嘘をつかない子供に育てるために③~「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法~

No.130更新日付:2024年2月13日

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。

また、コラムNo.129「嘘をつかない子供に育てるために②~「自分をかばう嘘・自分を大きく見せる嘘」への対処法~」では、幼少期に見られがちな、自分をよりよく見せるために罪のない範囲で物事を誇張して話してしまうような嘘の対処法を中心に解説しました。

さらにこちらのコラムでは、もう少し子どもが成長すると見られてくる「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法を中心にご説明していきます。

子どもの嘘は徐々に「利己的な嘘」から「他人を思いやる嘘」へ変化していきます。今回は、子どもの嘘の理由とその対策について説明します。

ちなみに嘘の15分類は以下になります。


「子どもの嘘」の全体的な解説はコラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」で掲載していますので、ぜひあわせて読んでみてくださいね。

相手をだます気がない嘘
1.空想が膨らんで現実と混同してしまう
2.話をよく理解していないためおかしな回答をする
3.表現力〔語彙〕不足のためうまく意思を伝えられない
4.言葉遊び


子ども自身が「嘘をついている自覚のある」嘘(=親としての対応が必要)
5.願望が大きくなって現実と混同してしまう
6.怒られないようにとっさに出る嘘
7.自分をかばうためにつじつまを考えながらつく嘘
8.相手の気を引いて自分に注目してもらいたい
9.本当の自分の気持ちを理解してもらえないいらだち
10.根ほり葉ほり聞かれる面倒を避けるため
11.立場の強い子からの口止め
12.仲間をかばうため
13.親の期待に応えて喜ばせるため
14.ねたみや復讐
15.相手の心を傷つけないため

自分に注目してもらうために気を惹こうとする嘘

早い子では2歳ごろから、「相手の気を惹き、自分に注目してもらいたい」という理由で嘘をつくようになります。しかしこの嘘は、顕著にみられる子と、全く見られない子にハッキリ分かれます。

親が子どもの「見てほしい」に丁寧に対応することが大切

親が常に子どもの言動を気にかけて、子どもが見てほしい・聞いてほしいと思っている時に丁寧な対応をしている家庭の場合、子どもはこのタイプの嘘をつきません。

丁寧な対応というのは、常にどんなときでも子どもを最優先にするということとはいえません。例えば、急ぎの家事や仕事をしている時に話しかけてきた時、「ごめんね。今、このお仕事だけ大急ぎなの。終わったら必ず聞くからね。

楽しみにしてお仕事頑張るからね」と丁寧な対応でその場は断り、後で必ず聞くようにします。

忙しくない時ならば、子どもの言葉にはすぐに対応します。時には子どもの行動を観察して、何か成功して喜んでいる時には、「すごいね、頑張ったね~」とこちらから先回りして褒めてあげます。

このように、「お母さん・お父さんはいつも自分を見てくれている、自分を大切にしてくれている」と心から信じ切っている子どもは、気を惹くためにわざわざ嘘をつこうとはなかなか考えないものです。

子どもの「見てほしい」の対応がよくない場合に起きること

逆に、親が子どもの「見て!聞いて!」のサインに気づかず、声をかけてきた時に「静かにしなさい」「あちらで遊んでいなさい」「今忙しいの」と返答するのはあまりよい対応とは言えません。

もし、「家事や仕事の最中でも、子どもが何か注意しなければならない事をした時にはすぐに注意しに行く」「何か痛みを訴える時にはすぐに寄り添って、大変心配する様子を見せる」といった対応を親が続けると、子どもはどのように感じるでしょう。「『見て!聞いて!』と言っても聞いてくれないけれど、お母さんやお父さんが怒ることをすれば自分の相手をしてくれ、どこか痛いと言えばずっと自分のそばにいてくれる」と学習してしまいます。いたずらをすればもっと自分に注目してくれると覚えてしまった子どもは、どれだけ叱られてもなかなかやめられなくなります。

「手のかからないよい子」の場合も注意が必要

また、2歳頃ごろまでに親が、「うちの子は愚図ることもなく、わがままをいうこともない、手のかからないよい子」と思っている場合も同様に少し注意が必要と言えます。

子どもは親を心配させないために、寂しい思いを我慢しているのかもしれません。このような手のかからないよい子だと思われていた子どもがある日突然不登校気味になることもよくある事例です。病気になればかまってもらえると深層心理で学習してしまうと、仮病を用いるだけではなく、自分の心の力で本当に自家中毒を引き起こしてしまうケースもあります。

