3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

No.207更新日付:2024年2月27日

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。

家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?

3歳児の食事の基礎知識

3歳の子供が健康的に成長するためには、バランスの取れた食事が大切です。しかし、理想の食事と現実のギャップに悩む親も多いのではないでしょうか。大切なのは、栄養のバランスを理解しつつ、子供の好みやペースを尊重すること。ここでは、3歳児の食事における基本的な知識と、親がストレスを感じずに取り組めるポイントをご紹介します。

発達に合わせた食事のポイント

3歳の子供は、自我が芽生え、自分の好き嫌いがはっきりしてきます。この時期に重要なのは、栄養面だけでなく、食事を楽しむことへの意識を育てることです。食事の時間を家族でのコミュニケーションの場と捉え、子供が食べ物に興味を持ちやすい環境を作ることが大切です。色鮮やかな野菜を使ったり、子供が参加できる簡単な料理を一緒に作ったりすることで、食べ物への関心を高めましょう。

3歳児に必要な栄養素とは

3歳の子供の1日に必要なエネルギーは約1,300kcal程度。成長が著しいこの時期には、特に下記のような栄養素が大切です。

●       たんぱく質

●       カルシウム

●       鉄分

これらの栄養素をバランスよく摂ることで、子供の健康な発育をサポートします。しかし、毎食で全ての栄養素を完璧にカバーするのが難しい場合は、1日を通してバランスを考えることも一つの方法です。子供が好む食材から栄養を摂取できるよう、様々な食べ物を少しずつ試してみるのも良いでしょう。

食事の量と頻度について

3歳児の食事は、1日に3回の主食と必要に応じた間食で構成されます。子供の食欲と活動量は日々変わるため、食事の量はその日の様子に合わせて柔軟に調整することが大切です。主食では、バランス良く栄養素を摂取することを心掛け、間食では栄養補給を目的としつつも、次の食事への影響を考慮して量を控えめにします。子供が「おなかいっぱい」と感じたら、それを尊重し、食事を楽しむ環境を提供することが重要です。

実践!楽しく健康的な食事メニューの提案

親子でキッチンに立つ時間は、子供の食に対する興味や食材への理解を深める絶好の機会です。ここでは、栄養バランスを考慮しつつ、作る過程を楽しめる簡単レシピをご紹介します。これらのメニューは、子供が食べる喜びを感じるだけでなく、親子の絆を深める時間にもなります。

親子で作れる簡単レシピ3選

★     ミニトマトとチーズのカラフル野菜ピザ

手作りピザは、親子で作るのにぴったりのメニューです。生地をこねるところから始め、子供が選んだカラフルな野菜をトッピングし、栄養価の高いミニトマトやチーズでデコレーション。野菜の色や形、香りについても会話しながら楽しく作れるといいですね。

★     楽しい形の手作りハンバーグ

野菜を細かく刻んで混ぜ込んだハンバーグは、栄養豊富で食べやすく、子供たちが大好きなメニューです。一緒に好きな形を作る楽しさを味わいながら、野菜を上手に摂取できますよ。

★     フルーツとヨーグルトのパフェ

デザートには、カラフルなフルーツとヨーグルトを使ったパフェを。層になっている様子を楽しみながら、ビタミンやカルシウムを豊富に摂ることができます。子供の好きなフルーツでアレンジし、盛り付けも自由に楽しみましょう。

子供の好奇心をくすぐる食事の工夫

食事を面白くする小さな工夫が、子供の食への関心を高めます。ここでは、子供の食事への興味を引き出し、日常の食卓を楽しい時間に変えるための実践的な工夫を紹介します。ポイントは、親としても簡単に取り入れやすいものということ。難しく考えず、食事の時間を一緒に楽しむことが、健康的な食習慣を築く第一歩となります。

●       野菜の形を変えてみる

子供が普段敬遠しがちな野菜も、面白い形やサイズにカットすることで食べやすくなります。例えば、キュウリや人参をフラワーやハートの形にするなど、簡単な工夫で見た目を楽しく変えてみましょう。子供に型抜きを手伝ってもらうのもいいですね。

