赤ちゃんの「皮ふ」の育て方について~日光浴の方法や熱中症から子どもを守る~

No.95更新日付:2024年2月13日

近年子どもの熱中症に関するニュースをよく見かけます。また、コロナ禍の影響も含めて風邪などの予防についてもよく叫ばれています。しかし、子どもにただ風邪や熱中症を予防することだけを考えていればよいのでしょうか? 赤ちゃん~幼児の時期には、予防するだけでなく環境への適応力を育ててあげることがより重要なのです。

この適応力を育てるにあたってキーとなるのは、外界との接触点である「皮ふ」です。この記事では、0歳から3歳までの間におこなっておくべき日光浴や熱中症対策の方法について、「皮ふ」のたんれんの観点から説明していきます。

目覚ましい成長中の子どもには「予防」だけでない対応が必要

「予防」という言葉を、最近の育児関連の様々なメディアで目や耳にします。
例えば、紫外線から子どもを守るためのUVケア、熱中症から守るためにエアコンや水分補給、冬場は風邪をひかせないように温かく、など、ある程度身体機能が完成している成人には「予防」は有効かもしれませんが、目覚ましいスピードでの「発達状態」にある子どもたちに「予防」だけで本当によいのでしょうか?

予防よりさらに重要なこと「適応力の育成」

予防も確かに大切ですが、人間は「適応力」という優れた素晴らしい武器をもっています。この「適応力」のおかげで、私たちは環境を自分に合わせるのではなく環境に自分を合わせることで、様々な土地、過酷な自然環境でも子孫を増やしてくることができました。この「適応力」も、大人になってから変えることはほとんどできなくても、子どものうちならば「より強くたくましく育てる」ことが可能なのです。

衣類や薬で守るより、己の皮膚をを鎧にすることが大切

皮膚は全身を覆う重要な臓器です。いうなれば私たち自身を守る鎧であり、皮膚細胞そのものや常在菌の存在が外部菌の体内侵入を防いでくれ、外界の様々な刺激やストレスから体を守る役割をしています。少しくらいの熱さや冷たさも皮膚のおかげで耐えられます。

普段、露出時間が多い顔や手の皮膚は温度変化に強いですが、衣服で守られていることの多い背中の皮膚などは少し熱いお風呂やちょっと冷たいプールに入るだけでも強い刺激を感じます。

しかし、背中でも全身のどこの皮膚でも、手や顔のように少しずつ慣らしていけば同様に育つのです。

つまり適切に肌を鍛えてさえいけば、そのくらいの寒暖差なら誰でも当たり前に自分の体温を維持でき、風邪をひかないようになるのです。

皮膚を、自分を守る強靭な鎧に育てるための様々な働きかけをベビーパークでは「たんれん」と呼んでいます。皮膚を空気に触れさせて暑さや寒さに少しずつ慣らしていくのを「空気たんれん」と言い、着替え時に裸にさせることもそれにあたります。

空気よりもより大きい刺激になる水を用いるのが「水たんれん」で、うがいをしたり、毎朝冷水で洗顔したり、暑い夏場は足に水をかけるのも、とても良い「水たんれん」です。冬でもお風呂からあがる直前に膝から下に冷水をかけると自律神経の調整によい効果があります。

日光浴の効用と必要性

近年紫外線の有害性について皮膚がんを代表としていろいろ指摘されていますが、日光は体の中でビタミンDを作りだすために非常に大切なものです。日差しを避けてばかりいると皮膚がんの心配より先に栄養バランスを崩して病気になります

あるビタミンDレベルが低い人と高い人を比較した研究では、ビタミンDが高い人達は低い人達に比べて大腸がん・乳がん・食道がん・白血病・心不全や脳卒中、糖尿病などの発症リスクが半分との結果が出ているそうです。

太陽の強い紫外線が人類に有害であるということは太古の昔から変わりませんが、私たちの祖先はその有害な紫外線の中で何千年もの間自然と共存しながら文化的に暮らしてきました。過度に恐れる必要はなく、古い知恵にならって適切に紫外線とつきあっていけばよいのです。

「メラニン色素」の重要性について

もともと有害な紫外線から体を守るために私たちには「メラニン色素」があり、黒く日焼けした肌は紫外線に対してかなりの抵抗力をもっています。過剰な紫外線対策によって私たちの身体が本来持っている紫外線防御システム「メラニン色素」が適切に機能しなくなったり、子どものビタミンD不足を招いて骨折しやすくなったり免疫力が低下することは、紫外線による害よりも危険といえます。

