嘘をつかない子供に育てるために①~「嘘はいけない」の伝え方、とっさに出る嘘への対処法~

No.128更新日付:2024年2月13日

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。

こちらのコラムでは、一歩先へ進んで、子どもにどのように「嘘はよくないこと」と伝えていくべきか、また子どもの「怒られないようにとっさに出る嘘」への対処法を中心に解説していきます。

子どもが3歳ごろになると、両親の育児の疑問や悩みに新たな局面が訪れます。これまでは食事や睡眠など生活習慣の形成に関するものがほとんどだったのに対し、子どもの「心のあり方」、つまり感情や情動を理性でコントロールする際に「このような時には、こうするべきだ」という自分なりの規範を作り上げていくための悩みが多発してくるのです。

難しい問題ではありますが、それは子どもの知能が動物に近かった発達段階から、ついに知性的な人間の子どもとして成熟してきた証でもあるのです。

子どものうちに「嘘はいけないもの」と意識づける事が大切

乳幼児は明らかな事実のみで構成される単純なパターン暗記であれば、情報の与え方によっては楽々と覚えてしまいますが、抽象的な概念を用いて複雑な判断を求められるような課題は苦手です。

小さい子どもには「このような時にはこう。でも、こういう時にはこう変えるのよ」などと複雑なバリエーションを話してみたところで混乱するばかりです。ですから、まず基本の大原則として「嘘は絶対にいけないもの」という一つの考え方を、子どもが小さいうちに強く意識づけます。

嘘をつくのは悪いことか?

では、「嘘」というものは本当に悪いものなのでしょうか。親がそこに確信を抱いていないと、子どもへの言葉も揺らいでしまいますので、ここはしっかり整理しておきたいものです。

嘘というのは他人や自分自身を欺く行為、真実から目を背ける行為であり、本質的には良くないものです。他人に対して、本当の自分の心を見せないことは不誠実です。どれだけ表面上は良い顔をしていたとしても、心の中で何を考えているのかわからない人に対しては誰も心を許しません。故意であろうとなかろうと、「約束を守れなかった」など結果的に嘘になってしまうものであれ、嘘というのは人の信頼を著しく低下させてしまう、とても恐ろしいものなのです。

また、他人に対しての嘘だけではなく自分自身の心を偽る嘘もよくありません。自分の感情を無理矢理抑え込めば、精神のどこかにひずみが生まれ、いずれ体にまでも影響を与える疾患につながりかねません。自分の能力を過小評価または過大評価することも良くありません。本当の自分を見つめなければ、適切な学びは得られないものです。昨日の自分よりも一歩でも前進するためには、自分自身に対して正直に、真正面から向き合うことが大切だと考えます。

「よい嘘」とはたいてい、真実を正直に伝えることが相手の心を傷つける時ではないでしょうか。言わなくても済むことならば真実を伝えたくないという気持ちは、相手を思いやる優しい心から生まれるものです。

しかし、もしも相手の心が真実を認め、受け入れ、乗り越える強さを持っていたとしたら嘘をつく必要はありません。つまり、お互いに優れた人格者同士であった場合には、嘘をつかずとも済むことになります。

他にも、気の利いたジョークへ用いるような、誰を傷つけることのない嘘もありますが、これは嘘とは分けて「フィクション」や「言葉遊び」に分類するのが適切だと考えます。ですから、わが子を人から信頼される人間に育てたいと願うならば、まずは大原則として「嘘は絶対にいけない」と刷りこむことが非常に重要といえます。

「嘘はいけない」だけでは子どもの心に響かない

子どもに「嘘は絶対にいけない」と教えることは大切ですが、ただしそれは今ただちに「子どもが嘘をついたら困る」と考えることと同じではありません。現在、とても正直で素直な子どもでも、いつか必ず嘘をつきます。子どもが大人に成長する過程においてそれは当たり前であり、大変健康で順調な精神発達の証ですから心配する必要はありません。

では、どうやって子どもの「嘘」と向き合えばよいのでしょうか。

小・中学校には道徳の授業がありますが、挨拶の仕方や、人を叩くのはよくない、人の物を取るのはよくない、そんなことを知らない小学生なんているのでしょうか。これらの善悪は2歳児でも本能的に感じ取ることができます。しかし、なぜか人間の悪事は社会からなかなか消えません。

嘘をつくに至った理由まで深く思いやって初めて子どもに響く

人は望ましくない行動をとってしまう時にはそれなりの理由があるものです。その行動を選択せざるを得ないところまでなんらかの形で精神的に追い込まれているものです。悪いことをしてしまった人を非難し責めることは簡単です。悪いことだと指摘されて簡単に悔い改められるくらいならば、最初から誰も悪いことなんかしません。

