赤ちゃんのうつ伏せ寝は危険?SIDSとの関係や安全対策を解説

No.245更新日付:2024年7月16日

赤ちゃんの眠る姿は可愛いものですが、うつ伏せで寝ていて心配になったことはありませんか?この記事ではうつ伏せ寝が赤ちゃんにとってどのような影響を与えるのか、リスクはあるのかについて詳しく解説します。

また、SIDS(乳幼児突然死症候群)との関係や、赤ちゃんが安全にうつ伏せ寝をするためのポイントについても触れていきます。赤ちゃんの健康と安全を守るために正しい知識を身につけましょう。

この記事でわかること

  • 赤ちゃんのうつ伏せ寝について
  • 赤ちゃんのうつ伏せ寝とSIDS
  • 赤ちゃんのうつ伏せ寝の安全対策

赤ちゃんのうつ伏せ寝について

赤ちゃんにとってうつ伏せで寝ることは自然なことですが、その安全性については注意する必要があります。

ここでは、赤ちゃんはなぜうつ伏せで寝ることが好きなのか、その理由について見ていきましょう。また、うつ伏せ寝の危険性や、反対にメリットがあるのかどうかも詳しく解説します。

赤ちゃんはうつぶせで寝るのが好き?

赤ちゃんはうつぶせで寝るのが好きなのでしょうか?

もちろん個人差はありますが、多くの赤ちゃんは、生まれつきうつぶせの姿勢が落ち着くと感じます。その理由として、うつ伏せは母親の子宮内での姿勢に似ており、うつぶせになることで赤ちゃんの顔やお腹に圧力がかかり安心感が増すのではないかと言われています。

勿論、すべての赤ちゃんがうつぶせで寝るのが好きなわけでなく、仰向けで寝ることを好む赤ちゃんもいます。

赤ちゃんがうつ伏せ寝をするには理由があったんだね!安全面について気になるのでしっかり見ていきましょう。

赤ちゃんのうつ伏せ寝が危険な理由

うつ伏せ寝が危険な理由の一つに、SIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクが高まることがあります。SIDSとは、健康だった赤ちゃんが突然、予兆もなく亡くなる現象です。うつ伏せ寝は赤ちゃんの呼吸を妨げ、窒息のリスクが高まる可能性があるため、SIDSのリスクを増加させると考えられています。

また、うつ伏せ寝は赤ちゃんの顔がマットレスや寝具に押し付けられ、十分な酸素を取り込むことができなくなる可能性があります。このため、厚生労働省は、赤ちゃんを1歳になるまでは仰向けに寝かせることを推奨しています。(参考:厚生労働省 乳幼児突然死症候群

うつ伏せ寝にメリットはある?

うつ伏せ寝には、いくつかのメリットも存在します。

例えば、うつ伏せ寝は赤ちゃんの首や肩の筋肉を鍛えるのに役立ちます。うつ伏せの姿勢で頭を持ち上げる動作は、赤ちゃんの筋肉発達を促し、運動能力の向上に寄与します。

また、うつ伏せ寝はガスの排出を助け、赤ちゃんの消化を助ける効果もあります。

さらに、うつ伏せ寝は頭の形が平らになるのを防ぐ効果もあります。仰向けで長時間寝ていると、赤ちゃんの頭の後ろが平らになることがありますが、うつ伏せで寝ることでこれを防ぐことができます。

しかし、うつ伏せ寝をさせる際は、常に赤ちゃんから目を離さないことが大切です。赤ちゃんが窒息しないよう、寝具や周囲の環境に十分な注意を払いましょう。

うつ伏せ寝によって良いこともあるけれど、危険なことも多いので、常に目を離さないように気を付ける必要があるね!

うつ伏せ寝とSIDS(乳児突然死症候群)の関係

うつ伏せ寝とSIDS(乳児突然死症候群)の関係については、多くの研究が行われてきました。

SIDSの原因は完全には解明されていませんが、うつ伏せ寝がそのリスクを高めるとされています。ここでは、SIDSとうつぶせ寝の関係について詳しく説明します。赤ちゃんの安全を守るために、正しい知識を身につけましょう。

SIDSとは

SIDS(乳幼児突然死症候群)は、健康な赤ちゃんが突然原因不明で亡くなる現象を指します。

SIDSは通常、生後1か月から1歳までの赤ちゃんに発生しやすく、特に生後2~4か月の間に最も多く見られます。SIDSの具体的な原因はまだ完全には解明されていませんが、いくつかのリスク要因が指摘されています。

