3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

No.204更新日付:2024年6月10日

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。

この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。

この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!

この記事でわかること

  • 3歳児はなぜ癇癪を起すのか
  • 3歳児の癇癪はいつ落ち着くのか
  • 3歳児の癇癪の対処法
  • 3歳児の癇癪 家庭環境作り

なぜ3歳の子供は癇癪を起こすのか?

子どもの「癇癪」(かんしゃく)は、感情のコントロールが難しい時に見られる行動で、特に3歳児の癇癪は、「イヤイヤ期」とも呼ばれる成長過程の一部です。


3歳の子供が癇癪を起こす主な原因は、その発達段階に密接に関係しています。この時期の子供たちは自己意識が芽生え、自分の意志を持ち始める過程にあります。自我の発達と同時に、自分の感情や要求を言葉で表現する能力が未熟なため、フラストレーションが癇癪という形で現れます。言葉での表現が難しいため、子供たちは感情を行動で示すことが多く、これがしばしば癇癪の原因となります。

自我が芽生えてきて、やりたいことがあるけれど、自分の意思を上手く伝えられなくて癇癪を起していたんだね。

3歳児特有の感情の高ぶりとその表現方法

3歳児は感情をコントロールするのが難しく、小さなことで急に怒ったり泣いたりすることがよくあります。3歳の子供の脳はまだ完全に発達しておらず、感情の処理能力が十分ではないため、急な感情の爆発が見られます。

例えば、欲求が満たされない、期待に応えられない、または理解されないと感じると、言葉ではなく行動でその不満を表現します。癇癪が予期せぬときに起きるのもそういった理由のためです。

感情を表現する方法として、子供たちは泣く、叫ぶ、物を投げるなどの行動に訴えることがあります。癇癪を起こしたときの行動の違いは、子どもたちが抱えるフラストレーションの深さを表しており、感情を適切に処理する方法を学ぶ上での重要なステップです。

癇癪を引き起こす日常のきっかけとは?

3歳児が癇癪を起こす日常のきっかけとして以下のものがあります。

  • 生活リズム(寝る時間、食事の時間、保育園の時間等の変更)
  • 疲労
  • 空腹
  • 過剰な刺激

例えば、いつもと違うスケジュールで、十分な休息が取れていない状況は子供にとってストレスの原因になります。また、大きな音、明るい光、周囲の人の数といったことも子どもにとっては過剰な刺激となり、子供の感情を不安定にし、癇癪を引き起こす要因となることがあります。

子供はこれらのストレスを感じると、感情をコントロールするのが難しくなり、癇癪に至ります。親としては、子供が癇癪を起こす可能性が高い状況を理解し、これらの状況を適切に管理し、必要に応じて子供を落ち着かせ、安心させることが重要です。

3歳児の癇癪はいつ落ち着くの?イヤイヤ期の落ち着く兆し

3歳児の癇癪は、「イヤイヤ期」の一部であるため、この時期の子供たちは自己表現が豊かになりつつある一方で、感情のコントロールが追いつかないことが多くあります。しかし、このイヤイヤ期も成長とともに徐々に落ち着いていきます。

癇癪が落ち着く兆しや具体的な年齢について解説します。

癇癪が落ち着く兆しと見極め方

3歳児の癇癪が落ち着く兆しとして、感情を言葉で表現できるようになることが挙げられます。彼らが「イヤ」と言う代わりに、「悲しい」や「楽しい」といった具体的な感情を言葉にして表現するようになったら、感情のコントロールが向上している証拠です。

また、自分自身で落ち着こうとする行動も癇癪が落ち着く兆しの一つです。例えば、遊びに没頭するといった行動です。

子供が自分の感情と上手く向き合い、それをコントロールできるようになってきていることが癇癪が落ち着く兆しです。親御さんは、これらの変化を見極め、子供の感情を理解し支えることが大切です。

癇癪が落ち着くのは何歳ごろ?

