赤ちゃんのミルクはいつまで必要?適正タイミングや量の減らし方などスムーズにやめる方法をご紹介

No.230更新日付:2024年5月15日

子育ての中で「赤ちゃんにミルクはいつまで与えるべきか」という疑問を抱える親御さんは少なくないでしょう。特に初めての育児では、ミルクのやめるタイミングや適切なフォローアップミルクの選び方が分からず、不安を感じることも少なくありません。


この記事では、赤ちゃんの成長に合わせたミルクの与え方や、スムーズにミルクを卒業するための方法をわかりやすくご紹介します。赤ちゃんの成長に合ったミルクのあげ方を理解し、安心して次のステップに進むことができるようになるでしょう。

粉ミルクはいつまで必要?

育児の初期段階では多くの家庭で粉ミルクを使用します。しかし「いつまで粉ミルクを続けるべきか」という疑問は、多くの方々が抱える共通の悩みです。ここでは、成長段階別のミルクの役割と粉ミルクをやめるタイミングについて解説します。

成長段階別のミルクの役割

赤ちゃんの成長には様々な段階があり、それぞれの段階でミルクの役割は変わります。初めの数ヶ月間、粉ミルクは主に生きていくのに必要な基本的な栄養の役割を果たします。生後数ヶ月が経過するとミルクは成長と発達をサポートする役割へと変わり、離乳食が始まることでその重要性は徐々に減少します。

【成長段階別のミルクの役割】


初期(0-6ヶ月): 粉ミルクが主食。赤ちゃんの栄養の大部分を供給

中期(6-12ヶ月): 離乳食が導入され、粉ミルクは補助的な役割へと移行

後期(12ヶ月以降): 粉ミルクの必要量が減り、固形食が主な栄養源となる

ミルクから固形食への移行時期

粉ミルクは特に母乳が足りない時や母乳に代わる栄養源として非常に役立ちますが、赤ちゃんの成長に合わせて徐々に離乳食に移行し、最終的には粉ミルクを卒業する必要があります。


離乳食は通常生後6ヶ月頃から始めますが、タイミングは赤ちゃんの発達度合によって異なります。離乳食が始まると粉ミルクの飲む量が次第に減り、固形食への移行に向けた準備が始まります。この時期から赤ちゃんの消化能力が上がるにつれ粉ミルクの量も減り、最終的には粉ミルクからの卒業を目指します。


通常、生後12ヶ月から18ヶ月の間に粉ミルクを卒業することが推奨されていますが、赤ちゃんの成長度合や離乳食への移行具合によって異なります。粉ミルクを少しずつ減らすことで赤ちゃんは自然と固形食を食べるようになり、様々な種類の栄養をとることができます。


この移行期においては親御さんは赤ちゃんの反応をよく観察し、必要に応じて小児科医や栄養士と相談することが重要です。粉ミルクから固形食へスムーズに移行することは、赤ちゃんの健康な成長と発達を支えるために大切です。

ミルクを卒業するための5つのステップ

赤ちゃんが大きくなるにつれて、ミルクから普通のごはんへ少しずつ移行することが必要です。ここでは、赤ちゃんがミルクを卒業するための簡単な5つのステップを紹介します。

① ミルクの量を少しずつ減らす

赤ちゃんが離乳食に慣れてきたら、ミルクの量を徐々に減らしていきましょう。まずは、毎日のミルクの回数を少しずつ減らすことから始めます。赤ちゃんはごはんでお腹がいっぱいになり、ミルクをそれほど欲しがらなくなります。

②固形食の量を増やす

ミルクの量を減らす一方で、ごはんの量を少しずつ増やしてください。赤ちゃんが新しい食感や味に慣れるように、様々な種類の離乳食を試し、食事の楽しさを教えてあげましょう。赤ちゃんがごはんだけで満足するようになると、自然とミルクを欲しがらなくなります。

③ ミルクの回数を少しずつ減らす

ミルクの回数を計画的に減らしていくことも大切です。赤ちゃんの日常のリズムに合わせて、特に必要ないタイミングのミルクを減らし始めましょう。例えば、日中のミルクを減らし就寝前のミルクだけを残すなど、赤ちゃんが一番必要とする時間に合わせて調整します。

