歯固めはいつからいつまで使う?歯並びへの影響やおしゃぶりとの違い・選び方も解説

No.244更新日付:2024年7月16日

赤ちゃんの成長に伴い、小さな歯が生えてくるのは多くの親にとって喜ばしい瞬間です。しかし、赤ちゃんの歯に関するアイテムの一つ「歯固め」は、いつから何のために使うのか疑問に思ったことはありませんか?

この記事では、歯固めの基本的な役割から効果、安全な使い方までを詳しく解説します。歯固めに関する疑問を解消し、赤ちゃんのお口の健康を守るためぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること

  • 歯固めとは
  • 歯固めとおしゃぶりの違い
  • 歯固めを使う時期
  • 歯固めの選び方
  • 歯固め使用の注意点

歯固めとは?

歯固めは赤ちゃんの乳歯が生える時期に使用する道具で、主に歯の生え始めによる不快感を軽減するために使われます。

ここでは歯固めの役割や効果、さらには赤ちゃんの歯並びに与える影響について詳しく説明します。

歯固めの役割と歯並びへの影響・効果

歯固めは、赤ちゃんの乳歯が生える際の不快感を和らげるために使われる道具です。

乳歯が生えてくると赤ちゃんは口の中に違和感を感じ、歯茎がかゆくなったり、痛みを感じることがあります。そんな時、赤ちゃんは歯固めを使うことで口の中の違和感を和らげることができます。

歯固めの役割には以下のようなものがあります。

  • 歯茎に刺激を与える
    歯固めを噛むことで歯茎が適度に刺激され、かゆみや痛みが軽減されます。

  • 歯が生えるのを助ける
    歯茎の刺激により、歯が生えてくるプロセスがスムーズになります。

  • 噛む力の発達
    歯固めを噛むことで、赤ちゃんの噛む力が自然に発達し、将来的な食事に備えた口腔機能の向上が期待できます。

歯固めは適切に使用すれば、歯並びに悪影響は少ないとされています。

しかし長期間にわたって使用する場合や、歯固めの形状や硬さが適していない場合には歯並びに影響する可能性もあります。安全な素材で作られた歯固めを選び、適度な頻度で使用することが大切です。

赤ちゃんが歯をむずがゆっているときに使用するなど、適切な頻度で使用することが大事なんだね!

歯固めの種類

歯固めには色々な種類があり、それぞれに特徴があります。以下に代表的な歯固めの種類を紹介します。

  • シリコン製歯固め
    柔らかく弾力性があり安全性が高いため、多くの親に選ばれています。また、煮沸消毒が可能で衛生的です。

  • プラスチック製歯固め
    硬めの素材で、しっかりとした噛み応えがあります。

  • 木製歯固め
    天然素材を使用しており、自然な噛み心地があります。抗菌性のある木材を使用している場合も多く安心して使用できます。

それぞれの歯固めに特徴があるため、赤ちゃんの好みやニーズに合わせて選びましょう。

また、歯固めを清潔に保つことも忘れずに行いましょう。

歯固めはいつから使い始めるべき?

では、歯固めはいつから使うのが良いのでしょうか。

ここでは、赤ちゃんの歯の成長目安と歯固めを使い始めるサインについて詳しく解説します。適切なタイミングで歯固めを取り入れるポイントを学びましょう。

赤ちゃんの歯の成長目安

赤ちゃんの歯の成長には個人差がありますが、一般的には生後6ヶ月頃から乳歯が生え始めます。

最初に生えてくるのは下の前歯(下顎の中央切歯)で、その後上の前歯(上顎の中央切歯)が続きます。以下は一般的な歯の生え始める時期の目安です。

  • 生後6ヶ月頃:下の前歯(中央切歯)
  • 生後8ヶ月頃:上の前歯(中央切歯)
  • 生後10ヶ月頃:上下の側切歯(中央切歯の隣の歯)
  • 生後12ヶ月頃:第一乳臼歯(奥歯)
  • 生後18ヶ月頃:犬歯(側切歯と第一乳臼歯の間の歯)
  • 生後24ヶ月頃:第二乳臼歯(さらに奥の歯)

