4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

No.211更新日付:2024年4月10日

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

4歳の癇癪とは?

4歳になると、子どもたちは自分の意見を持ち、それを伝えたいと思うようになります。でも、感情を言葉で上手に表せなかったり、自分の気持ちをコントロールするのが難しかったりします。そうなると、フラストレーションが溜まり、癇癪として爆発することがあります。こうした癇癪の背景を理解することで、子どもの心に寄り添い、うまくサポートすることができます。

4歳のひどい癇癪はいつまで?

多くの親御さんが気になるのが、このひどい癇癪がいつまで続くのかという点です。実は、癇癪は4歳の子どもたちにとって、自分の意志を伝えようとする過程で自然に起こりうるもの。成長とともに、言葉でのコミュニケーション能力が向上するにつれ、徐々にひどい癇癪は減っていきます。親としては、この過程を理解し、根気よくサポートすることが大切です。

4歳児の心理と癇癪の背景

4歳のお子さんが癇癪を起こす時は、背景にたくさんの感情や思いがあります。自分の思いを伝えたいけれど上手くいかない、理解されたいけれど伝わらない。そんなもどかしさが癇癪につながることが多いのです。この時期の子どもたちは、大人と同じように複雑な感情を抱えていることを覚えておきましょう。

4歳の癇癪とイヤイヤ期との違いとは

イヤイヤ期と癇癪はよく混同されがちですが、実は異なるものです。イヤイヤ期は2〜3歳頃に見られ、自己主張が目立ち始める時期。対して4歳の癇癪は、もっと自分の感情を伝えたいという願いから生じることが多く、子どもたちの成長過程における自然な発展と言えます。この違いを理解することで、親はより適切な対応をとることができます。

4歳の子どもたちが癇癪を起こすのは、彼らなりのコミュニケーションの試みです。癇癪をただのわがままや困った行動と捉えるのではなく、子どもが何を伝えようとしているのかを理解しようとする姿勢が、親子の絆を深める第一歩になります。

発達障害と癇癪の関係

子どもの発達は一人ひとり異なりますが、4歳の癇癪が特にひどい場合、それは発達障害のサインである可能性があります。発達障害には様々な形があり、言葉の遅れ、社交性の差異、特定の状況に対する過敏さなど、個別の特徴が見られます。これらのサインが顕著な場合は、専門家に相談し、必要であれば正しい支援を受けることが重要です。

発達障害の可能性を示すサインとは?

お子さんが成長する中で、親御さんが注意を払いたいサインはいくつかあります。これらのサインが見られる場合は、ちょっとした子供の個性かもしれませんが、発達に関するサポートが必要な場合もあります。

●       言葉の発達の遅れ
他の子供たちに比べて、言葉を話し始めるのが遅かったり、言葉が少ないかもしれません。

●       社交性の欠如
他の子供と違って一人で遊ぶことを好む、または他の子供との遊び方が独特であることがあります。

●       反復的な行動
お気に入りのおもちゃや活動を何度も何度も繰り返すことが好きかもしれません。

●       集中力の問題
いろいろな活動に注意を向けるのが難しい、またはある特定の活動に夢中になりすぎることがあります。

●       感覚過敏または鈍感
明るすぎる光や大きな音など、特定の感覚にとても敏感に反応することがあるかもしれません。

●       学習上の困難
新しいことを覚えるのに時間がかかったり、一度覚えたことを忘れやすいことがあります。

●       感情の起伏が激しい
急に怒ったり悲しんだりすることが多いかもしれません。

●       目を見て話すのが難しい
目を見てコミュニケーションを取るのが苦手なことがあります。

●       日常のお手伝いが苦手
他の子供ができるような日常の小さなお手伝いが難しいことがあります。

これらのポイントに心当たりがあっても、お子さんが個々のペースで成長している証拠という可能性もあります。しかし、思い当たることがある場合は、念のため、お子さんの様子を専門家に相談してみるのも一つの方法です。それぞれのお子さんに合わせたサポートで、一緒に成長のお手伝いをしていけると良いですね。

専門家の診断・相談とサポート

発達障害の疑いがある場合、まず、小児科や発達心理の専門家へ相談しましょう。適切な診断を受けることで、子どもが直面している困難を理解し、必要なサポートを受けることができます。専門家による診断は、子どもの能力を最大限に引き出し、本人と家族のストレスを軽くすることにも繋がりす。

