大切な「ごっこ遊び」、2種類のおままごとの遊び方について

No.83更新日付:2024年2月13日

子どもはだいたい1~2歳から「ごっこ遊び」を始めるものです。この「ごっこ遊び」は、想像力や表現力、言葉の発達など子どもの成長にとって非常に重要であるといわれています。

この記事では特にごっこ遊びの典型である「おままごと遊び」に特化して、年齢ごとの「おままごと遊び」の特徴と、「おままごと遊び」をつうじて伸ばせる子どもの能力について、具体例をまじえながら解説していきます。

「おままごと」とは大人の生活を模倣する遊び

おままごとでは、食事にまつわるすべての真似事遊び、大きい視野でみれば食べ物を手に入れるために外で仕事をする場面もあります。自立した大人になって生活をする時に必要なほとんどのことを模倣する遊びだともいえます。

脳の中の「ミラーニューロン」と呼ばれる神経細胞のはたらきにより、子どもは反射的に身近な保護者や教師の言動を真似します。このはたらきがあるから人間は歩き方や言葉、そして考え方なども学ぶことができます。

幼い子どもにとって「学び」は「本能」

乳幼児の学びの基本は「教わる」という方法ではなく、「見て、真似して、身に付ける」というスタイルです。つまり、学習の主導者は「教える大人」ではなく「学ぶ子ども」なのです。

「見たいもの、真似したいもの」に関してはスポンジのように吸収しますが、親が教えたいと思う事柄はそう簡単にはいきません。大人は言葉で指示・命令して教えることに慣れてしまっている場合が多いからです。

逆に特別何か教えようとはしなくても、子どもが自然に学ぶことも多くあります。ですから、幼い子どもに何か教えようとすることは間違っている、放っておけば自然に人間らしく育つものと思い込みがちですが、これは大きな勘違いと言えます。

子どもは真似る手本がないと成長できない

子どもは「人間らしく」扱われていないと真似る手本がないので、「人間らしく」育つことができないのです。例えば、お母さんが子どもへ「隣の部屋に行って」と伝えるより、お母さんが先に行って「ここへおいで」と言う方が子どもは動きやすく、先生が「手をあげて」と言うより、先生自身が手をあげて「はーい」と言う方が、子どもが手をあげる比率は格段に上がります。

叱ってしつけると自分で考える力が弱ってしまう

物事の因果関係を言葉で十分に理解できないうちに「叱る」という方法でしつけ続けてしまうと、そこで得た子どもの学びの本質は「命令に従わないと叱られる」ということのみになってしまいます。両親のいない場所で、小学校低学年の子どもに「どうしてこれをしてはいけないの?」と訊ねてみると「お母さんに叱られるから」という返事がよく返ってきます。叱られるからという理由で自分の欲求を抑制してきた子どもは、ある年頃になると反抗したり、世の中すべてに対して懐疑的になったりすることが多いです。

しかも叱られる経験は、たいてい乳幼児が何かを自主的に学ぼうとした時に「ダメ!」という禁止の形で与えられることが多いものです。あまりに長期間にわたって自ら学ぶことを抑制され、指示・命令に従うことを習慣づけられてしまった子どもは、思春期ごろには自分自身で考える力が非常に弱ってしまうことも少なくありません。

おままごとは叱らずに生活習慣を教える最良の方法

そうは言っても、親が教えたいたくさんの事柄を、子どもが見て真似したくなるように計画的に誘導するのはとても難しい話です。日常生活をよほど綿密にスケジューリングしなくては不可能です。しかし、そんな大変な労力を費やさなくても、子どもに基本的な生活習慣を教える最良の方法が「おままごと」なのです。

2種類のおままごとについて

「1歳前後のおままごと」と「3歳目前のおままごと」では、おままごとに求めている内容がまったく違うことがわかります。

1歳前後の【モデリングタイプのままごと】

1歳前後のおままごとでは、少々複雑な遊びに対する模倣反射の発達度合いが現れます。遊びはとても小さいテーマの模倣に限定されます。例えば「魚を包丁で切って焼く」「野菜を切って煮込んでカレーを作る」、あるいは料理に限らず「人形に哺乳びんでミルクを飲ませる」「工具のおもちゃで何かを修理する」「バスの運転手になって何かを運ぶ」など、何か特定の作業を最初から最後まで一定の方法にしたがって実行することを模倣します。
ここではこれを【モデリングタイプのままごと】と呼びます。子どもはお母さんが見本を見せてくれることを大変喜び、お母さんの真似をして自分も一連の動作を模倣します。