一般的に、3歳を過ぎた子供は言語能力が大きく発達し、感情を言葉で表現することができるようになります。4歳頃には、子供は自分の感情を言葉で表現するだけでなく、他人の感情も理解し始めることができるようになるため、癇癪が自然と減っていくことが期待されます。

子供が自分の感情を言葉で表現できるようになると、フラストレーションが減り、感情の爆発が癇癪という形で現れることも少なくなります。また、他人の気持ちを理解することで、自分の行動が他人にどのような影響を与えるかを理解し、自己調整する能力も高まります。親御さんはこの成長段階を理解し、子供が感情を上手く表現できるようサポートすることが重要です。

実践!3歳児の癇癪に効果的な対処法

3歳児の癇癪への対処は、子供の感情を理解し、適切に反応することが鍵となります。この段階では子供たちの自己表現が豊かになっているため、彼らの感情を穏やかに受け止め、共感を示すことが重要です。

ここでは、日常生活で使える実践的な対処法をいくつか紹介し、それらを通じて子供の感情のコントロールを助ける方法を探ります。

日常で使える癇癪対処のテクニック

子供が癇癪を起こした際は、まず落ち着いて状況を観察することから始めましょう。子供に向かって怒りの声を出すのではなく、穏やかに話し、子供の感情の背景を理解しようとすることが大切です。子供が癇癪を起こす原因を理解することで、彼らの感情を言葉で表現する手助けができます。

また、「子供の言葉を落ち着いて聞き、感情を受け入れる姿勢」を示すことも重要です。具体的には、以下のような聞く姿勢が効果的です。

  • 子供が話しているときはじっくりと耳を傾け、話を中断せずに聞く
  • 子供の言葉や感情を否定せず、理解しようとする態度を示す

子供の感情や言葉に対して、安心感を与える反応をすることで、子どもは自己の感情を安心して表現できるようになります。親御さんが聞く姿勢を取ることで、子ども自身が自己の感情と向き合い、適切に表現するスキルを学ぶことにつながります。

「言いたいことを理解してくれようとしている。」と、お子さんが感じることが大事です☆

避けるべき対処法とその理由

最も避けるべきことは癇癪の最中に叱ることや厳しい言葉を使うことです。子供の感情を抑圧し、親子の信頼関係を損なう原因になります。たとえば、「やめなさい!」や「ダメ!」といった命令口調や、子どもの行動を否定する言葉は避けましょう。

子どもの感情を無視するような態度も、問題の解決にはつながりません。むしろ子供に不安を与え、子どもたちが感情を開放的に表現することを妨げる可能性があります。

そのため、癇癪を静かに見守り、子供が落ち着いた後で、感情の表現方法についてアドバイスや声かけするのが良いでしょう。適切な声かけとして、「大丈夫だよ」「一緒にいるよ」といった支持的で安心感を与える言葉です。穏やかな声かけや、子供の感情を受け止める態度は、子供が安心して自分の感情をコントロールする方法を学ぶのに効果的です。

ベビーパーク・キッズアカデミーの先生が実践する3歳児の癇癪への健全な接し方

3歳児の癇癪に対する適切な接し方は、子供の心理を理解し、その発達段階に応じた方法を取り入れることが重要です。ここでは、ベビーパーク・キッズアカデミーの先生の視点を踏まえた効果的なアプローチを紹介し、子供の癇癪に対処するための実践的な方法を提案します。

親子の関係を強化するコミュニケーションのコツ

子供とのコミュニケーションでは、対話を重視し、子供の意見を尊重することが求められます。一方的な命令や指示ではなく、子供に選択肢を提供し、子どもたちの自己決定能力を育てることが重要です。

子どもの意見に賛同できない場合でも、その意見を真剣に受け止め、理解しようとする姿勢が子どもにとって非常に重要です。このような対話を通じて、親子間の絆を深め、子供の社会的スキルや自己表現の能力を高めることができます。