子どもの行動の表面だけを見てよい悪いと語るのではなく、そういう行動に至った理由まで、深く思いやる姿勢を大人が見せた時に初めて、子どもの心は大きく震えるものです。子どもの嘘への対応も同じです。ですから、子どもに「嘘をついてはいけない」と言いきかせるだけでは不足に感じるのです。

「怒られないようにとっさに出る嘘」への対応

さて、ここからはコラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」でもご説明した、子どもに見られる嘘の15種類の分類のうち「怒られないようにとっさにでる嘘」への対処法について詳しく解説していきます。

ちなみに嘘の15分類は以下になります。

相手をだます気がない嘘
1.空想が膨らんで現実と混同してしまう
2.話をよく理解していないためおかしな回答をする
3.表現力〔語彙〕不足のためうまく意思を伝えられない
4.言葉遊び

子ども自身が「嘘をついている自覚のある」嘘(=親としての対応が必要
5.願望が大きくなって現実と混同してしまう
6.怒られないようにとっさに出る嘘
7.自分をかばうためにつじつまを考えながらつく嘘
8.相手の気を引いて自分に注目してもらいたい
9.本当の自分の気持ちを理解してもらえないいらだち
10.根ほり葉ほり聞かれる面倒を避けるため
11.立場の強い子からの口止め
12.仲間をかばうため
13.親の期待に応えて喜ばせるため
14.ねたみや復讐
15.相手の心を傷つけないため


乳幼児期の嘘は、空想と現実が混ざったり、または語彙が未熟だったりするのが原因で、子ども自身は嘘をつく気持ちなどまったくありません。こちらも嘘だとは見なさないようにすることが大切です。ごく自然に「へえ~そうなのね」と、お子さまが正しいことを言った時と同様に頷いてあげるのがよいと考えられています。知能と言語の成長が進めばこのようなことは自然に言わなくなります。

「怒られないようにとっさに出る嘘」の特効薬は、怒らず穏やかに諭すこと

さて、幼児期につく最初の嘘らしい嘘は、たいてい「怒られるのを回避するため」につくものです(⑥番目の嘘)。おもちゃを壊してしまった、お友だちのものを取ってしまったなど、「悪いことをしてしまった」という自覚が子どもにある時に、大人が怖い顔をして「これ、あなたがやったの?」と問えば、子どもはとっさに「やってない!」と答えます。あるいは「宿題はもう終わったの?」という質問に「終わった!」と答えてしまうのもこのパターンです。

両親は「どうして嘘なんかつくのか」と悩みますが、子どもの単純な思考は目の前の「怒られる恐怖」から逃げ出すことしか考えられなくなっているだけのことです。ですから、このパターンの時に嘘をつかせない特効薬は、「怒らないこと」だといえます。怒るのではなく、「穏やかに諭す」「言い聞かせる」という習慣が身につくと、子どもが嘘をつく回数は減っていくでしょう。

「嘘はいけない」を刷り込むための接し方

また、「怒られたくないから出る嘘」は「嘘は絶対にいけない」と刷りこむ大チャンスにもなります。子どもの「やってないよ」という嘘をあばける明らかな証拠がある時に次のように接します。

1.「嘘は絶対についてはいけません。正直に話せば怒りません。」と約束します。
2.穏やかに「もう一度聞きます、あなたがやりましたか。」とたずねます。
3.正直に自分がやったと打ち明ければ、抱きしめておおいに褒めてあげます。


やってしまったことはいけないことだったという部分はあいまいにせず、言葉で「なぜいけなかったか」をもう一度、「子ども語訳」を意識しつつ端的に伝えます。悪いことは悪いと穏やかに話したうえで、正直に言えた勇気をとても褒めてあげます。

4.子どもがそれでも嘘をつき続けた場合、こちらには明らかな証拠があるのだから、まずはその事実を見せます。そして、「大人だって失敗はします。だから、お母さんはやってしまったことは怒りません。でもね、嘘をつくのは本当にいけないこと。お母さんはあなたが嘘をついたことを怒ります。」と厳しく言います。とはいっても、「怒ってみせる」迫真の演技が重要で、自分の感情で怒ることはしません。

「叱ること」で嘘を抑制することは望ましくない

3歳未満の子どもの困った行動というのは、ほとんどが本能的欲求から生じていることが多く、「叱ること・怒ること」でそれらを抑制することは望ましくないと考えられています。

