113「母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~」では、母乳育児のメリットや正しい知識についてまとめています。今回は、主に母乳育児をしていくなかで出てくるお悩みについて、その対処法やコツをまとめています。あわせて参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8537da0513204636a835e5a9c761b5dc/img01%20(15).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。ですが、この「つらい」の原因になっている感情は、実は本当は悩む必要のないことで悩んでしまっていることが多いのです。こちらのコラムでは、母乳育児についての正しい知識やメリットをまとめています。特にはじめての授乳だと慣れないことも多いものですが、必要以上に「つらい」と感じず母乳育児が進められる手助けになれれば、と思います。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/73e7aa0d6dc442a8ba5e571952fcb410/img01%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない③~母乳育児成功の秘訣について~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。これまで、コラムNo.113「母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~」では、母乳育児のメリットや正しい知識についてまとめています。また、コラムNo.114「母乳育児は難しくない②~母乳育児のコツを学ぼう~」では、主に母乳育児をしていくなかで出てくるお悩みについて、その対処法やコツをまとめています。そしてこちらのコラムでは、さらに具体的な母乳育児時の対処法について事例ごとにまとめています。併せて参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c331303739840b29fa7dda48d6687f4/baby%E2%80%90with%E2%80%90eyes%E2%80%90closed.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが首を左右に振るのはなぜ?その意味や理由を解説します

赤ちゃんが首を左右に振ると、その行動に戸惑う親御さんも多いでしょう。首を振る行動が激しかったりあまり頻繁だったりすると「首を振るのは異常?」「いつまで続くの?」といった疑問を持つ親も少なくありません。この記事では、赤ちゃんが首を振る理由や注意すべきポイント、対応方法について詳しく解説します。赤ちゃんの首振り行動の背景にある理由をお伝えします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c75fe264a754244a07f627388d36537/zuribai%E2%80%90baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのずり這いはいつから?平均的な時期の目安や前兆・練習方法までガイド

赤ちゃんの成長の中で、多くの親が心待ちにするのが「ずり這い」の時期です。ずり這い(ずりばい)は、赤ちゃんが自分の力で移動し始める最初のステップであり、発達の重要な節目です。親として日々赤ちゃんの成長を間近で見ていると、「ずり這いはいつから始まるのか?」、「お座りとどちらが先なのか?」、「早い子と遅い子の違いは?」といった様々な疑問が出てくるのではないでしょうか。この記事では、ずり這いの平均的な時期やその前兆、ずり這いをしない場合の練習方法などについて詳しく解説します。これを読んで、赤ちゃんの成長に関する不安や疑問を解消し、自信を持ってサポートできるようになりましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68a0baf9b99e4bb4838e9e162aa3a147/when-stop-formula-transition-baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのミルクはいつまで必要?適正タイミングや量の減らし方などスムーズにやめる方法をご紹介

子育ての中で「赤ちゃんにミルクはいつまで与えるべきか」という疑問を抱える親御さんは少なくないでしょう。特に初めての育児では、ミルクのやめるタイミングや適切なフォローアップミルクの選び方が分からず、不安を感じることも少なくありません。この記事では、赤ちゃんの成長に合わせたミルクの与え方や、スムーズにミルクを卒業するための方法をわかりやすくご紹介します。赤ちゃんの成長に合ったミルクのあげ方を理解し、安心して次のステップに進むことができるようになるでしょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/897108153eff47d89b0361dcd9c07370/troubled%20mother%20and%20a%20child%20having%20fun.jpg
赤ちゃんの育児

後追いはいつから始まっていつ終わる?行動の理由やベストな対応策も紹介

初めは寝てばかりいた赤ちゃんが、ハイハイできるようになる頃から始まる「後追い」。子供の成長は嬉しいけれど、あまりにも後追いがひどいとどのように対応すれば良いのか、いつまで続くのか・・・、と悩む親も多いでしょう。この記事では、赤ちゃんがなぜ後追いを始めるのか、その行動の背後にある心理や発達のメカニズム、そして後追いが自然に減っていく時期や対処法について詳しく解説します。親子の毎日をより良くするヒントを見つけましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/27e2e9e3bdf74f15b265836c01956384/ducks%20hot%20spring.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんとの温泉旅行、いつからOK?必要な準備や注意点を知って安全に楽しもう!

