赤ちゃんの寝返りはいつ頃から?兆候や注意点・親ができるサポート法も解説

No.247更新日付:2024年7月16日

赤ちゃんが初めて寝返りをする瞬間は、親にとってとても感動的な出来事です。寝返りは赤ちゃんの成長の大切なステップであり、その時期や兆候、注意点をよく知ることが大切です。

この記事では、赤ちゃんが寝返りを始める一般的な時期や、寝返りをする前のサインについて詳しく説明します。また、寝返りを助けるための具体的な方法や、寝返りを始めたときに親が気をつけるべきポイントについても紹介します。赤ちゃんの成長をサポートするための情報を知り、安心して育児を楽しみましょう!

この記事でわかること

  • 赤ちゃんが寝がえりを始める時期
  • 寝返りのサポート方法
  • 赤ちゃんの寝返りで気を付けること
  • 寝返りと発達

赤ちゃんが寝返りを始める時期はいつ?

初めは寝転がっているだけだった赤ちゃんがいつ寝返りを始めるのか、親としてはとても気になることですよね。寝返りは、赤ちゃんの体の成長を示す大切なステップであり、その時期は赤ちゃんによって異なります。

ここでは、一般的に赤ちゃんの寝返りが始まる時期や体格や成長に応じた寝返りの違い、そして寝返りをする前に見られるサインについて詳しく解説します。

寝返りが始まる平均的な時期

赤ちゃんが寝返りを始める平均的な時期は、生後4か月から6か月頃です。

しかしこれはあくまで目安であり、赤ちゃんによってはもっと早く寝返りを始める子もいれば、少し遅れる子もいます。成長のペースは一人ひとり異なるため、焦らずに見守ることが大切です。

体格や発達による寝返り時期の差

赤ちゃんが寝返りを始める時期には、体格や発達の違いが影響します。体が大きくて筋力がしっかりしている赤ちゃんは、比較的早く寝返りを始めることが多いです。

一方、体が小さめであったり、発育がゆっくりな赤ちゃんは、寝返りを始める時期が少し遅れることがあります。また、赤ちゃんの性格や環境も寝返りのタイミングに影響を与えることがあります。

寝返りをする前兆・兆候

赤ちゃんが寝返りをする前には、いくつかの前兆や兆候があります。

例えば、仰向けに寝ている時に足を持ち上げたり、体をひねる動きを見せるようになります。

また、腹ばいの状態で頭を持ち上げる力が強くなり腕で体を支えることができるようになると、寝返りが近いサインです。これらの動きを見逃さずに観察することで、赤ちゃんの成長を感じることができるでしょう。

はじめての寝返りは子どもの成長を感じられて感動するのと同時に、気を付けることも増え、目が離せなくなってくるタイミングでもありますね。

「寝返りができる」とはどういう状態か?

赤ちゃんが「寝返りができる」とは、体を左右に転がすことができる状態を指します。その背後にはさまざまな身体の成長が関わっています。具体的には、以下のような状態が整うと、寝返りが出来るようになります。

<筋肉の発達>

  • 首や背中の筋肉が強くなり、頭を持ち上げる力がある
  • 仰向けからうつ伏せに移行するための力がついている
  • 腕や足の筋肉も強くなり、体を押し出す力がある

<バランス感覚の発達>

  • 体重をうまくコントロールできる
  • 重心を移動させる能力がある

赤ちゃんは寝返りをすることで視野が広がり、自分で移動する楽しさを感じます。寝返りは赤ちゃんの好奇心を刺激し、さらなる成長を促すステップなのです。

赤ちゃんの寝返りのサポート方法

赤ちゃんが寝返りの練習を始めると、新たな成長の一歩と感じる方も多いでしょう。そんな時、赤ちゃんの寝返りの成功をサポートするために親ができることがあります。

このセクションでは、赤ちゃんが安全に寝返りをできるようにするための環境整備や、おもちゃを使った促し方、腰や背中を支える方法など、具体的なサポート方法について詳しく解説します。赤ちゃんの成長をサポートするためのポイントをしっかり押さえていきましょう。

①環境を整える

赤ちゃんが安全に寝返りを練習できる環境を整えましょう。

まず、赤ちゃんが寝返りをするスペースを確保しましょう。柔らかすぎない安全なマットや布団を用意し、赤ちゃんが寝返りをする際にぶつかることがないようにします。周囲には角のとがった家具や窒息の危険がある小さな物を置かないように注意しましょう。

また、寝返りの練習をする時間帯は、赤ちゃんが機嫌の良いときやお腹が満たされているときが最適です。

②おもちゃを使って促す

赤ちゃんが寝返りをしやすくするためには、興味を引くおもちゃを使うのも効果的です。

赤ちゃんの頭の近くにお気に入りのおもちゃを置いてから、少し離れた位置に移動させることで、赤ちゃんがそのおもちゃを取ろうとして寝返りをしようとすることがあります。赤ちゃんの好奇心を刺激し、寝返りの動きを自然に促してあげましょう。

③腰や背中を支える

寝返りを練習する際に、赤ちゃんの腰や背中を軽く支えることで寝返りの動きをサポートすることができます。赤ちゃんが仰向けの状態から横向きになるのを助け、次にうつ伏せになるまで優しく支えます。

優しく手を添えてあげることによって、赤ちゃんは寝返りの感覚をつかむことができ、自分で寝返りをする自信を持つことができます。ただし、無理に力を入れることは避け、赤ちゃんのペースに合わせて行うようにしましょう。

