子どもを「しつける」とはどのようなことか?

No.62更新日付:2024年2月13日

私たちは「躾(しつけ)」と聞くと、ついきびしい訓練や強制をイメージしがちです。しかし、しつけとは本来訓練のような「手段」の話ではなく、『子どもが幸せに生活できるための行動習慣を育てること』です。

このコラムでは、「しつけ」という言葉の語源や定義から、実際に乳幼児期の子どもにたいしてどのような姿勢で「しつけ」の意識を持つべきかについてまとめています。乳幼児期の「しつけ」のあり方や本質について考える手助けになると幸いです。

また、こちらのコラムで掲載する8つのしつけの方法については、コラムNo.126「効果的なしつけの方法とその効果について①~幼児期のしつけの具体的な方法を解説~」、コラムNo.127「効果的なしつけの方法とその効果について②~ありがとうの種を蒔きましょう~」により詳しく説明しています。ぜひあわせて読んでみてくださいね。

「躾(しつけ)」とはいったい何か?

「躾(しつけ)」とはいったい何でしょう。言葉というものは時代とともにに大きく変化し、またその人の人生経験や生育歴においても一つの言葉に対するイメージは十人十色に違うものです。

「躾(しつけ)」の語源について

しつけの最も古い語源は、仏教用語の「習気(じっけ)」だといわれます。習気とは「習慣性」を指す言葉であり、行動習慣や思考習慣が深層心理を超えた魂のレベルにまで溜まるような意味を表しています。

転じて、田んぼの稲やお裁縫の縫い目をまっすぐにするための手法を「しつけ」と呼ぶようになったり、集団社会でのルールやマナー、慣習などを子どもの身につけることを指すようになったりと、概念が拡大してきました。

しつけのための「手段」は、しつけではない

この数百年の間には、しつけのための手段のことをも、「しつけ」と考える人も増えています。虐待に近い体罰を「しつけと思ってやった」と答える大人が時々いるのも、「しつけ」を手段という意味で使っている例であり、「しつけ」という言葉が好きになれないという人の多くは厳しい訓練や押しつけがましい強制をイメージされることが多いものです。

「しつけとは何か?」を考える時、拡大解釈の結果である「手段」の部分は分けて考えた方が育児の本質を見つめやすいでしょう。

しつけとは「子どもが幸せに生活できるための行動習慣を育てること」

ベビーパークでは、「しつけとは、子どもが人間社会で独り立ちして、幸せに生活できるための行動習慣と思考習慣を育てること」と定義しています。

3歳未満はそれほど高度な思考力が育っていないため、ここでは「行動習慣」についてお伝えいたします。「行動習慣」と言えば、はみがき、着がえ・手洗いなどの基本的生活習慣と、あいさつや礼儀作法などの社会的マナーが中心となるでしょう。

まずは、親が生活習慣やマナーの明快な基準を持つことが大切

しかし、実際には多くの親たちが自分の中で生活習慣や社会的マナーの明快な基準を持っていないことが多く、ただなんとなく「これが良いのだろう」というイメージを漠然と持っている状態であることがほとんどです。そのため世間に氾濫する大量の情報によって不安になったり、悩んだりしがちになります。そして、お子さんが親の深層心理にある漠然とした「理想の子ども像」と違う行動をした時に、イライラしたり怒りの感情が沸き起こったりしてしまうのです。

漠然とした「子どもはこうするのが当たり前」を考えなおす

適切なしつけをおこなうには、まずこの漠然とした「理想の子ども像」のイメージを壊してしまう事が一番です。そのためには自分の中の「子どもはこうするのが当たり前」というイメージを言葉で書き記して明快にしてみるとよいです。そして、書き出した「当たり前」はいったい一般的にどれくらい当たり前なのか?を改めて考えてみましょう。

例えば、「早寝早起きをする」とはいったい何時くらいが早寝であり早起きなのか?、職業によっても違うし、住んでいる地域や国、さらには時代によっても違ってくるでしょう。

「はみがきをする」というのは毎食後なのか?それとも一日に何回なのか?
「走らない」とはどういう場所でのことか?
など、改めて考えてみると、私達がおぼろげに「常識」と思いこんでいたものは、実は非常に狭い範囲内での慣習だったことに気づきます。場所が変わり、年代が変われば、常識などというものはいくらでも変わっていくのです。

