子どもが嘘をつくのはなぜ?ついた時の対応方法は?

No.45更新日付:2024年2月14日

「嘘をつくのはいけないこと」と教えていたにもかかわらず、子どもが嘘をついた…とわかったとき、親は少なからずショックを受けます。

嘘をつくのは子どもが成長した証でもありますが、だからといってそのまま何もせず放置していると、嘘をつくことにまったく罪の意識を感じない子になってしまうおそれがあります。なぜ子どもが嘘をつくのか、その理由や原因を理解した上で、どのように対応すべきかしっかり考えていきましょう。

今回は、子どもが嘘をつき始める年齢や、嘘をつく理由、子どもの嘘への対応について解説します。

この記事でわかること

  • 子どもが嘘をつき始める年齢
  • 子どもが嘘をついてしまう理由
  • 対処方法

子どもが嘘をつくのは何歳から?

子どもは早いと2歳半頃から嘘をつくようになりますが、幼児期の嘘と、学童期の嘘は内容が大きく異なります。

ここでは、子どもの嘘の特徴や内容を幼児期・学童期の2パターンにわけて解説します。

2歳半~6歳ごろ

2歳半くらいにつく嘘は、「事実と異なることを言っている」という自覚がなく、空想や願望が転じて嘘になっているケースがほとんどです。

本人にとっては嘘ではなく、自分の中で「本当にあったこと」ですので、周囲から嘘と指摘されてもムキになって否定したり、「本当なのに」と悲しがったりします。

一方、3歳くらいになると、自分の言ったことが事実と異なっていることを理解しながら、意図的に嘘をつくようになります。

たとえば、戸棚に置いてあるお菓子を「これは明日の分のおやつだから、食べないでね」と言われたにもかかわらず、我慢できずに食べてしまった場合、子どもはパパ・ママに怒られるのをなんとか回避しようと「食べてないよ」と嘘をつきます。

ただ、3歳のつく嘘は非常に単純で、かつ、つじつまを合わせることができないので、「お菓子おいしかった?」と尋ねられると、つい「うん」と答えてしまったりします。

嘘をついたことに変わりはありませんが、「怒られたくない」という気持ちから、一過性の単純な嘘をついてしまうのは誰にでもあることです。嘘をつけるほど知能が発達してきている証拠でもありますので、さほど問題視する必要はありません。

ただ、嘘をつかなくても良い場面でもひんぱんに嘘をつくなど、気になる症状がある場合は、エスカレートする前に何らかの対応を行う必要があります。

幼児の嘘は成長の証しと思って、おおらかに見守ってあげてよさそうだね♪

頻度が多いなど気になる場合は対策をしていくようにしよう!

小学生以上

小学校になってからは行き当たりばったりの嘘ではなく、ある程度計画的に嘘をつくようになります。

たとえばテストで悪い点数を取ってしまった時、親に見つかる前に部屋のどこかに隠し、「テストを見せて」と言われても「今週はやってないよ」と答えるなどです。

その場でとっさにつく幼児の嘘とは異なり、「テストを前もって隠しておく」という工夫を取り入れるようになるため、嘘が発覚するまでに時間がかかるようになります。

また、「怒られたくない」といった保身のためだけでなく、嘘の原因も複数かつ複雑に。幼児期の嘘同様、単純かつすぐにバレるような嘘であれば、さほど気にする必要はありませんが、中には子ども自身の深刻な悩みやSOSにつながっていることもあります。

そうした嘘は早急に対応する必要がありますので、大目に見ても良い嘘か、緊急性の高い嘘なのか、しっかり見極めることが大切です。

子どもが嘘をついてしまう理由

子どもが嘘をついてしまう理由は、年齢やシーンによって異なります。

嘘をついた理由によって対処の仕方も変わってきますので、子どもが嘘をついたら、まずはその原因を確かめることからスタートしましょう。

ここでは、子どもが嘘をついてしまう理由を4つご紹介します。

1. 願望が強くて現実のように話してしまう

特定のモノ・コトに対する願望が強すぎるあまり、あたかも現実にあったかのように話してしまうケースです。

嘘をつき始めの頃によく見られるパターンで、たとえば「遊園地に行きたい!」と思っている子が、友達相手に「私、遊園地に行ったの」と話したりします。

2歳半~3歳くらいまでは、空想と現実の区別がつかず、あたかも本当にあったかのように錯覚して話すこともありますが、年齢が上がってくると「この間の日曜日に遊園地に行ったんだ」と話す友達をうらまやしく思うあまり、「私も今度の日曜日に遊園地に行くの」と嘘をついたりすることもあります。

