赤ちゃんの人見知りはいつから始まる?兆候や特徴、対処法を解説

No.240更新日付:2024年7月16日

赤ちゃんの成長過程で多くの親が経験する「人見知り」。初めての親にとっては、赤ちゃんの人見知りがいつから始まるのか、またどのように対処すべきか悩むことも多いでしょう。


この記事では、赤ちゃんの人見知りの時期や理由、対処法について詳しく解説します。赤ちゃんの健やかな成長を見守るためのヒントになる情報をお伝えしますので、是非最後までご覧ください。

赤ちゃんの人見知りはいつから始まる?

赤ちゃんが成長し「人見知り」が始まると心配になることも多いのではないでしょうか。ここでは、赤ちゃんの人見知りがいつから始まるのか、その兆候やサインについて分かりやすくお伝えします。具体的な人見知りが始まる時期を知ることで、まずは人見知りについて理解していきましょう。

人見知りの始まる時期

赤ちゃんの人見知りは、一般的に生後6ヶ月から9ヶ月頃に始まります。この頃になると、赤ちゃんは親や家族などの身近な人と他の人を区別できるようになります。そのため、知らない人や普段あまり会わない人に対して不安や警戒心を抱くことが増えてきます。この人見知りの反応は、赤ちゃんの成長の一部であり、特に心配する必要はありません。


人見知りは、赤ちゃんの社会的な発達の一環として自然に現れるものです。親は、赤ちゃんが新しい環境や人に慣れるための時間を十分に与えることが大切です。また、この時期に赤ちゃんが安心できるように、優しく話しかけたり、抱きしめたりすることで安心感を与え続けることが重要です。

人をじっと見るのは人見知りのサイン?

赤ちゃんが人をじっと見る行動も、人見知りのサインの一つと考えられます。特に見知らぬ人や普段あまり会わない人に対してじっと見つめることがあります。この行動は赤ちゃんがその人を観察し、判断しようとしているということです。赤ちゃんは見たものから情報を得て、相手が安全かどうかを確かめているのです。


ただし、赤ちゃんが人をじっと見る理由は必ずしも人見知りだけではありません。好奇心から見つめることもありますし、相手の動きや表情に興味を持っている場合もあります。親は、赤ちゃんが見つめる対象やその時の状況を観察し適切に対応することが大切です。


人見知りの兆候として人をじっと見る行動が見られた場合、親は無理に接触させるのではなく、赤ちゃんが安心できるようにサポートしてあげましょう。例えば、見知らぬ人と会う時には保護者がそばにいて安心感を与えることで、赤ちゃんも次第に新しい人や環境に慣れていくことができます。

赤ちゃんの人見知りはいつまで続く?

赤ちゃんの人見知りがいつまで続くかは、多くの親が気になるところです。人見知りは成長の一環として自然な現象であり多くの赤ちゃんが経験しますが、その期間や強さは赤ちゃんによって異なります。


ここでは、一般的に人見知りが終わる時期と人見知りが長引く場合の対処法について詳しく解説します。

人見知りが終わる時期

赤ちゃんの人見知りは、通常、1歳から2歳頃にかけて徐々に落ち着いていきます。この時期になると、赤ちゃんは社会的な能力が発達し、身近な人だけでなく見知らぬ人とも少しずつ関わりを持つことができるようになります。また、言葉や表現力が発達することで自分の気持ちや状況をより伝えられるようになり、不安や怖さを感じる場面が少なくなります。


ただし子どもの成長には個人差があり、人見知りが長引く場合もあります。3歳を過ぎても強い人見知りが続く場合は、専門家に相談することをお勧めします。早めに適切なアドバイスを受けることで、子どもが安心して成長できる環境を整えることができます。

長引く場合の対処法

人見知りが長引く場合、親ができる対処法はいくつかあります。まず、赤ちゃんが安心できる環境を作ることが大事です。無理に見知らぬ人と接触させるのではなく、少しずつ慣れるように段階を踏むようにしましょう。