④ フォローアップミルクや牛乳への移行を検討する

赤ちゃんが1歳を過ぎたら、フォローアップミルクや牛乳への移行を検討してください。これらは赤ちゃんに必要な栄養を含んでいて、普通のミルクよりも赤ちゃんが飲みやすいように作られています。赤ちゃんのアレルギーや健康状態に合わせて適切なものを選ぶことが重要です。

⑤ 赤ちゃんの反応を見ながら調整する

最後に赤ちゃんの反応をよく観察し、必要に応じて食事内容を調整してください。赤ちゃんが離乳食をよく食べていればそのまま進めますが、食べが悪かったり体調が悪いときはミルクの量を増やすなど、その時々で臨機応変に対応することが重要です。


これらのステップを踏むことで、赤ちゃんは自然とミルクを卒業して元気に成長できるでしょう。赤ちゃんが栄養バランスを考慮しながら、新しい食べ物にチャレンジできるようサポートしましょう。

フォローアップミルクはいつからいつまで?

フォローアップミルクは、赤ちゃんが離乳食を始めた後も重要な栄養源です。いつからいつまでフォローアップミルクをあげるべきか、そして他の乳製品に移行するタイミングについて詳しく解説します。

フォローアップミルクの役割と必要性

フォローアップミルクは、赤ちゃんの栄養バランスを整えるために重要な役割があります。特に離乳食の初期では、赤ちゃんが必要とする鉄分やビタミンなどを十分に摂取することが難しいことがあります。


フォローアップミルクはこれらの栄養素を補い、赤ちゃんの成長をサポートするために作られています。そのため、離乳食を始めた生後7ヶ月頃から飲みはじめ、赤ちゃんが様々な固形食を食べられるようになった1歳頃まで飲むことが推奨されています。

他の乳製品への移行タイミング

フォローアップミルクから牛乳や他の乳製品への移行するタイミングは、赤ちゃんが1歳を過ぎたころがおすすめです。この時期になると赤ちゃんの消化器系が発達し、牛乳など様々な乳製品を消化吸収できるようになります。


移行を始める際はまずは少量から試し、赤ちゃんの反応を見ながら徐々に量を増やしていくことが大切です。また、移行する際は、赤ちゃんの栄養状態や健康を確認しながら進めることが重要です。

粉ミルクはいつまで必要?その平均的なタイミングとは

粉ミルクは赤ちゃんの栄養補給には欠かせませんが、いつまで続けるべきかは多くの疑問に思う方も少なくありません。多くの専門家や経験談に基づいて、一般的な粉ミルクの卒業時期とそのタイミングの決め方を紹介します。

平均的な粉ミルクの卒業月齢

赤ちゃんが粉ミルクを卒業する一般的な時期は、生後12か月から18か月頃です。この期間には多くの子どもが主要な栄養源として固形食を摂取するようになります。赤ちゃんの成長、発育のペースや離乳食の進み具合に応じて、粉ミルクの必要量は自然と減っていきます。

子供の成長に合わせて卒業のタイミングを決めよう

粉ミルクの卒業タイミングは、個々の赤ちゃんによって異なります。離乳食がうまく進んでいるか、また赤ちゃんがどれだけ固形食に慣れているかが重要な基準となります。親は子供の食欲や健康状態、成長の様子を見ながら、徐々にミルクの回数を減らすことを考えると良いでしょう。


この時期に注意すべきは、赤ちゃんが必要な栄養をしっかりと摂取できているかどうかです。特に鉄分やたんぱく質、ビタミンなど、成長に必要な栄養素をしっかりと取り入れられているかを確認しましょう。不安な場合は、小児科医や栄養士と相談することも大切です。


子供の成長に合わせて無理なく粉ミルクからの卒業を進めることが、赤ちゃんの健康的な成長に繋がります。赤ちゃんの信号を見逃さず、適切なタイミングで次のステップに進めるように心掛けましょう。

赤ちゃんのミルク卒業に関するよくあるQ&A

赤ちゃんのミルク卒業について、多くの親御さんが疑問や不安を感じることがあります。ここでは、ミルクの卒業に関するよくある質問とその答えをわかりやすく解説します。

ミルクを飲み続けているとどうなる?

