幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

No.220更新日付:2024年4月10日

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。

幼稚園入園式はいつ?

入園式がどのような時期に行われるのか、そしてその前日までにどのような準備をしておくべきかについて、親が知っておくべき情報をまとめました。

入園式が開催される一般的な時期

日本の幼稚園では、多くの場合、新しい学年のスタートと同じく4月の初旬に入園式が行われます。正確な日程は、幼稚園によって異なるため、事前に園からの案内をしっかり確認するようにしましょう。また、上に兄姉や他の園に通う弟妹がいる場合、他の入学式や入園式と日程が被ってしまうことも稀にあるため、その際はどのように対応するか家族で事前によく相談しておくようにしましょう。

前日までに準備すべきこと

入園式を迎えるにあたり、余裕を持った気持ちで当日を過ごすためには、前日までにいくつかの準備をしておくことが大切です。具体的には、以下のポイントを抑えておくと良いでしょう。


  • 服装の準備

子供の制服や、親の服装を事前に準備し、必要に応じてクリーニングなどをしておきましょう。


  • 持ち物の確認

式典で必要となる持ち物(例えば、招待状、筆記用具、カメラ等)は前もって準備し、当日忘れないようにします。


  • 健康管理

子供が体調を崩さないよう、前日は早めに就寝させるなど健康管理に注意を払いましょう。


  • 式典の流れの確認

幼稚園から配布された入園式のスケジュールや案内を確認し、当日の流れを把握しておきましょう。


事前にしっかり準備しておくことで、家族みんなで心穏やかに大切な日を迎えることができます。入園式は子供たちの大きな一歩であり、家族にとっても記憶に残るイベントです。この特別な日を最大限に楽しむためにも、事前の準備を怠らないようにしましょう。

幼稚園の入園式の流れと持ち物リスト

幼稚園の入園式は、子供にとっても親にとっても、新しい生活のスタートを告げる大切なイベントです。この日を楽しく、思い出深いものに出来るよう、入園式の一般的な流れや式後の流れ、そして持ち物リストについて詳しくご説明します。

入園式の基本的な流れ

幼稚園の入園式は、一般的に以下のような流れで進行します。


  1. 園児の入場
  2. 開会の挨拶
  3. 園長の挨拶
  4. 祝電披露
  5. 職員の紹介
  6. 在園児によるお祝い(歌やメッセージなど)
  7. 閉会の挨拶

式典後の一般的な流れ

入園式後は、以下のような流れで行事が続くことが多いです。


  • 記念撮影

園児とその家族、またはクラス全体で記念撮影を行います。この時間は、子供の大切な記念となるので、カメラやスマートフォンの準備を忘れずに。


  • 親子での教室訪問

担任の先生との挨拶や、教室の見学を行います。子供の日々を過ごす場所を直接確認できる貴重な機会です。


  • 茶話会や懇親会

園によっては、入園式後に親子で参加する茶話会や懇親会が開催されることもあります。他の保護者や先生方との交流を深める良い機会になります。


式典で役立つ持ち物リスト

幼稚園の入園式には何をもっていけばいいのでしょうか?園によって事前に持ち物が指定されている場合もあるので、まずは案内をしっかり確認しましょう。その他、一般的に式典で役立つ持ち物リストは下記のとおりです。



  • 招待状と筆記用具

入園式の詳細が記載された招待状は、当日のスケジュール確認に必要です。また、メモを取るための筆記用具もあると安心です。


  • カメラやスマートフォン

記念撮影のため、充電をしっかりとしておくことが大切です。


  • 子供の着替え

万が一のために、子供の着替えを一組準備しておくと安心です。


  • 飲み物や軽食

小さな子供は待ち時間が長く感じることがあるため、飲み物や軽食を準備しておくと役立ちます。


  • ハンカチやティッシュ

感動の瞬間には、涙を拭くためにもハンカチやティッシュが必要になることも。


親子で迎える幼稚園の入園式、何を着る?