●       彩り豊かな食材を使う

食事の色彩を豊かにすることで、食卓がより魅力的になります。赤、黄色、緑など色々な色の野菜や果物を使って、目にも楽しいメニューを提供しましょう。

●       子供向けの小分けプレートを利用

食事を小さなセクションに分けられるプレートを使うと、子供が食べやすく、食事に対する関心も高まります。また、食事のバランスを視覚的に理解しやすくなります。

●       食事の準備を手伝わせる

簡単な料理や食材の準備に子供を参加させることで、食べることへの関心を育てます。サラダの具を混ぜる、野菜を洗うなど、簡単で安全な作業から始めてみましょう。

食事の時間をより豊かにする食事マナーの伝え方

子供たちにとって食事の時間は、ただ食べるだけでなく、社会性や礼儀を学ぶ大切な場でもあります。しつけと捉えると親も負担になりがちですが、強制されると子供も嫌がってしまいます。ここでは、子供に教えたい食事マナーの基本と上手な子供への伝え方を見ていきましょう。

3歳児に伝えたい食事マナーの基本

3歳児への食事マナー教育は、楽しみながら基本的な社会性を育む絶好の機会です。以下のポイントを中心に、子供たちが日々の食事を通じて学べるようにしましょう。

●       挨拶を大切にする

食事の始まりと終わりに「いただきます」と「ごちそうさまでした」の挨拶をすることで、食べ物や食事を提供してくれた人への感謝の気持ちを表現します。

●       口を閉じて食べる

食べ物を口に入れたら、口を閉じて噛むことの重要性を伝えます。これは音を立てずに食べるというマナーにもつながります。

●       食事中の静かな態度

食事中はテーブルで静かに過ごすこと、食べている最中に話す時は小さな声でというマナーを身につけさせます。

●       食器の正しい扱い方

食器を丁寧に扱うこと、使用後はきちんと片付ける習慣を身につけさせることも大切です。

●       食べ物を粗末にしない

食べられる量だけを皿に取り、残さず食べることの大切さを理解させます。

これらの基本を、日々の食事の時間を通じて、遊びや会話を交えながら楽しく教えていくことが、子供たちが食事マナーを自然と身につける鍵となります。

日常でできる食事マナーの伝え方

3歳児への食事マナーの教え方に悩む親も多いですが、大切なのは焦らず、子供のペースに合わせて進めることです。食事マナーを身につける過程は、子供にとって自立への大きな一歩となります。

この時期、親ができることは、良い手本を示し、食事の時間を楽しいものに変えること。例えば、一緒に食事の準備をすることで食べ物への興味を引き出したり、食事の時に「いただきます」や「ごちそうさま」の挨拶を一緒にすることで、感謝の心を育むことができます。

また、通常、本格的に箸が使えるようになるのは4歳〜5歳からですが、箸の使い方に苦手意識がある場合は、スプーンやフォークから始め、徐々に箸への移行を促していくのも一つの方法です。できないからと叱るのではなく、子供が食事マナーを楽しく学べるよう、大人が根気強くサポートすることが何よりも大切です。

3歳の食事に関するよくある悩みとその解決策

子供の食事に関する悩みは親にとって大きな課題です。ここでは、食べることの難しさや好き嫌い、食事中の行動についての悩みを解決するためのアプローチをご紹介します。

子供が食事を食べてくれない時の対処法

3歳の子供が食事を思うように食べてくれないときは、いくつかの具体的な解決策を試してみましょう。この年齢の子供たちは、自我が芽生え、自分の意志を強く表珌する時期です。そのため、食事の時間も子供の関心や好奇心を引くような工夫が必要になります。


1. ルーティンを確立する

食事のルーティンを作ることが大切です。 定期的な食事時間を設けることで、子供の体内時計がリズムをつかみ、食事の時間に自然と食欲がわくようになります。


2.食事の準備を一緒に行う

子供が料理の準備を手伝うことで、食べることへの興味が増します。簡単なことから始め、徐々に彼らができる作業を増やしていきましょう。

 3.選択肢を提供する

子供に食事の選択肢を提供しましょう。 例えば、「にんじんとピーマン、どっちが食べたい?」と聞くことで、彼らが食事に対して自主性を持つことができます。選択肢は健康的なものに限定してください。