発達障害がある子どもは、特定の支援や環境調整が必要となることがあります。早期発見と早期介入により、子どもの発達にプラスの影響を与えることが可能です。また、保護者向けのサポートや情報提供も、子どもを支える上で非常に重要です。地域の保健センターや児童相談所、発達支援センターなど、様々な支援機関が存在しますので、積極的に利用しましょう。発達障害がある場合でも、適切なサポートと理解によって、子どもたちはその能力を最大限に発揮することができます。重要なのは、一人ひとりの子どものニーズに合わせたアプローチを見つけ、その成長を全力でサポートすることです。

親ができる癇癪への対応策

4歳の子どもが癇癪を起こすとき、親としてどのように対処すれば良いのでしょうか?ここでは、効果的な対応方法と、避けるべきNG対応について解説します。

ひどい癇癪の効果的な対応方法とは

4歳のお子さんが癇癪を起こしたとき、まず大切なのは冷静さを保つことです。お子さんの気持ちを受け止め、同時に受け入れられない行動には明確に「ダメ」と伝えましょう。例えば、「怒る気持ちはわかるけれど、叫ぶのはやめよう」と優しく説明することがポイントです。また、日常生活においてルーティンを作り、次の行動を予測できる環境を整えることで、子どもの不安を減らし、癇癪を防ぐことにもつながります。

ひどい癇癪を起した時のNG対応と避けるべき行動

癇癪に対して叱ることや罰を与える方法はおすすめできません。これらは子どもの感情を抑圧し、根本的な解決にはならないからです。感情的になったり、厳しく対応すると、子どもはさらに安心感を失い、さらにひどい癇癪を起こす可能性があります。子どもの感情を理解し、適切な方法で対処することが、長期的な解決への近道です。

子どもが癇癪を起こすのは、多くの場合、自分の気持ちをうまく伝えられないからです。そのため、親が子どもの感情を受け止め、落ち着いて対応することで、子どもは徐々に自己表現の方法を学んでいきます。このプロセスを通じて、子どもは自分の感情と向き合い、コントロールする力を育てることができるのです。

4歳の癇癪を理解するために

4歳児の癇癪は、親にとって大変な時期かもしれませんが、実は子どもの成長と発達の重要なサインです。この段階を理解し、適切に対応することで、子どもはより良い感情の表現方法を学んでいきます。

4歳の癇癪は成長のサイン

4歳での癇癪は、お子さんが自分を表現しようとしている証拠です。この年齢での癇癪が多いのは、自分で考え、伝えようとする力が育っているから。親として大切なのは、子どもの感情や意見を受け入れ、正しい感情の表現方法を教えること。このプロセスを通じて、癇癪は徐々に減少していく傾向にあります。

成長と共に癇癪は減る?

多くの子供たちは、成長するにつれて言葉を使って上手に感情を伝えられるようになり、自分の感情をコントロールする方法を学びます。この学びは子供によってペースが違うので、すぐに変化が見られなくても心配はいりません。親が優しく理解を示し、適切に対応することで、子供は徐々に落ち着いた行動を取れるようになります。社会的なスキルを身につける中で、他人との関わり方を学び、癇癪を起こすことが自然と減っていきます。

また、親自身の行動も、子どもにとって重要な学習材料です。感情的な課題に対して、親がどのように冷静に対応し、解決策を見つけるかは、子どもの行動に大きく影響します。親が適切に感情を管理し、対話を通じて問題を解決することで、子どももこれを真似し、健全な感情の管理方法を学ぶことができるのです。

まとめ

4歳のお子さんの癇癪に向き合うことは、ただその場を収めること以上の意味があります。これは、お子さんが自分の感情を理解し、適切に表現する方法を学ぶ大切な機会です。親としては、お子さんの感情を受け止め、理解を示しつつ、より良い行動へと導くことが求められます。また、癇癪が発達障害のサインかもしれないと感じたら、専門家のアドバイスを求めることも大切です。

お子さんの感情的な成長を促すためには、愛情深く、忍耐強く、そして一貫した対応を心がけましょう。時間をかけて、このアプローチを続けることで、お子さんは社会の一員として、しっかりと成長していくことができるでしょう。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。