冬こそ体を温めよう! 定番の鬼ごっこや屋外でピッタリな子どもの遊びを紹介

No.88更新日付:2024年5月8日

冬こそ体を温めよう! 定番の鬼ごっこや屋外でピッタリな子どもの遊びを紹介

寒さが厳しい冬の時期は、なかなか戸外で遊べずに室内で静かな遊びをメインとすることも多いかもしれません。そんな冬こそ、かけっこや鬼ごっこなどの体が温まる遊びを楽しんで心も体もぽかぽかできるとよいですよね。身体を動かす遊びは、子どもたちの体力づくりをするうえでも一役買ってくれるかもしれません。体調を崩しやすい冬にゲームやダンスなどを楽しんで、元気に寒い季節を乗り越えましょう!!

本記事では、体が温まる遊びのアイデアを戸外で楽しめるものと室内で楽しめるものに分けてご紹介します。

冬の寒い日は体が温まる遊びを楽しもう

北風が寒かったり、公園の水たまりに氷が張っていたりする冬場、ママ、パパからすると子どもの体調がつい気になるものです。

「寒い冬に外で遊んでいると風邪をひきそう…」と考えがちですが、実際は寒いのがよくないわけではなく、体が冷えた状態を続けてしまうことが体調の悪化につながっていくといわれています。

そのため温度変化の少ない室内で遊ぶだけでなく、屋外でも体を動かす遊びによって体温を上げ、体力や病気への抵抗力を育むことが大切になります

また、子ども自身が「冬は寒い!でも動くと温まる」ということを体感として学習できるのは、冬の遊びだからこそのメリットといえます。ここからは、体が温まる遊びの具体的なアイデアを屋外編と屋内編でそれぞれ解説していきます。

屋外で楽しむ体が温まる遊び

ここでは、まず家の外で楽しめる体が温まる遊びのアイデアを5つまとめました。

氷鬼(こおりおに)

オニにタッチされたら氷に固まってしまう氷鬼で遊んでみましょう。

◆遊び方

  1. オニを1人決めます。
  2. オニが10秒数えている間にオニ以外の子どもは逃げます。
  3. オニがみんなを追いかけ、タッチされた子どもはその場で氷となって固まります。
  4. 固まった子どもは、仲間にタッチしてもらうことで再び動けるようになります。
  5. オニが全員をタッチできればオニの勝ちです。

◆ポイント

氷鬼は、タッチされるとその場で凍ってしまうという冬にぴったりな鬼ごっこといえるでしょう。今回紹介したルール以外にも、「オニに捕まりそうになったら、自分で『こおり!』と言って固まり、仲間に助けてもらう」というルールもあるようです。

このルールでは、助けてもらえないとずっと動けなくなってしまうので、子どもたちの協力プレーが重要になります。

手つなぎ鬼

手つなぎ鬼は、子ども同士が手をつないで遊べる鬼ごっこです。

◆遊び方

  1. オニを1人決めます。(大人数の場合は2人や3人)
  2. オニが10秒数えている間にオニ以外の子どもは逃げます。
  3. オニがみんなを追いかけ、タッチされた子どもはオニと手をつないでいっしょに追いかけます。
  4. オニは子どもたちをタッチしてオニを増やしていきます。
  5. 最後まで残っていた子どもが勝ちです。

◆ポイント

遊ぶ場所が広すぎるとなかなか捕まえることができないので、あらかじめ逃げられる範囲を決めておくとよいでしょう。

オニの数が増えると、どの子を追いかけるのか意見が割れてしまったり走りづらくなってしまったりすることも考えられるので、「4人になったら2人ずつに分かれる」などと決めておくとよいかもしれません。