4.食事の環境を見直す

静かで落ち着いた食事環境を整えることが大切です。 テレビやスマートフォンなどのデジタルデバイスは消し、食事に集中できる環境を作りましょう。


 5.小さな成功を称賛する

少しでも食事を食べたことを積極的に称賛しましょう。 「よく食べたね!」とたくさんほめられることで、子供が食事に対して良い印象を持つことに繋がります。


 6.ペースを尊重する

子供の食べるペースを尊重しましょう。 強制的に食べさせようとすると、食事への抵抗感を強めてしまう可能性があります。食べたくないときは無理をせず、次の食事を待ちましょう。



これらの解決策を取り入れることで、3歳の子供が食事を楽しく、また十分に摂取できるようになるでしょう。子供の健康と成長にとって、バランスの良い食事は非常に重要です。親として、根気強く寄り添いながら、食事の時間をポジティブな体験に変えていくことが大切です。

好き嫌いを減らすアプローチ

好き嫌いは多くの子供が通る段階です。新しい食材に対する拒否反応は自然なことなので、無理に食べさせようとせず、少しずつ慣れさせることが大切です。一緒に食材を選びに行ったり、料理の過程を見せることで、食材に対する興味を引き出し、徐々に好き嫌いを克服していくことが期待できます。

食事中のイライラを解消するコツ

食事中に子供がイライラする主な原因は、食事の進め方がいつも同じであったり、親の期待が高すぎることにあります。子供のペースを尊重し、食事の時間をストレスではなく、楽しい時間に変えることが重要です。食事の前に簡単な運動を取り入れることで、食欲を促進させることも一つの方法です。また、食事中にはポジティブな言葉かけを心がけ、子供の自尊心を育むようにしましょう。

親子で楽しむ食事の時間

親子で楽しむ食事の時間は、子供の成長にとって大切な役割を果たします。食事はただ栄養を取るだけでなく、家族の絆を深める貴重な機会となり得ます。ここからは、食事を通じて遊び感覚で学ぶ楽しみや、家族で食卓を囲む共食の重要性について探ります。

食事を通じて遊び感覚で学ぼう

食事の準備や食卓を囲むことは、ただ食べる行為を超えた価値を持ちます。親子で一緒に料理をすることで、子供は食材の名前や数、色、形を自然に学び取ります。例えば、野菜を洗ったり、簡単なサラダを作る手伝いをさせることで、食べ物への興味や好奇心を育みます。また、週末には親子で特別なメニューを作ってみるのも良いでしょう。このような活動は、子供にとって学びの場となり、親子のコミュニケーションを深める機会にもなります。

家族で食卓を囲む「共食」の大切さ

「共食」とは、家族が同じ時間に同じ場所で食事を共にすることを指します。誰かと一緒に食卓を囲むことは、ただ一緒に食事をするだけでなく、日々の出来事を共有し、お互いの理解を深める大切な時間です。忙しい現代で、なかなか毎食家族全員が揃うことは難しいかもしれませんが、子供にとって、家族が一緒にいることで感じる安心感は想像以上に大きいものです。また、食事中に親が見せるマナーや食べ方は、子供にとって最良の学習機会です。家族で食卓を囲む時間を大切にし、食事を通して家族の絆を深めましょう。

まとめ

3歳の子供の食事に関する様々なアプローチをご紹介しました。栄養満点の食事メニューの提案から、食事マナーの楽しい教え方、そして一般的な悩みの解決策まで、これらの情報が子供の健康的な成長をサポートし、親子での幸せな食事時間を増やす手助けとなれば幸いです。親子で楽しむ食事の時間を大切にし、健康で明るい家庭生活を送りましょう。

「離乳食・食育」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1933c3dd4e9c451f8670ff2b7a54f810/NO203-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

