子どもを伸ばす褒め方を紹介!上手に褒めるポイントとは?

No.38更新日付:2024年2月13日

子どものやる気や好奇心を伸ばすためには、褒めることで自己肯定感を育むことが重要です。子どもを褒めるときは、褒められたいポイントを汲み取って褒めること、具体的な行動を褒めること、結果だけでなく努力や過程を褒めることがポイントです。ただ漠然と褒めたり、過剰に褒めたりすることは、子どもの向上心が養われません。結果だけを見るのではなく、子どもの感じたこと、努力や過程に関心を持って褒めることが大切です。

親の理想に合ったときだけを褒めたり他の子どもと比較した言い方をすると、子どもの自己肯定感は養われません。

この記事では、子どもを褒めることで得られる効果や、自己肯定感を伸ばす褒め方のポイントについて解説します。

子どもを褒めることによる効果は?

子どもを正しく褒めることは、子どもの成長に良い影響を与えます。主な効果としては、次の2つが挙げられます。

●子どもの自己肯定感が高まる
●親子の信頼関係が深まる

子どもの自己肯定感が高まる

幼児期にたくさん親に褒められた子どもは、「親に認められた」と実感することで、自己肯定感が高まっていきます。ありのままの自分で良いという自信と、親に愛されている安心感が得られるからです。

自己肯定感が養われた子どもは活動意欲が高まり、チャレンジ精神が旺盛になります。多少ハードルが高いような物事であっても、好奇心と自信を持って取り組めるでしょう。また、親に認められ愛されているという自信は、自分の周りの人に対して優しくし、大切に思う気持ちを持つことにつながります。

内閣府の調べでは、日本の子どもは自己肯定感が低く、自分自身に満足していると応えた若者は50%にも満たないという結果が出ています。[注1]

親に叱られてばかりの子どもは、何事にも自信がなくなり、「自分はダメだ」と思い込むようなります。自尊心を傷つけられた子どもは、当然自己肯定感も育まれません。いつもビクビクし、簡単なことでも失敗を恐れる子になってしまう可能性があります。

親が子どもを正しく褒めることで、社会性や人間性の基礎となる自己肯定感や自尊感情を育むことが大切です。

[注1]内閣府:平成26年版 子ども・若者白書(全体版)「1 自己認識」

親子の信頼関係が深まる

子どもを褒めることは、親子の信頼関係を深めるきっかけにもなります。子どもは親に褒められると、「自分をちゃんと見てくれている」「自分のことを認めてくれている」と実感し、親に対する信頼が高まります。

親子の信頼関係が深まれば、子どもはどんなことにも前向きな気持ちで挑戦できるようになるでしょう。また、子どもが何かにチャレンジし、壁にぶつかったり、悩み事ができたりしたときに、1人で抱え込まず、親に相談できるようになります。

親子の信頼関係は子どもの精神面に大きな影響を与えるので、小さなうちからしっかりと築いていくことが大切です。

上手な褒め方をするには?

子どもの自己肯定感を高め、親子の信頼関係を深めるためには、ただ褒め続ければ良いというわけではありません。次の3つのポイントを押さえて、子どもを上手に褒めることが大切です。

●褒められたいポイントをくみ取って褒める
●具体的な行動を褒める
●努力や過程を褒める

褒められたいポイントをくみ取って褒める

子どもは自分の意思を尊重してもらえていると実感したとき、相手に対する信頼が深まり、自己肯定感が高まります。

まずは子どもを褒める前に、子どもが褒められたいポイントを把握することから始めましょう。トライした感想や、チャレンジを終えたあとどう感じたかを質問し、子どもが褒められたいポイントをできるだけ具体的に褒めてあげることが大切です。

もしトライした感想が「イマイチだった」などあまり芳しくないときは、過剰に褒めることは控えたほうが良いでしょう。

具体的な行動を褒める

子どもを褒めるときは、ただ「すごい!」「えらい!」とほめるのではなく、「毎日計算ドリル頑張ってたから良い点がとれたんだね」など、具体的に褒めてあげましょう。

どんなことを褒めているか子どもにわかりやすく伝わることで、「〇〇をしたから褒められた。次も〇〇を頑張ろう」と、意欲をもって物事に取り組めるようになります。

努力や過程を褒める

具体的な行動を褒めるときは、結果はどうであれ、その努力や過程を褒めてあげることが大切です。「早起きしてマラソンの練習よく頑張ったね」「パソコンの操作が上手くなったね」など、子どもの頑張りをしっかり見ていたことを伝えながら褒めてあげましょう。

結果だけを見て褒めてしまうと、子どもは自分が得意な分野ばかりに目がいくようになってしまいます。また、結果が全てだと思い込み、失敗を恐れるあまりチャレンジ精神が失われてしまう可能性もあるでしょう。

子どもがチャレンジしたことや努力を積み重ねたこと自体が成長の証であることを深く理解し、「結果が振るわなくても努力や過程が大切」だということを、褒めるなかで子どもに伝えることが大切です。

感謝の気持ちや無条件の褒めも大切

「お掃除してくれてありがとう、助かったよ!」など、親から子どもに感謝の気持ちを素直に伝えることも、子どもにとっては最高の褒め言葉になるでしょう。お母さんやお父さんが自分のしたことで喜んでくれれば、子どもは「またお手伝いしよう」という気持ちになります。

また、ときには「あなたが生まれてきてくれて幸せ」など、子どもの存在自体を無条件に褒めることも大切です。

特別なことにチャレンジして結果を出さなくても、親が自分に無条件の愛情を注いでくれていることを実感できれば、子どもの自己肯定感は自然と育まれていくでしょう。

避けたほうが良い褒め方は?