紫外線は本来ある程度は人体の健康維持に必要なものです。オゾン層の破壊によって、本来はあまり地上に届かない波長の紫外線までもが地上に降り注ぐ量が増えているので、1980年以前のレベルで過度な日焼けをすることは望ましくありませんが、それでも適度な日光浴は必要です。

適切な日光浴の方法

日光浴は過剰も不足もよくありません。日光浴で日焼けによるシミ・ソバカスができるのは、いきなり急激に日焼けをしたか、あるいは日焼けの仕方がよくないからです。

体が日差しになじむにはすこし時間がかかるので、メラニン色素は少しずつ少しずつ定着させなければなりません。海辺に住む子ども達などは、毎年だいたい4、5月ごろから少しずつ日焼けをしますが、7月にはもう日差しによる肌のトラブルは全く心配しないでいられるのです。

0歳代の日光浴の方法

では具体的な方法ですが、0歳2ヵ月ごろからおこない、初めは曇りの日だと体が熱をもたないので晴天時よりはるかに安全のうえ、紫外線は薄曇りの日でも晴天時の70%程度もあるので十分に日光浴ができます。最初のうちは5分くらいから始め、毎月少しずつ時間を伸ばし、できれば毎日10分程度はお子さんの全身を太陽の光に当ててあげ、3ヵ月後くらいには20分を目安にするとよいでしょう。30分を超えない範囲でおこなってください

日光の殺菌効果によりオムツかぶれの予防や治療にもなるので、0歳代なら日当たりの良い室内でオムツも外して全身浴できるとよいでしょう。

1歳代の日光浴の方法

このように時間をかけて少しずつメラニン色素の定着を進めていけば、1歳4ヵ月くらいからはあまり日光浴を気にしなくても、適切な外遊びの習慣があれば必要な量の日光浴は自然にできていきます。

午前10時から午後3時くらいまでの間に1時間から2時間、屋外で思いっきり走り回る時間を作ってあげましょう。顔や手足に日光があたるだけで十分です。夏のプール遊びや水遊びなどで、たまに背中など上半身に日光をあてる機会があればなおよいでしょう。もちろん日焼け止めは不要です。

子どもへの日焼け止めの使い方について

日焼け止めを使うべきなのは強い紫外線に長時間さらされる状況の時です。例えば、照り返しの強い砂浜の海岸での海水浴、標高1000m以上の高さの高原を2時間以上散策する、平地でも兄弟の運動会や遠足の付き添いなどで、日当たりのかなり良い場所で屋外活動を4時間以上続けるなど、このような場合には子どもにも日焼け止めクリームが必要です。

ただし、このような状況は幼稚園児や小学生には適切でも、3歳未満の子どもには日焼け以前に体力的につらいものです。3歳未満のうちはなるべく日焼け止めクリームを必要とするような状況は避けられるように考慮したいものですね。3歳までは海水浴なら30分から1時間程度のショートタイムで切り上げ、水族館見学など他の行楽とセットでスケジューリングするとよいでしょう。

汗腺の数は3歳までに決まる!~熱中症対策~

熱中症という言葉は昔は存在せず、熱射病や熱失神というものはありましたが、よほど特殊な高温の環境下に長時間いるという特別な事情がない限り日常的にかかる症状ではなかったように思われます。

子どもの熱中症が増えているのは「汗腺」の数と関係がある

30年前には、子どもは真夏でも真っ黒に日焼けしながら屋外で元気いっぱいに遊んでいたものですが、いったいどうして現在は熱中症にかかる子どもが増えてしまったのでしょう。それは、昔と今の子どもの汗腺の数に大きな原因があると考えられます

人体には約500万個の汗腺がありますが、これは赤ちゃんの時には機能しておらず、生まれてから3歳までの間に汗をかく経験をすることによって初めて機能できるようになります。しかし、汗腺がすべて機能するわけではなく3歳までに使われることのなかった汗腺は汗をかく能力を失ってしまいます。このように使われなくなった汗腺を不能汗腺、正しく機能している汗腺を能動汗腺と呼びます。