「手づかみ食べ」いつから始める?~成長への効果性や注意点について解説~

赤ちゃんが順調に成長してきて、そろそろ離乳食を始める時期かな?となると、調べるべきことがまたたくさん増えて大変な時期になりますよね。 離乳食の始め方や、ふさわしい食材、どれくらいの量を一回に与えるべきなのか…、など気になることがたくさんあるかと思います。その中の一つに「赤ちゃんに手づかみ食べをさせたほうがよい?」ということがあります。 赤ちゃんの「手づかみ食べ」ですが、決してお行儀が悪いなどということはなく、今後の成長や食育について大きな効果が期待できるものです。こちらのコラムでは、この赤ちゃんの「手づかみ食べ」について、いつから始めるべきか、またその効果性や注意点についてまとめています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/11482d5f38a340d59d237a72670915ca/img01.jpg
その他

乳幼児のうちは避けておきたい食材と食育の考え方について

幼い子どもを育てていると、子どもの「食事の与え方」や「栄養学」など、たくさんの情報が氾濫していて、いったい何が正しいのだろう?と迷ってしまうときがあると思います。アトピーやアレルギーなどの話題もひんぱんに聞く昨今、多くのお母さまが正しい情報を求めて、たくさんの労力を使われていることかと思います。しかし、実は栄養学については科学的にはっきりと結論が出ていないことも多く、様々な説が出てきては消える状況です。こちらのコラムでは、そのような状況もふまえて、大切な乳幼児期にはなるべく避けたほうがよい具体的な食材や、食育についての両親の心の持ちようについてご説明しています。ぜひ一度参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f9ab41c46486410f98457011686752cc/img01.jpg
赤ちゃんの育児

離乳食を急がないで!~離乳食の与え方でアレルギー体質が増えてしまう~

離乳食は生後5~6か月から始めるのが一般的といわれています。ベビーパークでの離乳食における考え方や基本的なレシピについては、コラムNo.66「上手な離乳食の与え方」でご説明いたしました。こちらのコラムでは離乳食を実際にお子さまに与えていくにあたって、アレルギーなどの症状がでないように注意するべきこと、またそのために離乳食を焦る必要はない、ということをまとめています。離乳食など子どもの食事に関する話題は、ぜひ家族でも色々話せるように、一度読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02c7c3a0ee344ebd96302f5ad12fb5b9/img01.jpg
その他

食育の「脅し文句」に悩まないで!~日本人に適した食事について~

まだ小さい子どもを育てるお母さんにとって、「食育」「栄養学」は非常に気になるワードだと思います。子どもに栄養の整った食事を食べさせてあげたい、というのはすべての母親に共通する思いです。しかし、インターネットや書物でも「食育」については様々な考え方が提起されており、いったい何が正しいのだろうか?と迷ってしまうことも多いと思います。こちらのコラムでは、日本の現在の「栄養学」が普及した歴史をひも解きつつ、日本人にとって理想的な食生活がどこにあるのかを解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4baff6192ea248d0b9f757b72a62b478/img01.jpg
その他

「食育」について②~何をどのくらい食べればよいか?~

子どもの食事の好き嫌いなど、毎日の料理を作るお母さんの悩みは尽きないものです。世間にはさまざまな「栄養学」や「健康的な食事法」の情報があふれ、どれが正しいのかと迷ってしまうこともあると思います。ベビーパークでは、なるべく本来の自然界由来の食事にすれば、子どもの好き嫌いについては心配することなく好きなものを好きなだけ与えればよいという考え方ですが、ここではより具体的な栄養バランスや献立の考え方について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ec6f93718ac6494b97a61a388ab95e14/img01.jpg
その他

「食育」について①~子どもの好き嫌いへどう対処するか~

子育てに関する悩みを聞いていくと、必ず上位にくるのが「子どもの好き嫌いがはげしくて困る…」というものです。赤ちゃんが徐々に離乳食を食べていくなかで、どうしても野菜を食べてくれなかったり、甘いものばかり求めてきたりなど、お母さんとしては心配になってしまいますよね。でも、子どもの好き嫌いについては大きな心配は必要ありません。このコラムでは、お母さんの心配の種である子どもの好き嫌いについて、食育の観点から与えてよいもの、与えないほうがよいものを説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bfe53220b24f42ed9ed93a5573cbc035/img01.jpg
赤ちゃんの育児

