子ども・幼児のストレス・情緒不安定に気をつけて!知っておきたいチェックポイント

No.41更新日付:2024年2月13日

子どものストレスは大人のストレスとは違い、言葉で表現したり自ら対処したりできないケースも多いため、そのままにしておくと心身の成長に大きな影響を与えます。そのため、周囲の大人が早い段階で気付き、適切な対処を行うことが大切です。

今回は、子どものストレスサインの特徴や対処法について詳しく解説します。

この記事でわかること

  • 子どものストレスの種類
  • 子どものストレスサインに気づいたときの対処法
  • ストレスを解消する方法

子どものストレス・情緒不安定のサインは大きく3種類

大人と同様に子どももストレスを感じるときはあり、いわゆる「ストレス耐性」が人それぞれ違う点にも変わりはありません。しかし、大人と子どものストレスについて決定的に違う点は、子ども自身が「ストレスを感じている」と自覚していないケースがあるという点です。

子どもは心身の成長による変化はもとより、幼稚園の入園や小学校の入学、学年や学期など生活環境にも変化が多いため、毎日のように戸惑いを覚える場面に直面します。しかし、それを「ストレスだ!」と感じ、周囲に示せるようになるまでには個人差があります。

また、赤ちゃんが不快を感じて泣くのと同じように、特に幼児期の場合は「嫌だ」「つらい」という気持ちはあっても、何がどのように嫌なのか、何がつらいのかをきちんと周囲に説明できないことも少なくありません。そして、そのような状態が続くと大きく「身体」「心」「行動」の3つにサインが現れはじめます。

  1. 身体に出るサイン
  2. 心に現れるサイン
  3. 行動から見るサイン

たとえ我が子であっても子どもは親とは別の人間であり、何にストレスを感じているのかは本人にしかわからないことも少なくありません。そのため、周囲の大人は子どものストレスサインを常に意識し、違和感がある場合は早急に対応する必要があります。

まずは「身体」「心」「行動」の3つに分けて、どのようなストレスサインがあるのか理解しておきましょう。

身体に出るサイン

子どものストレスサインとして代表的なものの一つが身体の不調です。その中でも多いものは「腹痛」で、これは胃腸が自律神経の影響を受けやすいことが関係しています。そのため、胃腸に関連した食欲不振や下痢、便秘などの症状もストレスサインの可能性があります。

そのほかにも、アトピー性皮膚炎のかゆみが酷くなる、じんましんが出る、というように皮膚にサインが出る場合もありますし、寝つきや寝起きの悪化、突然のおねしょやおもらし、頭痛などもストレスサインとして出やすい症状です。さらに、本人の意思とは関係なく不規則かつ突発的に声を出してしまったり、動いたりしてしまう「チック」と呼ばれる症状などもあります。

見方によっては身体に出るストレスサインはわかりやすいとも言えるのですが、一方で、単純な体調不良と捉えてしまい、原因がストレスからきていることになかなか気付けないこともあるため注意が必要です。

  • 胃腸に関連した食欲不振や下痢、便秘などの症状
  • アトピー性皮膚炎のかゆみが酷くなる、じんましんが出るなどの症状
  • 寝つきや寝起きの悪化、突然のおねしょやおもらし、頭痛などの症状
  • 本人の意思とは関係なく不規則かつ突発的に声を出してしまったり、動いたりしてしまう「チック」と呼ばれる症状

心に現れるサイン

次に、子どものストレスサインとして心の変化があります。心の変化は体に現れるストレスサインとは違って、周囲の大人が日頃から見守っていないと気付きにくく、「成長して性格が変わってきたのかな」と思い見過ごしてしまうこともあるでしょう。

心に現れるストレスサインの具体的な例としては、元気がなくなる、すぐに泣く、無表情になる、怒りっぽくなる、ぼんやりしている、自分から話さなくなる、あるいは一方的に話し続ける、といったものが挙げられます。