赤ちゃんのころからの過度なエアコン管理で「汗腺」の数が減っている

かつて、エアコンなどなかった時代の日本人の能動汗腺は300万~400万個くらいだったようです。ところが子どもの頃からクーラーがあった現代の若いお父さん・お母さん世代だと能動汗腺は平均230万個と言われ、さらに熱中症の危険が叫ばれるようになった今では、お母さん達は赤ちゃんの部屋を24時間体制でエアコン管理しているため、最近では汗腺が200万個未満の子どもたちも急増しているようです。これでは適切に汗をかけず、体内に熱がこもるというのも頷けます。

能動汗腺の働きは汗をかくだけではありません。あまりに暑い時には皮膚の温度を高めたり代謝機能を下げたりして調節し、汗を抑制して脱水症状を防いだりもするのです。3歳までにこの優れた体温調節システムである能動汗腺の数をしっかり増やすことが非常に重要です。それこそが、子どもの一生涯にわたる優れた熱中症対策になるといえます。

子どもの能動汗腺の増やし方

では、能動汗腺を増やす具体的な方法をお伝えします。

  1. 夏は暑さ、冬は寒さを経験させる大チャンスです。3歳までに夏も冬も3回しかめぐってきません。一日一回でもよいのでたっぷり汗をかかせる時間を作りましょう。但し、0歳4ヵ月までは行わず、0歳代は無理せず短時間にしてください。また出産予定日よりも2週間以上早く生まれたお子さんは0歳5ヵ月を過ぎてからにしてください。
  2. お昼の暑い時間帯にエアコンを切った部屋で過ごしましょう。汗腺を育てる時間には直射日光に当たる必要はありません。必ずお子さんに付き添って様子を見ながらおこない、元気がない時にはすぐに中止して下さい。元気な様子であれば20~30分暑さを経験させ、その後ぬるめのお湯で汗を流し、できれば授乳して、その後は28度くらいに温度調整した部屋でゆっくり休ませてあげましょう。
  3. 1歳を過ぎたら大汗をかきながら遊ぶ時間を1時間くらい作りましょう。庭やベランダでのプール遊びなどがおすすめです。遊び終えたらシャワーなどで必ず汗を流し、28度くらいの室内でゆっくり過ごしましょう。昼寝をするのもよいですね。

まとめ:3歳までの子どもの適応力の成長が、長い人生の健康を守る

いかがでしたでしょうか?
汗腺やメラニン色素の優れたシステムが、適切に機能するように育ててあげるのも3歳までの育児の重要点です。お子さんの一生の健康を守る皮膚の防御システムをしっかり育ててあげたいですね。

「子どもの健康」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bd7fa0f925b242eb977655d9720be0b3/img01%20(5).jpg
その他

「低身長症」って本当ですか?~情報に振り回されすぎない判断を~

「低身長症」という言葉を最近よく目にするようになりました。我が子の伸長が健全に伸びてほしいというのは、すべての親に共通する自然な願いだと思います。現在「低身長」とされた子どもに対して成長ホルモンによる治療がおこなわれています。しかし、世間では過剰に「低身長」を心配するあまりに、本当に治療が必要な状況ではない子どもにも、副作用に関するデータが十分とはいいがたい薬を投与しているケースも見受けられます。こちらのコラムでは、「低身長症」にまつわる現状と客観的な事実について掲載しています。過度に心配しすぎず、落ち着いて両親で考えてみる手助けになれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fd299927b2de49298326a919e85a1518/img01.jpg
その他

気になる子どもの「指しゃぶり」~やめさせるタイミングと注意点について解説~

生後数ヶ月たった頃から見られ始める「指しゃぶり」。指しゃぶりしながら寝ている赤ちゃんの姿はかわいく、ついそのうち直るだろうと思いつつ見とれてしまったりするものですね。いっぽうで子どもの歯並びや言語の発達に影響すると聞き、心配になるお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、子どもの「指しゃぶり」について、いつから始まるのか、どのような影響が子どもにあるのか、やめさせる際の注意点ややめさせるべき時期など詳細に解説しています。子どもの「指しゃぶり」について気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f42c6aa031841a4a966789e6b391195/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期における「白砂糖」摂取の弊害について

