赤ちゃんの理想的な睡眠時間は何時間?寝不足のサインや上手な寝かしつけ方法も解説

No.243更新日付:2024年7月16日

赤ちゃんの成長と健康に、十分な睡眠は欠かせません。しかし、「赤ちゃんの理想的な睡眠時間は何時間なのか?」、「どのような睡眠リズムを作るのが良いのか?」といった疑問を抱えている親御さんも多いでしょう。


この記事では、月齢別の睡眠時間の目安や理想的な睡眠リズムの作り方、赤ちゃんの寝不足のサイン、そして上手な寝かしつけ方法について詳しく解説します。赤ちゃんの健やかな成長に役立つ情報をお届けしますので、ぜひ最後までご覧ください。

【月齢別】赤ちゃんの睡眠時間の目安

赤ちゃんの睡眠時間は成長とともに変化します。月齢ごとにどれくらいの睡眠が必要かを知ることで、赤ちゃんの健康と生活リズムを整える手助けになります。ここでは、新生児期から1歳半までの赤ちゃんの睡眠時間の目安を月齢別に詳しく解説します。

新生児期の睡眠時間

新生児期(生後0~1か月)は、赤ちゃんの睡眠パターンが非常に不規則です。この時期の赤ちゃんは、一日の大部分を寝て過ごし、平均して16~18時間の睡眠が必要です。そして授乳やおむつ替えのために2~3時間ごとに目を覚ますことが一般的です。新生児の成長とには、頻繁な授乳と睡眠が必要です。親は赤ちゃんが泣いたらすぐに対応し、快適な環境を整えてあげましょう。

1~3か月の睡眠時間

1~3か月の赤ちゃんも依然として多くの時間を寝て過ごしますが、少しずつ夜と昼の区別がついてきます。1日に14~17時間の睡眠が理想的です。この時期も授乳やおむつ替えのために2~3時間おきに目を覚ましますが、夜の睡眠が少しずつ長くなり始めます。生活リズムを整えるために昼は明るく活動的な環境を、夜は暗く静かな環境を意識しましょう。

3~6か月の睡眠時間

3~6か月になると、赤ちゃんの睡眠パターンはさらに整ってきます。1日に約12~16時間の睡眠が必要です。夜間はまとめて5~6時間寝ることが増えてきます。この時期からは、昼寝も含めて規則的な生活リズムを意識し、毎日同じ時間に寝かせるようにすると良いでしょう。また、寝かしつけのルーティンを確立することが赤ちゃんの安心感につながります。

6~9か月の睡眠時間

6~9か月の赤ちゃんは、1日に11~15時間の睡眠が必要です。夜間の睡眠時間がさらに長くなり、6~8時間連続で寝ることができるようになります。昼寝は午前と午後の2回程度が一般的です。睡眠リズムを安定させるために、毎日の寝かしつけ時間を一定に保ちましょう。この時期の赤ちゃんは、昼間の活動が増え夜の睡眠が深くなります。

9か月~1歳の睡眠時間

9か月~1歳の赤ちゃんは、1日に約11~14時間の睡眠が理想的です。夜間の連続睡眠が8~10時間になることが多く、昼寝は1~2回が一般的です。生活リズムを整えるために、寝る前のルーティン(お風呂、絵本の読み聞かせなど)を続けましょう。赤ちゃんの成長とともに、安定した睡眠環境を提供することが健やかな発達を支えます。

1歳~1歳半の睡眠時間

1歳~1歳半の赤ちゃんは、1日に10~13時間の睡眠が必要です。夜間の連続睡眠が9~11時間になることが多く、昼寝は1回程度になります。この時期も規則正しい生活リズムを保つことが大切です。赤ちゃんの生活リズムに合わせて、毎日の寝かしつけの時間を一定にし、安心感を与える環境を整えましょう。

理想的な睡眠リズムの作り方

理想的な睡眠リズムを整えることで、赤ちゃんがより安定して眠り、親御さんも安心して育児に取り組むことができます。ここでは、夜7時に寝て朝7時に起きる理想的なリズムの作り方や、具体的な方法、そして赤ちゃんの快適な睡眠環境を整えるためのポイントを詳しく解説します。

夜7時に寝て朝7時に起きるリズムを作る

夜7時に寝て朝7時に起きるリズムを作ることは、赤ちゃんの生活リズムを整え、成長をサポートするために非常に有効です。赤ちゃんの体内時計は生後数か月で形成され始めるため、早い段階から規則正しい睡眠習慣をつけることが大切です。このリズムを作るためには、毎日のスケジュールを一定に保ち、寝る前のルーティンをしっかりと確立することが大切です。