長くミルクを飲み続けると、お子さんが固形食に興味を持たないかもしれません。また、栄養が偏ってしまうこともあります。


赤ちゃんが健康に成長するためには、いろいろな食べ物から栄養を取ることが大切です。しかし、すぐにミルクをやめる必要はありません。赤ちゃんが固形食に慣れるまで、少しずつミルクの量を減らすと良いでしょう。

ミルクをなかなかやめられない場合、どうするべき?

ミルクをやめるのが難しい場合は、まずは固形食を美味しくて楽しいものにして、興味を持たせることが大事です。食事の時間を一緒に楽しむことで、徐々にミルク以外の食べ物にも興味を持ってくれるようになります。


また、ミルクの回数を少しずつ減らし、その代わりにスナックや食事を提供するとスムーズに移行できることが多いです。

ミルク卒業後、体重が減ってしまった時の対処法は?

ミルクをやめた後に体重が少し減ることは、一時的なことが多いですが、体重が気になる場合は、医師に相談すると安心です。


また、離乳食の量や栄養バランスを見直すことも大切です。バランスの良い食事を心がけ、必要な栄養素がしっかり摂れているかを確認しましょう。食事の量が足りない場合は、数回に分けてあげると食べやすくなります。

まとめ

ミルクは赤ちゃんの成長に欠かせない栄養源ですが、その必要期間は子どもの成長によって変わります。この記事では、ミルクをいつまで与えるべきか、またどのようにしてミルクから固形食へ移行させるかの具体的な方法を紹介しました。

平均的には、生後1年から1年半の間に粉ミルクを卒業し、フォローアップミルクへの移行を考える時期となりますが、赤ちゃんの成長具合によって柔軟に対応することが大切です。この記事が、ミルク卒業についての様々な疑問の解決につながれば幸いです。


また、今回は粉ミルクの話を中心にいたしましたが、母乳で育てられているならばそれに越したことはありません。おっぱいもいつやめるべきか迷う方が多いですが、お子さまの心身の成長を見ながら、無理にやめさせることなく柔軟に考えていきましょう。

「授乳・母乳育児」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1b909dd69f84c618e0a41f4f2b16cee/milk%20bottle.jpg
1歳~3歳の育児

卒乳はいつする?スムーズなやり方やタイミング、断乳との違いまで徹底解説!

子育ての大きな節目として、親子にとって特別な意味を持つ「卒乳」。しかし、特に第一子の場合、「卒乳はいつ頃行えばよい?」「スムーズに卒乳を進めるにはどうしたらいいの?」など不安を感じている、という方も多いのではないでしょうか。この記事では卒乳の適切なタイミングやスムーズに進めるための方法、そして断乳との違いまで、わかりやすく解説します。卒乳を成功させるための知識を身につけ、この大切な時期を母子共に穏やかに過ごすための一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0e6046204b664d83a09ca3f095b57608/img01%20(18).jpg
赤ちゃんの育児

おっぱいが出ない、子どもがおっぱいを飲まない…原因や対処法を紹介

出産したらすぐにおっぱいが出ると思っていたママも多いでしょう。しかし、思うようにおっぱいがでないケースもあり、個人差が大きいものです。またせっかくおっぱいが出ても子どもが飲まないこともあります。子どもにおっぱいをあげられないと不安になりますよね。今思うようにおっぱいが出なくてもできることがあります。子どもが思うようにおっぱいを飲まないときにもできることがあります。今回はそんな授乳の悩みについて、原因や対処法について解説いたします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9b2e592601ae4746888a63a1e54d0882/img01%20(16).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない②~母乳育児のコツを学ぼう~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。ですが、この「つらい」の原因になっている感情は、実は本当は悩む必要のないことで悩んでしまっていることが多いのです。前回のコラムNo.113「母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~」では、母乳育児のメリットや正しい知識についてまとめています。今回は、主に母乳育児をしていくなかで出てくるお悩みについて、その対処法やコツをまとめています。あわせて参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8537da0513204636a835e5a9c761b5dc/img01%20(15).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。ですが、この「つらい」の原因になっている感情は、実は本当は悩む必要のないことで悩んでしまっていることが多いのです。こちらのコラムでは、母乳育児についての正しい知識やメリットをまとめています。特にはじめての授乳だと慣れないことも多いものですが、必要以上に「つらい」と感じず母乳育児が進められる手助けになれれば、と思います。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/73e7aa0d6dc442a8ba5e571952fcb410/img01%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない③~母乳育児成功の秘訣について~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。これまで、コラムNo.113「母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~」では、母乳育児のメリットや正しい知識についてまとめています。また、コラムNo.114「母乳育児は難しくない②~母乳育児のコツを学ぼう~」では、主に母乳育児をしていくなかで出てくるお悩みについて、その対処法やコツをまとめています。そしてこちらのコラムでは、さらに具体的な母乳育児時の対処法について事例ごとにまとめています。併せて参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/897108153eff47d89b0361dcd9c07370/troubled%20mother%20and%20a%20child%20having%20fun.jpg
赤ちゃんの育児