しっぽ取りゲーム

子どもたちがチームに分かれて競争できるしっぽ取りゲームを紹介します。

◆遊び方

  1. PEテープを子どもの人数分用意します。(チームが分かるように2色用意します)
  2. 子どもたちを2つのチームに分けて、チームごとの陣地を作ります。
  3. PEテープをズボンの中に入れて、しっぽのように垂らします。
  4. ゲームが始まったら、相手チームの子どものしっぽを取っていきます。
  5. しっぽを取られてしまったら自分の陣地に戻ります。
  6. 制限時間内にしっぽを多く取れたチームの勝ちです。

◆ポイント

しっぽ取りゲームはルールがあるため幼児さん向けの遊びですが、遊び方を説明すれば2歳児クラスでも挑戦できるかもしれません。

チーム戦でも楽しめますが、個人戦でも楽しむことができます。個人戦の場合は、自分以外が全員敵となるので、より白熱したゲームとなりそうですね。

ドンじゃんけん

ドンじゃんけんは、広いスペースを確保できなくても楽しめる身体を動かす遊びです。

◆遊び方

  1. 地面に1本の線を引きます。
  2. 線の両端に大きな円をかき、子どもたちの陣地とします。
  3. 子どもたちを2つのチームに分けて、陣地のなかで内側を向いて1列に並んでもらいます。
  4. 先頭の子どもは線に沿って走り、相手チームの子どもと合流したところで両手をタッチして「どーん、じゃんけんぽん」と言ってじゃんけんをします。
  5. じゃんけんに負けた子どもは自分の陣地まで戻って最後尾に並び、次の子どもがスタートします。 勝った子どもはそのまま線の上を走ります。
  6. (4)と(5)を繰り返し、相手チームの陣地にたどり着いた方が勝ちです。

◆ポイント

このゲームは、じゃんけんの勝ち負けが理解できるようになる幼児クラス向けの遊びといえそうです。地面に引く線は、直線だけでなくS字などの曲線にアレンジすることもできます。ケンケンパッ、で進むコースにしても面白いでしょう。

また、ドンじゃんけんは屋内でも楽しめるので、身体を動かす遊びをしたいときの室内遊びにも取り入れてみてくださいね。

大縄跳び

戸外で大縄跳びをして、思い切り身体を動かしてみましょう。

◆乳児向けの遊び方

  1. 大縄跳びを地面に置き、子どもたちにまたいでもらいます。
  2. 大縄に慣れたら、地面から少しだけ浮かせてまたいだりジャンプしたりします。

◆幼児向けの遊び方

  1. 先生は大縄跳びを左右に揺らしてにょろにょろヘビを作ります。
  2. 子どもたちは縄を踏まないように飛び越えます。
  3. 左右の動きに慣れてきたら、縦方向に小さく波を作って飛び越えてもらいます。

◆ポイント

2歳児くらいになると低い位置であれば、ジャンプできるようになる子どもも出てくるかもしれません。そのため、子どもたちの年齢にあわせて縄の高さを調整して遊び方を工夫しましょう。

幼児クラスになると両足ジャンプや片足ジャンプ、横向きのジャンプなどもできるようになるかもしれません。子どもたちが好きな跳び方で縄跳びができるようにすると楽しめそうです。子どもたちにどんな風に遊べば体が温まりそうか考えてもらい、アレンジした遊び方を取り入れるのもよいですね。

室内で楽しむ体が温まる遊び

続いて、おうちや保育園の室内で楽しめる体が温まる遊びのアイデアを5つまとめてみました。

ダンス

室内で楽しめるダンスを取り入れてみましょう。

ダンスは歌やリズムに乗せて全身を大きく動かして遊べるので、自然と体も温まります。リズム感を育むだけでなく、子どもたちの体力づくりの面でもプラスになりそうです。また、ママや友だちといっしょの動きをすることで一体感を味わうことにもつながるでしょう。