これらの時期はあくまで目安であり、早い子もいれば遅い子もいます。赤ちゃんの個々の成長を見守りながら適切な時期に対応することが大切です。

歯固めを使い始めるサイン

歯固めを使い始めるタイミングは、赤ちゃんの行動や様子から判断できます。以下のようなサインが見られたら、歯固めを使い始めることを検討しましょう。

☑よだれが増える
赤ちゃんが歯の生え始めに伴ってよだれの量が増えることがあります。

☑口に手や物を入れる
歯茎のかゆみや不快感から、赤ちゃんが自分の手や周りの物を口に入れるようになります。

☑歯茎の腫れや赤み
歯が生え始める場所の歯茎が腫れたり赤くなることがあります。

☑ぐずりが増える
歯茎の不快感や痛みから、赤ちゃんがぐずったり機嫌が悪くなることがあります。

これらの項目にいくつかチェックがついたら、歯固めを導入してみましょう。赤ちゃんの口内の不快感を減らし、健やかな成長をサポートできます。

歯固めはいつまで使うのがベスト?

歯固めを握っている赤ちゃんの姿は可愛いですよね。しかし、歯固めはいつまで使うべきなのでしょうか。やめた方が良いタイミングはあるのでしょうか。

ここでは、歯固めをやめる時期の目安について詳しく解説します。歯固めの効果的な使用期間を理解し、赤ちゃんの成長に合わせた適切な対応を行いましょう。

歯固めをやめる時期の目安

歯固めの使用をやめるタイミングについては、赤ちゃんの成長と発達に応じて判断することが大切です。一般的には、以下のようなサインが見られると歯固めをやめる時期が近づいているサインです。

  • 歯がほぼ生えそろった
    通常、乳歯が20本すべて生えそろうのは2歳半から3歳頃です。すべての乳歯が生えそろった段階で、歯固めの役割はほぼ終わりと考えてよいでしょう。

  • 歯固めに興味を示さない
    赤ちゃん自身が歯固めに対する興味を失い、他のおもちゃや食べ物に集中するようになった場合も、やめるタイミングの目安になります。

  • かゆみや痛みが軽減された
    歯の生え始めに伴うかゆみや痛みが軽減され、赤ちゃんが特に困っていない様子であれば、無理に歯固めを続ける必要はありません。

歯固めの使用をやめるタイミングは、赤ちゃんのペースに合わせることが重要です。無理にやめさせるとストレスを感じることがありますので、自然な流れで卒業できるように見守りましょう。

歯固めとおしゃぶりの違い

歯固めと似たようなアイテムとして、おしゃぶりがあります。ここでは、歯固めとおしゃぶりの違いについて詳しく説明します。

歯固めとおしゃぶりの違いを理解し、赤ちゃんの成長に合わせた適切なケアを行いましょう。

おしゃぶりと歯固めの違いは?

おしゃぶりと歯固めは赤ちゃんの成長において異なる役割を果たします。まずはそれぞれの違いを見ていきましょう。

  • おしゃぶり

    おしゃぶりは、主に赤ちゃんの吸啜反射(吸う本能)を満たすために使用されます。新生児から使うことができ、赤ちゃんが落ち着くために効果的です。

    また、おしゃぶりを使うことで、赤ちゃんの泣き声を和らげたり、眠りにつきやすくする効果があります。

    ただし、長期間使用すると歯並びや発音に影響を及ぼす可能性があるため、適切な時期にやめることが奨められています。

  • 歯固め

    一方歯固めは、赤ちゃんの乳歯が生える時期に歯茎のかゆみや痛みを和らげるために使われます。主に生後4ヶ月頃から使用を始めることが多いです。

    歯固めを噛むことで歯茎が刺激され、不快感を減らす効果があります。

    また、噛む行為を通じて赤ちゃんの噛む力や口腔機能の発達にも寄与します。

おしゃぶりをやめる時期の目安

おしゃぶりをやめるタイミングは、赤ちゃんの成長に合わせて適切に判断することが重要です。一般的には、以下のようなサインが見られたらおしゃぶりをやめる時期と考えられます。

  • 1歳半から2歳頃
    この時期になると、吸啜反射が薄れ始め、赤ちゃんもおしゃぶりへの依存が減少します。

  • 言語発達の促進
    2歳を過ぎると、言葉の発達が進むため、おしゃぶりを使わない時間を増やし、言語発達を促すことが望ましいです。

  • 自発的におしゃぶりを使わなくなる
    赤ちゃん自身が自然におしゃぶりに興味を示さなくなることも、やめるタイミングの一つです。

おしゃぶりのメリットとデメリット

<メリット>

  • 安心感の提供
    おしゃぶりを吸うことで赤ちゃんが安心し、泣き止むことがあります。
  • 睡眠の助け
    おしゃぶりを使うことで、赤ちゃんが眠りにつきやすくなることが多いです。
  • SIDSの予防
    一部の研究では、おしゃぶりが乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを減らす可能性があると示されています。