他人と比較せず、各家庭で生活習慣の基準をもつ

よって、基本的生活習慣のルールは各家庭で基準をもつことが大切です。他人と比較しても仕方がなく、これが究極のベスト、というものもありません。まずは自分の頭の中から「当たり前」という概念を捨て去りましょう。自分の当たり前は、他の誰かの当たり前ではないかもしれないのです。

具体的なしつけの方法

そして実は、効果的なしつけの中の、とても大切で一番最初におこなわなくてはならない方法を実践するには、この「ご家庭の基準」をしっかり持っている必要があります。3歳未満対象のしつけ方法の項目は下記です。

1.親が生活習慣の家庭基準をはっきり示す。よき見本を見せ続ける。
2.生活習慣の基準を壊す悪習慣をおこなえないよう、環境を改造する。
3.子どもの望ましくない行動は先回りしてガードする。
4.子どもが望ましい行動をした瞬間に敏感に気づき、褒める。
5.子どもが望ましくない行動をした時は、何事もなかったように無反応のふりをしつつ、同じ行動ができないようさりげなくガードする。
6.「走る」「登る」「いろいろ触る」など子どもの本能から生じる行動は極力妨げずにすむ環境を用意してあげる。
7.子どもに「ありがとう」を伝えられる状況に敏感になる。
8.子どもの行動に対して「私はどう感じたか」を伝える機会を増やす。

命令や禁止、叱ることはしつけにつながらない

上記には、指示や命令、禁止や叱ることは含まれておりません。「指示と命令」はその事柄を習慣付けるどころか、逆に大嫌いにさせる効果があります。また「禁止すること」は、その事柄をやってみたい欲望を掻き立てます。

したがって、逆にやらせたいことや習慣づけたいことをあえて一定期間禁止するという方法は、高度なしつけの技術となります。そして「叱る」という方法は言語と知能が充分に育ち、かつ愛着関係・信頼関係が育っていないと効果がありません。

しつけとは子どもに何かをさせることではなく、親が手本を見せ続けること

実は最も基本のベースとなるしつけ方法は、「親が家庭内の生活習慣基準を守ること。その姿を時間をかけて見せ続けること」なのです。子どもに何かさせることだと思いがちですが、そうではなく、親が明快に基準の手本を毎日根気良く見せ続けることです。そのためには、夫婦の間でも生活習慣基準がハッキリしている必要があります。

乳幼児期の子どもには「しつけをさせること」をまだ考えない

そして「子どもにしつけをさせること」は今の段階ではまだ考えないようにしましょう。なぜなら、望ましい生活習慣がしっかりと確立してくる時期は、女の子が5歳から7歳、男の子は7歳から9歳頃、さらにお子さんのタイプによっては9歳から11歳くらいになることもあります。

これは、女の子は脳の前頭前野の発達時期が男の子よりも早いからです。かといって女の子の成長が男の子より早いわけではなく、男の子はその時期に側頭葉の記憶力や頭頂葉の空間認知能力がグングン育っていきます。

そのため、お母さんや大人にとって女の子は非常にわかりやすい「よい子」に見えやすく、男の子は「しつけができていない」と映りがちです。しかし、先述のお子さんの中に生活習慣がしっかりと根付く時期をゴールの目安に考えておけば、幼い時期に「どうしてできないの!」と叱り飛ばしたり落胆したりする必要はなくなります。

「しつけ」についてのまとめ

さて、繰り返しとなりますが、しつけのために一番大切なことは「生活習慣や社会マナーの家庭基準を明確にもつ」ということです。そして、それはご夫婦二人で作り上げた基準であり、決して「世の中一般の当たり前」などではないのだ、という意識も同時にもつことが大切です。

家庭基準の作り方は、「子どもがひとり立ちした時に、生きていきやすい習慣かどうか」を考えます。「生きていきやすい」ということは「自分勝手にわがままのし放題」という意味ではありません。その習慣が身に付いていれば人と良い関係を作れる、とか、健康が維持できる、とか、楽しい時間が増える、とか、生活が安定するなど、お子さんにとって貴重な財産となる習慣です。

また、親の価値観は、更にその親から学んだものである場合がほとんどですが、家庭の基準を作る前に、自分が受け継いだ価値観は本当に子どもに伝えていきたいものか吟味してみましょう。