入園式は、子供の新しいスタートを祝う大切なイベントです。この特別な日に、どのような服装を選べばいいのか、悩む親も少なくありません。ここでは、入園する子供、母親・父親、そして兄弟や祖父母が参加する場合の服装について見ていきましょう。

入園する子供の服装

入園式は子供の晴れ舞台。主役の子供には晴れの日にふさわしい服装を選ぶようにしましょう。多くの幼稚園では制服が指定されている場合が多いですが、そうでない場合は、男の子はスーツやきれいめのパンツにシャツ、女の子はワンピースやスカートにブラウスが一般的です。色合いは明るいものを選ぶと春らしい雰囲気が出ます。靴は、動きやすく、脱ぎ履きしやすいものを選びましょう。なお、園によっては服装や、髪ゴムの色指定などがある場合もあります。事前に幼稚園からの指示がある場合は、それに従ってください。

母親・父親の服装

親の服装は、主役の子供を引き立てるものを選ぶと良いでしょう。一般的には、落ち着いた色のスーツやジャケットスタイルが推奨されます。母親の場合は、ワンピースやスーツ、父親の場合は、ダークスーツに軽い色のシャツが無難です。あまり派手すぎる色やデザインは避け、清潔感と品位を重んじる服装を心掛けましょう。また、履きなれた靴を選ぶことで、長時間立っていても疲れにくくなります。

兄弟、祖父母が参加する場合は?

兄弟や祖父母が入園式に参加する場合も、全体のバランスを考えた服装が望ましいです。祖父母の場合は、あまりフォーマルすぎず、でもきちんと感のある服装が好ましいでしょう。兄弟に関しては、式にふさわしい清潔感のある服装を選んでください。家族全体で色合いを合わせると、統一感が出て写真映えもします。


この日は、子供が幼稚園生活をスタートさせる大切な一日です。親子で協力しながら、準備を進めることで、入園式の日をより特別なものにできるでしょう。服装選びもその一環です。全員が心地よく、自信を持って参加できるような服装を選び、子供の新しいスタートを祝いましょう。

入園式で気をつけたいマナーとエチケット

幼稚園の入園式は、子供の大切な人生の一歩を家族みんなで祝う特別な日です。この記念すべき日に、親が心掛けるべきマナーとエチケットについてお話しします。ここで紹介するポイントを押さえることで、スムーズで心地よい式典を迎えることができるでしょう。

式中の振る舞いと服装マナー

式典マナーとエチケットを守ることで、入園式を含む全ての参加者が快適に過ごせる環境を作ることができます。どれも基本的なことですが、落ち着いて式に参加し、子供の新しいスタートを家族みんなで見守りましょう。


  • 静かに振る舞う

    式中は静かにして、他の参加者や園児の邪魔にならないようにしましょう。特に、子供が騒ぎだした場合は、迅速に対応して静かな場所へ移動することが望ましいです。


  • 服装は控えめに

親や参加する家族の服装は、格式ばったものでなくても良いですが、清潔感があり、控えめな装いを心掛けましょう。派手すぎるアクセサリーや化粧は避け、式にふさわしい品位を保ってください。


  • 遅刻しない

式に遅れることは、他の参加者の迷惑になるだけでなく、式の進行にも影響を及ぼします。時間に余裕を持って家を出発しましょう。


記念撮影時の注意点

  • 順番を守る

集合写真や個別の記念撮影時は、順番に従って行動しましょう。自分の番が来るまでは、他の家族の撮影を邪魔しないように注意してください。


  • 撮影場所の指示に従う

幼稚園側が設定した撮影場所や時間がある場合は、それに従ってください。個人的な撮影のために式の進行を妨げる行為は避けるべきです。


入園式の記念撮影はいつどこでする?

入園式は子供の大きな節目であり、家族にとっても特別な日です。この日の記憶を美しく残すために、記念撮影は欠かせません。しかし、いつ、どこで撮影すれば良いのか迷う方も多いでしょう。ここでは、入園式での家族写真の撮影タイミングと、別日に写真館で撮影するメリットをご紹介します。

入園式での家族写真の撮影タイミング

多くの場合、入園式の記念撮影は式が終わった直後に行われます。式典が行われた会場や、幼稚園の敷地内での撮影が一般的です。このタイミングでは、式典の雰囲気をそのままに、子供の晴れやかな表情を捉えることができるでしょう。また、園側が設置した特設の撮影スポットで、プロのカメラマンによる撮影サービスが提供されることもあります。事前に幼稚園からの案内を確認し、どのような形式で撮影が行われるかを把握しておくことが大切です。


撮影時は、事前に服装や髪型を整え、アクセサリーの位置を確認するなど、準備を整えておくとより良い写真を残すことができます。また、小さな兄弟や家族も一緒に写る場合は、みんながカメラに向かって笑顔でいられるよう、事前に声をかけておくこともポイントです。