睡眠リズムを整える具体的な方法

睡眠リズムを整えるためには、次のような具体的な方法を取り入れると良いでしょう。

  • 毎日のスケジュールを一定にする
    起床時間、授乳時間、昼寝の時間、そして就寝時間をできるだけ一定に保つことで、赤ちゃんの体内時計が整いやすくなります。


  • 昼間の活動を増やす
    昼間は明るい光を浴びて活動的に過ごすことが、夜の睡眠を深くする助けになります。散歩やおもちゃで遊ぶ時間を取り入れましょう。


  • 寝る前のルーティンを確立する
    毎晩同じ順序でお風呂に入り、授乳をし、絵本を読むなどのルーティンを作ることで、赤ちゃんは「これから寝る時間だ」と認識するようになります。


  • 夜間の環境を整える
    寝室は暗く静かにし、快適な温度に保つことが重要です。寝具も赤ちゃんにとって安全で快適なものを選びましょう。

赤ちゃんの睡眠環境を整える

赤ちゃんの快適な睡眠を促すためには、以下のポイントを考慮した睡眠環境を整えてあげましょう。

  • 適切な温度と湿度
    寝室の温度は18~22度、湿度は40~60%が理想的です。赤ちゃんが快適に眠れるよう、季節に応じて適切に調整しましょう。


  • 静かな環境
    赤ちゃんの睡眠を妨げる騒音を避けるため、寝室は静かな場所にしましょう。ホワイトノイズを使用するのも効果的です。


  • 暗い部屋
    夜はできるだけ部屋を暗くすることで、赤ちゃんの体内時計が整い、自然な眠気を誘います。夜中の授乳やおむつ替えの際も、照明は控えめにしましょう。


  • 安全な寝具
    赤ちゃんの安全を確保するために、固めのマットレスとフィットシーツを使用し、枕やぬいぐるみは避けるようにしましょう。

これらのポイントを実践することで、赤ちゃんの睡眠リズムが整い、健康な成長をサポートすることができます。

赤ちゃんの寝不足のサイン

赤ちゃんが十分な睡眠を取れていない場合、そのサインは様々な形で現れます。寝不足は赤ちゃんの成長や生活リズムに影響を与えるため、早めに気づいて対策することが大切です。ここでは、赤ちゃんの寝不足のサインについて詳しく解説します。

昼間機嫌が悪い

赤ちゃんが寝不足の場合、昼間の機嫌が悪くなることがあります。通常、赤ちゃんはしっかりと睡眠をとることで機嫌よく過ごすことができますが、睡眠が不足すると泣き続けたりぐずったりすることが増えます。特に授乳やおむつ替えの際に機嫌が悪い場合は、睡眠不足が原因の可能性があります。赤ちゃんの成長には十分な睡眠が欠かせませんので、昼間の機嫌の悪さが続くと感じたら、まずは睡眠時間を見直してみることが大切です。

夜泣きが頻繁になる

夜泣きが頻繁になるのも、赤ちゃんが寝不足であるサインの一つです。赤ちゃんは眠りが浅くなりがちですが、特に寝不足の場合夜中に何度も目を覚まし、泣き出すことが多くなります。このような場合は、赤ちゃんの生活リズムや睡眠環境を見直すことが必要です。例えば、寝る前のルーティンを整える、授乳のタイミングを見直すなどの方法で、赤ちゃんがぐっすりと眠れるように工夫しましょう。


赤ちゃんの寝不足は成長や生活リズムに悪影響を与えるため、早めに気づき、対策を講じるようにしましょう。

赤ちゃんの上手な寝かしつけ方法

赤ちゃんの健やかな成長には十分な睡眠が欠かせません。特に夜間の睡眠は、赤ちゃんの成長ホルモンが分泌される重要な時間です。しかし、多くの親御さんが「赤ちゃんを上手に寝かしつける方法がわからない」と悩んでいるのではないでしょうか。ここでは、赤ちゃんを上手に寝かしつけるためのコツや具体的な方法をお伝えします。