保育園で普段から歌っている歌やその時に流行っている歌など、子どもたちの気分が上がるような曲にあわせてダンスを楽しんでみてくださいね。

おしくらまんじゅう

体が温まる遊びといえばおしくらまんじゅう。子どもたちとルールを決めて遊んでみましょう。

◆遊び方

  1. 子どもたちがギリギリ入れるくらいの大きさの円を作ります。
  2. 子どもたちは背中合わせで円の中に入り、隣の子と腕を組みます。
  3. スタートの合図があったら、「おしくらまんじゅう、おされてなくな」と歌いながら、背中やお尻で押し合います。
  4. 円の外に出てしまったり線を踏んでしまったりした子どもは負けとなり、円の外に出ます。
  5. (3)と(4)を繰り返し、最後まで残った子どもの勝ちです。

◆ポイント

今回紹介したおしくらまんじゅうは勝ち負けのある遊び方でしたが、本来は体を温める伝承遊びです。乳児クラスの場合は体をくっつけ合って遊ぶだけでも楽しめるかもしれませんね。

ルールが分かるようになる幼児クラスの子どもたちには、「手を使ったり足で押したりしない」という約束事をきちんと伝えておきましょう。

勢いあまって尻もちをついてしまう子どももいるかもしれないので、床にマットなどやわらかいものを敷いたうえで遊ぶと安全です。

物運びリレー

ダンボールのなかにお題の物を入れて運ぶリレーゲームを紹介します。

◆遊び方

  1. ダンボールに穴をあけてPEテープを取りつけ、荷台を作ります。
  2. 子どもたちをいくつかのチームに分けます。
  3. スタート地点と折り返し地点を作ります。
  4. コースの真ん中にお題となる物を置きます。
  5. 子どもたちは1列に並び、先頭の子どもは先生やママから出されたお題の物を選んでダンボールの中に入れてコースを走ります。
  6. スタート地点に戻ってきたら、次の子どもにダンボールを渡します。
  7. 2番目の子はダンボールの中に入っている物を戻して、新しいお題のものを入れて運びます。
  8. (5)から(7)を繰り返し、一番早くお題の物をゴールに運べたチームが勝ちとなります。

◆ポイント

ダンボールの中に子どもが入り、2人で引っ張るという遊び方にアレンジしても楽しそうです。
その場合は、ダンボールに入る子どもを1レースごとに交代し、みんなが引っ張る役と運ばれる役のどちらもできるようにルールを工夫してみてくださいね。

手押し車競争

2人1組で遊べる手押し車を紹介します。

◆遊び方

  1. スタート地点と折り返し地点を決めます。
  2. 2人1組でペアを作ります。
  3. 1人の子が両手を床について体を伸ばします。
  4. もう1人の子が(2)の子の後ろに回って足首を持ちます。
  5. 手押し車をしたままスタートします。
  6. 折り返し地点にきたら役割を交代します。
  7. そのままコースを折り返し、一番早くゴールしたペアが勝ちとなります。

◆ポイント

足首を持つ子が自分の腰あたりの位置で持つようにすると安定するので、前の子も進みやすくなるでしょう。
また、前の子を強く押してしまうと転んでしまうので、スピードを合わせることも大切になります。
ペアごとのリレーだとすぐに終わってしまうので、ペアを変えて何回戦か行ったりチーム対抗戦にしたりすれば盛り上がりそうですね。

大根抜きゲーム

マット運動をしながらゲームを楽しめる大根抜きを紹介します。

◆遊び方

  1. 2人1組のペアを作ります。
  2. 片方の子どもがマットの端を持ってしがみつきます。
  3. もう片方の子どもは、ペアの子の足首を持って引っ張ります。
  4. 足首を引っ張られる子はマットから手を離さないように踏ん張ります。

◆ポイント

このゲームのルールはシンプルなので2歳児や3歳児くらいから楽しめそうです。
ペアの子の足首を引っ張るときは無理やり力を入れないように声かけをしましょう。
また、足をばたつかせて蹴ってしまわないようにすることも伝えておくことが大切です。
引っ張ったり踏ん張ったりと全身を使って楽しめるので、遊びながら体を温めることができそうですね。

まとめ:冬は積極的体が温まる遊びを取り入れて、寒い季節を楽しく過ごそう

冬は風邪を引きやすくなる季節のため、子どもたちの体力づくりが重要になります
そんな時期だからこそ、鬼ごっこやダンス、大縄跳びなどの身体を動かして楽しむ遊びを取り入れて元気に過ごせるとよいかもしれませんね。

戸外で走り回るのはもちろん、室内でマット運動やおしくらまんじゅうなどの体が温まる遊びを思いっきり楽しんで、寒さで冷えてしまう身体をぽかぽかと温められるとよいですね!