上手な離乳食の与え方

離乳食は5~6ヵ月ごろから始めるのが一般的といわれていますが、何をどのくらい食べさせたら良いのか?など心配がつきないテーマだと思います。はちみつなど絶対に与えてはいけない食品の知識などはともかくとして、与えてよいのか、また与える時期はいつからかなど諸説あるものも多く、子どもの健やかな成長を願うお母さんとしては色々と迷うこともあると思います。この記事では、現在の離乳食の学説に対しての疑問点も提示しつつ、ベビーパークで教えている具体的な離乳レシピを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d649d2206b4543b79bae4d3f4162b51a/img01%20(1).jpg
その他

食育とは?重要性や子どものために取り組む際のポイントを解説

「食育」という言葉を聞いたことがあっても、どのくらい重要なことなのか、具体的にどのような取り組みをすればいいのかをご存じではない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで本記事では、食育の重要性やこどものために取り組む際のポイントについて解説します。ご自宅でも取り組めることがたくさんあるため、食育を始めたいとお考えであればぜひご一読ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/94f44055d96c449383e65999c50b3025/img01%20(2).jpg
赤ちゃんの育児

はじめての離乳食。いつ、どうやって進める?メニューや作り方、注意点を紹介

赤ちゃんが生後5、6ヵ月になると気になるのが離乳食です。離乳食は赤ちゃんが母乳やミルク以外の食べ物から栄養を摂るための大切なステップです。とはいえ、はじめての離乳食は進め方やメニュー、食材など分からないことばかり。そんなママのために、本記事では離乳食を始める時期や作り方など基本情報を分かりやすく解説します。注意点も記載しているので、はじめて離乳食をあげるママはぜひ参考にしてください。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/dfc723c6b3bc457891375e3d6ff37a10/NO195-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験1 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bfe32db6ae284f0288e7f6a2c4c62c04/NO194-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

子どもの「抽象化能力」の育て方~実践編:抽象化能力を育てる子どもとの遊び方について~

近年、教育に関するキーワードでよく目にする「抽象化能力」という言葉があります。一見難しそうな言葉ですが、中学受験の問題などでも問われることの多い、また子どもの将来が充実したものになるためにも重要な能力といわれていることは、コラムNo.166「幼児期の子どもの「抽象化能力」の育て方」でもお伝えしたとおりです。こちらのコラムではさらに実践的に、具体例を用いて抽象化能力の育て方や、抽象化能力が高いとできる事について解説していきます。よかったら読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c05f007d5554aa88cecccb2e984e334/AdobeStock_356741109%20(2).jpeg
3歳~6歳の育児

最優先すべきは「嫌いにさせないこと」 3歳~6歳の子どもの育児の心構えについて

お子さまが3歳くらいまで成長してくると、色々できることが増えてきたり、才能の片りんを感じる時もあると思います。そこで、つい親としては子どもの成長に過度に期待してしまったり、逆にお友だちと比較してなかなかできないことがあったりすると焦ってしまったりしがちです。 しかし、子どもに「やらせたい・できるようにさせたい」という感情が表に出てしまうことは、子どもの成長にとって望ましいものではありません。こちらのコラムでは、3歳~6歳ごろの幼児期の子どもに接していく時の心構え、特に子どもに物事を嫌いにさせないための親の心の持ちようについて説明していきます。 短いながらも育児のエッセンスのつまったコラムですので、ぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/719f99f3506942dc917050a14a7ead8c/NO192-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

幼児期の子どもに文字を「書く」ことを教えるには?~姿勢や手順について紹介!~

一般的に幼児期の子どもがひらがなを読めるようになるのは3~4歳、書けるようになるのは4~5歳といわれています。この時期の子どもの文字への理解は個人差も大きく、遅いからといって心配する必要は基本的にありませんが、理解しているとつい嬉しくなってしまうのも親心だと思います。こちらのコラムでは、4~5歳の幼児期の子どもに文字の書き方を教える際の効果的な方法について説明しています。くり返しにはなりますが、この時期は個人差も大きく焦ることはありませんが、一つの参考になれば幸いです。 
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。