こうした嘘は「本当だったらいいな」という願望に由来しており、かつ嘘をついているという自覚が薄いところが特徴です。

2. 叱られたくないという気持ちから

子どもが嘘をつく理由のうち、最も多いパターンが「叱られたくない」「怒られたくない」という保身からくるものです。

テストで悪い点数を取ってしまったときや、物を壊してしまったときなど、子ども自身が「悪いこと」と認識していることをやってしまった際、叱られたくない一心で「今週はテストがなかった」「壊したのは自分じゃない」といった嘘をつくようになります。

こうした嘘は、相手から質問されると嘘に嘘を重ねるようになるため、最終的にはつじつまが合わなくなって露呈するケースがほとんどですが、成長するごとに内容が巧妙になっていくため、いわゆる「嘘つき」になってほしくないのなら、早めに対応する必要があります。

3. 相手を心配させないため

保身のためにつく嘘がある一方、相手を思うがゆえにつく嘘もあります。

たとえば、学校で友達にいじめられたり、仲間はずれにされたりしている場合、本当のことを親に打ち明けると、ショックを受けたり、心を痛めたりすることが予測されます。

親を悲しませたくない、心配させたくないという思いから、親に「学校は楽しい?」と聞かれても「うん、友達もいっぱいいて楽しいよ」と嘘をつくことがあります。

保身のための嘘には多少なりとも罪悪感がともなうため、意外と露呈しやすいのですが、相手を心配させないための嘘は「仕方ないこと」という思いがあるためか、なかなか嘘を白状しようとしません。

また、こういったケースは相手に心配をかけさせたくないという気持ちだけでなく、自分がいじめられていることを知られたくない、恥ずかしいというプライドから嘘をつくこともあります。

こうした嘘は真っ向から尋ねても否定され、強く拒絶されますので、日常生活の雑談などからヒントを見つけ、うまく話を引き出す必要があります。

4. 大人にかまってほしいため

大人の気を引きたい、かまってほしいという気持ちから嘘をつくパターンです。

保身の嘘や思いやりの嘘は、実際に起こったことを隠すために嘘をつきますが、人の気を引くための嘘は、子どもが自ら嘘の内容を生み出します。

たとえば、体調に問題がないのに「お腹が痛い」と訴えたり、「学校で先生に褒められたんだよ」と嘘をついたりします。

相手をだまそうという気持ちはみじんもありませんが、一度成功すると味をしめてしまい、繰り返し同じ嘘をつきやすくなるのです。

接し方が厳しいと嘘を多くつきやすくなる

前節でも説明したように、子どもの嘘には、子どもながらの理由があります。

そのため、子どもがひんぱんに嘘をつくようになったら、子どもの性格に問題があると考えるよりも、嘘をつかなければならない環境にいることを問題視しなければなりません。

たとえば、「しっかりした子に育ってほしい」という思いから、厳しく子どもに接している家庭では、失敗やミスを強く叱責する傾向にあるため、「叱られたくない」「怒られたくない」という思いから、嘘を重ねる場合があります。

また、親に優秀な子どもであることをアピールするため、「学校で褒められた」「かけっこで一番だった」といった虚偽の報告をすることもあります。子どもが嘘をつくのは成長の証でもありますが、嘘をつくのが当たり前の環境下にいるのは、必ずしも子どものためになりません。

子どもに嘘をつかれたら、嘘をついた子どもを責める前に、嘘をつかせてしまった理由や原因を追求し、必要に応じて親自身や環境を見直すことも大切です。

子どもが嘘をついた時はどう対応する?