自分が両親に対して「本当はこうして欲しかった」と心の奥深くで願っていたことはないでしょうか? 両親の豊かな愛情に心から感謝して育った人はそのままでよいと思いますが、もし両親の価値観に対して疑問を抱き続けていた部分があれば、今こそ解きほぐし我が子に対して修正した価値観を伝えていきましょう。

「しつけ」を考える実践方法

まずは、下記の項目を参考に基本的生活習慣の家庭基準を明確にしていきましょう。

・朝は何時に起きますか?
・就寝時間は何時にしますか?
・ハミガキはいつ行いますか?
・食事に関するルールはどうしますか?
・一日に何キロくらい歩きますか?
・TVをつける時間はいつですか?
・部屋の掃除はいつ行いますか?
・水回りの掃除はいつ行いますか?
・洗濯する時間帯は何時頃ですか?
・洗濯物をたたむタイミングはいつですか?
・脱いだ衣類はどこにどう片付けるか家庭内のルールは決まっていますか?

子どものしつけを考える前に、まず親がどう暮らしたいかを明快にすることが大切です。それができて初めて、子どもの暮らしを家庭基準に近づけていくスモールステップが見えてきます。

仕事に出勤する時間、通勤距離、出張の頻度、お稽古事のスケジュールなど、各家庭で事情は様々です。よって、まずは無理のない範囲で、「理想の家庭基準」と「これだけは最低限絶対守る基準」の二つを考えてみましょう。

例えばお仕事の忙しいお父さんなら「1週間に一度、休日の朝食だけは必ず家族と食卓を囲む」とか、掃除が得意な方だったら水回りの掃除は毎晩就寝前の習慣だったり、逆に苦手な方だったら「毎週水曜日は水回り掃除の日」などと決めてみましょう。

次に、「お子さんにさせよう」という意識は捨て、お母様、お父様が「生活習慣家庭内基準」を可能な限り守りましょう。家事や身支度を「つまらない作業」だと思わずに、「お子さんを自立に導く貴重な時間」と考えて、ご両親が行う姿を見せ続けましょう。

お子さんに強制せずに見せ続けることが、お子さんの中に本当に望ましい習慣の種を深く植えつけていきます。ただし、できない日があっても決して自分を責めないことが大切です。ぜひ、生活習慣家庭内基準の実践を楽しみながらおこなって下さい。

こちらのコラムでご紹介した8つのしつけの方法については、コラムNo.126「効果的なしつけの方法とその効果について①~幼児期のしつけの具体的な方法を解説~」、コラムNo.127「効果的なしつけの方法とその効果について②~ありがとうの種を蒔きましょう~」により詳しく説明しています。よかったらあわせて読んでみてくださいね。

「叱る・しつけ」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12963524ce854f0b9f0a4f17474aadb5/img01.jpg
3歳~6歳の育児

3歳からの「叱らない育児」のと心構えと実践方法

「𠮟らない育児」と聞いて皆さまはどのようなイメージを持ちますでしょうか? 実践したいけど、実際に取り組むのはなかなか難しい…、という方も多いのではないかと思います。「叱らない育児」は、こちらのコラムサイトを運営しているベビーパーク・キッズアカデミーでも推奨している育児法で、無理なく実践していくには親の側の先回りした準備や心構えが必要になります。こちらのコラムでは、特に「叱らない育児」の実践が難しくなってくる3歳より上の年齢の子どもに対する対応の仕方などについて説明していきます。気になる方はぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2626aa9aa8544c43bdb9b89b6fdd3d39/img01.jpg
3歳~6歳の育児

子どもが言うことをきかないときの対処法

「着替えて」と言っても「ヤダ」と言って遊び続けたり、「走らないで」と伝えても言うことをきかなかったり…。親は極力怒らないようにしているけど、イライラの限界を超えてしまって思わず怒鳴ってしまい、後から自己嫌悪に陥ってしまうこともあると思います。どうして子どもは親の言うことをきいてくれないのでしょうか。それは、子どもの発達と関係しているのです。子どもが言うことをきいてくれない理由とその対処法を詳しくお伝えします。お父さん、お母さんのイライラもこれで解決しましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6576e9ad07f1483d812a0f9f96db72d8/img01.jpg
3歳~6歳の育児