怒られるためのいたずらとして現れる場合も、体のどこかが痛いと訴える仮病の形で現れる場合も、真の原因は「親に構ってもらいたい寂しさ」であると考えられています。ですから、嘘を叱るよりも子どもが嘘をつかず自然に過ごしている時を見計らい、たっぷりと抱きしめて愛情を示してあげることが一番の予防策といえます。

本当の自分の気持ちを理解してもらえないいらだちからくる嘘

「本当の自分の気持ちを理解してもらえないいらだち」も子どもの嘘の理由の一つです。しかしどちらかと言えば、「嘘」という形よりも「ぐずり」「怒り」「八つ当たり」といった形であらわれるほうが多いです。その延長として売り言葉に買い言葉的な「嘘」が飛びだします。

親が子どもを叱る時も同様のことが起こりがちです。叱る原因となった事柄の前後の出来事を十分に把握しないまま、結果からその過程を決めつけて叱ってしまう場合です。

子どもは「違う、そうじゃなくて!」と必死で訴えたくても、それをうまく説明する語彙力や論理性はまだありません。

そんなモヤモヤが広がってしまうと、子どもは自分の要求や怒りの原因もわからなくなってしまうようです。

こうなるとただモヤモヤ・イライラした気分を発散するために大声を出したり、「もういい!」と逃げ出そうとしたりします。逃げ出すためなら何でも適当なこと言い始め、結果として嘘をつくことになります。

親が子どもの気持ちを「決めつけない」ことが大切

このような状況を回避する一番のコツは、何よりも大人が子どもの気持ちを「決めつけない」ことでしょう。「きっとこうだろう」という予測はちょっと心の隅に棚上げしておいて、先入観を持たずに子どもの話に耳を傾けます。子どもの言葉がたどたどしくても復唱をしてあげながら、決して「こうでしょ?」と口を挟まず、最後まで聞いてあげます。

根ほり葉ほり聞かれる面倒を避けるための嘘

幼稚園の年中ごろになると、「根ほり葉ほり聞かれる面倒を避けるため」の嘘をつき始めます。それほど深刻なものではないですが、親が少々過保護・過干渉気味の時は早い時期からこの傾向がみられるようです。また、女の子よりも男の子に多いと言われています。

保育園や幼稚園での日常のささいなことを、毎日事細かに聞かれては子どもも面倒に感じてしまいます。まだ自分で上手く説明ができず、話すために長い時間がかかるなら、その時間に遊びたくなるのです。

根ほり葉ほりしつこく質問される経験が増えると、子どもは何か話すべきことがあった時にも「別に」「何もなかったよ」「普通だよ」と答えて、会話を短く打ち切る方法を覚えてしまいます。本当に深刻なトラブルに巻き込まれそうな時にも発見が遅れる可能性があります。

夕食時の簡単な報告会を習慣化する

能動的な取り組みのひとつとして、夕食の時に一日の簡単な報告会をして、親が知らない時間の子どもの様子を話してもらう方法があります。それが習慣になると、子どもも話し方が自然と上達し、親も普段から情報を把握している安心感から、過剰な質問や過干渉気味の声がけを避けることもできます。

親の期待に応えるための嘘・親を喜ばせるための嘘

幼稚園の年長ごろになるとみられ始める嘘です。「かけっこで1等になったよ」「宿題が全部花丸だったよ」など、何かの出来不出来や集団の中での評価に関わる内容が多いです。

これは、「見栄を張りたい気持ちや侮られたくない」という利己的な理由ではなく、「お母さん・お父さんを悲しませたくない」という利他的、他人を思いやる気持ちから生まれています。子どもの優しい心の成長を喜びたいところですが、親の期待が重荷となってわが子に嘘をつかせてしまうのは残念です。

「できたか」ではなく「頑張ったこと」を褒めてあげる

このような状況を防ぐためには、「子どもを褒める時の声がけ」もよい機会のひとつです。「できるようになって本当に良かったね!偉かったね。」の後に、「できたことよりも、できるようになるまで頑張り続けたあなたの努力がすばらしい。よくあきらめずに頑張ったね、頑張るあなたが大好きよ」と続けます。重要なのは「できたか・できないか」ではなく「できるまで頑張り続けたこと」や「できなくても練習を続けたこと」だと語り聞かせます。