近年「白砂糖は健康によくない」という記事や評判をひんぱんに目にするようになったと感じます。健康に気を使っている方は、肥満防止のために白砂糖を控えめにしている人も多いと思います。では、特に幼児期の子どもが白砂糖を過剰に摂取するとどうなるのでしょうか? こちらの記事では、特に幼児期の子どもが早い段階から白砂糖を過剰に摂取してしまうことの弊害について、虫歯予防の観点や健康の観点から説明しています。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/77219cd1a960441c97ae07a55ec6bd41/img01%20(8).jpg
その他

子どもの身長を健康的に伸ばすために

近年、日本の平均身長の伸びが止まっている、というニュースをよく目にすることがありますが、子どもの身長を高くしてあげたい、子どもの身長が低くないか心配…、と子どもの身長について何らかの心配や思いのあるお母さまは多いと思います。子どもの身長は遺伝ももちろん大きく関わりますが、生活習慣や環境による影響も大きく、親が適切な生活習慣を子どもに教えてあげられることで、子どもは健康的に成長し身長も伸びていきます。こちらのコラムでは、子どもの身長を健康的に伸ばすために、幼少期から定着すべき必要な生活習慣を4つに大別し解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/04d52a8ef97346b1a57ae8480f4a2019/img01%20(3).jpg
その他

我が子の平熱を把握して適切な処置をしましょう~誤った平均体温知識に振り回されないために~

子どもは生まれてしばらくは、お母さんの胎内にいた時に受け取った抗体の力でめったに風邪をひきませんが、半年を過ぎたころには抗体の力も弱まり風邪をひくようになります。特に保育園の通い始めの時期など、お友達から風邪をもらって寝込んでしまったりということがよく起きます。子どもが風邪をひいたなと感じた時、真っ先にお母さんがすることが子どもの熱を測ることかと思います。今回は子どもの平熱の把握の仕方と、発熱かなと悩んだ時の対処や病院を受診する目安についてお伝えできればと思います。子どもの体調を正しく把握することで、お母さんが自信を持って子育てをできる手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1d5827160e9945f8be9c1669f1308376/img01%20(2).jpg
その他

姿勢のよさが子どもの健康を守ります②~幼児期からの姿勢のよさがもたらす健康効果~

近年、パソコンやスマホの普及や生活習慣の変化にともない、子どもの姿勢が悪くなっているという話をよく聞きます。姿勢がよくないと必要な筋力が低下し、さまざまな面で健康によくない影響があります。姿勢の話題はおもに小学生くらいの子どもに対してのものが多いですが、ベビーパークでは幼児期から子どもによい姿勢を「プレゼントしてあげる」ことを推奨しています。コラムN0.98【姿勢のよさが子どもの健康を守ります~幼児期からの姿勢のよさがもたらす健康効果~①】では、子どもによい姿勢を教えるにあたって、基本となる姿勢への考え方やまずは親が見本となるべくできることをご説明いたしました。こちらではより具体的に、幼児期の子どもによい姿勢を伝えるための方法を掲載しています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/242560d910b3403aa7b576a2665d87a1/img01%20(1).jpg
その他

姿勢のよさが子どもの健康を守ります~幼児期からの姿勢のよさがもたらす健康効果~①

近年、パソコンやスマホの普及や生活習慣の変化にともない、子どもの姿勢が悪くなっているという話をよく聞きます。姿勢がよくないと必要な筋力が低下し、さまざまな面で健康によくない影響があります。姿勢の話題はおもに小学生くらいの子どもに対してのものが多いですが、ベビーパークでは幼児期から子どもによい姿勢を「プレゼントしてあげる」ことを推奨しています。ここでは、子どもによい姿勢を教えるにあたって、基本となる姿勢への考え方やまずは親が見本となるべくできることをまとめています。コラムN0.99【姿勢のよさが子どもの健康を守ります~幼児期からの姿勢のよさがもたらす健康効果~②】ではより具体的な子どもへの教え方が載っていますので、あわせて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/240fda2e98d5428a9b30eda5bf4735c8/img01.jpg
赤ちゃんの育児