子どもを褒める際、次の3つの当てはまる褒め方をしている場合は注意が必要です。間違った褒め方は、かえって子どもに悪い影響を与えてしまう可能性があるからです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

漠然となんでも褒める

子どもを褒めることは大切ですが、「すごいね」「えらいね」「上手」など、ただ漠然とした言葉を並べて褒めてもあまり意味がありません。

前述のとおり、子どもを褒めるときはできるだけ具体的に伝えてあげることが大切です。また、子どもをすぐにおだてたり、過剰に褒めることも控えましょう。褒められすぎた子どもは向上が育まれず、すぐに挫折したり、簡単な作業しかやらなくなる傾向があるからです。

また、子どもを褒めることと、叱らないことはイコールではありません。子どもが悪いこともしても叱らず過剰に褒めてばかりいると、自意識過剰な性格になってしまう可能性があります。叱らなければならないときはきちんと叱り、褒めるときとのメリハリを効かせることも大切です。

親の理想に合ったことだけを褒める

親の理想通りの行動をとったときだけ褒め、親が望んでいない行動をとったときは叱る、というやり方は絶対にしてはいけません。子どもは親の顔色ばかり伺うようになり、自信を持てない性格になってしまう可能性があります。

親の理想どおりにしなければ褒められない環境では、子どもの自己肯定感は育まれません。

子どもの自己肯定感を高めるためには、親に認められている、ありのままの自分を愛してくれていると実感することが大切です。親はさまざまな視点から子どもを見守り、長所をたくさん見つけてあげましょう。

他の子どもと比較した言い方をする

「〇〇ちゃんよりも早くできたね」「〇〇くんより良い点数だったんだね」といった、他の子どもと比べるような言い方は避けましょう。常に誰かと比べることが癖になり、自分よりできないと判断した他人に対して優越感を抱いたり、逆に自分よりもできる他人に対して過剰なコンプレックスを抱いたりする可能性があります。

また、「他人に勝てば褒めてもらえる」という考えを持つようになると、他人を蹴落としてでも勝ちたいという心理が生まれてしまうかもしれません。

過剰な競争意識は、学校などの集団生活のなかでトラブルの元になることがあります。他の子どもと比較して褒める・叱るという方法では、自己肯定感を育むつもりが、劣等感ばかりが大きくなってしまう恐れがあります。

他の子どもの結果は気にせず、子ども自身の努力の過程や結果について褒めてあげることが大切です。

子どもの感じたことや頑張ったことに関心を持って褒めることが大切

子育てをしていくなかで、褒めることは子どもの自己肯定感を育むために大切な要素です。褒める際は、ただ漠然と褒めるのではなく、チャレンジを通して子どもが何を感じたのかを汲み取り、子どもが褒めてほしいポイントを具体的に褒めてあげましょう。

結果だけでなく、子どもが頑張った努力や過程にも目を向けて褒めることが大切です。また、時には無条件に褒めることも大切です。特別なことにチャレンジして結果を出さなくても、無条件の愛情が注がれていると実感させることで子どもの自己肯定感を高めることにもつながります。

他の子どもと比較したり、親が認めた成果のみ褒めたりというようなことは避け、子ども自身と向き合って褒めることが大切です。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/dfc723c6b3bc457891375e3d6ff37a10/NO195-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験1 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bfe32db6ae284f0288e7f6a2c4c62c04/NO194-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

子どもの「抽象化能力」の育て方~実践編:抽象化能力を育てる子どもとの遊び方について~

近年、教育に関するキーワードでよく目にする「抽象化能力」という言葉があります。一見難しそうな言葉ですが、中学受験の問題などでも問われることの多い、また子どもの将来が充実したものになるためにも重要な能力といわれていることは、コラムNo.166「幼児期の子どもの「抽象化能力」の育て方」でもお伝えしたとおりです。こちらのコラムではさらに実践的に、具体例を用いて抽象化能力の育て方や、抽象化能力が高いとできる事について解説していきます。よかったら読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c05f007d5554aa88cecccb2e984e334/AdobeStock_356741109%20(2).jpeg
3歳~6歳の育児

最優先すべきは「嫌いにさせないこと」 3歳~6歳の子どもの育児の心構えについて

お子さまが3歳くらいまで成長してくると、色々できることが増えてきたり、才能の片りんを感じる時もあると思います。そこで、つい親としては子どもの成長に過度に期待してしまったり、逆にお友だちと比較してなかなかできないことがあったりすると焦ってしまったりしがちです。 しかし、子どもに「やらせたい・できるようにさせたい」という感情が表に出てしまうことは、子どもの成長にとって望ましいものではありません。こちらのコラムでは、3歳~6歳ごろの幼児期の子どもに接していく時の心構え、特に子どもに物事を嫌いにさせないための親の心の持ちようについて説明していきます。 短いながらも育児のエッセンスのつまったコラムですので、ぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。