そのようにみると、電車のおもちゃを線路の上で走らせ、駅で人を乗り降りさせたり、坂道や橋を渡らせたりという遊びも、同じ模倣遊びのカテゴリーに分類できることがわかります。

c03_2

3歳ごろの【ロールプレイタイプのままごと】

いっぽう3歳に近づいてからの幼稚園時代のおままごとは完全な役割遊びであり、【ロールプレイタイプのままごと】として【モデリングタイプ】と区別することができます。

カレーを作る手順の模倣ではなく、お母さん役の子は、家族の夕飯としてカレーを作り、テーブルを整え、配膳し、子どもが残さず食べるように気を配り、食器を洗うところまですべてを模倣します。1歳前後のおままごとで子どもが求めている遊び相手は自分とまったく同じ事をしてくれる人ですが、3歳以降のおままごとで求めているのは自分と違った役割を演じてくれる相手です。

生活習慣の見本としてのおままごと

おままごとは、生活習慣の様々な事例について親が適切な見本を見せてあげられ、しかも何回もくり返し見せてあげられるすばらしい遊びです。指示や命令ではありませんから、子どもは自発的な学びとしてその習慣を自然に身に付けていきます。

親が教えたいしつけを、子どもに主体的に真似させる

遊びの主導権を子どもに委ねつつ、いくらでも親が教えたいしつけに誘導できるのです。いつかお母さんの気づかぬ間に子どもはそれらを真似るものです。反対に「やらせよう」としたことには抵抗感の芽が育ってしまい、かえって嫌がるようになる場合もあるので誘導の際は注意が必要です。

子どもが十分にお母さんを観察したようであれば、しつこくならない程度に誘ってみるのもきっかけ作りとしては有効です。子どもがあまり乗ってこなかったら、さりげなく自然に話をそらしてしまうのがコツです。

子ども同士のおままごとに大人は極力介入しない

精神年齢が3歳ごろになってからのおままごとでは、子どもの自我がしっかりと成長し、遊びの中での要求も高度で複雑になっています。自分のしたいこと、したくないことがハッキリしています。子ども同士だとその時のメンバー内で自然とリーダー格の数名ができあがり、他の子たちはリーダーの指示や判断を仰ぐようになります。

友だちへの影響力が同じ程度の子が複数名いると、気持ちのすれ違いや互いの要求の衝突が生じることもあります。

人との付き合い方を学ぶ大変重要な場面なので、親が余計な介入をして解決方法を提示してしまい、子ども同士の問題解決の機会を奪うことは極力避けましょう。大きな怪我だけはしないように、いつでも子どもたちを助けられる距離をキープしつつ、ギリギリまで口も手も出さずに見守ることが子どもたちの心の成長を促します。

親子でするおままごとをとおした学習方法

また、親子でロールプレイタイプのおままごとをする時の効果的な学習方法は、「お母さんが子ども役になる」ことです。あるいはお母さんがお母さん役としても、例えば病気であまり動けないのでお姉さんが家事をするなど、ストーリー性のある設定で子どもを世話役にしてしまうのです。最初のうちは子どものやりたいようにプレイし、どういう設定で遊びたいのか、現在どのようなことに興味をもっているのかをつかみます。

傾向が把握でき、子どもがある程度満足するまで軽く付き合ったらここからが教育タイムです。まだ子どもに定着していないしつけや、身についていてもなぜおこなうべきか理由を把握できているか曖昧なものについて、お世話される役のお母さんがグズってみせます。

例えば「食事の前に手を洗ってね」と子どもに言われたら、「嫌!洗わない~」などと言ってみるのです。そういう展開にならなかったらこちらから「食事の前に手を洗わなくてもいい?」とたずねてみるのも良いでしょう。

お世話役の子どもは、普段のお母さんそっくりの口調で手を洗うように言います。お子さまを困らせすぎない程度に加減しつつグズっていると、「手を洗わないとお腹が痛くなりますよ」とか「手にバイキンがついているかもしれないでしょう」などと言ってくるかもしれません。そうしたら素直に「は~い」と従います。もしくはこちらから「どうして手を洗わなくちゃいけないの?」とたずねてみるのも良い方法です。

好き嫌いやおかたづけ、実際の生活で子どもを叱りそうになる事柄やしっかり身に付けて欲しい事柄を、子どもをお母さん役にしてロールプレイすることで、なぜそうすべきかを自分自身で再認識し、お母さんの立場や気持ちに共感する心が育ちます。