少し難しい話なので、子どもは十分に理解できないかもしれません。しかし、何回も経験するうちに、結果の出来不出来よりもその過程で得られた経験に価値を置く考え方は、子どもの心にしっかり根付いていきます。一度や二度の失敗ではくじけず、自分の精一杯の努力に対して悔やむことのない強い子どもに育つことでしょう。

「親に心配をかけないための嘘」も同じもの

また、「親に心配をかけないための嘘」もこの類です。親が過剰に心配し過ぎてしまい、わが子にはその遊びや活動に必要な力はすでに十分備わっているにも関わらず、禁止事項を作りすぎている時に生じやすいと言われています。

例えば、友だちと木登りを楽しんできたけれど、お母さんが心配しすぎるから「そんなところに行っていないよ」などと言ってしまうという嘘です。小学生になると、友だちとの危険のない遊びと親の過度な心配の板挟みで悩む子どもも少なくありません。過度に心配をするよりも、子ども自身の運動能力や判断力を適切にステップアップさせることが子どもの安全につながるのです。

まとめ:「他人を思いやる嘘」には、親子の丁寧なコミュニケーションが重要

いかがでしたでしょうか?

「他人を思いやる嘘」は、子どもがある程度精神的に成長してきたからこそつく嘘で、ある意味では子どもの成長を喜ぶべきシチュエーションなのかもしれません。

いずれも、親子の間で丁寧なコミュニケーションが取れていれば、大きな問題としてあられることは少なくなるはずです。子どもの気持ちを決めつけたり、過度に心配したりせず、毎日丁寧に子どもと接してあげてくださいね。

次のコラムNo.131「嘘をつかない子供に育てるために④~「友だちとの関わりから生じる嘘」への対処法~」では、成長の最終段階でみられる「友達とのかかわりから生じる嘘」について、その対処法も含めて解説していきます。もしお時間があれば続けて読んでみてください。

「子どもの嘘」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3172a10fbeeb45869de16feb376441aa/img01%20(2).jpg
その他

嘘をつかない子供に育てるために④~「友だちとの関わりから生じる嘘」への対処法~

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。また、コラムNo.128~130では、子どもの成長にともなってみられるそれぞれの嘘のタイプごとに解説してきました。前回のコラムNo.130「嘘をつかない子供に育てるために③~「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法~」では、ある程度子どもが成長し、年中~年長ごろからみられる「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法を中心にご説明いたしました。こちらのコラムでは、さらに子どもが成長し、大人の社会でも見られるような複雑な嘘をついた場合の対処法を中心にまとめています。子どもの成長に応じて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f89fa77e6bcc4114a99a51c4a7e0bcd7/img01.jpg
その他

嘘をつかない子供に育てるために②~「自分をかばう嘘・自分を大きく見せる嘘」への対処法~

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。また、コラムNo.128「嘘をつかない子供に育てるために①~「嘘はいけない」の伝え方、とっさに出る嘘への対処法~」では、子どもにまずは「嘘はよくないこと」と刷りこむことの重要性と、子どもによくある「怒られないようにとっさに出る嘘」への対処法を中心に解説しました。さらにこちらのコラムでは、同じく子どもの時期に見られる「自分をかばう嘘・自分を大きく見せる嘘」への対処法を中心にご説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/af61506cbd974093bc1bb8a5d175cadd/img01%20(5).jpg
その他

嘘をつかない子供に育てるために①~「嘘はいけない」の伝え方、とっさに出る嘘への対処法~

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。こちらのコラムでは、一歩先へ進んで、子どもにどのように「嘘はよくないこと」と伝えていくべきか、また子どもの「怒られないようにとっさに出る嘘」への対処法を中心に解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/96b8e2b4fa2f4744b73b5a4a06ca1119/img01%20(6).jpg
その他

子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~

親たるもの、子どもにはすぐれた人格に育ってほしいと心より願うものです。そして、すぐれた人格というと「正直」「誠実」「清廉」「高潔」などといった言葉をイメージする方も多いと思います。そんな親の中には、子どもが嘘をつくことで落胆したり心配になる人もいるかと思います。一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。こちらのコラムでは「子どもの嘘」の種類と時期、とくに2歳半から4歳ごろに特有な嘘について解説していきます。「子どもの嘘」のタイプや意図を知ることで、親としても落ち着いた気持ちで適切な対処がとれるようになりますよ。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9e4a2affe75b4d3cbad735cc601c4027/img01.jpg
3歳~6歳の育児

子どもが嘘をつくのはなぜ?ついた時の対応方法は?