<SIDSのリスク要因>

  • うつ伏せ寝
    うつ伏せ寝は、赤ちゃんの呼吸が妨げられる可能性が高く、SIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクを増加させます​

  • 柔らかい寝具
    柔らかい寝具は赤ちゃんの顔が埋もれやすく、窒息の危険性が高まりSIDSのリスク要因となります​ 

  • 過度な暑さ
    過度な暑さによって赤ちゃんの体温が上がると、SIDSのリスクを増加させる要因となります。

  • 喫煙環境
    妊娠中および赤ちゃんの周囲での喫煙は、SIDSの大きなリスク因子であり、赤ちゃんの呼吸中枢に悪影響を及ぼします。

うつ伏せ寝とSIDSの関係

うつ伏せ寝がSIDSのリスクを高めるとされる理由の一つは、赤ちゃんの呼吸を妨げる可能性があるためです。うつ伏せの姿勢では、顔がマットレスや寝具に押し付けられやすくなり、呼吸がしにくくなります。赤ちゃんが十分な酸素を取り込めず、窒息のリスクが高まってしまうのです。

さらに、うつ伏せ寝は赤ちゃんの体温を上昇させる可能性があり、これもSIDSのリスクを高める要因とされています。うつ伏せで寝ると体の熱がこもりやすくなり、過熱状態になることがあります。赤ちゃんが眠る環境を調整し、過度な暑さを避けることが重要です。

また、うつ伏せ寝によって赤ちゃんの呼吸道が閉塞されやすくなり、窒息のリスクが増すこともあります。

こうした理由から、赤ちゃんは基本的に仰向け寝で寝かせることが推奨されています。仰向けは呼吸を確保しやすく、SIDSのリスクを低減するための最も安全な姿勢とされています。赤ちゃんの安全を守るために、うつ伏せ寝の危険性をしっかり理解しておきましょう。

赤ちゃんのうつ伏せ寝の安全対策

うつ伏せ寝にはリスクが伴います。ここでは、うつ伏せ寝の際に注意すべきポイントと、具体的な対策について詳しく解説します。しっかり対策することで、赤ちゃんの安全を確保しましょう。

うつ伏せ寝の時に注意するポイント

基本的に赤ちゃんはあおむけで寝せることが推奨されていますが、赤ちゃんをうつ伏せで寝せる際には、いくつかのポイントに注意する必要があります。下記のポイントを守ってリスクを最小限にしましょう。

☑硬めの平らなマットレスを使用する
☑枕やぬいぐるみ、大きな布団はそばに置かない
☑赤ちゃんの顔が布や寝具で覆われないようにする
☑赤ちゃんの体温が上がらないように部屋を快適な温度に設定する

親ができる具体的な対策

赤ちゃんの安全を守るためにできる、具体的な対策を以下に紹介します。

  • 仰向け寝を基本とする
    うつ伏せ寝はリスクが高いため、基本的には赤ちゃんを仰向けに寝かせるようにしましょう。

  • うつ伏せ寝の時間を制限する
    うつ伏せ寝が完全に避けられない場合でも、その時間を短くし、親の監視下で行うようにしましょう。昼間の監視下でのうつ伏せ時間は、赤ちゃんの首や肩の筋肉を鍛えるために有効ですが、夜間の睡眠時には避けるべきです。

  • 定期的に赤ちゃんの様子を確認する
    赤ちゃんがうつ伏せ寝をしている間は定期的に様子を確認し、問題がないかをチェックしましょう。特に赤ちゃんが寝返りを始める時期には、うつ伏せのまま寝続けることがないように注意が必要です。

  • 医師のアドバイスを受ける
    赤ちゃんの寝姿勢について不安がある場合や特別な注意が必要な場合は、専門機関を受診して下さい。

赤ちゃんのうつ伏せ寝に関するよくある質問

ここでは、赤ちゃんのうつ伏せ寝に関してよくある質問をご紹介します。

うつ伏せ寝はいつから始めても大丈夫ですか?

基本的に、うつ伏せ寝は生後数か月間は避けたほうが良いとされています。

生後1歳未満の赤ちゃんは、特にSIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクが高いため、仰向け寝が推奨されています。一般的には、生後3〜4か月頃から短時間うつ伏せにする「タミータイム」を取り入れることで首や肩の筋肉を鍛えることができますが、常に目を離さずに行うようにしましょう。

赤ちゃんが寝返りをしてうつ伏せの状態で寝てしまったらどうすればいいですか?