例えば、短い時間から始めて徐々に接触時間を延ばしていくことで、赤ちゃんが安心感を持ちやすくなります。赤ちゃんが不安を感じたとしても、保護者がすぐそばにいれば安心感を与えることができます。また、見知らぬ人と楽しい体験を共有することで、赤ちゃんの不安を減らすことができます。例えば一緒に遊んだり、楽しい時間を過ごすことが効果的です。そして、親自身がリラックスしている姿を見せることで、赤ちゃんも安心感を持ちやすくなります。

赤ちゃんが人見知りをする理由

赤ちゃんが人見知りをする理由には、成長と発達に伴ういくつかの要因があります。ここでは、赤ちゃんが人見知りをする背景について詳しく説明します。人見知りが起こる理由を知り、安心して成長を見守ることができるようになりましょう。

人見知りの理由①:他人の顔や表情を見分けられるようになる

赤ちゃんが人見知りをする理由の一つは、他人の顔や表情を見分けられるようになることです。生後6ヶ月頃から、赤ちゃんは視覚の発達が進み、親しい人と見知らぬ人の違いを認識できるようになります。この力は赤ちゃんの成長において大事なステップであり、周囲の人々を区別する力が芽生えます。


特に、親や兄弟など、毎日接する人々とそうでない人々を見分けることで、赤ちゃんは安心感を得ることができます。この過程で、見知らぬ人に対して不安や警戒心を抱くことが人見知りとして現れます。これは、赤ちゃんが自分を守るための自然な反応であり、健全な発達の一環です。

人見知りの理由②:好奇心と恐怖心の芽生え

赤ちゃんが人見知りをするもう一つの理由は、好奇心と恐怖心が芽生えることです。生後6ヶ月から9ヶ月にかけて、赤ちゃんは周りの世界に対する興味が増し新しいものに対する好奇心が強くなります。そしてそれと同時に、見知らぬものに対する怖さも感じるようになってきます。


この時期の赤ちゃんは、自分の安全を確保するために、親しい人や環境に頼る傾向が強まります。新しい人や場所に対して不安を感じるのは、赤ちゃんが自分を守るための本能的な行動です。親が赤ちゃんの気持ちに寄り添い安心感を提供することで、赤ちゃんは少しずつ新しい経験に対する抵抗を減らしていきます。


人見知りは一時的なもので、赤ちゃんの成長と共に落ち着いていくことが多いです。親は赤ちゃんの気持ちを理解し、無理に新しい状況に適応させるのではなく安心できる環境を整えてあげましょう。そうすれば赤ちゃんは安心して成長し、社会的なスキルを身につけていくことができます。

人見知りをしない赤ちゃんの特徴

赤ちゃんの人見知りが激しいと大変ですが、反対に赤ちゃんが全く人見知りをしなくても、親としては心配になると思います。

ここでは、人見知りをしない場合の原因として考えられることについてお話しします。視力や聴力に問題がある場合や、発達障害の可能性についても触れていますので、具体的な特徴について一緒に見ていきましょう。

視力や聴力に問題がある場合

赤ちゃんが人見知りをしない場合、視力や聴力に問題があるかもしれません。視力や聴力に障害があると、赤ちゃんは周囲の環境や人々を十分に認識できず、その結果、人見知りの反応が出にくいことがあります。例えば、視力が低い場合、赤ちゃんは顔の特徴や表情をはっきりと見分けられず見知らぬ人に対して不安を感じにくくなります。また、聴力に問題があると、声や音から人を識別することが難しくなるため、人見知りの兆候が現れにくくなることもあります。


視力や聴力に問題があるかどうかは、早めに専門家に相談することが大切です。定期的な健康診断を受けて、早めに適切な対応を取ることで、赤ちゃんの健やかな成長をサポートできます。

発達障害の可能性

もう一つの可能性として、発達障害が考えられます。発達障害を持つ赤ちゃんは、他人と接する際の反応や行動が一般の子どもと少し違うことがあります。自閉症スペクトラム障害(ASD)などの発達障害を持つ子どもは、社会的な交流に対する興味や反応が普通とは異なることが多いです。そのため、人見知りの反応が見られないこともあります。