では、子どもが嘘をついた時はどのように対応すればいいのでしょうか。

まず一番に注意したいのは、子どもを嘘つき呼ばわりしないことです。理由も聞かずに「嘘つきは泥棒の始まり」「嘘をつく子なんて嫌い」といった言葉で責め立てると、子どもは深く傷つき、それ以降、心を開いてくれなくなる可能性があります。

繰り返しになりますが、子どもが嘘をつくには子どもなりの理由があります。そのわけも聞かずに頭ごなしに叱りつけると、子どもは反省するどころか、反発心から「今度はもっとうまく嘘をつこう」と思ってしまう可能性があります。

子どもに嘘をつかれるのはショックですが、まずは冷静になって、なぜ嘘をついたのか、その理由を正確に把握することが大切です。ただし、嘘をついてしまったことについて、「どうしてこんな嘘をついたの?」「なんでこんなことしたの?」などと無理に問い詰めると、「怒られたくない」という思いから、さらに嘘を重ねるおそれがあります。

同じ質問をするにしても、「どうして嘘をついたのか教えてくれる?」と穏やかに尋ねれば、子どもは「本当のことを言っても叱られないかもしれない」と安心し、本音を話しやすくなるでしょう。

子どもが嘘をついていると分かったときにはビックリしたり、ショックを受けてしまいがちですが、ひと呼吸してから、冷静に対応したいですね!

叱ったほうがいい嘘と叱らなくてもいい嘘の区別が大切

子どもが嘘をついた理由が判明したら、その内容に応じて、叱るべきか否かの判断を下します。

他人を傷付けたり、おとしめたり、万引きなど犯罪にかかわったりするような嘘には、毅然とした対応を取らなければなりません。

たとえば、嫌いな友達の評判を落とすために「あの子、◯◯ちゃんの悪口言ってたよ」といった嘘をついた場合、その嘘によって傷つく被害者が出てきますので、しっかりと叱った上で、「絶対にやってはいけないこと」であるとしっかり諭す必要があります。

一方、保身のための嘘や、人の注意を引きたいときの嘘に関しては、頭ごなしに叱るのではなく、嘘をつかざるを得なかったことに対して共感を示した上で、嘘をつく以外の選択肢を提案しましょう。

たとえば、甘えたくて嘘をついたことが判明した場合は、「そういうときは素直に『寂しいからぼく(わたし)をかまって』と言ってね」などと提案し、目的を達成するために嘘をつく必要はないことを説明します。

その上で「寂しがっていることを気付かなくてごめんね」と謝り、その後は子どもに嘘をつかせる状況にならないよう、親も自身の対応や環境を見直すことが大切です。

なお、思いやりの嘘については、他の嘘よりも細心の注意を払う必要があります。なぜなら、思いやりの嘘は子ども自身に問題があるのではなく、第三者が関係しているケースが多いからです。

子どもが勇気を振り絞って嘘の理由を打ち明けてくれたら、まずは「話してくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝え、その後は幼稚園や学校などと連携しながら、慎重に対応することが大切です。

頭ごなしに叱らず子どもの気持ちをしっかり受け止めよう

子どもは3歳頃から、意識的に嘘をつくようになります。嘘をつくきっかけは、保身のため、思いやりのため、願望のためなどいろいろありますが、いずれの場合も子どもなりの理由があります。

人を傷付けたり、おとしめたりする嘘については毅然とした態度で叱る必要がありますが、それ以外のケースでは、嘘をつく以外の選択肢もあることを伝えた上で、親自身も子どもが嘘をつかなければならない環境を作ってしまっていなかったかどうか、反省することが大切です。

子どもに嘘をつかれるのは、親にとって少なからずショックを受ける出来事ですが、頭ごなしに叱ったりせず、まずは嘘をついた子どもの気持ちをしっかり受け止めましょう。

「子どもの嘘」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3172a10fbeeb45869de16feb376441aa/img01%20(2).jpg
その他

嘘をつかない子供に育てるために④~「友だちとの関わりから生じる嘘」への対処法~

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。また、コラムNo.128~130では、子どもの成長にともなってみられるそれぞれの嘘のタイプごとに解説してきました。前回のコラムNo.130「嘘をつかない子供に育てるために③~「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法~」では、ある程度子どもが成長し、年中~年長ごろからみられる「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法を中心にご説明いたしました。こちらのコラムでは、さらに子どもが成長し、大人の社会でも見られるような複雑な嘘をついた場合の対処法を中心にまとめています。子どもの成長に応じて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4f4af95fa2824bae89022071e113a9fd/img01%20(1).jpg
その他