子どものわがままとがまんする力を伸ばす方法

2~3歳のわがままは「イヤイヤ期」という成長の証だということをご存知の方は多いと思います。では、4歳以降のわがままはどうでしょうか。公園で順番を守れなかったり、買ってほしいと寝転がって暴れたり。「こんなことするのは漫画の世界だけかと思ってました」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。みなさんはお子さまのわがままにはどのように対応していますか? また、どんな時にお子さまに「がまんしなさい」と言いますか? 「もっと遊びたい。帰りたくない!」「この服は着たくない!」大人を困らせる子どものわがままを挙げたらきりがありません。なぜ子どもはわがままなのか。その訳とがまんする力を付ける方法をご紹介しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/de92ef39a36e49e1a7232bff24d646a3/img01.jpg
3歳~6歳の育児

幼児期の子どものほめ方・育て方:友だちにおもちゃを貸してあげられない! どうすればいい?

幼稚園にも入園してだいぶ成長してきたと思っていたのに、「『貸して』と言われてもおもちゃを離さない」 「公園で遊んでいる時、ほかの子に遊具を譲らない」…、そんなことはありませんか?「貸して」「いいよ」ってするんだよって教えているはずなのに。「なんで貸してあげられないんだろう」「これって、わがままだよね…?」と心配になってしまいますよね。しかし、お子さまがおもちゃを「貸さない」「貸せない」のにはきちんとした理由があるのです。こちらのコラムでは、おもちゃの貸し借りが上手にできない子のその理由と、上手に貸し借りできるようになる方法についてご紹介します!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/445199d140284245913db0473dcc18eb/img01.jpg
3歳~6歳の育児

幼児期の子どものほめ方・育て方:叩くのをやめさせたい!子どもがお友達を叩いてしまう理由とその対処法

おもちゃの取り合いなどでお子さまがお友だちを叩いてしまった。お子さまがなぜか突然友だちに叩かれた…、どちらも親としてはビックリしてしまいますよね。「何度言い聞かせても叩いてしまう。どうしたらいいの??」と、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらのコラムでは、なぜ小さな子どもは「叩いてしまう」のかについて、その理由と対処法をお伝えしていきます! ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友達をひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/be6ee9e1b15745e393e4d243a4368c22/img01%20(9).jpg
その他

上手な子どもの叱り方~「感化のサンドイッチ」で心をつなぐ

幼児期の子どもを持つ親御さんにとって、「子どもの叱り方」は難しい問題です。頭ごなしにカッとなって怒っても怖がられるだけで効果はほとんどないし、優しく話すだけでは本当に伝わっているのかしら…、と誰もが一度は悩むことだと思います。こちらのコラムでは、「叱らない育児」を提唱しているベビーパークでも実践している、子どもへの必要なことの伝え方を、たとえ話を交えつつ解説しています。ぜひ参考にしてみて、我が子への教育に生かしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/073314af5ff348b892b4850c19d83948/img01.jpg
その他

こんなときどうやって躾ければいいの? 具体的なケースと考え方を紹介

子どもが2歳くらいになると一般的にいわれる「イヤイヤ期」に入り、なかなか親の思い通りにいかないシチュエーションが増えてくると思います。思いがけず騒ぎ出したり、また泣き止まなかったり、とついイライラしてしまったりヘトヘトに疲れてしまっているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、怒ったり叱ったりすることなく上手にしつけるための方法を、2つの実際のシチュエーションを通して説明していきます。しつけの考え方自体は、あらゆるシチュエーションに応用が利くものなので、ぜひ実例をとおして「しつけのあり方」を学んでいただけますと幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0f7afc27cdde48c7bb8943b095c85b23/img01.jpg
1歳~3歳の育児

いつから子どもは叱ってよいの? 叱らずに上手にしつけをする方法

3歳までは子どもを叱っても効果がない、叱らずにしつけをすることが望ましい。などという話は一度は聞いたことがあると思います。まさに、ベビーパークでもその理念に則った育児を推奨しているのですが、実際に子どもを叱らずに育児をすることなんて可能なの?と感じる方も多いと思います。こちらの記事では、なぜ3歳までの子どもをしつける際に叱ることが望ましくないのか、また「叱らないしつけ」を実践するための具体的な方法についてまとめています。気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3b9fb0950b67484bb560f70d6212ed8e/img01%20(4).jpg
1歳~3歳の育児