「自我の芽生え期」である3歳を穏やかにするコツ

ベビーパークでも教えている、癇癪の原因となる「自我の芽生え」の時期である3歳を穏やかで楽しい時間にする小さなコツをまとめます。

  • 言葉の発達を促す
    3歳の癇癪は「自分の気持ちや欲求を上手く伝達できないから」起こるものなので、言葉で表現できるようにたくさん語り掛けの時間を持って、お子さまの言葉の発達を促しましょう。
  • 粗暴な言葉や態度を見せない・聞かせない
    子どもの癇癪や問題行動にはどこかにその参考となっている「モデル」が必ずあるものです。両親の言葉使い・感情的な態度に改善点がないか常に意識しましょう。またせっかく親が気をつけてもTVやDVDで覚えてしまっては台無しなので、見せるテレビの内容にも注意しましょう。
  • ぐずりに負けない
    大泣きや暴れるのをやめさせるために子どもの欲求を聞き入れることはNGです。
  • 誘惑の味を覚えさせない
    3~4歳頃は「我慢すること」を覚える適期です。しかし、それ以前に子どもにとっての「大きすぎる誘惑」を覚えてしまっていると我慢の力が誘惑に勝てないものです。清涼飲料水、油を使ったスナック菓子、思考せずとも次々に場面が愉快に切り替わってくれるスマホやタブレット、これらは幼児にとって「自制心が勝てない大きすぎる誘惑」です。しかし、その「蜜の味」を知りさえしなければ欲求も沸き起こらないのです。すでに覚えさせてしまっている人は、できるだけ早く忘れさせてあげてください。

    子どもをグズらせないための小道具として幼児期から与える人が結構多いのですが、実は間違いです。「我慢の力がしっかりと育ってから」与えるべきなのです。

3歳児の癇癪に対する家庭環境の影響

家庭環境は、3歳児の心の安定と癇癪への対処に重要な役割を果たします。親が作る温かく安定した環境は、子供の感情的な発達に大きく影響を与え、癇癪の発生や対処に効果的です。

特に家庭環境の整備と親御さん自身のストレスマネジメントは、3歳児の癇癪への対応と感情の安定に大きく寄与します。親としての意識的な取り組みが、子供の健全な感情的発達を促進する鍵となるのです。

ここでは、安心感を与える家庭環境の作り方と親のストレスマネジメントについて探っていきます。

安心感を与える家庭環境の作り方

子供が安心して成長できる環境を作るためには、一貫性のある生活リズムが不可欠です。子供は予測可能な日常を通じて安心感を得ます。食事の時間、就寝時間、遊び時間などの日常的な活動を一定のリズムで行うことが大切です。

また、子供が安全に遊べるスペースを家庭内に設けることも重要です。これにより、子供は感情を安定させ、創造的な遊びや自己表現を通じて感情を適切に処理する方法を学びます。

親のストレスマネジメント

親自身のストレス管理は、子どもの感情の安定に大きな影響を与えます。定期的に親御さん自身の感情を整理し、必要に応じて家族や専門家からのサポートを求めることで、親子共に健康な心理状態を保つことが可能です。

子どもは親の感情を敏感に察知するため、親が穏やかであることは、子供の感情の安定に直接つながります。ストレスが高まったと感じたら、適切な休息やリラクゼーションを取り入れ、自身の感情をコントロールすることが重要です。親が心の健康を維持することは、子どもが安心して成長するための基盤を作ることに直結します。

まとめ

3歳の子供が癇癪を起こすことは、成長の自然な過程の一部です。この感情的な波を理解し、適切に対応することが、子どもの健全な心理的成長を支える鍵となります。専門家のアドバイスや日常での効果的な対処法を通じて、親子のコミュニケーションを強化し、安心感を与える家庭環境を整えることが大切です。

この記事では、3歳のイヤイヤ期を乗り越えるための対処法や、癇癪が落ち着く兆しの見極め方を探りました。これらの知識と理解をもって、親子でこの大切な成長期を乗り越えていきましょう。

「イヤイヤ期」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/b1114de968204d89ae068b971996ebe2/img01.jpg
3歳~6歳の育児