もちろん楽しい遊びもやりすぎると嫌気がさしますし、子どもの真似もあまりに似すぎていると自分のことを言われていると感じて子ども心にも良い気分がしないものなので、そのあたりの加減は親子で少しずつ見つけていくとよいでしょう。また、この遊び方はお世話される役があまり動かなくて良いことも利点の一つです。疲労がたまっている時でも休息を取りつつ、子どもと肌と心のスキンシップに加えて効果的な教育までもができます。

おままごとを通じて「分かち合いの習慣」を教える

さて、おままごと遊びを通して、一つ意図的にしっかり与えてあげたい経験が「シェア、分かち合いの習慣」です。

赤ちゃんには自分と他人の境界線がまだない

生まれたばかりの赤ちゃんには、自分と他人という観念がありません。意識の中に、自分と周辺の品々、自分と他人を分ける境界線(バウンダリー)がほとんどないのです。

そのうち指しゃぶりなどを通して、手指が自分の体の一部であることを学び、お母さんは自分とは別の人間であることに気づき始めます。小さな自我の芽生えです。体の境界線は一度認識できればわかりますが、心の境界線というものは目に見えません。

自分自身とはいったい何なのか?もちろん、赤ちゃんはそんな考察はしませんが、自我が自分と他人を区別しようとし、自分という存在をより強く認識しようとするはたらきに合わせて、所有意識が表面化してきます。オモチャや食べ物、あるいは自分を取り巻く人までも、誰のものとして所属しているか意識しはじめ、自分と他人という個をハッキリと区別させようとします。

ですから2歳頃までの子どもにはあまり所有意識というものは見られません。自分が今使っているものを取られたら不愉快さを示しますが、それはその瞬間欲しかったからにすぎず、「自分のものを取られた」という思いはあまりないようです。

2歳をすぎると「所有意識」が出てくる

ところが2歳をすぎると、「これは私の、それは誰の」という所有意識が強烈に出てきます。遊びの途中で少し席を立ちたい時に、そのオモチャを他の子どもに取られないように隠すという行動が顕著になる子もいます。この時期は自我の健全な発達と、所有意識・所有欲の発達は密接に結びついていますから、この時期に差しかかってから、分かち合いを教えることは子どもにとってもハードルが高いことなのです。

ですから2歳代は「イヤイヤ期」「魔の2歳児」などと呼ばれやすいのです。自我が明確に発達してくるこの時期より前に、おままごとを通してシェアの感覚をお子さまの中に刷りこんでしまうのが最適な方法の一つです。

2歳になる前に「分かち合い」をままごとで刷りこむ

「モデリングタイプのままごと」の時代、つまり子どもの中の自我がまだとても小さく、欲求がシンプルで、感情表現も単純で、快か不快かすぐにわかる頃です。おままごとを通して、常に「これは〇〇ちゃん、これはママ、二人で仲よく半分こ」など、定番の言いまわしを作って「半分こ遊び」を頻繁におこないます。

最近のおままごと用食材オモチャはマジックテープを用いて半分に分けられるようになっている品が大半ですから、非常に都合が良いです。時には4分割できるケーキのオモチャと、ぬいぐるみを使って4人で分けてみます。

「2人で仲よく半分こ」「みんなで仲よく分け合いっこ」「みんなで分けると楽しいね」など家庭での定番フレーズを作り、ままごと遊びのたびに魔法の呪文のようにくり返し聞かせます。

このように物心つく以前から「みんなで分かち合うのがスタンダード」として心に刷りこまれていると、2、3歳代には何の疑問も持たず自然に友だちに分け与えられる子になります。それでも4、5歳になって品物の価値を考える思考力が育つと「より良い品が欲しい」「人よりも少し多く欲しい」などの欲望が芽生えてきますが、その頃には比較にならないほど言葉や因果関係を理解する能力も育ってきますので、我慢の力を育くむよい練習課題になります。

「遊び・遊び方」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/091e57e94df54e66a5ce1c8f5fecf936/img01.jpg
3歳~6歳の育児

外遊びで心も体も健康に育てる

お子さまは外遊びをしていますか?子どもの外遊びにはたくさんのメリットがあります。暑すぎたり、大雨が続く日もありますが、天気のいい日にはどんどん外に出て遊びましょう!今回は、外遊びのメリットと年齢別の遊びをご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6cda1cff434f4a2d8c85342f0fb23ea9/img01.jpg
3歳~6歳の育児