欲求が小さいうちに満たせるものは満たし、欲求をコントロールする必要があるものは、子ども自身で自分の欲求と周りへの影響のバランスをとることを学ばせる必要があります。恐怖で縛るだけでは、恐怖というタガが外れた時に欲求は増大したり歪んだ形で表れたりしてしまいます。

しかし、本能的な欲求から嘘をつきたくてつく子どもはいません。

この場合の本能的な欲求は「トラブルから逃げ出したい」ということであり、嘘をつくのは知能が発達したことによって覚えた「逃げ出す方法」なのです。

ですから、叱る・怒るという方法で「嘘をつく」という行動を減少させても抑圧にはなりません。もともと怒られたくなくて嘘をついたのですから、「失敗をしても正直に言えば褒められて、嘘をついた方がむしろ怒られる」とインプリンティングされると、次第に子どもの「怒られたくないための嘘」は減少していくでしょう。

まとめ:子どものうちに「嘘はいけないもの」と叱らずにしっかり伝えることが大切

いかがでしたでしょうか?

子どもにまずは「嘘はいけないもの」としっかり伝える重要性と、それは「叱ること」ではなく穏やかに言い聞かせることがポイントである旨が理解いただけたかと思います。

さらに次のコラムNo.129「嘘をつかない子供に育てるために②~「自分をかばう嘘・自分を大きく見せる嘘」への対処法~」では、子どもの「自分をかばう嘘・自分を大きく見せる嘘」への対処法を中心にご説明していきます。もしよかったらあわせて参考にしてみてくださいね。

「子どもの嘘」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3172a10fbeeb45869de16feb376441aa/img01%20(2).jpg
その他

嘘をつかない子供に育てるために④~「友だちとの関わりから生じる嘘」への対処法~

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。また、コラムNo.128~130では、子どもの成長にともなってみられるそれぞれの嘘のタイプごとに解説してきました。前回のコラムNo.130「嘘をつかない子供に育てるために③~「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法~」では、ある程度子どもが成長し、年中~年長ごろからみられる「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法を中心にご説明いたしました。こちらのコラムでは、さらに子どもが成長し、大人の社会でも見られるような複雑な嘘をついた場合の対処法を中心にまとめています。子どもの成長に応じて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4f4af95fa2824bae89022071e113a9fd/img01%20(1).jpg
その他

嘘をつかない子供に育てるために③~「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法~

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。また、コラムNo.129「嘘をつかない子供に育てるために②~「自分をかばう嘘・自分を大きく見せる嘘」への対処法~」では、幼少期に見られがちな、自分をよりよく見せるために罪のない範囲で物事を誇張して話してしまうような嘘の対処法を中心に解説しました。さらにこちらのコラムでは、もう少し子どもが成長すると見られてくる「他人を思いやるためにつく嘘」への対処法を中心にご説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f89fa77e6bcc4114a99a51c4a7e0bcd7/img01.jpg
その他

嘘をつかない子供に育てるために②~「自分をかばう嘘・自分を大きく見せる嘘」への対処法~

一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。コラムNo.82「子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~」では、2歳半から4歳ごろに特有な「子どもの嘘」の種類や、「子どもの嘘」への対応の仕方が人格形成にいかに重要であるかをご説明いたしました。また、コラムNo.128「嘘をつかない子供に育てるために①~「嘘はいけない」の伝え方、とっさに出る嘘への対処法~」では、子どもにまずは「嘘はよくないこと」と刷りこむことの重要性と、子どもによくある「怒られないようにとっさに出る嘘」への対処法を中心に解説しました。さらにこちらのコラムでは、同じく子どもの時期に見られる「自分をかばう嘘・自分を大きく見せる嘘」への対処法を中心にご説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/96b8e2b4fa2f4744b73b5a4a06ca1119/img01%20(6).jpg
その他

子どもが嘘をつくのはなぜ?~2歳半からの幼児期の子どもの嘘の特徴について~

親たるもの、子どもにはすぐれた人格に育ってほしいと心より願うものです。そして、すぐれた人格というと「正直」「誠実」「清廉」「高潔」などといった言葉をイメージする方も多いと思います。そんな親の中には、子どもが嘘をつくことで落胆したり心配になる人もいるかと思います。一般的に2歳半ごろから子どもは嘘をつくようになるといわれています。こちらのコラムでは「子どもの嘘」の種類と時期、とくに2歳半から4歳ごろに特有な嘘について解説していきます。「子どもの嘘」のタイプや意図を知ることで、親としても落ち着いた気持ちで適切な対処がとれるようになりますよ。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9e4a2affe75b4d3cbad735cc601c4027/img01.jpg
3歳~6歳の育児

子どもが嘘をつくのはなぜ?ついた時の対応方法は?