別日に写真館で取るのもおすすめ

入園式の日は、親も忙しく、また子供自身も緊張しているため、落ち着いて撮影するのが難しい場合もあります。そんな時は、別日にプロのスタジオや写真館で家族写真を撮影することを検討するのも一つの方法です。写真館では、専門のカメラマンが子供の最高の笑顔を引き出し、家族全員が自然体でいられるようサポートしてくれます。


また、スタジオならではの背景や小道具を使って、オリジナルの記念写真を作成することも可能です。事前に撮影の予約を入れ、服装や撮りたいイメージについて相談しておくと、当日はスムーズに撮影を進めることができます。


入園式の記念撮影は、子供の成長を感じられる貴重な機会です。式当日の撮影とは別に、写真館での撮影も併用することで、さまざまな表情や家族の絆を切り取った写真を残すことができるでしょう。

親の入園式の準備と心得

入園式は、子供の新しいスタートを祝う大切なイベントです。初めての入園式を迎える親に向けて、準備と心得についてのアドバイスをご紹介します。準備と心構えをもって当日を迎えることで、子供と一緒に記憶に残る一日を過ごしましょう。

初めての入園式を迎える親へのアドバイス

  • 事前に情報を収集しましょう

幼稚園から配布される資料やホームページ等を通じて、入園式の日程、時間、場所、服装コードなどの基本情報を確認しましょう。不明点があれば、事前に幼稚園に問い合わせることで、当日の不安を軽減できます。


  • 服装の準備をする

子供だけでなく、親自身の服装も事前に準備してください。入園式では、フォーマルな服装が求められることが多いですが、幼稚園によって異なるため、確認しておきましょう。また、長時間立つことを考慮して、履き慣れた靴を選ぶことも大切です。


  • 持ち物リストを作成する

必要な持ち物をリストアップして、前日までに準備を完了させましょう。カメラやビデオカメラ、子供の着替え、飲み物など、当日必要になりそうなものを考えておきます。


  • 心の準備をする

子供が不安に思っている場合は、入園式の流れや楽しみにしていることなどを話し合い、安心させてあげましょう。また、準備でバタバタしたまま当日を迎えがちですが、しっかり子供の入園を心に刻めるよう、親自身も、この大切な節目を楽しむ心の準備をしてください。


  • 早めに家を出る

当日は予期せぬ交通渋滞や駐車場の混雑が予想されます。余裕を持って家を出発し、時間に遅れないようにしましょう。


  • 記録を残す

入園式は子供の成長の大切な瞬間です。カメラやビデオカメラでしっかりと記録を残し、後で家族みんなで見返す楽しみを作ってください。


初めての入園式は、親子にとって忘れられない思い出となります。事前の準備と心の準備をしっかりと行い、この特別な日を存分に楽しんでください。

まとめ

幼稚園の入園式は、子供とご家族にとって、新しいスタートを切る記念すべきイベントです。この大切な日を無事に、そして心に残るものにするためには、事前の準備と心得が欠かせません。入園式が開催される時期を確認し、前日までに必要な準備を整えること、式の流れを把握し持ち物を忘れずに、そして何よりも、子供と一緒にこの特別な日を楽しむ心構えが大切です。

初めての入園式は、多少の緊張や不安があるかもしれませんが、準備とポジティブな心構えがあれば、きっと素晴らしい一日になります。このガイドを参考に、入園式が親子共に心に残る素晴らしい一日になることを願っています。

「保育園・幼稚園」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/16f16d46aa164f91a066260434111495/%E6%85%A3%E3%82%89%E3%81%97%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e200935f9e134d65b4d3ec224730d1dd/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%AA%E6%9C%8D%E8%A3%85%E3%81%AF%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/80eb001dd8c149c3808adeae0069f745/img01.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園に必要なアイテムは? 入園準備にしておきたいことも解説

保育園に入園することが決まったら、入園までに必要なアイテムをそろえ始めます。用意するアイテムは保育園によって異なりますし、お子様の年齢によっても必要なものが変わります。本記事では0~3歳までを対象に、共通してそろえるアイテムや年齢別に必要なものなどを詳しく紹介します。入園準備でよくある失敗についても合わせて解説しますので、最後までご覧いただき準備万端の状態で入園を迎えましょう。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。