<デメリット>

  • 歯並びへの影響
    長期間使用すると、歯並びに悪影響を及ぼすことがあります。
  • 耳の感染症リスク
    おしゃぶりを長時間使用することで、中耳炎のリスクが増加することがあります。
  • 言語発達の遅れ
    言葉を学ぶ時期におしゃぶりを多用すると、言語発達に影響を与える可能性があります。

以上のように、おしゃぶりと歯固めにはそれぞれ異なる役割と効果があり、赤ちゃんの成長に応じて適切に使い分けることが重要です。

歯固めの選び方とポイント

赤ちゃんの使用する歯固めは、どのように選べばいいのでしょうか。

ここでは、歯固めを選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。具体的には、安全な素材の選び方、形状とデザインの重要性、お手入れのしやすさと清潔さについて説明します。これを参考に、赤ちゃんに最適な歯固めを見つけてください。

【Point1】安全な素材

歯固めを選ぶ際に最も重要なポイントの一つが、安全な素材で作られているかどうかです。赤ちゃんは口に入れるものに対して敏感であり、化学物質や有害物質が含まれていない製品を選びましょう。

以下に、歯固めの安全性を確保するための素材選びのポイントを紹介します。

  • BPAフリー
    プラスチック製品を選ぶ際は、必ず「BPAフリー」と表示されているものを選びましょう。BPA(ビスフェノールA)は有害な化学物質であり、長期的な健康への影響が懸念されています。

  • シリコン製
    食品グレードのシリコンは、安全性が高く、耐久性もあるためおすすめです。シリコンは柔らかくて噛みやすく、赤ちゃんの歯茎に優しい素材です。

  • 天然ゴム製
    天然ゴムは自然素材であり、化学物質を使用していないため安心です。ただし、ラテックスアレルギーの可能性がある場合は注意が必要です。

  • 木製
    天然木を使用した歯固めも人気があります。抗菌性があり、自然な噛み心地が特徴です。ただし、木製の場合は塗料やコーティングに有害物質が含まれていないか確認することが重要です。

【Point2】形状とデザイン

赤ちゃんが使いやすく、興味を持ちやすい形状やデザインを選ぶのもポイントです。赤ちゃんの小さな手でも握りやすく、口に入れやすい形状を選びましょう。

例えば、リング状やハンドルが付いたデザインは持ちやすく、多様なテクスチャーがある歯固めは興味を引きやすいです。鮮やかな色合いやかわいらしいデザインも赤ちゃんの視覚を刺激し、使う楽しさを高めます。さらに、角が丸く、鋭利な部分がない安全な形状を選ぶことで赤ちゃんの口や手を傷つけるリスクを減らせます。

【Point3】お手入れのしやすさと清潔さ

歯固めは頻繁に赤ちゃんの口に入れるものなので、常に清潔に保つことが重要です。お手入れのしやすさも考慮して選びましょう。

  • 煮沸消毒が可能
    シリコンや一部のプラスチック製の歯固めは、煮沸消毒が可能で衛生的に使用できます。購入前に煮沸消毒が可能かどうか確認しましょう。
  • 食器洗い機対応
    食器洗い機で洗えるタイプの歯固めは、お手入れが簡単で便利です。手間をかけずに清潔に保てるため忙しい親にとって助かります。

  • 一体型デザイン
    部品が分かれていない一体型の歯固めは隙間に汚れがたまりにくく、清潔を保ちやすいです。部品が分かれているタイプは、細かい部分までしっかりと洗浄できるか確認しましょう。

以上のポイントを参考にして、安全で使いやすく清潔に保てる歯固めを選び、赤ちゃんの健やかな成長をサポートしてください。

歯固めを使う際の注意点

赤ちゃんに歯固めを与える際には、いくつかの注意点があります。

ここでは、歯固めを使う際の具体的な注意点について解説します。ポイントを押さえて、歯固めを安全かつ効果的に活用しましょう。

①無理に使わせない

歯固めは赤ちゃんの成長と快適さをサポートするための道具ですが、無理に使わせることは避けるべきです。

赤ちゃんが歯固めに興味を示さない場合や嫌がる場合には、他の方法で歯茎の不快感を和らげることを考えましょう。無理に使わせると、逆にストレスを感じることがあります。

②無理にやめさせない

一方、歯固めの使用を無理にやめさせることも避けましょう。

赤ちゃんの成長とともに自然に歯固めを使わなくなる時期が訪れます。赤ちゃん自身が使いたくなくなったり、他のおもちゃや食べ物に興味を示すようになったら自然に使用をやめることができます。