お絵描きで脳育しよう! ~子どもがお絵描きをすることのメリットや親の心構えを紹介~

子どもの頃、ノートや教科書のすきまに落書きをしたことはないでしょうか。お絵描きって楽しかったですよね。実は、お絵描きをすることで脳を鍛えられるって知っていましたか? なぜ絵を描くことで脳を鍛えられるのか。その仕組みとポイントをお伝えします。お父さん、お母さんもお子さまと一緒に脳トレしましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae60605965f844a28808d75199e3827d/img01.jpg
3歳~6歳の育児

3~6歳児の室内遊び:簡単な「実験」で好奇心の芽を育てよう

 3歳くらいになると、「なんで?」と聞いてくることが多くなります。それは、知能が発達してきた証拠。子どもが身の回りのことに興味を持ち始めたタイミングで、さまざまな体験をさせてあげることが大切です。今回は、自宅で簡単にできる実験を年齢別にご紹介します。お父さん、お母さんも一緒に楽しみながら、たくさんの発見をさせてあげましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/33fb7379381744aa9a5f1aa3ceb981f9/img01.jpg
3歳~6歳の育児

雨の日も!【年齢別】室内でもできる運動遊び

雨や暑さが続くと、外に出るのが億劫になってしまいますよね。でも、おうちの中でゴロゴロテレビを見ているだけではお子さまのエネルギーを発散できなくて、夜なかなか寝てくれません。お絵描きも、粘土遊びももう飽きた。つまんない!となってしまったら、おうちの中で体を動かして遊びましょう。ストレスも発散できて、体力もつき、夜もしっかり寝てくれる。3~6歳児向けの一石三鳥の室内遊びをご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fd90222c444344f3895ccaba638c4bee/img01%20(19).jpg
赤ちゃんの育児

0歳児との遊び方がわからない…具体的な遊び方や注意点をご紹介!

出産して赤ちゃんとの生活が始まると、「たくさん遊んであげたい!」と思う一方で、授乳やオムツ替え、寝かしつけなどで1日があっという間に過ぎていきます。「あまり赤ちゃんと遊んでないような気がする」「赤ちゃんの成長は大丈夫かな」と不安になってしまうママも多いです。とくに0歳児は泣いていることも多いので、機嫌の良いときにたくさん遊んであげるとよいでしょう。そこで、意思の疎通がまだまだこれからの0歳児と、どういう遊びをしたら良いのか悩んでいるママに向けて、具体的な遊び方や注意点をご紹介します。ママとの遊びは、0歳児の成長にとってとても大切な経験になります。ぜひ参考にして、日々の暮らしに取り入れてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/55b89dbe0756450b9990dde71993ecb2/img01%20(14).jpg
その他

【0~3歳まで年齢別】子どもの室内遊びの方法とメリットをご紹介

天候や体調などの関係で、室内遊びが多くなってしまう時もありますよね。動画を見たり、お気に入りのおもちゃで遊んだりと楽しく過ごす方法はあるものの「ずっと室内で遊んでいてもいいのかな」と心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで本記事では、室内でできる遊びとそのメリットを0〜3歳まで年齢別にご紹介します。実は、室内遊びも子どもの成長にとっては欠かせない大切な経験です。この記事を参考に、日常の遊びにプラスで取り入れてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7b9eab319c19455995668b1eb6b1827b/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期の「遊び」のみちすじ~「ごっこ遊び」など年齢別の必要な遊びとは~

子どもの「遊び」について、様々な意見を目にすることが増えています。近年では、コロナ禍での子どもの遊びの機会の減少や、騒音などの問題による自由に遊べるスペースの縮小など、どちらかというとネガティブなテーマで子どもの遊びについて取り上げられているニュースが多い印象です。いうまでもなく子どもにとっての「遊び」は勉強であり人生経験であり、子どもたちは遊びを通じて社会性や思いやりを身につけていきます。こちらのコラムでは、特に0歳から2歳の乳幼児期に必要な遊びの「みちすじ」と、その際に親として気をつけておくべき心がけについてまとめています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7fa97bd71f244962bbe0d07f143cc476/img01%20(5).jpg
1歳~3歳の育児

ごっこ遊びを通じて身につく力は?年齢別おすすめのごっこ遊びを紹介

子どもが好きな遊びのひとつが「ごっこ遊び」です。時代が変わっても無くなることのない、遊びの定番ともいえるごっこ遊びですが、実は子どもの成長にとって非常に大切な役割をもっていると言われています。今回はそんなごっこ遊びについて詳しく解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ee54ab2c8f0e4675b6346cfd58a025a2/img01%20(3).jpg
赤ちゃんの育児