発達障害の兆候としては、視線が合わない、名前を呼んでも反応しない、特定の興味や行動に強いこだわりがあるなどが挙げられます。人見知りをしない他にこういった兆候が見られる場合、早めに専門家に相談することが大切です。早期発見と適切な支援で、子どもの健やかな発達をサポートしましょう。

赤ちゃんの人見知り対策

赤ちゃんが人見知りをした場合、親としてはどのような行動を取るべきなのでしょうか。ここでは、赤ちゃんの人見知りに悩む方のために具体的な対策を紹介します。各対策について詳しく見ていきましょう。

対策①:無理に接触させない

赤ちゃんが人見知りをしているとき、無理に見知らぬ人と接触させるのは避けましょう。赤ちゃんにとって安全で安心できる環境を提供することが最も大切です。無理に新しい人と会わせると、赤ちゃんはさらに不安を感じ、人見知りが悪化することがあります。見知らぬ人と会うときは、赤ちゃんが自分から興味を示すまで待つようにしましょう。時間をかけて赤ちゃんが安心できる環境を整えることが大切です。

対策②:保護者がリラックスする

保護者自身がリラックスすることも、赤ちゃんの人見知り対策にはとても大切です。赤ちゃんは親の感情を敏感に感じ取ります。親が緊張していると、赤ちゃんも不安を感じやすくなります。リラックスして穏やかな態度で接することで、赤ちゃんも安心感を得ることができます。深呼吸をしたり、リラックスできる環境を整えたりすることで、保護者自身の緊張を和らげましょう。

対策③:他の人との接触を徐々に増やす

他の人との接触を徐々に増やしていくことも効果的です。いきなりたくさんの人と会わせるのではなく、少しずつ新しい人に慣れさせるようにしましょう。例えば、短時間から始めて徐々に接触時間を延ばす方法や、最初は遠くから見せるだけで徐々に距離を縮める方法があります。赤ちゃんが安心できるように、保護者がそばにいてサポートすることも大切です。

特定の人への人見知り対策

赤ちゃんが特定の人に対して人見知りをする場合、その対策はさらに重要になります。例えば、パパや祖父母に対する人見知りがある場合、家族関係がスムーズにいかない原因となることもあります。

ここでは、特定の人への人見知りに対する具体的な対策を紹介します。パパや祖父母への人見知りにどう対応すれば良いか、赤ちゃんが安心して過ごせる環境を作るためのヒントをお伝えします。

パパへの人見知り

赤ちゃんがパパに対して人見知りをする場合、父親としてショックを受けたり、母からすると頼ることができずに不都合なことも多いでしょう。特に、パパが仕事で長時間家を空けることが多い家庭では、この現象が顕著に現れることがあります。対策としては、以下のポイントを押さえると効果的です。

赤ちゃんがパパに対して人見知りをする場合、親としては心配になることが多いでしょう。特に、パパが仕事で長時間、家を空けることが多い家庭では、この現象が目立つことがあります。対策としては、以下のポイントを押さえると効果的です。

  • 日常的な関わりを増やす
    パパが仕事から帰ってきた後や休日に、赤ちゃんと一緒に過ごす時間を増やすようにしましょう。絵本を読んだり、一緒に遊んだりすることで、赤ちゃんとの絆を深めることができます。


  • お風呂や食事の時間を共有する
    お風呂に入れる、おむつを替える、食事をさせるなどの日常的なケアをパパが積極的に行うことで、赤ちゃんはパパを身近に感じやすくなります。

  • ママと一緒にいる時間に加わる
    赤ちゃんがママと一緒に安心している時に、パパも一緒に加わることで、赤ちゃんは少しずつパパにも安心感を持つようになります。