「嘘をつくのはいけないこと」と教えていたにもかかわらず、子どもが嘘をついた…とわかったとき、親は少なからずショックを受けます。嘘をつくのは子どもが成長した証でもありますが、だからといってそのまま何もせず放置していると、嘘をつくことにまったく罪の意識を感じない子になってしまうおそれがあります。なぜ子どもが嘘をつくのか、その理由や原因を理解した上で、どのように対応すべきかしっかり考えていきましょう。今回は、子どもが嘘をつき始める年齢や、嘘をつく理由、子どもの嘘への対応について解説します。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ba88ac9d4c06417b82022f134deb8223/img01.jpg
その他

子どもの金銭感覚の育て方~幼少期からお金の勉強をする方法とメリットについて解説

昨今の世間を賑わせるお金の絡んだニュースを見て、うちの子どもにはきちんとした金銭感覚を養わせないといけない、と感じている親御さんも多いと思います。お金はよりよい人生を送るためにとても大切な道具の一つでありますが、いっぽうでお金に飲まれてしまったり、お金だけを大切にして道を誤ってしまったり、といった話は枚挙にいとまがありません。とはいえ、いつからどのように子どもにお金について教えてあげればよいのだろう?と困っている方も多いと思います。このコラムでは子どもへの金銭価格、お金の教え方について、始めるべき時期や具体的方法について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5347c52eaaee41e9af8f94813f3e6adf/img01.jpg
その他

子どもの幼児期からペットを飼うことのメリットと注意点について

幼児期の子どもを持つお母さん、お父さんには、子どものためにペットを飼ってあげたい、と考えている方も少なくないと思います。子どもにとってペットを育てて生活を共にする経験は大きなものです。住宅環境によって制限はあるものの、どんなペットを飼うべきは迷いますよね。こちらのコラムでは、子どもが何歳くらいになったらペットを飼うのが適切か?ペットを飼うことにはどんなメリットがあるのか? ペットと子どもを一緒に育てる事にどんな注意点があるのか?などを解説していきます。ペット選びの前に参考にしていただけますと幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7a263159b7ff47acb598849202327297/img01.jpg
その他

子どもの「赤ちゃん返り」~どんな時に起こる?対処法は?詳しく解説します~

第二子が生まれると、上の子どもが突然赤ちゃんのころに戻ったかのようにふるまいだす「赤ちゃん返り」。上の子だって構ってほしいのは理解しつつも、二人めが生まれて毎日忙しいさなかに「赤ちゃん返り」されて大変…、という話はよく聞きますよね。こちらのコラムでは、この「赤ちゃん返り」について、いつ・なぜ起こるのか?と具体的な対処方法についてご説明していきます。これから二人めのお子さまを考えている方もぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1cf2359aa76d45aea3c2911d77651694/img01.jpg
その他

「STEM教育」とは? 意味や定義、日本の実践状況や家庭での取り組み方をご紹介!

近年、教育関係の本や記事を読んでいると、「STEM教育」というワードがよく目につくようになりました。国語・算数・理科・社会ができていればよかった昔とは変わって、IT・コンピュータや早期の英語教育、国際的に通用する表現力・思考力など将来必要とされる能力や技能も増えてきて、ママパパとしては可愛い我が子に何を教えてあげればよいのだろう?、と迷ってしまう方も多いと思います。こちらのコラムでは、注目のキーワードとなっている「STEM教育」について、その意味や日本での「STEM教育」の実施状況、子どもに「STEM教育」を受けさせるにはどうすればよいかを解説しています。参考になれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3056bbe8e295459d8baed6a5093a658b/img01.jpg
その他

「小1プロブレム」について~小学校入学の現状と幼児期からの対策について紹介~

近年「小1プロブレム」という言葉を、ニュース記事や雑誌などで目にすることが増えてきました。「小1プロブレム」とは、子どもたちが保育園や幼稚園を卒園後に、小学校での生活になかなかなじめず、落ち着かない状態になってしまうことをいいます。この「小1プロブレム」に見舞われている学校や生徒が最近増えてきているといわれます。こちらのコラムでは、「小1プロブレム」について、近年増えてきている理由や幼児期からできうる対策についてご説明していきます。来年小学校への入学を控える年長さんの子どもを持つ親御さんだけでなく、年中さんや年少さんの子どもを持つお母さんもぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。