「モロー反射」や「バビンスキー反射」って何?赤ちゃんの原始反射の対応法について

赤ちゃんの時期によくするといわれる「モロー反射」や「バビンスキー反射」。言葉は聞いたことがあるけど、実際はどんな動きを指すのかよくわからない方も多いと思います。「モロー反射」や「バビンスキー反射」はともに赤ちゃんの原始反射の一種で、赤ちゃんの神経系の正常な発達を示す基準として観察される重要な反応です。では、「モロー反射」「バビンスキー反射」とはどんな動きで、どんな時期に起こるのでしょうか。このコラムでは、「モロー反射」「バビンスキー反射」でよくみられる動作や、よくみられる時期、対処法などについて解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/71bced6ccf4b408bb04be1ee53d6d45a/img01%20(4).jpg
3歳~6歳の育児

子ども・幼児のストレス・情緒不安定に気をつけて!知っておきたいチェックポイント

子どものストレスは大人のストレスとは違い、言葉で表現したり自ら対処したりできないケースも多いため、そのままにしておくと心身の成長に大きな影響を与えます。そのため、周囲の大人が早い段階で気付き、適切な対処を行うことが大切です。今回は、子どものストレスサインの特徴や対処法について詳しく解説します。

赤ちゃんの育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/15c360217430493181ff5c1e365bf64e/NO205-1.jpeg
赤ちゃんの育児

「赤ちゃんのいびき」について~その原因や医師の診察が必要な場合、対策について解説~

赤ちゃんの寝顔は天使のようにかわいいものですよね。育児で疲れている時でも、平和そうな赤ちゃんの寝顔を見ると気持ちが癒されて何とか乗り切れる、ということもあるかと思います。ところが、そんな赤ちゃんが意外と大きないびきをかいてびっくりすることがあると思います。「ぐごー」「しゅぴー」と大人顔負けの大きな音でいびきをかいて親が寝られなくなったり、赤ちゃん自身が自分のいびきの音に驚いて目をさましてしまったり、なんて先輩ママの思い出話を聞いたりするものです。笑い話で語られることも多い「赤ちゃんのいびき」ですが、あまりにひどいと「健康に何か問題があるのではないか?」と心配になる親御さんもいらっしゃると思います。こちらのコラムでは、この「赤ちゃんのいびき」について、いびきが始まる時期やその原因、注意したほうがよいケースや対応法などを説明していきます。こちらを読んでいただき、少しでも子育ての手助けになれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1933c3dd4e9c451f8670ff2b7a54f810/NO203-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

「手づかみ食べ」いつから始める?~成長への効果性や注意点について解説~

赤ちゃんが順調に成長してきて、そろそろ離乳食を始める時期かな?となると、調べるべきことがまたたくさん増えて大変な時期になりますよね。 離乳食の始め方や、ふさわしい食材、どれくらいの量を一回に与えるべきなのか…、など気になることがたくさんあるかと思います。その中の一つに「赤ちゃんに手づかみ食べをさせたほうがよい?」ということがあります。 赤ちゃんの「手づかみ食べ」ですが、決してお行儀が悪いなどということはなく、今後の成長や食育について大きな効果が期待できるものです。こちらのコラムでは、この赤ちゃんの「手づかみ食べ」について、いつから始めるべきか、またその効果性や注意点についてまとめています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f7a46e568ab46969e12c080a4c85ae9/NO202-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが寝る時の服装のおすすめは?~季節別や月齢別のおすすめや注意点を紹介~

赤ちゃんを育てている親御さんなら、赤ちゃんがちゃんと夜寝てくれるかはとても大事なテーマだと思います。夜ぐっすりと寝てくれれば赤ちゃんも健康になるし、お母さんとしても少しは楽な時間が作れる…、と願いますが、実際はなかなか寝付いてくれなかったり、寝てもすぐに起きてしまったりと、ほとんどのパパママにとっての悩みのタネだと思います。 こちらのコラムでは、赤ちゃんが快適に睡眠をとれるようにするための適切な服装や寝室の環境などについて解説していきます。どうしても寝てくれない日や、夜泣きをする日はあるものですが、なるべく快適な環境で子どもにぐっすり寝てもらえるように役立てば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/57b5f9f191244d4885bf30086d44fe93/NO201-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