普段からよく笑う子、おとなしい子、というように、性格には個人差があるため、ストレスサインかどうかを見分けるためには普段の状態をよく知っておくことが大切です。家庭だけではなく、園や学校ではどのように過ごしているのか、日頃から話を聞いておくことでストレスサインにも気付きやすくなるでしょう。

行動から見るサイン

子どもの代表的なストレスサインの三つ目は行動の変化です。これも、心の変化と同様に「成長して行動も変わってきたのかな」と見過ごしてしまうことがあるため注意が必要です。

ストレスからくる行動の変化としては、暴力的になる、反抗的な態度をとるようになる、外に出たがらず学校を休みたがる、一人になることを恐れる、小さな物音にも驚く、手を何度も洗ったりすぐに着替えたりする、好きだったことをやらなくなる、甘えることが増える、などさまざまです。

「いつもと違う接し方や行動をしているな」と感じた時は、何かストレスとなる原因があるのではないかと注意深く見守る必要があります。

子どものストレス・情緒不安定のサインに気づいたら?

では、子どもの変化から「これってストレスサインかも!?」「情緒不安定になっているかも!?」と感じた場合、周囲の大人はどのような行動をとればよいのかを考えていきましょう。

一番最初にしていただきたいことは、声を掛けることです。「最近元気がないみたいだけど、何か嫌なことでもあった?」「どういう時にお腹が痛くなる?」といった調子で声を掛けたり、直接的ではなくとも、一緒におやつを食べたりテレビを見るなど、子どもと話す時間を増やせるように心掛けてみましょう。

そして、子どもが何かを話し始めた時は、最後まで口を挟まず話を聞いてあげましょう。まだ年齢が小さく、上手に話すことができない場合は「それで〇〇ちゃんは△△が嫌だったのかな?」といったように、子どもの心情をイメージしながら代わりに表現をして聞きだしてあげるのも一つの手です。

また、「子どもがストレスを抱えているかも」という不安から、普段とは違うことをして環境に変化を…と考えてしまう方もいると思いますが、環境の変化はさらにストレスを増幅させてしまう可能性があります。睡眠や食事など、あくまでも生活リズムはいつもと同じペースを心掛けましょう。

ストレスを解消する方法3選

子どもがストレスを抱えていることがわかった場合は、少しでもストレスを解消できるような方法を考えてみましょう。

子どもの性格やストレスの原因によっても解消法は異なりますが、代表的なものとしては次の3つが挙げられます。

  1. 子どもが喜ぶことをする
  2. コミュニケーション・スキンシップをしっかりとる
  3. ストレスの原因を解消させる

それぞれの解消方法の詳細を解説します。

ベビーパークの教室でも子どものストレスや育児の相談ができるよ。悩んでいる親御さんは近くの教室にぜひ来てね。子どもの気分転換にもなるよ!

子どもが喜ぶことをする

大人がストレス発散のために美味しいものを食べたり旅行に出掛けたりするように、子どもが喜ぶこと、子どもが好きなことを満足するまでできるような時間や環境を用意してあげましょう。

運動や工作、ゲームなど、子どもが普段から好きなことをとことんやらせてあげるのも良いですし、子どもが好きな場所に出掛けたり、子どもが興味を持っていることをやらせてあげたりするのも良いでしょう。

「楽しい」と感じる時間を増やし、ネガティブな気持ちになる時間を少しでも減らしてあげることを意識してみてください。

コミュニケーション・スキンシップをしっかりとる

特に幼児期の子どもにとって、親同士の集まりをはじめとする身近な大人とのスキンシップは安心をもたらしてくれるものです。難しく考えなくても、歩く時に手をつないだり、抱っこをしたり、膝の上で絵本を読んだり、一緒にお風呂に入るといったことでも構いません。

また、年齢的な問題から子どもがスキンシップを嫌がるような場合であれば、会話を増やしたり、一緒に何かをしたり、コミュニケーションをしっかりとるだけでも十分です。ただし、本人が一人になりたがっている場合は、無理矢理何かを聞き出そうと過干渉するのはやめましょう。