赤ちゃんが自分で寝返りを打ち、うつ伏せの状態で寝てしまうことはよくあります。この場合、親は頻繁に赤ちゃんの様子を確認し、必要であれば仰向けに戻してあげるようにしましょう。

しかし、赤ちゃんが自分で寝返りをすることができるようになると、自分で元に戻る力もついているためそれほど心配する必要はありません。大切なのは赤ちゃんの寝床が安全であることを確認することです。柔らかい寝具やぬいぐるみ、大きな毛布は取り除き、赤ちゃんが窒息するリスクを最小限に抑えるようにしましょう。

うつ伏せ寝は赤ちゃんの発達にどう影響しますか?

うつ伏せ寝は、赤ちゃんの発達に良い影響を与える側面もあります。特に、首や肩の筋肉を強化し、運動能力の発達を促すために「タミータイム」は効果的です。

また、うつ伏せになることで頭の形が偏るのを防ぐ効果もあります。

しかし、長時間のうつ伏せ寝はSIDSのリスクを高めるため、常に監視下で行うようにしましょう。

うつ伏せ寝のメリット、デメリットはご理解いただけましたでしょうか?赤ちゃんの安全を第一に見守ってあげましょうね♪

まとめ

この記事では、赤ちゃんのうつ伏せ寝に関するさまざまな側面を解説してきました。うつ伏せ寝の危険性や対策について理解を深めていただけたでしょうか。

うつ伏せ寝は赤ちゃんにとって自然な姿勢ですが、SIDS(乳幼児突然死症候群)や窒息のリスクが高まる恐れがあります。しっかりと周りの環境を整え、月齢が低いうちは仰向け寝を基本としましょう。また、赤ちゃんの発達にはうつ伏せ寝が有益な面もあるため、しっかり見守りながら取り入れていくようにして下さい。

この記事で得た情報を参考に、赤ちゃんの健やかな成長をサポートしていきましょう。

#ベビーパーク #キッズアカデミー #TOEZアカデミー #幼児教室 #親子教室 #幼児教育 #知育 #知能教育 #英語育児

「子どもの睡眠」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d040a4efbe764334953c3cbedc41d95d/baby%E2%80%90sleeping%E2%80%90on%E2%80%90back.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの理想的な睡眠時間は何時間?寝不足のサインや上手な寝かしつけ方法も解説

赤ちゃんの成長と健康に、十分な睡眠は欠かせません。しかし、「赤ちゃんの理想的な睡眠時間は何時間なのか?」、「どのような睡眠リズムを作るのが良いのか?」といった疑問を抱えている親御さんも多いでしょう。この記事では、月齢別の睡眠時間の目安や理想的な睡眠リズムの作り方、赤ちゃんの寝不足のサイン、そして上手な寝かしつけ方法について詳しく解説します。赤ちゃんの健やかな成長に役立つ情報をお届けしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/76a552ff49164bfda05d696b4bf004de/smiling%E2%80%90baby-wearing-a-hood.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの寝返り返りはいつから始まる?練習のポイントや安全対策を解説

赤ちゃんの成長は驚くべきもので、毎日新しい発見があります。その中でも寝返りができるようになることは、多くの親が待ち望む大きな一歩です。しかし寝返りが出来て嬉しい反面、寝返りしたうつぶせ状態から元の状態に戻る「寝返り返り」はいつからできるようになるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、寝返り返りの一般的な時期やその兆候、練習のポイント、安全な環境作りのコツなどを詳しく解説します。ぜひこれを読んで、赤ちゃんの成長のサポートに役立ててください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/15c360217430493181ff5c1e365bf64e/NO205-1.jpeg
赤ちゃんの育児

「赤ちゃんのいびき」について~その原因や医師の診察が必要な場合、対策について解説~

赤ちゃんの寝顔は天使のようにかわいいものですよね。育児で疲れている時でも、平和そうな赤ちゃんの寝顔を見ると気持ちが癒されて何とか乗り切れる、ということもあるかと思います。ところが、そんな赤ちゃんが意外と大きないびきをかいてびっくりすることがあると思います。「ぐごー」「しゅぴー」と大人顔負けの大きな音でいびきをかいて親が寝られなくなったり、赤ちゃん自身が自分のいびきの音に驚いて目をさましてしまったり、なんて先輩ママの思い出話を聞いたりするものです。笑い話で語られることも多い「赤ちゃんのいびき」ですが、あまりにひどいと「健康に何か問題があるのではないか?」と心配になる親御さんもいらっしゃると思います。こちらのコラムでは、この「赤ちゃんのいびき」について、いびきが始まる時期やその原因、注意したほうがよいケースや対応法などを説明していきます。こちらを読んでいただき、少しでも子育ての手助けになれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f7a46e568ab46969e12c080a4c85ae9/NO202-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが寝る時の服装のおすすめは?~季節別や月齢別のおすすめや注意点を紹介~