無理にやめさせると赤ちゃんが不安を感じることがありますので、成長のペースに合わせて対応しましょう。

③使っている間は目を離さない

歯固めを使用している間は、常に目を離さないようにしましょう。

赤ちゃんは予想外の行動をすることがあり、誤って喉に詰まらせるリスクがあります。安全に使用するためには、赤ちゃんが歯固めを使っている間は必ず見守ることが重要です。

また、破損や汚れがないか定期的にチェックし、安全な状態で使用できるようにしてください。

④定期的にお手入れをする

歯固めは赤ちゃんが頻繁に口に入れるものなので、清潔に保つことが非常に大切です。

定期的にお手入れを行い、細菌や汚れを取り除きましょう。シリコン製やプラスチック製の歯固めは煮沸消毒が可能なものが多いので、使用前後にしっかりと消毒することをおすすめします。

また、洗浄後はしっかり乾かしてから使用することで、清潔な状態を保つことができます。

赤ちゃんが口に入れる物なので、安全性や使い方に気を付けながら適切に使っていきたいですね♪

まとめ

この記事では、歯固めの使い始めの時期、効果、安全性について詳しく解説しました。

歯固めは、赤ちゃんの歯茎のかゆみや痛みを和らげるために使われる道具であり、赤ちゃんの成長に合わせて適切に使用することが大切です。危険のない素材や形状を選び、定期的にお手入れを行うことで、安全に使用しましょう。

ぜひこの記事で得た知識を参考にして、赤ちゃんの健やかな成長をサポートしてください。

#ベビーパーク #キッズアカデミー #TOEZアカデミー #幼児教室 #親子教室 #幼児教育 #知育 #知能教育 #英語育児

「子どもの健康」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e632e9d5fda64b5880bd4ca260067361/toddler-pacifier.jpg
子どもの健康

おしゃぶりは平均いつまで使う?使い続けるリスクとやめるための8ステップ

子どもが安心して眠るために使用しているおしゃぶりですが、いつまで使うべきか、また使い続けることでどのようなリスクがあるのか、悩んでいる親御さんは多いでしょう。この記事では、おしゃぶりを使用する月齢の平均と目安、使用し続けることによるリスクについて詳しく解説します。そして、おしゃぶりをやめさせるための8つのステップも紹介します。この記事を通じて、おしゃぶりの使用についての不安や疑問を解消し、おしゃぶりをやめさせるための知識と方法を得ることができます。お子さんの健康と成長をサポートし、安心しておしゃぶりを卒業できるよう、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ca9e7381edfb49e4b681a3676ca4eb27/baby%E2%80%90laundry.jpg
子どもの健康

赤ちゃんの洗濯物はいつまで別にする?正しい洗濯方法と洗剤・柔軟剤の使い方

赤ちゃんの衣類の洗い方について、普段通りの洗濯方法でいいのか迷ったことはありませんか?赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、少しの刺激でもトラブルが起きやすいもの。そのため、赤ちゃんの衣類の洗濯方法には注意すべきポイントがあります。この記事では、赤ちゃんの洗濯物を他の家族の洗濯物と一緒に洗うべきか、別にするべきかについての疑問に答えます。また、洗剤や柔軟剤の選び方、赤ちゃん特有の汚れの落とし方、そして肌トラブルを防ぐための洗濯のコツについても詳しく解説します。正しい知識を身に付けて、大切な赤ちゃんの肌を守りましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/13595e854f654b179ea72b67bf12df6f/autism-blocks.jpg
子どもの健康

自閉症の赤ちゃんの特徴とは?早期発見のための視線の動きと育児のヒント

自閉症の赤ちゃんを育てている、もしくはその可能性を感じている親や育児関係者にとって、早期発見と適切なサポートはとても大切です。自閉症は早期に発見することで、必要な支援や療育を受ける機会が増え、その子どもの発達を最大限にサポートすることができます。この記事では、自閉症の赤ちゃんに見られる特徴や早期発見のためのポイント、療育や具体的なサポートの方法についても解説します。ぜひ最後まで読んでその子にとって最適な育児方法を見つけてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/212b7e99b6be4425a54688d576a2fe5f/baby-massage.jpg
子どもの健康