ストレスの原因を解消させる

ストレスには、ストレスを感じている本人だけで解消でき乗り越えられる問題もあれば、根本的な問題を解決しない限りいつまで経ってもストレスが解消できないケースもあります。

例えば「特定の子どもからいじめを受けている」「習い事が厳しすぎてつらい」「両親が不仲で毎日のように子どもの目の前で喧嘩をしている」など、ストレスの原因がはっきりしている場合には、その原因を解消できるように努めましょう。

ただ、原因がわかっていても簡単に解決できないことはあります。だからこそ子どもがストレスを抱えてしまったというケースもあるでしょう。そのため、根本的な原因の解決を目指しながらも、まずはストレスに苦しむ子どもの心が少しでも楽になるように努めましょう。

いっぽう、子どもがこの先自立し社会での生活を続けていくためには、自分の力でストレスを乗り越える力を身に付けることも大切なことです。ストレスの内容によっては、自分でその問題を乗り越えることで自分に自信を持てて、成長につながる可能性もあります。

ストレスの原因を見つめ、どのような対処が子どもにとってベストなのかを見極めることも大切です。

普段と違う環境下でストレスを感じる子どもは多い

子どもは平常時であっても心身の成長による変化や、入園や入学、学年や学期など生活環境が変わりやすく、戸惑うことも多いものです。

さらに昨今では、コロナ禍や地震・豪雨といった自然災害もあり、子どもにとっては普段以上にストレスがかかっている可能性が高いといえます。普段と違う環境下でストレスを感じる子どもは多いため、大人はより注意深く子どもの様子を見守ると同時に、変化の多い環境下の中でも、なるべく「変わらない場所」である家庭環境を整えることが求められます。

そして子どもをストレスから守ろうとする大人もまた、多大なストレスに苦しんでいるケースは少なくありません。自分なりのストレス解消法を積極的に生活に取り入れる、第三者に相談をするなど、大人も自分をストレスから守らなければならないことを忘れないでください。

幼稚園に入園する3歳の子どもの成長の目安については以下のコラムをご覧ください。

ストレスサインに気づいて寄り添うことが大切

子どものストレスサインは、身体、心、行動の3つに現れることが多いですが、普段から子どもの様子を知っておかなければ、そのサインに気付くこともできません。そして、ストレスサインに気付くことなく放置してしまった場合、最終的に医療機関などで専門的な治療を長期に渡って受けなければならない事態にも陥りかねません。

そのような事態を避けるためにも、周囲の大人は子どものストレスサインに早期に気付き、臨機応変に寄り添うことが大切です。

自分たちだけでは対処できない場合は、相談できる場所や機関を頼るのもひとつの手です。子どもだけではなく大人も自分をケアすることを忘れず、心身共に健康な日々を目指しましょう。

「子どもの健康」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bd7fa0f925b242eb977655d9720be0b3/img01%20(5).jpg
その他

「低身長症」って本当ですか?~情報に振り回されすぎない判断を~

「低身長症」という言葉を最近よく目にするようになりました。我が子の伸長が健全に伸びてほしいというのは、すべての親に共通する自然な願いだと思います。現在「低身長」とされた子どもに対して成長ホルモンによる治療がおこなわれています。しかし、世間では過剰に「低身長」を心配するあまりに、本当に治療が必要な状況ではない子どもにも、副作用に関するデータが十分とはいいがたい薬を投与しているケースも見受けられます。こちらのコラムでは、「低身長症」にまつわる現状と客観的な事実について掲載しています。過度に心配しすぎず、落ち着いて両親で考えてみる手助けになれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fd299927b2de49298326a919e85a1518/img01.jpg
その他