「喃語(なんご)」は成長のサイン!~赤ちゃんの喃語の特徴と、0歳期の言葉の育て方について~

赤ちゃんが生後5~6ヶ月ごろになると、「ば・ば・ば」や「だ・だ・だ」など徐々にはっきりとした発音をするようになります。この時点ではまだ特段の意味を持たない状態なのですが、今「パパ」って言ったかな?「ママ」って言ったよね?など、親としてもつい嬉しくなる瞬間だと思います。 こちらのコラムでは、この生後6ヶ月ごろから見られる「喃語」について、「クーイング」との違いや、赤ちゃんが言葉を発するようになる過程、「喃語」を話す時期にお子さまの言葉を発達させるために親ができうることについて説明していきます。 
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68c8be1a5df1431eb6dddfb78b01167d/NO200-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの「黄昏泣き」とは?~その原因や症状、親ができうる対策法について解説~

「黄昏泣き(たそがれなき)」という言葉を知っていますでしょうか? 生後しばらく経った赤ちゃんに見られる、夕暮れ時になると急にぐずり出したり泣き出したりする状態を指します。赤ちゃんが生まれてから怒涛の日々のなかで、ようやく少し育児にも慣れてきたかなという時に、赤ちゃんがこの「黄昏泣き」になってどうしてよいかわからず疲労困ぱい、なんて話もよく聞きます。 こちらのコラムではこの「黄昏泣き」について、夜泣きとの違いやその原因、さらには親ができうる対処策について紹介していきます。少しでも赤ちゃんを育てていく助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fd90222c444344f3895ccaba638c4bee/img01%20(19).jpg
赤ちゃんの育児

0歳児との遊び方がわからない…具体的な遊び方や注意点をご紹介!

出産して赤ちゃんとの生活が始まると、「たくさん遊んであげたい!」と思う一方で、授乳やオムツ替え、寝かしつけなどで1日があっという間に過ぎていきます。「あまり赤ちゃんと遊んでないような気がする」「赤ちゃんの成長は大丈夫かな」と不安になってしまうママも多いです。とくに0歳児は泣いていることも多いので、機嫌の良いときにたくさん遊んであげるとよいでしょう。そこで、意思の疎通がまだまだこれからの0歳児と、どういう遊びをしたら良いのか悩んでいるママに向けて、具体的な遊び方や注意点をご紹介します。ママとの遊びは、0歳児の成長にとってとても大切な経験になります。ぜひ参考にして、日々の暮らしに取り入れてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0e6046204b664d83a09ca3f095b57608/img01%20(18).jpg
赤ちゃんの育児

おっぱいが出ない、子どもがおっぱいを飲まない…原因や対処法を紹介

出産したらすぐにおっぱいが出ると思っていたママも多いでしょう。しかし、思うようにおっぱいがでないケースもあり、個人差が大きいものです。またせっかくおっぱいが出ても子どもが飲まないこともあります。子どもにおっぱいをあげられないと不安になりますよね。今思うようにおっぱいが出なくてもできることがあります。子どもが思うようにおっぱいを飲まないときにもできることがあります。今回はそんな授乳の悩みについて、原因や対処法について解説いたします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/72fc8c550b1042f4a64eb0423c412046/img01.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの抱っこの仕方について~「縦抱き」「横抱き」の方法と注意点について解説!~

大変でもあり、幸せでもあった妊娠の期間が終わり、ついにわが子が生まれたとき、とても愛おしい瞬間だと思います。その泣き顔や寝顔を見て胸がいっぱいになりますよね。初めての赤ちゃんと一緒の生活が始まるにあたって、赤ちゃんってどうやって抱っこすればよいんだろう?と心配になるお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、赤ちゃんの抱っこの仕方の種類やその方法、注意点について解説していきます。まずはこちらを読んで、お子さまとの生活を始める準備をしてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9b2e592601ae4746888a63a1e54d0882/img01%20(16).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない②~母乳育児のコツを学ぼう~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。ですが、この「つらい」の原因になっている感情は、実は本当は悩む必要のないことで悩んでしまっていることが多いのです。前回のコラムNo.113「母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~」では、母乳育児のメリットや正しい知識についてまとめています。今回は、主に母乳育児をしていくなかで出てくるお悩みについて、その対処法やコツをまとめています。あわせて参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8537da0513204636a835e5a9c761b5dc/img01%20(15).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。ですが、この「つらい」の原因になっている感情は、実は本当は悩む必要のないことで悩んでしまっていることが多いのです。こちらのコラムでは、母乳育児についての正しい知識やメリットをまとめています。特にはじめての授乳だと慣れないことも多いものですが、必要以上に「つらい」と感じず母乳育児が進められる手助けになれれば、と思います。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。