祖父母への人見知り

赤ちゃんが祖父母に対して人見知りをする場合も多くあります。この場合は、対策として以下の方法が効果的です。

  • 頻繁に会う機会を作る
    定期的に祖父母と会う機会を設けることで、赤ちゃんが祖父母に慣れることができます。頻繁に顔を合わせることで、赤ちゃんは次第に安心感を持つようになります。


  • 短い時間から始める
    最初は短時間の訪問から始め、赤ちゃんが慣れてきたら徐々に訪問時間を延ばすようにします。無理のないペースで慣れさせることが大切です。


  • 一緒に遊ぶ時間を作る
    祖父母が赤ちゃんと一緒に遊ぶ時間を作ることで、赤ちゃんは楽しい経験を通じて祖父母に対する抵抗感を減らしていきます。おもちゃや絵本を使った遊びが効果的です。

こうした経験を積み重ねることで、赤ちゃんはパパや祖父母に対して安心感を持ちやすくなり、家族全体の絆も深まるでしょう。赤ちゃんのペースに合わせ、無理のない範囲で接触機会を増やしていくようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんの人見知りについて、始まる時期や理由、またその対処法などについて理解を深めていただけたでしょうか。赤ちゃんの人見知りは成長過程で自然に起こる現象であり、赤ちゃんのペースに合わせた対応が大切です。多くの場合、赤ちゃんの人見知りは一時的なものなので、温かく見守りましょう。また人見知りの強さや期間には個人差がありますが、全く人見知りをしないという場合は視力や聴力の問題や発達障害の可能性も考えられるため、専門家に相談するようにして下さい。

この記事が赤ちゃんの人見知りについての理解を深め、明日からの育児に役立つことを願っています。

#ベビーパーク #キッズアカデミー #TOEZアカデミー #幼児教室 #親子教室 #幼児教育 #知育 #知能教育 #英語育児

「人見知り」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6d9fe2252e404b739f5b5827e3088091/img01.jpg
その他

「人見知り」を生かして子どもの恐怖心を克服させてあげよう

早ければ生後6か月くらいから始まるともいわれる子どもの「人見知り」。それは決してネガティブなことではなく、子どもの順調な成長の証といえます。ここでは、「人見知り」の特性を生かして、「恐怖心を克服する」という成功経験を子どもにたくさん与えることにフォーカスして、その方法を説明していきます。また、「人見知り」を使って子どもの恐怖心を克服させるにあたって、同じタイミングで教えておくべきアイコンタクトの重要性についても掲載しています。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/945c5b0f0d8e4144bd9830d25092f0ea/img01.jpg
その他

赤ちゃんの後追いと人見知りの対処法

赤ちゃんが月齢7ヵ月ごろになると、ママがほんのわずかでも自分から離れるだけで大泣きしたりするようになる「後追い」。いつまで続くんだろう…、なんて不安になってしまいがちですよね。この「後追い」は人見知りのあらわれの一種といわれています。ベビーパークでは乳幼児期の人見知りをうまく活用して将来役に立つ様々な能力を伸ばすことを教えていますが、今回は「後追い」の時期の乗り越え方と、この時期を生かした「アイコンタクト」つまり目で相手とコミュニケーションを取る能力の育て方について説明していきます。さて、「後追い」「アイコンタクト」の話をしていくにあたって、まずは人間のもつ精神的な【なわばり感覚】、パーソナルスペースについてご説明します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/298fd094355a47599e1c7afed7b461b6/img01.jpg
その他

乳幼児の人見知りが始まったならそれは喜ばしいこと

「人見知りが始まって困ったわ」「ウチの子は人見知りが強くて」「今人見知りの時期で申し訳ありません」など、人見知りという言葉は、どちらかと言えばマイナスイメージで受け止められるように感じます。これは小学生以上の子どもに見られる人見知りと、乳幼児に見られる人見知りを一括りに考えてしまっているからです。小学生以上の子どもであれば、何らかの理由で他人とコミュニケーションを取る必要性のある場面では、例え相手が初めて会う人でもまずきちんと挨拶をし、自己紹介をして、目的に応じた会話を交わしながら人間関係を育てていく姿勢や態度が望まれます。それが自然にできる子どもは「社交性」や「社会性」が高いといえるでしょう。逆に、そのように他人と打ち解けることを苦手とする子どもは人見知りが強いと言われます。しかし、乳幼児期の人見知りは決して困ったことではありません。むしろ学童期までにしっかりと社交性を育てていくためには必要不可欠な過程なのです。ですから乳幼児期の人見知りを、あえて「人見知りの能力」と呼ぶことで、望ましく喜ばしいことというイメージを強くもっていただけるようにしたいと筆者は考えます。