気になる子どもの「指しゃぶり」~やめさせるタイミングと注意点について解説~

生後数ヶ月たった頃から見られ始める「指しゃぶり」。指しゃぶりしながら寝ている赤ちゃんの姿はかわいく、ついそのうち直るだろうと思いつつ見とれてしまったりするものですね。いっぽうで子どもの歯並びや言語の発達に影響すると聞き、心配になるお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、子どもの「指しゃぶり」について、いつから始まるのか、どのような影響が子どもにあるのか、やめさせる際の注意点ややめさせるべき時期など詳細に解説しています。子どもの「指しゃぶり」について気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f42c6aa031841a4a966789e6b391195/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期における「白砂糖」摂取の弊害について

近年「白砂糖は健康によくない」という記事や評判をひんぱんに目にするようになったと感じます。健康に気を使っている方は、肥満防止のために白砂糖を控えめにしている人も多いと思います。では、特に幼児期の子どもが白砂糖を過剰に摂取するとどうなるのでしょうか? こちらの記事では、特に幼児期の子どもが早い段階から白砂糖を過剰に摂取してしまうことの弊害について、虫歯予防の観点や健康の観点から説明しています。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/77219cd1a960441c97ae07a55ec6bd41/img01%20(8).jpg
その他

子どもの身長を健康的に伸ばすために

近年、日本の平均身長の伸びが止まっている、というニュースをよく目にすることがありますが、子どもの身長を高くしてあげたい、子どもの身長が低くないか心配…、と子どもの身長について何らかの心配や思いのあるお母さまは多いと思います。子どもの身長は遺伝ももちろん大きく関わりますが、生活習慣や環境による影響も大きく、親が適切な生活習慣を子どもに教えてあげられることで、子どもは健康的に成長し身長も伸びていきます。こちらのコラムでは、子どもの身長を健康的に伸ばすために、幼少期から定着すべき必要な生活習慣を4つに大別し解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/95142197b7a74839bfe341966bd214bb/img01.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの「皮ふ」の育て方について~日光浴の方法や熱中症から子どもを守る~

近年子どもの熱中症に関するニュースをよく見かけます。また、コロナ禍の影響も含めて風邪などの予防についてもよく叫ばれています。しかし、子どもにただ風邪や熱中症を予防することだけを考えていればよいのでしょうか? 赤ちゃん~幼児の時期には、予防するだけでなく環境への適応力を育ててあげることがより重要なのです。この適応力を育てるにあたってキーとなるのは、外界との接触点である「皮ふ」です。この記事では、0歳から3歳までの間におこなっておくべき日光浴や熱中症対策の方法について、「皮ふ」のたんれんの観点から説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/04d52a8ef97346b1a57ae8480f4a2019/img01%20(3).jpg
その他

我が子の平熱を把握して適切な処置をしましょう~誤った平均体温知識に振り回されないために~

子どもは生まれてしばらくは、お母さんの胎内にいた時に受け取った抗体の力でめったに風邪をひきませんが、半年を過ぎたころには抗体の力も弱まり風邪をひくようになります。特に保育園の通い始めの時期など、お友達から風邪をもらって寝込んでしまったりということがよく起きます。子どもが風邪をひいたなと感じた時、真っ先にお母さんがすることが子どもの熱を測ることかと思います。今回は子どもの平熱の把握の仕方と、発熱かなと悩んだ時の対処や病院を受診する目安についてお伝えできればと思います。子どもの体調を正しく把握することで、お母さんが自信を持って子育てをできる手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1d5827160e9945f8be9c1669f1308376/img01%20(2).jpg
その他