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4defe3467990434f9c72f46d38e8a3c5/2%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E3%81%8B%E6%82%A9%E3%82%80%E6%96%B9%E5%BF%85%E8%A6%8B%20(1).png
その他

2人目の子供を持つか悩む方必見!悩みの理由や一人っ子との違いも解説

多くの家庭で、2人目の子供を持つかどうかは大きな悩みの一つです。1人目の子育て経験を経て、2人目も欲しいけれど、再び新しい命を迎える準備ができているか、経済的、精神的な準備は整っているか、といった不安を感じる方も少なくありません。この記事では、2人目を持つことに悩む理由とその解消法に焦点を当てて、探っていきます。2人目の子供を持つか迷ったら、ぜひ悩み解決のヒントにしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/43045a81e4ea492187c0ed55686e78ac/%E6%8C%87%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AB%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.jpg
その他

指しゃぶりはいつまでにやめさせるべき?原因から歯並びへの影響、やめさせ方まで解説

子供の指しゃぶりは、親にとってよくある悩みの一つです。この記事では、指しゃぶりの原因から歯並びへの影響、やめさせる方法までを分かりやすく解説します。いつから始まり、いつまで続くのか、そしてどのようにしてやめさせるべきかについて、詳しくお伝えします。この記事を読んで、指しゃぶりへの対処法を学び、お子さんの成長を上手にサポートしていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5f019f1d12284dc9851f89ebd7b3f578/3%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%80%81%E7%94%A3%E3%82%80%EF%BC%9F%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
その他

「3人目、産む?諦める?」平均年齢からメリットデメリット、経済面まで!悩む方への徹底ガイド

3人目の子供を迎えるかどうか、悩んでいませんか?この記事では、3人目の子供を持つ際の平均年齢、メリット、デメリット、そして3人目を迎えた家庭のリアルな声まで、幅広くご紹介します。この記事を読んで、3人目の子供を産むべきかどうか、悩んでいる方はご自身で決める際のヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ba88ac9d4c06417b82022f134deb8223/img01.jpg
その他

子どもの金銭感覚の育て方~幼少期からお金の勉強をする方法とメリットについて解説

昨今の世間を賑わせるお金の絡んだニュースを見て、うちの子どもにはきちんとした金銭感覚を養わせないといけない、と感じている親御さんも多いと思います。お金はよりよい人生を送るためにとても大切な道具の一つでありますが、いっぽうでお金に飲まれてしまったり、お金だけを大切にして道を誤ってしまったり、といった話は枚挙にいとまがありません。とはいえ、いつからどのように子どもにお金について教えてあげればよいのだろう?と困っている方も多いと思います。このコラムでは子どもへの金銭価格、お金の教え方について、始めるべき時期や具体的方法について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5347c52eaaee41e9af8f94813f3e6adf/img01.jpg
その他

子どもの幼児期からペットを飼うことのメリットと注意点について

幼児期の子どもを持つお母さん、お父さんには、子どものためにペットを飼ってあげたい、と考えている方も少なくないと思います。子どもにとってペットを育てて生活を共にする経験は大きなものです。住宅環境によって制限はあるものの、どんなペットを飼うべきは迷いますよね。こちらのコラムでは、子どもが何歳くらいになったらペットを飼うのが適切か?ペットを飼うことにはどんなメリットがあるのか? ペットと子どもを一緒に育てる事にどんな注意点があるのか?などを解説していきます。ペット選びの前に参考にしていただけますと幸いです。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。