赤ちゃんを育てている親御さんなら、赤ちゃんがちゃんと夜寝てくれるかはとても大事なテーマだと思います。夜ぐっすりと寝てくれれば赤ちゃんも健康になるし、お母さんとしても少しは楽な時間が作れる…、と願いますが、実際はなかなか寝付いてくれなかったり、寝てもすぐに起きてしまったりと、ほとんどのパパママにとっての悩みのタネだと思います。 こちらのコラムでは、赤ちゃんが快適に睡眠をとれるようにするための適切な服装や寝室の環境などについて解説していきます。どうしても寝てくれない日や、夜泣きをする日はあるものですが、なるべく快適な環境で子どもにぐっすり寝てもらえるように役立てば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8ad95ebc7b6f4ce9b7dbf984b913bb93/img01.jpg
3歳~6歳の育児

小学校入学準備:お昼寝は何歳までさせていい?

「まわりの子はお昼寝していないのに、うちの子はまだお昼寝してる。もうすぐ小学校にあがるのに大丈夫かしら?」小学校入学が迫っているのにお昼寝の習慣が続いていると、このままで平気かな?と心配になってきますよね。お昼寝はいつ頃まで必要なのでしょうか。今回は、睡眠をとることの意味やお昼寝を卒業させる方法をご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/76ba5c01445846c7b9046fc191ffa6d8/img01.jpg
3歳~6歳の育児

寝る前にするとよいおすすめの習慣~寝る前のお話の時間が想像力をはぐくむ~

就学前のお子さまがいるご家庭では、夜寝る前に読み聞かせをしているということが多いと思います。でも、毎日のこととなると、「同じものばっかり読んでいて飽きてきた」「読む本がなくなった」ということもあるのではないでしょうか。絵本だとすぐに終わってしまうし、長いお話は読むのも大変。電気も暗くできないから、結局なかなか寝てくれない。そんな時には、お父さんお母さんがお話をつくって聞かせてあげましょう。今回は、寝る前にするとよいおすすめの習慣と、簡単にできるお話づくりのコツをお伝えします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a638f1e372eb48dcb9d0480ec668d142/img01.jpg
その他

子どもの成長につながる睡眠リズムの作り方について~睡眠とホルモン分泌の関係を理解しよう~

子育てをしていると、子どもがなかなか寝てくれない、変な時間にお昼寝をたくさんしてしまう、朝起きてくれないなど、子どもの睡眠に関する心配や悩みは尽きないものです。多くのお母さま方が苦労しているであろうお子さまの睡眠について、これまでコラムNo.80「寝ない子どもへの対処法は? 体内時計を整える「光」の使い方について」や、コラムNo.81「子どもの生活習慣のつくり方~生体リズムから考えた健康な生活リズム~」では、子どもの睡眠リズムを整える具体的な方法をご説明してきました。こちらのコラムでは、さらに人間の睡眠の種類とホルモン分泌の観点から、子どもがもっとも成長する睡眠リズムの作り方について解説しています。ぜひ子育てをする多くのお母さまに読んでいただけますと幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23fc36ebde5c475780138f982287f536/img01.jpg
赤ちゃんの育児

新生児が寝ない理由は?赤ちゃんが抱っこしないと寝ない原因と寝かしつけのコツ

出産を終えて赤ちゃんと出会えて幸せいっぱいの産後。しかし産後のボロボロの体で新生児のお世話をするのは大変なこともいっぱい。特にはじめてのお母さんはわからないこともたくさんあって、「どうすればいいの?」と悩むことも多いでしょう。新生児の睡眠の定義として一般的には1日のほとんどが寝て過ごしているといわれています。しかし実際には「すぐに目を覚ましてしまう」「抱っこをしていないと起きてしまう」ということが起きています。寝ない原因として、“お腹がすいた”“不快がある”など挙げられます。こういった原因とともに新生児の赤ちゃんが心地よく過ごせるにはどうすればいいのか。新生児の睡眠のメカニズムと寝つけない原因と対策についてお話しします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/626ba9d931914d328b28fb00cfe80be9/img01.jpg
1歳~3歳の育児