ベビーマッサージで発達をサポートしよう!効果や時期・やり方や注意点を解説

ベビーマッサージという言葉、聞いたことがありますか?ベビーマッサージは、親子の深い絆を育むだけでなく、赤ちゃんの健康と発達に良いとされています。この記事では、ベビーマッサージの具体的な効果や最適なタイミング、基本的なやり方、そして注意点について詳しく解説します。初心者の方でも安心して始められる内容ですので、ベビーマッサージに興味がある方や具体的な方法を知りたい方は、ぜひご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f47eca0d70944162a7ea3133ecddffaa/baby%20brushing%20teeth.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?ガーゼや歯ブラシの使用方法や嫌がる時の解決策まで徹底解説!

親にとって、赤ちゃんの健康は何よりも大切です。赤ちゃんに初めて小さな乳歯が生えてきたとき、その成長を喜ぶと共に、歯磨きについての疑問も出てくるのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんの歯磨きをいつから始めれば良いのか、そしてどのようにして進めれば良いのか、分かりやすく説明します。使用するべきツールや、赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合の対処法についてもご紹介。赤ちゃんの歯磨きに関してよくある疑問を解消し、健康な歯を育む第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2291b6ac9899493289c1c9758c9aa3af/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%97%E6%8C%87%E6%95%B0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E8%82%A5%E6%BA%80%E3%81%AE%E5%88%A4%E6%96%AD%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%83%BB%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%A5%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%80%A4%E3%80%81%E8%82%A5%E6%BA%80%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%A7%A3%E8%AA%AC%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

カウプ指数とは?赤ちゃんの肥満の判断基準・年齢別標準値、肥満予防について解説

健康な体を維持するためには、適切な体重管理が大切です。特に成長期にある赤ちゃんにとって、体重と身長のバランスを見ることは重要な健康管理方法の一つとなります。この記事では、赤ちゃんの健康状態を把握するための重要な指標であるカウプ指数について詳しく解説します。カウプ指数を理解することで、赤ちゃんの健康管理に役立てていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bd7fa0f925b242eb977655d9720be0b3/img01%20(5).jpg
その他

「低身長症」って本当ですか?~情報に振り回されすぎない判断を~

「低身長症」という言葉を最近よく目にするようになりました。我が子の伸長が健全に伸びてほしいというのは、すべての親に共通する自然な願いだと思います。現在「低身長」とされた子どもに対して成長ホルモンによる治療がおこなわれています。しかし、世間では過剰に「低身長」を心配するあまりに、本当に治療が必要な状況ではない子どもにも、副作用に関するデータが十分とはいいがたい薬を投与しているケースも見受けられます。こちらのコラムでは、「低身長症」にまつわる現状と客観的な事実について掲載しています。過度に心配しすぎず、落ち着いて両親で考えてみる手助けになれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fd299927b2de49298326a919e85a1518/img01.jpg
その他

気になる子どもの「指しゃぶり」~やめさせるタイミングと注意点について解説~

生後数ヶ月たった頃から見られ始める「指しゃぶり」。指しゃぶりしながら寝ている赤ちゃんの姿はかわいく、ついそのうち直るだろうと思いつつ見とれてしまったりするものですね。いっぽうで子どもの歯並びや言語の発達に影響すると聞き、心配になるお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、子どもの「指しゃぶり」について、いつから始まるのか、どのような影響が子どもにあるのか、やめさせる際の注意点ややめさせるべき時期など詳細に解説しています。子どもの「指しゃぶり」について気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f42c6aa031841a4a966789e6b391195/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期における「白砂糖」摂取の弊害について

近年「白砂糖は健康によくない」という記事や評判をひんぱんに目にするようになったと感じます。健康に気を使っている方は、肥満防止のために白砂糖を控えめにしている人も多いと思います。では、特に幼児期の子どもが白砂糖を過剰に摂取するとどうなるのでしょうか? こちらの記事では、特に幼児期の子どもが早い段階から白砂糖を過剰に摂取してしまうことの弊害について、虫歯予防の観点や健康の観点から説明しています。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/77219cd1a960441c97ae07a55ec6bd41/img01%20(8).jpg
その他