【時期別】親子で楽しめる0歳児遊びの種類や注意点を紹介

0歳児はまだまだ自分でできることが少ないため、「子どもと一緒にどのような遊びをしたらいいのか」と悩んでいる保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで本記事では、親子で楽しめる0歳児の遊びの種類や注意点をご紹介します。0歳と一口にいっても、子どもの成長具合は月齢によって大きく違うため、時期別でおすすめの遊びをまとめました。子どもの成長に合わせた遊びをおこなうために、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/54505d78d27546fdad3df1da1a99e7d9/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期において遊びは発達に大切!効果やポイントについて紹介

幼児期は遊びを通してさまざまなことを学びます。運動機能の基礎を形成したり、自発力や認知能力、創造力、社会性を育んだりなど、幼児の心身の健やかな成長を促すためには、遊びの時間を十分確保することや、特定の遊びばかりでなくさまざまな遊びを取り入れること、年代や発達段階に合わせた遊びを提供することが大切です。幼児期の発達におすすめの遊びとしては、ごっこ遊びや工作、大人数で遊べるゲームなどがあります。今回は、幼児にとっての遊びの重要性やその効果、遊ぶ際のポイントなどを解説します。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友達をひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/663fb53272af43158ed66041afad1026/img01%20(3).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」②~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2回目の今回は、コラムNo.136「2歳児の「言葉の育て方」~発達段階別に実践的な方法を紹介~①」で解説した2歳児の標準的な言語発達段階において、各レベルに適した取り組みを紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/346437196ea64dee9428eb123317c9fe/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」①~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2歳前後のお子さまのいらっしゃる方はぜひ一度読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7cf925cff1734e0dace52ad5a8899dd2/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「イヤイヤ期」の子どもへの効果的な対応方法まとめ~ケース別に具体的にご紹介!

早い子どもでは1歳後半から始まり、2歳をピークに、子どもによっては3~4歳まで続く「イヤイヤ期」。子育てをするお母さんなら、誰もが一度は通る道だと思います。時に何をしてもひたすら「いやー!」と泣き叫ばれて、すっかりヘトヘトに…、ということもあると思います。こんな時に頭ごなしに子どもを叱っても効果がないことは皆さまご存じの通りです。コラムNo.64「【第1次反抗期】(イヤイヤ期)への対処方法」では、イヤイヤが何故起きるのかと、イヤイヤの6つのパターンについて解説いたしましたが、こちらのコラムでは、実際に子どもが「イヤイヤ!」になってしまった時の具体的な対処についてわかりやすくまとめています。少しでも苦労なさっているお母さんの助けになってもらえれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/b620efe5ff374a30860b9729213e99df/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「魔の2歳児」いやいや期の具体的な克服方法について

「魔の2歳児」「いやいや期」と聞くと、これから子育てを始めるママは身構えてしまうかもしれません。多くの母親が悩まされる「いやいや期」ですが、子どもにとっては「自我の芽生え」であり、自分自身の「自我」を確立するために必要な時期でもあります。このコラムでは、「いやいや期」を落ち着いて乗り切るために、ケース別の対処法や、「いやいや期」をなるべく軽く乗り切るためのコツなどを掲載しています。子どもが「いやいや」になるのも理由があるものです。適切に原因と対処法を覚えておければ、大きな苦労なく乗り越えていけますよ。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/feefe5fc07484cdd9c6bf754c8ed1edb/img01.jpg
1歳~3歳の育児

脳の性差を理解して、子ども社会性の発達を促す方法について

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。コラムNo.67「子どもの社会性を育てるために幼児期にできること」では、「社会性」の定義や、乳幼児期に子どもの社会性を育てるための基本的な注意点についてご説明いたしました。また、コラムNo.73「子どもの社会性を育てるために家庭でできること」では、一歩進んで各家庭でできる具体的な取り組みについて解説いたしました。こちらのコラムでは、さらに子どもの性別で異なる社会性の発達にスポットライトを当てつつ、子どもの社会性の発達を促す方法についてご説明いたします。よかったら上述のコラムとあわせて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f42c6aa031841a4a966789e6b391195/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期における「白砂糖」摂取の弊害について

近年「白砂糖は健康によくない」という記事や評判をひんぱんに目にするようになったと感じます。健康に気を使っている方は、肥満防止のために白砂糖を控えめにしている人も多いと思います。では、特に幼児期の子どもが白砂糖を過剰に摂取するとどうなるのでしょうか? こちらの記事では、特に幼児期の子どもが早い段階から白砂糖を過剰に摂取してしまうことの弊害について、虫歯予防の観点や健康の観点から説明しています。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。