子供が生まれると、家族での旅行も一つの大きなイベントです。特に、赤ちゃんを連れての温泉旅行は、親子の大切なふれあいの時間となりますが「赤ちゃんには温泉はいつから安全なの?」や「どんな準備をしていけばいいの?」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんとの温泉デビューに最適な時期や温泉に入る際の注意点を分かりやすく解説します。赤ちゃんが快適に温泉を楽しむための知識を身につけ、安心して温泉旅行を楽しむための第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/822c0728f00f43d1be83e8ae3477a160/baby%20pointing.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの指差しサインはいつから?その意味や指さしをしない場合の理由を解説!

赤ちゃんが何かを伝えたい時、言葉を使う前にしばしば見せる行動が「指差し」です。この小さなジェスチャーには、さまざまな意味や目的が込められていることをご存知でしょうか? 赤ちゃんが初めて指を差すのはいつからか、また、その後どのように進化していくのか、そして、指差しをしない場合、その理由にはどのようなものがあるのか。これらの疑問にお答えします。この記事を通じて、赤ちゃんの指差しに込められた「メッセージ」を理解し、赤ちゃんとのコミュニケーションをさらに深めましょう。それでは、さっそく詳しく説明します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f47eca0d70944162a7ea3133ecddffaa/baby%20brushing%20teeth.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?ガーゼや歯ブラシの使用方法や嫌がる時の解決策まで徹底解説!

親にとって、赤ちゃんの健康は何よりも大切です。赤ちゃんに初めて小さな乳歯が生えてきたとき、その成長を喜ぶと共に、歯磨きについての疑問も出てくるのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんの歯磨きをいつから始めれば良いのか、そしてどのようにして進めれば良いのか、分かりやすく説明します。使用するべきツールや、赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合の対処法についてもご紹介。赤ちゃんの歯磨きに関してよくある疑問を解消し、健康な歯を育む第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2291b6ac9899493289c1c9758c9aa3af/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%97%E6%8C%87%E6%95%B0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E8%82%A5%E6%BA%80%E3%81%AE%E5%88%A4%E6%96%AD%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%83%BB%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%A5%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%80%A4%E3%80%81%E8%82%A5%E6%BA%80%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%A7%A3%E8%AA%AC%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

カウプ指数とは?赤ちゃんの肥満の判断基準・年齢別標準値、肥満予防について解説

健康な体を維持するためには、適切な体重管理が大切です。特に成長期にある赤ちゃんにとって、体重と身長のバランスを見ることは重要な健康管理方法の一つとなります。この記事では、赤ちゃんの健康状態を把握するための重要な指標であるカウプ指数について詳しく解説します。カウプ指数を理解することで、赤ちゃんの健康管理に役立てていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5e0b1ed731194c899f17cc93ad1a6d03/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%9F.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのファーストシューズ、いつから?選び方とサイズ、履かせるベストタイミングまで徹底ガイド

赤ちゃんが初めて靴を履く瞬間は、親にとっても子供の成長を感じる大きな節目です。しかし、いつからファーストシューズを履かせるべきか、どのように選べば良いのか、サイズはどう判断するのか、など迷うことも多いのではないでしょうか。この記事では、こうした疑問について、分かりやすく詳しく説明します。お子様の足の健康を守り、快適に歩き始めるための第一歩を、一緒に踏み出しましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/15c360217430493181ff5c1e365bf64e/NO205-1.jpeg
赤ちゃんの育児

「赤ちゃんのいびき」について~その原因や医師の診察が必要な場合、対策について解説~

赤ちゃんの寝顔は天使のようにかわいいものですよね。育児で疲れている時でも、平和そうな赤ちゃんの寝顔を見ると気持ちが癒されて何とか乗り切れる、ということもあるかと思います。ところが、そんな赤ちゃんが意外と大きないびきをかいてびっくりすることがあると思います。「ぐごー」「しゅぴー」と大人顔負けの大きな音でいびきをかいて親が寝られなくなったり、赤ちゃん自身が自分のいびきの音に驚いて目をさましてしまったり、なんて先輩ママの思い出話を聞いたりするものです。笑い話で語られることも多い「赤ちゃんのいびき」ですが、あまりにひどいと「健康に何か問題があるのではないか?」と心配になる親御さんもいらっしゃると思います。こちらのコラムでは、この「赤ちゃんのいびき」について、いびきが始まる時期やその原因、注意したほうがよいケースや対応法などを説明していきます。こちらを読んでいただき、少しでも子育ての手助けになれば幸いです。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。