子どもの身長を健康的に伸ばすために

近年、日本の平均身長の伸びが止まっている、というニュースをよく目にすることがありますが、子どもの身長を高くしてあげたい、子どもの身長が低くないか心配…、と子どもの身長について何らかの心配や思いのあるお母さまは多いと思います。子どもの身長は遺伝ももちろん大きく関わりますが、生活習慣や環境による影響も大きく、親が適切な生活習慣を子どもに教えてあげられることで、子どもは健康的に成長し身長も伸びていきます。こちらのコラムでは、子どもの身長を健康的に伸ばすために、幼少期から定着すべき必要な生活習慣を4つに大別し解説していきます。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e632e9d5fda64b5880bd4ca260067361/toddler-pacifier.jpg
子どもの健康

おしゃぶりは平均いつまで使う?使い続けるリスクとやめるための8ステップ

子どもが安心して眠るために使用しているおしゃぶりですが、いつまで使うべきか、また使い続けることでどのようなリスクがあるのか、悩んでいる親御さんは多いでしょう。この記事では、おしゃぶりを使用する月齢の平均と目安、使用し続けることによるリスクについて詳しく解説します。そして、おしゃぶりをやめさせるための8つのステップも紹介します。この記事を通じて、おしゃぶりの使用についての不安や疑問を解消し、おしゃぶりをやめさせるための知識と方法を得ることができます。お子さんの健康と成長をサポートし、安心しておしゃぶりを卒業できるよう、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ebff181f7d3847039eee345ffa8fbc2b/boy%E2%80%90sleeping%E2%80%90on%E2%80%90stomach.jpg
子どもの睡眠

赤ちゃんのうつ伏せ寝は危険?SIDSとの関係や安全対策を解説

赤ちゃんの眠る姿は可愛いものですが、うつ伏せで寝ていて心配になったことはありませんか?この記事ではうつ伏せ寝が赤ちゃんにとってどのような影響を与えるのか、リスクはあるのかについて詳しく解説します。また、SIDS(乳幼児突然死症候群)との関係や、赤ちゃんが安全にうつ伏せ寝をするためのポイントについても触れていきます。赤ちゃんの健康と安全を守るために正しい知識を身につけましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5bc9b6c792204dfe9ae53f0ab9a15236/sheep%E2%80%90sitting%E2%80%90on%E2%80%90the%E2%80%90toilet.jpg
おむつ・トイレトレーニング

トイトレでウンチができない悩みを解決!効果的な誘い方や対策を解説

トイレトレーニング、通称トイトレは、子どもの成長にとって重要なステップです。しかし、特にウンチができないという悩みを抱える親御さんは多くいます。この記事では、子どもがトイレでウンチができない理由とその解決策、効果的なトイレトレーニングの方法について詳しく説明します。また、便秘や心理的な要因についても触れ、親としてどのようにサポートすればよいかを具体的に提案します。この記事を読むことで、子どもがトイレでウンチをできるようになるためのヒントやアドバイスを得られるでしょう。ぜひ、トイトレの成功に向けて、一緒に学んでいきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a820c3470a2f4f8eab563d144025538c/girl%E2%80%90sitting%E2%80%90in%E2%80%90child%E2%80%90seat.jpg
1歳~3歳の育児

チャイルドシートを前向きにするのは何ヶ月・何キロから?理由や注意点も解説

子供を持つ親にとって、チャイルドシートの使用は安全運転の基本です。しかし、チャイルドシートを後ろ向きから前向きに切り替えるタイミングについては、多くの親が疑問に思うことではないでしょうか。この記事では、チャイルドシートを前向きに切り替える最適な時期について詳しく解説します。この記事を読むことで、チャイルドシートの適切な使用方法や切り替え時期を理解し、子供の安全を確保するための知識を得ることができます。さあ、チャイルドシートを前向きに切り替えるタイミングについて、一緒に学んでいきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1b909dd69f84c618e0a41f4f2b16cee/milk%20bottle.jpg
1歳~3歳の育児

卒乳はいつする?スムーズなやり方やタイミング、断乳との違いまで徹底解説!

子育ての大きな節目として、親子にとって特別な意味を持つ「卒乳」。しかし、特に第一子の場合、「卒乳はいつ頃行えばよい?」「スムーズに卒乳を進めるにはどうしたらいいの?」など不安を感じている、という方も多いのではないでしょうか。この記事では卒乳の適切なタイミングやスムーズに進めるための方法、そして断乳との違いまで、わかりやすく解説します。卒乳を成功させるための知識を身につけ、この大切な時期を母子共に穏やかに過ごすための一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/16f16d46aa164f91a066260434111495/%E6%85%A3%E3%82%89%E3%81%97%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e200935f9e134d65b4d3ec224730d1dd/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%AA%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%81%AF%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。