効果的なしつけの方法とその効果について②~ありがとうの種を蒔きましょう~

私たちは「躾(しつけ)」と聞くと、ついきびしい訓練や強制をイメージしがちです。しかし、しつけとは本来訓練のような「手段」の話ではなく、『子どもが幸せに生活できるための行動習慣を育てること』です。コラムNo.126「効果的なしつけの方法とその効果について①~幼児期のしつけの具体的な方法を解説~」では、ベビーパークが考える8つのしつけの方法のうち、6つをお伝えいたしました。こちらのコラムでは残りの2つについて解説していきます。なお、コラムNo.62「子どもを「しつける」とはどのようなことか?」では、しつけの定義やあり方など基本となる考え方を掲載しています。こちらからまず読んでいただくと、より理解が深まると思います。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友達をひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/663fb53272af43158ed66041afad1026/img01%20(3).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」②~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2回目の今回は、コラムNo.136「2歳児の「言葉の育て方」~発達段階別に実践的な方法を紹介~①」で解説した2歳児の標準的な言語発達段階において、各レベルに適した取り組みを紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/346437196ea64dee9428eb123317c9fe/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」①~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2歳前後のお子さまのいらっしゃる方はぜひ一度読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7cf925cff1734e0dace52ad5a8899dd2/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「イヤイヤ期」の子どもへの効果的な対応方法まとめ~ケース別に具体的にご紹介!

早い子どもでは1歳後半から始まり、2歳をピークに、子どもによっては3~4歳まで続く「イヤイヤ期」。子育てをするお母さんなら、誰もが一度は通る道だと思います。時に何をしてもひたすら「いやー!」と泣き叫ばれて、すっかりヘトヘトに…、ということもあると思います。こんな時に頭ごなしに子どもを叱っても効果がないことは皆さまご存じの通りです。コラムNo.64「【第1次反抗期】(イヤイヤ期)への対処方法」では、イヤイヤが何故起きるのかと、イヤイヤの6つのパターンについて解説いたしましたが、こちらのコラムでは、実際に子どもが「イヤイヤ!」になってしまった時の具体的な対処についてわかりやすくまとめています。少しでも苦労なさっているお母さんの助けになってもらえれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/b620efe5ff374a30860b9729213e99df/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「魔の2歳児」いやいや期の具体的な克服方法について

「魔の2歳児」「いやいや期」と聞くと、これから子育てを始めるママは身構えてしまうかもしれません。多くの母親が悩まされる「いやいや期」ですが、子どもにとっては「自我の芽生え」であり、自分自身の「自我」を確立するために必要な時期でもあります。このコラムでは、「いやいや期」を落ち着いて乗り切るために、ケース別の対処法や、「いやいや期」をなるべく軽く乗り切るためのコツなどを掲載しています。子どもが「いやいや」になるのも理由があるものです。適切に原因と対処法を覚えておければ、大きな苦労なく乗り越えていけますよ。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/feefe5fc07484cdd9c6bf754c8ed1edb/img01.jpg
1歳~3歳の育児

脳の性差を理解して、子ども社会性の発達を促す方法について

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。コラムNo.67「子どもの社会性を育てるために幼児期にできること」では、「社会性」の定義や、乳幼児期に子どもの社会性を育てるための基本的な注意点についてご説明いたしました。また、コラムNo.73「子どもの社会性を育てるために家庭でできること」では、一歩進んで各家庭でできる具体的な取り組みについて解説いたしました。こちらのコラムでは、さらに子どもの性別で異なる社会性の発達にスポットライトを当てつつ、子どもの社会性の発達を促す方法についてご説明いたします。よかったら上述のコラムとあわせて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f42c6aa031841a4a966789e6b391195/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期における「白砂糖」摂取の弊害について

近年「白砂糖は健康によくない」という記事や評判をひんぱんに目にするようになったと感じます。健康に気を使っている方は、肥満防止のために白砂糖を控えめにしている人も多いと思います。では、特に幼児期の子どもが白砂糖を過剰に摂取するとどうなるのでしょうか? こちらの記事では、特に幼児期の子どもが早い段階から白砂糖を過剰に摂取してしまうことの弊害について、虫歯予防の観点や健康の観点から説明しています。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。