嘘をつかない子供に育てるために③~「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法~

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。また、コラムNo.129「嘘をつかない子供に育てるために②~「自分をかばう嘘・自分を大きく見せる嘘」への対処法~」では、幼少期に見られがちな、自分をよりよく見せるために罪のない範囲で物事を誇張して話してしまうような嘘の対処法を中心に解説しました。さらにこちらのコラムでは、もう少し子どもが成長すると見られてくる「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法を中心にご説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f89fa77e6bcc4114a99a51c4a7e0bcd7/img01.jpg
その他

嘘をつかない子供に育てるために②~「自分をかばう嘘・自分を大きく見せる嘘」への対処法~

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。また、コラムNo.128「嘘をつかない子供に育てるために①~「嘘はいけない」の伝え方、とっさに出る嘘への対処法~」では、子どもにまずは「嘘はよくないこと」と刷りこむことの重要性と、子どもによくある「怒られないようにとっさに出る嘘」への対処法を中心に解説しました。さらにこちらのコラムでは、同じく子どもの時期に見られる「自分をかばう嘘・自分を大きく見せる嘘」への対処法を中心にご説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/af61506cbd974093bc1bb8a5d175cadd/img01%20(5).jpg
その他

嘘をつかない子供に育てるために①~「嘘はいけない」の伝え方、とっさに出る嘘への対処法~

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。こちらのコラムでは、一歩先へ進んで、子どもにどのように「嘘はよくないこと」と伝えていくべきか、また子どもの「怒られないようにとっさに出る嘘」への対処法を中心に解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/96b8e2b4fa2f4744b73b5a4a06ca1119/img01%20(6).jpg
その他

子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~

親たるもの、子どもにはすぐれた人格に育ってほしいと心より願うものです。そして、すぐれた人格というと「正直」「誠実」「清廉」「高潔」などといった言葉をイメージする方も多いと思います。そんな親の中には、子どもが嘘をつくことで落胆したり心配になる人もいるかと思います。一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。こちらのコラムでは「子どもの嘘」の種類と時期、とくに2歳半から4歳ごろに特有な嘘について解説していきます。「子どもの嘘」のタイプや意図を知ることで、親としても落ち着いた気持ちで適切な対処がとれるようになりますよ。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/dfc723c6b3bc457891375e3d6ff37a10/NO195-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験1 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bfe32db6ae284f0288e7f6a2c4c62c04/NO194-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

子どもの「抽象化能力」の育て方~実践編:抽象化能力を育てる子どもとの遊び方について~

近年、教育に関するキーワードでよく目にする「抽象化能力」という言葉があります。一見難しそうな言葉ですが、中学受験の問題などでも問われることの多い、また子どもの将来が充実したものになるためにも重要な能力といわれていることは、コラムNo.166「幼児期の子どもの「抽象化能力」の育て方」でもお伝えしたとおりです。こちらのコラムではさらに実践的に、具体例を用いて抽象化能力の育て方や、抽象化能力が高いとできる事について解説していきます。よかったら読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c05f007d5554aa88cecccb2e984e334/AdobeStock_356741109%20(2).jpeg
3歳~6歳の育児

最優先すべきは「嫌いにさせないこと」 3歳~6歳の子どもの育児の心構えについて

お子さまが3歳くらいまで成長してくると、色々できることが増えてきたり、才能の片りんを感じる時もあると思います。そこで、つい親としては子どもの成長に過度に期待してしまったり、逆にお友だちと比較してなかなかできないことがあったりすると焦ってしまったりしがちです。 しかし、子どもに「やらせたい・できるようにさせたい」という感情が表に出てしまうことは、子どもの成長にとって望ましいものではありません。こちらのコラムでは、3歳~6歳ごろの幼児期の子どもに接していく時の心構え、特に子どもに物事を嫌いにさせないための親の心の持ちようについて説明していきます。 短いながらも育児のエッセンスのつまったコラムですので、ぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。