後追いはいつから始まっていつ終わる?行動の理由やベストな対応策も紹介

初めは寝てばかりいた赤ちゃんが、ハイハイできるようになる頃から始まる「後追い」。子供の成長は嬉しいけれど、あまりにも後追いがひどいとどのように対応すれば良いのか、いつまで続くのか・・・、と悩む親も多いでしょう。この記事では、赤ちゃんがなぜ後追いを始めるのか、その行動の背後にある心理や発達のメカニズム、そして後追いが自然に減っていく時期や対処法について詳しく解説します。親子の毎日をより良くするヒントを見つけましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/27e2e9e3bdf74f15b265836c01956384/ducks%20hot%20spring.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんとの温泉旅行、いつからOK?必要な準備や注意点を知って安全に楽しもう!

子供が生まれると、家族での旅行も一つの大きなイベントです。特に、赤ちゃんを連れての温泉旅行は、親子の大切なふれあいの時間となりますが「赤ちゃんには温泉はいつから安全なの?」や「どんな準備をしていけばいいの?」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんとの温泉デビューに最適な時期や温泉に入る際の注意点を分かりやすく解説します。赤ちゃんが快適に温泉を楽しむための知識を身につけ、安心して温泉旅行を楽しむための第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/822c0728f00f43d1be83e8ae3477a160/baby%20pointing.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの指差しサインはいつから?その意味や指さしをしない場合の理由を解説!

赤ちゃんが何かを伝えたい時、言葉を使う前にしばしば見せる行動が「指差し」です。この小さなジェスチャーには、さまざまな意味や目的が込められていることをご存知でしょうか? 赤ちゃんが初めて指を差すのはいつからか、また、その後どのように進化していくのか、そして、指差しをしない場合、その理由にはどのようなものがあるのか。これらの疑問にお答えします。この記事を通じて、赤ちゃんの指差しに込められた「メッセージ」を理解し、赤ちゃんとのコミュニケーションをさらに深めましょう。それでは、さっそく詳しく説明します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f47eca0d70944162a7ea3133ecddffaa/baby%20brushing%20teeth.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?ガーゼや歯ブラシの使用方法や嫌がる時の解決策まで徹底解説!

親にとって、赤ちゃんの健康は何よりも大切です。赤ちゃんに初めて小さな乳歯が生えてきたとき、その成長を喜ぶと共に、歯磨きについての疑問も出てくるのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんの歯磨きをいつから始めれば良いのか、そしてどのようにして進めれば良いのか、分かりやすく説明します。使用するべきツールや、赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合の対処法についてもご紹介。赤ちゃんの歯磨きに関してよくある疑問を解消し、健康な歯を育む第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2291b6ac9899493289c1c9758c9aa3af/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%97%E6%8C%87%E6%95%B0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E8%82%A5%E6%BA%80%E3%81%AE%E5%88%A4%E6%96%AD%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%83%BB%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%A5%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%80%A4%E3%80%81%E8%82%A5%E6%BA%80%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%A7%A3%E8%AA%AC%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

カウプ指数とは?赤ちゃんの肥満の判断基準・年齢別標準値、肥満予防について解説

健康な体を維持するためには、適切な体重管理が大切です。特に成長期にある赤ちゃんにとって、体重と身長のバランスを見ることは重要な健康管理方法の一つとなります。この記事では、赤ちゃんの健康状態を把握するための重要な指標であるカウプ指数について詳しく解説します。カウプ指数を理解することで、赤ちゃんの健康管理に役立てていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5e0b1ed731194c899f17cc93ad1a6d03/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%9F.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのファーストシューズ、いつから?選び方とサイズ、履かせるベストタイミングまで徹底ガイド