子どもの生活習慣のつくり方~生体リズムから考えた健康な生活リズム~

子育てをしていると、夜寝つくのが遅かったり、昼寝をしたりしなかったり、ご飯を食べる時間がバラバラになってしまったりと、うちの子どもの生活習慣はこれでよいのかな?と不安になる時があると思います。人間には本来「生体リズム」が存在し、太陽や月の周期と深い関係があり、1日25時間周期であるといわれています。こちらの記事では、この「生体リズム」から考えた乳幼児の健康的な生活習慣について、1日の過ごし方を朝から順を追って説明しています。実際の生活がイメージしやすいと思いますので、ぜひ最後まで読んで、取り入れてみてくださいね。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e632e9d5fda64b5880bd4ca260067361/toddler-pacifier.jpg
子どもの健康

おしゃぶりは平均いつまで使う?使い続けるリスクとやめるための8ステップ

子どもが安心して眠るために使用しているおしゃぶりですが、いつまで使うべきか、また使い続けることでどのようなリスクがあるのか、悩んでいる親御さんは多いでしょう。この記事では、おしゃぶりを使用する月齢の平均と目安、使用し続けることによるリスクについて詳しく解説します。そして、おしゃぶりをやめさせるための8つのステップも紹介します。この記事を通じて、おしゃぶりの使用についての不安や疑問を解消し、おしゃぶりをやめさせるための知識と方法を得ることができます。お子さんの健康と成長をサポートし、安心しておしゃぶりを卒業できるよう、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d4af2bc80eb347bba890a6bc3f2631da/star-teeth%E2%80%90hardening.jpg
子どもの健康

歯固めはいつからいつまで使う?歯並びへの影響やおしゃぶりとの違い・選び方も解説

赤ちゃんの成長に伴い、小さな歯が生えてくるのは多くの親にとって喜ばしい瞬間です。しかし、赤ちゃんの歯に関するアイテムの一つ「歯固め」は、いつから何のために使うのか疑問に思ったことはありませんか?この記事では、歯固めの基本的な役割から効果、安全な使い方までを詳しく解説します。歯固めに関する疑問を解消し、赤ちゃんのお口の健康を守るためぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5bc9b6c792204dfe9ae53f0ab9a15236/sheep%E2%80%90sitting%E2%80%90on%E2%80%90the%E2%80%90toilet.jpg
おむつ・トイレトレーニング

トイトレでウンチができない悩みを解決!効果的な誘い方や対策を解説

トイレトレーニング、通称トイトレは、子どもの成長にとって重要なステップです。しかし、特にウンチができないという悩みを抱える親御さんは多くいます。この記事では、子どもがトイレでウンチができない理由とその解決策、効果的なトイレトレーニングの方法について詳しく説明します。また、便秘や心理的な要因についても触れ、親としてどのようにサポートすればよいかを具体的に提案します。この記事を読むことで、子どもがトイレでウンチをできるようになるためのヒントやアドバイスを得られるでしょう。ぜひ、トイトレの成功に向けて、一緒に学んでいきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a820c3470a2f4f8eab563d144025538c/girl%E2%80%90sitting%E2%80%90in%E2%80%90child%E2%80%90seat.jpg
1歳~3歳の育児

チャイルドシートを前向きにするのは何ヶ月・何キロから?理由や注意点も解説

子供を持つ親にとって、チャイルドシートの使用は安全運転の基本です。しかし、チャイルドシートを後ろ向きから前向きに切り替えるタイミングについては、多くの親が疑問に思うことではないでしょうか。この記事では、チャイルドシートを前向きに切り替える最適な時期について詳しく解説します。この記事を読むことで、チャイルドシートの適切な使用方法や切り替え時期を理解し、子供の安全を確保するための知識を得ることができます。さあ、チャイルドシートを前向きに切り替えるタイミングについて、一緒に学んでいきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1b909dd69f84c618e0a41f4f2b16cee/milk%20bottle.jpg
1歳~3歳の育児

卒乳はいつする?スムーズなやり方やタイミング、断乳との違いまで徹底解説!

子育ての大きな節目として、親子にとって特別な意味を持つ「卒乳」。しかし、特に第一子の場合、「卒乳はいつ頃行えばよい?」「スムーズに卒乳を進めるにはどうしたらいいの?」など不安を感じている、という方も多いのではないでしょうか。この記事では卒乳の適切なタイミングやスムーズに進めるための方法、そして断乳との違いまで、わかりやすく解説します。卒乳を成功させるための知識を身につけ、この大切な時期を母子共に穏やかに過ごすための一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/16f16d46aa164f91a066260434111495/%E6%85%A3%E3%82%89%E3%81%97%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e200935f9e134d65b4d3ec224730d1dd/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%AA%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%81%AF%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。