姿勢のよさが子どもの健康を守ります②~幼児期からの姿勢のよさがもたらす健康効果~

近年、パソコンやスマホの普及や生活習慣の変化にともない、子どもの姿勢が悪くなっているという話をよく聞きます。姿勢がよくないと必要な筋力が低下し、さまざまな面で健康によくない影響があります。姿勢の話題はおもに小学生くらいの子どもに対してのものが多いですが、ベビーパークでは幼児期から子どもによい姿勢を「プレゼントしてあげる」ことを推奨しています。コラムN0.98【姿勢のよさが子どもの健康を守ります~幼児期からの姿勢のよさがもたらす健康効果~①】では、子どもによい姿勢を教えるにあたって、基本となる姿勢への考え方やまずは親が見本となるべくできることをご説明いたしました。こちらではより具体的に、幼児期の子どもによい姿勢を伝えるための方法を掲載しています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/242560d910b3403aa7b576a2665d87a1/img01%20(1).jpg
その他

姿勢のよさが子どもの健康を守ります~幼児期からの姿勢のよさがもたらす健康効果~①

近年、パソコンやスマホの普及や生活習慣の変化にともない、子どもの姿勢が悪くなっているという話をよく聞きます。姿勢がよくないと必要な筋力が低下し、さまざまな面で健康によくない影響があります。姿勢の話題はおもに小学生くらいの子どもに対してのものが多いですが、ベビーパークでは幼児期から子どもによい姿勢を「プレゼントしてあげる」ことを推奨しています。ここでは、子どもによい姿勢を教えるにあたって、基本となる姿勢への考え方やまずは親が見本となるべくできることをまとめています。コラムN0.99【姿勢のよさが子どもの健康を守ります~幼児期からの姿勢のよさがもたらす健康効果~②】ではより具体的な子どもへの教え方が載っていますので、あわせて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/240fda2e98d5428a9b30eda5bf4735c8/img01.jpg
赤ちゃんの育児

「モロー反射」や「バビンスキー反射」って何?赤ちゃんの原始反射の対応法について

赤ちゃんの時期によくするといわれる「モロー反射」や「バビンスキー反射」。言葉は聞いたことがあるけど、実際はどんな動きを指すのかよくわからない方も多いと思います。「モロー反射」や「バビンスキー反射」はともに赤ちゃんの原始反射の一種で、赤ちゃんの神経系の正常な発達を示す基準として観察される重要な反応です。では、「モロー反射」「バビンスキー反射」とはどんな動きで、どんな時期に起こるのでしょうか。このコラムでは、「モロー反射」「バビンスキー反射」でよくみられる動作や、よくみられる時期、対処法などについて解説します。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/dfc723c6b3bc457891375e3d6ff37a10/NO195-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験1 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bfe32db6ae284f0288e7f6a2c4c62c04/NO194-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

子どもの「抽象化能力」の育て方~実践編:抽象化能力を育てる子どもとの遊び方について~

近年、教育に関するキーワードでよく目にする「抽象化能力」という言葉があります。一見難しそうな言葉ですが、中学受験の問題などでも問われることの多い、また子どもの将来が充実したものになるためにも重要な能力といわれていることは、コラムNo.166「幼児期の子どもの「抽象化能力」の育て方」でもお伝えしたとおりです。こちらのコラムではさらに実践的に、具体例を用いて抽象化能力の育て方や、抽象化能力が高いとできる事について解説していきます。よかったら読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c05f007d5554aa88cecccb2e984e334/AdobeStock_356741109%20(2).jpeg
3歳~6歳の育児

最優先すべきは「嫌いにさせないこと」 3歳~6歳の子どもの育児の心構えについて

お子さまが3歳くらいまで成長してくると、色々できることが増えてきたり、才能の片りんを感じる時もあると思います。そこで、つい親としては子どもの成長に過度に期待してしまったり、逆にお友だちと比較してなかなかできないことがあったりすると焦ってしまったりしがちです。 しかし、子どもに「やらせたい・できるようにさせたい」という感情が表に出てしまうことは、子どもの成長にとって望ましいものではありません。こちらのコラムでは、3歳~6歳ごろの幼児期の子どもに接していく時の心構え、特に子どもに物事を嫌いにさせないための親の心の持ちようについて説明していきます。 短いながらも育児のエッセンスのつまったコラムですので、ぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。