赤ちゃんの育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3306b4dbb5bf438fa8cd6c7291e704eb/baby-bottle-being-sterilized.jpg
授乳・母乳育児

哺乳瓶消毒はいつまでやるべき?殺菌のコツや消毒卒業のタイミングを解説!

哺乳瓶の消毒は、赤ちゃんの健康を守るために欠かせない日常的なケアですが、いつまで続けるべきなのでしょうか?この記事では、哺乳瓶の消毒が必要な理由から、効果的な消毒方法、さらには消毒をやめる適切なタイミングについても詳しく解説します。衛生管理を正しく行うための方法と、安心して育児を楽しむための知識を身につけましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ca9e7381edfb49e4b681a3676ca4eb27/baby%E2%80%90laundry.jpg
子どもの健康

赤ちゃんの洗濯物はいつまで別にする?正しい洗濯方法と洗剤・柔軟剤の使い方

赤ちゃんの衣類の洗い方について、普段通りの洗濯方法でいいのか迷ったことはありませんか?赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、少しの刺激でもトラブルが起きやすいもの。そのため、赤ちゃんの衣類の洗濯方法には注意すべきポイントがあります。この記事では、赤ちゃんの洗濯物を他の家族の洗濯物と一緒に洗うべきか、別にするべきかについての疑問に答えます。また、洗剤や柔軟剤の選び方、赤ちゃん特有の汚れの落とし方、そして肌トラブルを防ぐための洗濯のコツについても詳しく解説します。正しい知識を身に付けて、大切な赤ちゃんの肌を守りましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2946ac13591641c7836736bd5cc63c73/baby-rolling-over-and-looking-happy.jpg
発達段階

赤ちゃんの寝返りはいつ頃から?兆候や注意点・親ができるサポート法も解説

赤ちゃんが初めて寝返りをする瞬間は、親にとってとても感動的な出来事です。寝返りは赤ちゃんの成長の大切なステップであり、その時期や兆候、注意点をよく知ることが大切です。この記事では、赤ちゃんが寝返りを始める一般的な時期や、寝返りをする前のサインについて詳しく説明します。また、寝返りを助けるための具体的な方法や、寝返りを始めたときに親が気をつけるべきポイントについても紹介します。赤ちゃんの成長をサポートするための情報を知り、安心して育児を楽しみましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/212b7e99b6be4425a54688d576a2fe5f/baby-massage.jpg
子どもの健康

ベビーマッサージで発達をサポートしよう!効果や時期・やり方や注意点を解説

ベビーマッサージという言葉、聞いたことがありますか?ベビーマッサージは、親子の深い絆を育むだけでなく、赤ちゃんの健康と発達に良いとされています。この記事では、ベビーマッサージの具体的な効果や最適なタイミング、基本的なやり方、そして注意点について詳しく解説します。初心者の方でも安心して始められる内容ですので、ベビーマッサージに興味がある方や具体的な方法を知りたい方は、ぜひご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d040a4efbe764334953c3cbedc41d95d/baby%E2%80%90sleeping%E2%80%90on%E2%80%90back.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの理想的な睡眠時間は何時間?寝不足のサインや上手な寝かしつけ方法も解説