「情動行動」から「理性行動」へ~判断力のある子どもに育てるために~

3歳くらいになると子どもが様々な面で成長してきたのを実感できるようになります。言葉や運動能力の発達もそうですし、思いやりなど感情面でも徐々に大人とも通じ合える時間が増えてきて、子育てがまた楽しくなってくるものです。そのいっぽうで、例えば「今はお菓子は食べられないよ!」といった、子どもの大好きな物事に関係することだとまだまだ理性的な判断は難しく、我慢できずに大泣きしてしまったりするシーンもよくあると思います。こちらのコラムでは、子どもが理性に基づいた行動をどのように取れるようになるかについて、脳の仕組みから「理性行動」の原理を説明していきます。子どもが理性に基づいた、判断力のある子に育ってほしいと考えている方は読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7cf925cff1734e0dace52ad5a8899dd2/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「イヤイヤ期」の子どもへの効果的な対応方法まとめ~ケース別に具体的にご紹介!

早い子どもでは1歳後半から始まり、2歳をピークに、子どもによっては3~4歳まで続く「イヤイヤ期」。子育てをするお母さんなら、誰もが一度は通る道だと思います。時に何をしてもひたすら「いやー!」と泣き叫ばれて、すっかりヘトヘトに…、ということもあると思います。こんな時に頭ごなしに子どもを叱っても効果がないことは皆さまご存じの通りです。コラムNo.64「【第1次反抗期】(イヤイヤ期)への対処方法」では、イヤイヤが何故起きるのかと、イヤイヤの6つのパターンについて解説いたしましたが、こちらのコラムでは、実際に子どもが「イヤイヤ!」になってしまった時の具体的な対処についてわかりやすくまとめています。少しでも苦労なさっているお母さんの助けになってもらえれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/b620efe5ff374a30860b9729213e99df/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「魔の2歳児」いやいや期の具体的な克服方法について

「魔の2歳児」「いやいや期」と聞くと、これから子育てを始めるママは身構えてしまうかもしれません。多くの母親が悩まされる「いやいや期」ですが、子どもにとっては「自我の芽生え」であり、自分自身の「自我」を確立するために必要な時期でもあります。このコラムでは、「いやいや期」を落ち着いて乗り切るために、ケース別の対処法や、「いやいや期」をなるべく軽く乗り切るためのコツなどを掲載しています。子どもが「いやいや」になるのも理由があるものです。適切に原因と対処法を覚えておければ、大きな苦労なく乗り越えていけますよ。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/484fd07719ad4c58985b464894385af2/img01.jpg
1歳~3歳の育児

イヤイヤ期の具体的対処方法~子どもの自立心、生きる力を育てる~

子どもが2歳を迎えたころから始まるといわれる「イヤイヤ期」(第一次反抗期)。子どもによっては4歳くらいまで続くともいわれるこの時期は、なかなか素直に親のいう事を聞いてくれなかったり、自分の主張を押し通したりと、ママ、パパとしてはすっかり参ってしまい精神的にヘトヘト…、なんて話もよく聞くと思います。こちらのコラムではこの「イヤイヤ期」を、【子どもの精神的な自立のために必要な過程】ととらえて、イヤイヤ期によくある行動やその具体的な対処方法についてまとめています。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/114b10be433b445496a647c07fb06d9e/img01.jpg
その他

【第一次反抗期】(イヤイヤ期)への対処方法

一般的に2歳前後から【第一次反抗期】、いわゆるイヤイヤ期が始まるといわれています。多くのママ・パパが、子どもがなぜ怒っているかすらわからず途方にくれてしまう事もある【第一次反抗期】。公園やスーパーマーケットで困ってしまった経験や、大変そうなママの様子を見たことがある方も多いと思います。こちらのコラムでは、【第一次反抗期】が起きる理由やなるべく楽に乗り切る方法、また【第一次反抗期】の「イヤ!」の主なパターンについて説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0970803b6728457b8166953630624f20/img01.jpg
3歳~6歳の育児

なぜなぜ期は子供の成長チャンス!上手な対応とNGな対応とは?