赤ちゃんが初めて靴を履く瞬間は、親にとっても子供の成長を感じる大きな節目です。しかし、いつからファーストシューズを履かせるべきか、どのように選べば良いのか、サイズはどう判断するのか、など迷うことも多いのではないでしょうか。この記事では、こうした疑問について、分かりやすく詳しく説明します。お子様の足の健康を守り、快適に歩き始めるための第一歩を、一緒に踏み出しましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/15c360217430493181ff5c1e365bf64e/NO205-1.jpeg
赤ちゃんの育児

「赤ちゃんのいびき」について~その原因や医師の診察が必要な場合、対策について解説~

赤ちゃんの寝顔は天使のようにかわいいものですよね。育児で疲れている時でも、平和そうな赤ちゃんの寝顔を見ると気持ちが癒されて何とか乗り切れる、ということもあるかと思います。ところが、そんな赤ちゃんが意外と大きないびきをかいてびっくりすることがあると思います。「ぐごー」「しゅぴー」と大人顔負けの大きな音でいびきをかいて親が寝られなくなったり、赤ちゃん自身が自分のいびきの音に驚いて目をさましてしまったり、なんて先輩ママの思い出話を聞いたりするものです。笑い話で語られることも多い「赤ちゃんのいびき」ですが、あまりにひどいと「健康に何か問題があるのではないか?」と心配になる親御さんもいらっしゃると思います。こちらのコラムでは、この「赤ちゃんのいびき」について、いびきが始まる時期やその原因、注意したほうがよいケースや対応法などを説明していきます。こちらを読んでいただき、少しでも子育ての手助けになれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1933c3dd4e9c451f8670ff2b7a54f810/NO203-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

「手づかみ食べ」いつから始める?~成長への効果性や注意点について解説~

赤ちゃんが順調に成長してきて、そろそろ離乳食を始める時期かな?となると、調べるべきことがまたたくさん増えて大変な時期になりますよね。 離乳食の始め方や、ふさわしい食材、どれくらいの量を一回に与えるべきなのか…、など気になることがたくさんあるかと思います。その中の一つに「赤ちゃんに手づかみ食べをさせたほうがよい?」ということがあります。 赤ちゃんの「手づかみ食べ」ですが、決してお行儀が悪いなどということはなく、今後の成長や食育について大きな効果が期待できるものです。こちらのコラムでは、この赤ちゃんの「手づかみ食べ」について、いつから始めるべきか、またその効果性や注意点についてまとめています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f7a46e568ab46969e12c080a4c85ae9/NO202-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが寝る時の服装のおすすめは?~季節別や月齢別のおすすめや注意点を紹介~

赤ちゃんを育てている親御さんなら、赤ちゃんがちゃんと夜寝てくれるかはとても大事なテーマだと思います。夜ぐっすりと寝てくれれば赤ちゃんも健康になるし、お母さんとしても少しは楽な時間が作れる…、と願いますが、実際はなかなか寝付いてくれなかったり、寝てもすぐに起きてしまったりと、ほとんどのパパママにとっての悩みのタネだと思います。 こちらのコラムでは、赤ちゃんが快適に睡眠をとれるようにするための適切な服装や寝室の環境などについて解説していきます。どうしても寝てくれない日や、夜泣きをする日はあるものですが、なるべく快適な環境で子どもにぐっすり寝てもらえるように役立てば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/57b5f9f191244d4885bf30086d44fe93/NO201-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

「喃語(なんご)」は成長のサイン!~赤ちゃんの喃語の特徴と、0歳期の言葉の育て方について~

赤ちゃんが生後5~6ヶ月ごろになると、「ば・ば・ば」や「だ・だ・だ」など徐々にはっきりとした発音をするようになります。この時点ではまだ特段の意味を持たない状態なのですが、今「パパ」って言ったかな?「ママ」って言ったよね?など、親としてもつい嬉しくなる瞬間だと思います。 こちらのコラムでは、この生後6ヶ月ごろから見られる「喃語」について、「クーイング」との違いや、赤ちゃんが言葉を発するようになる過程、「喃語」を話す時期にお子さまの言葉を発達させるために親ができうることについて説明していきます。 
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。