赤ちゃんの成長と健康に、十分な睡眠は欠かせません。しかし、「赤ちゃんの理想的な睡眠時間は何時間なのか?」、「どのような睡眠リズムを作るのが良いのか?」といった疑問を抱えている親御さんも多いでしょう。この記事では、月齢別の睡眠時間の目安や理想的な睡眠リズムの作り方、赤ちゃんの寝不足のサイン、そして上手な寝かしつけ方法について詳しく解説します。赤ちゃんの健やかな成長に役立つ情報をお届けしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/76a552ff49164bfda05d696b4bf004de/smiling%E2%80%90baby-wearing-a-hood.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの寝返り返りはいつから始まる?練習のポイントや安全対策を解説

赤ちゃんの成長は驚くべきもので、毎日新しい発見があります。その中でも寝返りができるようになることは、多くの親が待ち望む大きな一歩です。しかし寝返りが出来て嬉しい反面、寝返りしたうつぶせ状態から元の状態に戻る「寝返り返り」はいつからできるようになるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、寝返り返りの一般的な時期やその兆候、練習のポイント、安全な環境作りのコツなどを詳しく解説します。ぜひこれを読んで、赤ちゃんの成長のサポートに役立ててください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c331303739840b29fa7dda48d6687f4/baby%E2%80%90with%E2%80%90eyes%E2%80%90closed.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが首を左右に振るのはなぜ?その意味や理由を解説します

赤ちゃんが首を左右に振ると、その行動に戸惑う親御さんも多いでしょう。首を振る行動が激しかったりあまり頻繁だったりすると「首を振るのは異常?」「いつまで続くの?」といった疑問を持つ親も少なくありません。この記事では、赤ちゃんが首を振る理由や注意すべきポイント、対応方法について詳しく解説します。赤ちゃんの首振り行動の背景にある理由をお伝えします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c75fe264a754244a07f627388d36537/zuribai%E2%80%90baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのずり這いはいつから?平均的な時期の目安や前兆・練習方法までガイド

赤ちゃんの成長の中で、多くの親が心待ちにするのが「ずり這い」の時期です。ずり這い(ずりばい)は、赤ちゃんが自分の力で移動し始める最初のステップであり、発達の重要な節目です。親として日々赤ちゃんの成長を間近で見ていると、「ずり這いはいつから始まるのか?」、「お座りとどちらが先なのか?」、「早い子と遅い子の違いは?」といった様々な疑問が出てくるのではないでしょうか。この記事では、ずり這いの平均的な時期やその前兆、ずり這いをしない場合の練習方法などについて詳しく解説します。これを読んで、赤ちゃんの成長に関する不安や疑問を解消し、自信を持ってサポートできるようになりましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/50ec53247f10477291dff6d42d6c9085/breast-milk-jewelry.jpg
赤ちゃんの育児

乳児の断乳マニュアル!赤ちゃんもママも快適なやり方とタイミングを解説

断乳は母親にとって大きなチャレンジであると共に、赤ちゃんの成長にとっても重要なステップになります。この記事では、断乳の正しいやり方やタイミングについて詳しく解説します。断乳と卒乳の違いから断乳のおすすめ時期や断乳中のママのおっぱいケア方法など、具体的で役に立つアドバイスをお伝えします。断乳をスムーズに進めるためのコツやパパとの協力方法も紹介しますので、初めての断乳に不安を感じているママも安心して実践できる内容です。ぜひこのガイドを参考にして、赤ちゃんと一緒にスムーズな断乳を目指しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68a0baf9b99e4bb4838e9e162aa3a147/when-stop-formula-transition-baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのミルクはいつまで必要?適正タイミングや量の減らし方などスムーズにやめる方法をご紹介

子育ての中で「赤ちゃんにミルクはいつまで与えるべきか」という疑問を抱える親御さんは少なくないでしょう。特に初めての育児では、ミルクのやめるタイミングや適切なフォローアップミルクの選び方が分からず、不安を感じることも少なくありません。この記事では、赤ちゃんの成長に合わせたミルクの与え方や、スムーズにミルクを卒業するための方法をわかりやすくご紹介します。赤ちゃんの成長に合ったミルクのあげ方を理解し、安心して次のステップに進むことができるようになるでしょう。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。