「嘘をつくのはいけないこと」と教えていたにもかかわらず、子どもが嘘をついた…とわかったとき、親は少なからずショックを受けます。嘘をつくのは子どもが成長した証でもありますが、だからといってそのまま何もせず放置していると、嘘をつくことにまったく罪の意識を感じない子になってしまうおそれがあります。なぜ子どもが嘘をつくのか、その理由や原因を理解した上で、どのように対応すべきかしっかり考えていきましょう。今回は、子どもが嘘をつき始める年齢や、嘘をつく理由、子どもの嘘への対応について解説します。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ba88ac9d4c06417b82022f134deb8223/img01.jpg
その他

子どもの金銭感覚の育て方~幼少期からお金の勉強をする方法とメリットについて解説

昨今の世間を賑わせるお金の絡んだニュースを見て、うちの子どもにはきちんとした金銭感覚を養わせないといけない、と感じている親御さんも多いと思います。お金はよりよい人生を送るためにとても大切な道具の一つでありますが、いっぽうでお金に飲まれてしまったり、お金だけを大切にして道を誤ってしまったり、といった話は枚挙にいとまがありません。とはいえ、いつからどのように子どもにお金について教えてあげればよいのだろう?と困っている方も多いと思います。このコラムでは子どもへの金銭価格、お金の教え方について、始めるべき時期や具体的方法について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5347c52eaaee41e9af8f94813f3e6adf/img01.jpg
その他

子どもの幼児期からペットを飼うことのメリットと注意点について

幼児期の子どもを持つお母さん、お父さんには、子どものためにペットを飼ってあげたい、と考えている方も少なくないと思います。子どもにとってペットを育てて生活を共にする経験は大きなものです。住宅環境によって制限はあるものの、どんなペットを飼うべきは迷いますよね。こちらのコラムでは、子どもが何歳くらいになったらペットを飼うのが適切か?ペットを飼うことにはどんなメリットがあるのか? ペットと子どもを一緒に育てる事にどんな注意点があるのか?などを解説していきます。ペット選びの前に参考にしていただけますと幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7a263159b7ff47acb598849202327297/img01.jpg
その他

子どもの「赤ちゃん返り」~どんな時に起こる?対処法は?詳しく解説します~

第二子が生まれると、上の子どもが突然赤ちゃんのころに戻ったかのようにふるまいだす「赤ちゃん返り」。上の子だって構ってほしいのは理解しつつも、二人めが生まれて毎日忙しいさなかに「赤ちゃん返り」されて大変…、という話はよく聞きますよね。こちらのコラムでは、この「赤ちゃん返り」について、いつ・なぜ起こるのか?と具体的な対処方法についてご説明していきます。これから二人めのお子さまを考えている方もぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1cf2359aa76d45aea3c2911d77651694/img01.jpg
その他

「STEM教育」とは? 意味や定義、日本の実践状況や家庭での取り組み方をご紹介!

近年、教育関係の本や記事を読んでいると、「STEM教育」というワードがよく目につくようになりました。国語・算数・理科・社会ができていればよかった昔とは変わって、IT・コンピュータや早期の英語教育、国際的に通用する表現力・思考力など将来必要とされる能力や技能も増えてきて、ママパパとしては可愛い我が子に何を教えてあげればよいのだろう?、と迷ってしまう方も多いと思います。こちらのコラムでは、注目のキーワードとなっている「STEM教育」について、その意味や日本での「STEM教育」の実施状況、子どもに「STEM教育」を受けさせるにはどうすればよいかを解説しています。参考になれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3056bbe8e295459d8baed6a5093a658b/img01.jpg
その他

「小1プロブレム」について~小学校入学の現状と幼児期からの対策について紹介~

近年「小1プロブレム」という言葉を、ニュース記事や雑誌などで目にすることが増えてきました。「小1プロブレム」とは、子どもたちが保育園や幼稚園を卒園後に、小学校での生活になかなかなじめず、落ち着かない状態になってしまうことをいいます。この「小1プロブレム」に見舞われている学校や生徒が最近増えてきているといわれます。こちらのコラムでは、「小1プロブレム」について、近年増えてきている理由や幼児期からできうる対策についてご説明していきます。来年小学校への入学を控える年長さんの子どもを持つ親御さんだけでなく、年中さんや年少さんの子どもを持つお母さんもぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。