お風呂と寝る前のルーティン

赤ちゃんのスムーズな寝かしつけのためには、毎晩同じルーティンを繰り返すことが大切です。中でも、お風呂に入ることはそのルーティンの一部として効果的です。お風呂に入ることで体温が上がり、その後の体温の下降が眠気を誘います。お風呂の後は、授乳やおむつ替えを行い、絵本の読み聞かせや軽いマッサージでリラックスさせると良いでしょう。この一連の流れが赤ちゃんに「寝る時間だ」と認識させ、スムーズに眠りにつく手助けをします。

スムーズに寝かしつけるための環境作り

スムーズに寝かしつけるために、以下のポイントに注意して赤ちゃんにとって快適な寝室を整えましょう。

  • 暗く静かな部屋
    赤ちゃんの寝室はできるだけ暗くし、静かな環境を保ちましょう。夜間の光や音を最小限に抑えることで赤ちゃんは安心して眠りにつきやすくなります。


  • 適切な温度と湿度
    寝室の温度は20度前後、湿度は50%前後が理想的です。赤ちゃんが快適に感じる環境を維持するためにエアコンや加湿器を活用しましょう。


  • 安全な寝具
    赤ちゃんのベッドには、柔らかすぎないマットレスと適切なサイズのシーツを使用し安全で快適な寝具を用意しましょう。枕やぬいぐるみは窒息の危険があるため、避けるようにしてください。

夜泣きを防ぐための工夫

夜泣きを防ぐためには、いくつかの工夫が必要です。以下のポイントを実践することで、赤ちゃんの夜泣きを軽減しましょう。

  • 規則正しい生活リズムを保つ
    毎日の起床時間、昼寝の時間、就寝時間をできるだけ一定に保ちましょう。規則正しい生活リズムが赤ちゃんの体内時計を整え、夜泣きを防ぎます。


  • 授乳のタイミングを調整する
    夜間の授乳を減らし、日中の授乳回数を増やすことで、赤ちゃんが夜に目を覚ます回数を減らすことができます。離乳食を進める場合も、夜間の授乳を徐々に減らしていくことが大切です。


  • 夜中の対応をシンプルに
    夜中に赤ちゃんが泣いた場合、抱っこや授乳などの対応はできるだけシンプルにし、過剰に刺激しないようにしましょう。静かに声をかけたり軽く背中をトントンするだけで、赤ちゃんが再び眠りにつきやすくなります。

まとめ

赤ちゃんの健やかな成長には、適切な睡眠時間と質の高い睡眠が不可欠です。この記事では、月齢別の赤ちゃんの睡眠時間の目安や理想的な睡眠リズムの作り方、寝不足のサイン、そして上手な寝かしつけ方法について詳しく解説してきました。


記事の内容を参考に、ぜひ赤ちゃんの睡眠時間を見直し、明日からの育児に役立ててください。この記事を読んだみなさんが親子ともに健やかな生活を送ることができることを願っています。

#ベビーパーク #キッズアカデミー #TOEZアカデミー #幼児教室 #親子教室 #幼児教育 #知育 #知能教育 #英語育児

「子どもの睡眠」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ebff181f7d3847039eee345ffa8fbc2b/boy%E2%80%90sleeping%E2%80%90on%E2%80%90stomach.jpg
子どもの睡眠

赤ちゃんのうつ伏せ寝は危険?SIDSとの関係や安全対策を解説

赤ちゃんの眠る姿は可愛いものですが、うつ伏せで寝ていて心配になったことはありませんか?この記事ではうつ伏せ寝が赤ちゃんにとってどのような影響を与えるのか、リスクはあるのかについて詳しく解説します。また、SIDS(乳幼児突然死症候群)との関係や、赤ちゃんが安全にうつ伏せ寝をするためのポイントについても触れていきます。赤ちゃんの健康と安全を守るために正しい知識を身につけましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/76a552ff49164bfda05d696b4bf004de/smiling%E2%80%90baby-wearing-a-hood.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの寝返り返りはいつから始まる?練習のポイントや安全対策を解説

赤ちゃんの成長は驚くべきもので、毎日新しい発見があります。その中でも寝返りができるようになることは、多くの親が待ち望む大きな一歩です。しかし寝返りが出来て嬉しい反面、寝返りしたうつぶせ状態から元の状態に戻る「寝返り返り」はいつからできるようになるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、寝返り返りの一般的な時期やその兆候、練習のポイント、安全な環境作りのコツなどを詳しく解説します。ぜひこれを読んで、赤ちゃんの成長のサポートに役立ててください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/15c360217430493181ff5c1e365bf64e/NO205-1.jpeg
赤ちゃんの育児