例えば「どうしてお空は青いの?」など、子どもがある程度会話できるようになってくると、さまざまな質問を投げかけてきます。すぐに答えられる質問であれば良いのですが、中には大人でもわからない質問をしてくることも…。忙しい時などに「なんで?」「どうして?」と質問を繰り返されると、イライラしてしまいぶっきらぼうな答え方をしてしまうこともあるものです。しかし、このような「なぜなぜ期」。大人にとっては少し厄介な時期でも、子どもにとって成長のチャンス!そこで今回は子供の成長を伸ばすなぜなぜ期の子どもへの対応方法を詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7346985e23e7489a8dc8c4e18f8adb6b/img01%20(4).jpg
1歳~3歳の育児

イヤイヤ期はどう接したらいい?ダメな対応や乗り越え方を紹介

2歳前後の子どもを持つパパ・ママの悩みの種になる「イヤイヤ期」。何をするにも「イヤ!」と言われると、どう対応すればいいのか悩んでしまうところです。親も子どももストレスをためずに、イヤイヤ期を乗り切るためにはどうしたらいいのでしょうか。今回は、2歳前後の子どもに訪れるイヤイヤ期の概要や原因、おすすめの対応とダメな対応について解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3a13c37689994b2d8439882d30b8dd80/img01.jpg
3歳~6歳の育児

【魔の3歳児】3歳時のイヤイヤ期の特徴と対策について~2歳児との違いを解説

「イヤイヤ期」と聞くと、多くの方は「魔の2歳児」という言葉を想像すると思います。その名の通り、イヤイヤ期のピークは一般的には2歳ごろとされています。しかし、実際に育児をされているお母さんとお話をすると、「3歳の時が一番大変だった!」というお話を聞いたりします。実は、イヤイヤ期は早い子では1歳代の後半から始まり、長い子では4歳くらいまで続くものなのです。こちらのコラムでは、特に3歳の時期のイヤイヤ期の特徴と、その対策について説明していきます。【魔の3歳児】、お母さんにとっては大変な時期かもしれませんが、対策を知ってなるべく落ち着いて乗り切っていってくださいね。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3bfd16260ec54a4cacb3838077c52068/boy%E2%80%90playing%E2%80%90magnetic%20blocks%20(1).jpg
3歳~6歳の育児

4歳児の発達とは?発達障害のチェックリストや症状、注意すべきサインを解説

お子さんが4歳という年齢になり、一人で色々なことが出来るようになってくると「いつの間にかこんなことも出来るようになったのか」と驚かされることもあるのではないでしょうか。特にこの時期には、子どもの言葉や運動能力、社交的なスキルが急速に発展します。しかし、これらの発展が一定のパターンに従わない場合、どのように対応すれば良いのか、またどのようなサインに注目すべきかを知ることが大切です。この記事では、4歳児の発達の特徴と、発達障害の可能性がある場合のサインや注意点をわかりやすく解説し、お子さんの健やかな成長をサポートする情報をお伝えします。具体的な発達の段階やそれぞれの特徴を詳しく見ていきますので、お子さんの発達についてより深く理解し、適切な育児をするためのヒントにしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/26126d1042304f13ae2bf65cb5c69382/Elementary%20school%20entrance%20exam.jpg
3歳~6歳の育児

「お受験」とは?小学校受験はいつから準備すべき?費用、メリット・デメリットも解説

お子さんが小学校に進学する前に、多くの親御さんが考える「お受験」。しかし、「お受験」と一口に言っても、その実態や準備の仕方、かかる費用やメリット・デメリットなど、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、小学校受験を控えた親御さんに向けて、お受験の基本から、準備のタイミング、さらに成功へのポイントまで、分かりやすく解説します。お受験に必要な情報をしっかりと把握し、子どもの大切な一歩を支えるための準備を始めましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。