「赤ちゃんのいびき」について~その原因や医師の診察が必要な場合、対策について解説~

赤ちゃんの寝顔は天使のようにかわいいものですよね。育児で疲れている時でも、平和そうな赤ちゃんの寝顔を見ると気持ちが癒されて何とか乗り切れる、ということもあるかと思います。ところが、そんな赤ちゃんが意外と大きないびきをかいてびっくりすることがあると思います。「ぐごー」「しゅぴー」と大人顔負けの大きな音でいびきをかいて親が寝られなくなったり、赤ちゃん自身が自分のいびきの音に驚いて目をさましてしまったり、なんて先輩ママの思い出話を聞いたりするものです。笑い話で語られることも多い「赤ちゃんのいびき」ですが、あまりにひどいと「健康に何か問題があるのではないか?」と心配になる親御さんもいらっしゃると思います。こちらのコラムでは、この「赤ちゃんのいびき」について、いびきが始まる時期やその原因、注意したほうがよいケースや対応法などを説明していきます。こちらを読んでいただき、少しでも子育ての手助けになれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f7a46e568ab46969e12c080a4c85ae9/NO202-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが寝る時の服装のおすすめは?~季節別や月齢別のおすすめや注意点を紹介~

赤ちゃんを育てている親御さんなら、赤ちゃんがちゃんと夜寝てくれるかはとても大事なテーマだと思います。夜ぐっすりと寝てくれれば赤ちゃんも健康になるし、お母さんとしても少しは楽な時間が作れる…、と願いますが、実際はなかなか寝付いてくれなかったり、寝てもすぐに起きてしまったりと、ほとんどのパパママにとっての悩みのタネだと思います。 こちらのコラムでは、赤ちゃんが快適に睡眠をとれるようにするための適切な服装や寝室の環境などについて解説していきます。どうしても寝てくれない日や、夜泣きをする日はあるものですが、なるべく快適な環境で子どもにぐっすり寝てもらえるように役立てば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8ad95ebc7b6f4ce9b7dbf984b913bb93/img01.jpg
3歳~6歳の育児

小学校入学準備:お昼寝は何歳までさせていい?

「まわりの子はお昼寝していないのに、うちの子はまだお昼寝してる。もうすぐ小学校にあがるのに大丈夫かしら?」小学校入学が迫っているのにお昼寝の習慣が続いていると、このままで平気かな?と心配になってきますよね。お昼寝はいつ頃まで必要なのでしょうか。今回は、睡眠をとることの意味やお昼寝を卒業させる方法をご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/76ba5c01445846c7b9046fc191ffa6d8/img01.jpg
3歳~6歳の育児

寝る前にするとよいおすすめの習慣~寝る前のお話の時間が想像力をはぐくむ~

就学前のお子さまがいるご家庭では、夜寝る前に読み聞かせをしているということが多いと思います。でも、毎日のこととなると、「同じものばっかり読んでいて飽きてきた」「読む本がなくなった」ということもあるのではないでしょうか。絵本だとすぐに終わってしまうし、長いお話は読むのも大変。電気も暗くできないから、結局なかなか寝てくれない。そんな時には、お父さんお母さんがお話をつくって聞かせてあげましょう。今回は、寝る前にするとよいおすすめの習慣と、簡単にできるお話づくりのコツをお伝えします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a638f1e372eb48dcb9d0480ec668d142/img01.jpg
その他

子どもの成長につながる睡眠リズムの作り方について~睡眠とホルモン分泌の関係を理解しよう~

子育てをしていると、子どもがなかなか寝てくれない、変な時間にお昼寝をたくさんしてしまう、朝起きてくれないなど、子どもの睡眠に関する心配や悩みは尽きないものです。多くのお母さま方が苦労しているであろうお子さまの睡眠について、これまでコラムNo.80「寝ない子どもへの対処法は? 体内時計を整える「光」の使い方について」や、コラムNo.81「子どもの生活習慣のつくり方~生体リズムから考えた健康な生活リズム~」では、子どもの睡眠リズムを整える具体的な方法をご説明してきました。こちらのコラムでは、さらに人間の睡眠の種類とホルモン分泌の観点から、子どもがもっとも成長する睡眠リズムの作り方について解説しています。ぜひ子育てをする多くのお母さまに読んでいただけますと幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23fc36ebde5c475780138f982287f536/img01.jpg
赤ちゃんの育児

新生児が寝ない理由は?赤ちゃんが抱っこしないと寝ない原因と寝かしつけのコツ

出産を終えて赤ちゃんと出会えて幸せいっぱいの産後。しかし産後のボロボロの体で新生児のお世話をするのは大変なこともいっぱい。特にはじめてのお母さんはわからないこともたくさんあって、「どうすればいいの?」と悩むことも多いでしょう。新生児の睡眠の定義として一般的には1日のほとんどが寝て過ごしているといわれています。しかし実際には「すぐに目を覚ましてしまう」「抱っこをしていないと起きてしまう」ということが起きています。寝ない原因として、“お腹がすいた”“不快がある”など挙げられます。こういった原因とともに新生児の赤ちゃんが心地よく過ごせるにはどうすればいいのか。新生児の睡眠のメカニズムと寝つけない原因と対策についてお話しします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/626ba9d931914d328b28fb00cfe80be9/img01.jpg
1歳~3歳の育児

子どもの生活習慣のつくり方~生体リズムから考えた健康な生活リズム~

子育てをしていると、夜寝つくのが遅かったり、昼寝をしたりしなかったり、ご飯を食べる時間がバラバラになってしまったりと、うちの子どもの生活習慣はこれでよいのかな?と不安になる時があると思います。人間には本来「生体リズム」が存在し、太陽や月の周期と深い関係があり、1日25時間周期であるといわれています。こちらの記事では、この「生体リズム」から考えた乳幼児の健康的な生活習慣について、1日の過ごし方を朝から順を追って説明しています。実際の生活がイメージしやすいと思いますので、ぜひ最後まで読んで、取り入れてみてくださいね。

赤ちゃんの育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3306b4dbb5bf438fa8cd6c7291e704eb/baby-bottle-being-sterilized.jpg
授乳・母乳育児

哺乳瓶消毒はいつまでやるべき?殺菌のコツや消毒卒業のタイミングを解説!

哺乳瓶の消毒は、赤ちゃんの健康を守るために欠かせない日常的なケアですが、いつまで続けるべきなのでしょうか?この記事では、哺乳瓶の消毒が必要な理由から、効果的な消毒方法、さらには消毒をやめる適切なタイミングについても詳しく解説します。衛生管理を正しく行うための方法と、安心して育児を楽しむための知識を身につけましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ca9e7381edfb49e4b681a3676ca4eb27/baby%E2%80%90laundry.jpg
子どもの健康

赤ちゃんの洗濯物はいつまで別にする?正しい洗濯方法と洗剤・柔軟剤の使い方

赤ちゃんの衣類の洗い方について、普段通りの洗濯方法でいいのか迷ったことはありませんか?赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、少しの刺激でもトラブルが起きやすいもの。そのため、赤ちゃんの衣類の洗濯方法には注意すべきポイントがあります。この記事では、赤ちゃんの洗濯物を他の家族の洗濯物と一緒に洗うべきか、別にするべきかについての疑問に答えます。また、洗剤や柔軟剤の選び方、赤ちゃん特有の汚れの落とし方、そして肌トラブルを防ぐための洗濯のコツについても詳しく解説します。正しい知識を身に付けて、大切な赤ちゃんの肌を守りましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2946ac13591641c7836736bd5cc63c73/baby-rolling-over-and-looking-happy.jpg
発達段階

赤ちゃんの寝返りはいつ頃から?兆候や注意点・親ができるサポート法も解説

赤ちゃんが初めて寝返りをする瞬間は、親にとってとても感動的な出来事です。寝返りは赤ちゃんの成長の大切なステップであり、その時期や兆候、注意点をよく知ることが大切です。この記事では、赤ちゃんが寝返りを始める一般的な時期や、寝返りをする前のサインについて詳しく説明します。また、寝返りを助けるための具体的な方法や、寝返りを始めたときに親が気をつけるべきポイントについても紹介します。赤ちゃんの成長をサポートするための情報を知り、安心して育児を楽しみましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/212b7e99b6be4425a54688d576a2fe5f/baby-massage.jpg
子どもの健康

ベビーマッサージで発達をサポートしよう!効果や時期・やり方や注意点を解説

ベビーマッサージという言葉、聞いたことがありますか?ベビーマッサージは、親子の深い絆を育むだけでなく、赤ちゃんの健康と発達に良いとされています。この記事では、ベビーマッサージの具体的な効果や最適なタイミング、基本的なやり方、そして注意点について詳しく解説します。初心者の方でも安心して始められる内容ですので、ベビーマッサージに興味がある方や具体的な方法を知りたい方は、ぜひご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/76a552ff49164bfda05d696b4bf004de/smiling%E2%80%90baby-wearing-a-hood.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの寝返り返りはいつから始まる?練習のポイントや安全対策を解説

赤ちゃんの成長は驚くべきもので、毎日新しい発見があります。その中でも寝返りができるようになることは、多くの親が待ち望む大きな一歩です。しかし寝返りが出来て嬉しい反面、寝返りしたうつぶせ状態から元の状態に戻る「寝返り返り」はいつからできるようになるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、寝返り返りの一般的な時期やその兆候、練習のポイント、安全な環境作りのコツなどを詳しく解説します。ぜひこれを読んで、赤ちゃんの成長のサポートに役立ててください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0a7f82d57e7547a29abbc71dd3d20615/shy%E2%80%90baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの人見知りはいつから始まる?兆候や特徴、対処法を解説

赤ちゃんの成長過程で多くの親が経験する「人見知り」。初めての親にとっては、赤ちゃんの人見知りがいつから始まるのか、またどのように対処すべきか悩むことも多いでしょう。この記事では、赤ちゃんの人見知りの時期や理由、対処法について詳しく解説します。赤ちゃんの健やかな成長を見守るためのヒントになる情報をお伝えしますので、是非最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c331303739840b29fa7dda48d6687f4/baby%E2%80%90with%E2%80%90eyes%E2%80%90closed.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが首を左右に振るのはなぜ?その意味や理由を解説します

赤ちゃんが首を左右に振ると、その行動に戸惑う親御さんも多いでしょう。首を振る行動が激しかったりあまり頻繁だったりすると「首を振るのは異常?」「いつまで続くの?」といった疑問を持つ親も少なくありません。この記事では、赤ちゃんが首を振る理由や注意すべきポイント、対応方法について詳しく解説します。赤ちゃんの首振り行動の背景にある理由をお伝えします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c75fe264a754244a07f627388d36537/zuribai%E2%80%90baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのずり這いはいつから?平均的な時期の目安や前兆・練習方法までガイド

赤ちゃんの成長の中で、多くの親が心待ちにするのが「ずり這い」の時期です。ずり這い(ずりばい)は、赤ちゃんが自分の力で移動し始める最初のステップであり、発達の重要な節目です。親として日々赤ちゃんの成長を間近で見ていると、「ずり這いはいつから始まるのか?」、「お座りとどちらが先なのか?」、「早い子と遅い子の違いは?」といった様々な疑問が出てくるのではないでしょうか。この記事では、ずり這いの平均的な時期やその前兆、ずり這いをしない場合の練習方法などについて詳しく解説します。これを読んで、赤ちゃんの成長に関する不安や疑問を解消し、自信を持ってサポートできるようになりましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/50ec53247f10477291dff6d42d6c9085/breast-milk-jewelry.jpg
赤ちゃんの育児

乳児の断乳マニュアル!赤ちゃんもママも快適なやり方とタイミングを解説

断乳は母親にとって大きなチャレンジであると共に、赤ちゃんの成長にとっても重要なステップになります。この記事では、断乳の正しいやり方やタイミングについて詳しく解説します。断乳と卒乳の違いから断乳のおすすめ時期や断乳中のママのおっぱいケア方法など、具体的で役に立つアドバイスをお伝えします。断乳をスムーズに進めるためのコツやパパとの協力方法も紹介しますので、初めての断乳に不安を感じているママも安心して実践できる内容です。ぜひこのガイドを参考にして、赤ちゃんと一緒にスムーズな断乳を目指しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68a0baf9b99e4bb4838e9e162aa3a147/when-stop-formula-transition-baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのミルクはいつまで必要?適正タイミングや量の減らし方などスムーズにやめる方法をご紹介

子育ての中で「赤ちゃんにミルクはいつまで与えるべきか」という疑問を抱える親御さんは少なくないでしょう。特に初めての育児では、ミルクのやめるタイミングや適切なフォローアップミルクの選び方が分からず、不安を感じることも少なくありません。この記事では、赤ちゃんの成長に合わせたミルクの与え方や、スムーズにミルクを卒業するための方法をわかりやすくご紹介します。赤ちゃんの成長に合ったミルクのあげ方を理解し、安心して次のステップに進むことができるようになるでしょう。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。