赤ちゃんが寝返りを始めたら気をつけたいこと

赤ちゃんが寝返りを始めると、親としての喜びとともに新たな心配事も増えてきます。寝返りは赤ちゃんの成長において大切なステップですが、その一方でいくつかの注意点をしっかりと把握しておくことが大切です。

このセクションでは、赤ちゃんが寝返りを始めた際に注意すべきポイントについて詳しく解説します。特に窒息防止や転落防止、誤飲防止など、赤ちゃんの安全を守るための具体的な対策を紹介します。赤ちゃんの安全を守るために、ぜひ参考にしてください。

【窒息防止】うつぶせに注意

赤ちゃんが寝返りを始めると、うつぶせの姿勢になることが増えます。うつぶせになることで窒息のリスクが高まるため、特に夜間や親の目が届かないときには注意が必要です。

赤ちゃんが寝返りをした際に、顔が布団やマットに埋もれてしまうことがないように、寝床には固めのマットレスを使用し、柔らかい枕やぬいぐるみなどは避けるようにしましょう。また、定期的に赤ちゃんの様子を確認することが大切です。

【転落防止】ベッドからの転落に注意

赤ちゃんが寝返りを始めると、思いがけない方向に転がることがあります。特に高い場所からの転落には注意が必要です。

赤ちゃんをベッドやソファの上に寝かせる際は、必ず目を離さないようにし、落下を防ぐためのガードやクッションを設置することをおすすめします。また、赤ちゃんが自由に動ける広いスペースを確保し、周囲に危険な物がないことを確認することも大切です。

【誤飲防止】口に入るサイズのものは周りに置かない

寝返りを始めた赤ちゃんは、手の届く範囲にあるものを口に入れてしまうことが多くなります。誤飲を防ぐためには、赤ちゃんの手の届く範囲に小さな物を置かないようにしましょう。

特に、小さな部品やおもちゃ、ボタンなどは赤ちゃんにとって大変危険です。また、赤ちゃんが遊ぶスペースは清潔に保ち、常に安全な環境にしておきましょう。

寝返りができる環境を整え、安全面に気を付けながら、発達をサポートしてあげましょう♪

寝返りと発達に関する注意点

赤ちゃんの寝返りが遅い場合や、早すぎる場合には、それぞれ異なる心配事が出てくることがあります。

ここでは、赤ちゃんが寝返りをしない場合に考えられる疾患の可能性や寝返りが早すぎる場合の問題点、さらに小児科を受診する際の目安について詳しく解説します。

寝返りしない場合の疾患の可能性

赤ちゃんが寝返りをしない場合、いくつかの理由が考えられます。多くの場合、寝返りのタイミングには個人差があり、他の発達段階で遅れがない場合は心配する必要はありません。

しかし、6か月を過ぎてもなかなか寝返りをしない場合は、筋肉の発達や神経系の問題が原因である可能性もあります。このような場合は、小児科医に相談し適切な検査を受けることが大切です。

寝返りが早すぎる場合問題はある?

一方で、赤ちゃんが生後三カ月頃など、非常に早い時期に寝返りを始めることもあります。一般的にはこれは特に問題ではありませんが、極端に早い場合は筋肉の緊張やその他の発達上の問題を示している可能性もあります。例えば、過剰な筋肉の緊張が見られる場合には、医師の診断が必要です。

通常、早い寝返りは健康な発達の一環であり、特別な心配は不要ですが、異常が見られた場合は専門家の意見を求めるようにしましょう。

小児科を受診する目安

赤ちゃんの寝返りに関して心配な点がある場合には、小児科や専門機関を受診するようにしましょう。具体的には、以下のような場合、一度受診することをおすすめします。

  • 6か月を過ぎても寝返りをしない
  • 筋肉の発達に明らかな遅れがある
  • 寝返りに関連して異常な筋肉の緊張やその他の症状が見られる

赤ちゃんの発育には個人差がありますが、専門家の助けを借りることで、健康な成長をサポートすることができます。

まとめ

赤ちゃんの寝返りは、成長過程で非常に大切な一歩です。寝返りは一般的には生後4か月から6か月頃に始まりますが、個人差があるため早い子もいれば遅い子もいます。

親としては、安全な環境を整え、赤ちゃんの興味を引くことで寝返りをサポートしてあげましょう。そして発達で心配なことがある場合は小児科を受診し、専門家のアドバイスを受けるようにして下さい。

この記事を通じて赤ちゃんの寝返りについての理解が深まり、適切なサポート方法や注意点を知っていただけたなら幸いです。ぜひ記事の内容を参考に、赤ちゃんの健やかな発育をサポートし日々の育児を楽しんでください。

#ベビーパーク #キッズアカデミー #TOEZアカデミー #幼児教室 #親子教室 #幼児教育 #知育 #知能教育 #英語育児

「発達段階」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7a263159b7ff47acb598849202327297/img01.jpg
その他

子どもの「赤ちゃん返り」~どんな時に起こる?対処法は?詳しく解説します~

第二子が生まれると、上の子どもが突然赤ちゃんのころに戻ったかのようにふるまいだす「赤ちゃん返り」。上の子だって構ってほしいのは理解しつつも、二人目が生まれて毎日忙しいさなかに「赤ちゃん返り」されて大変…、という話はよく聞きますよね。こちらのコラムでは、この「赤ちゃん返り」について、いつ・なぜ起こるのか?と具体的な対処方法についてご説明していきます。これから二人目のお子さまを考えている方もぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f4e36c96818a43c0b760b0a9092cf391/img01%20(1).jpg
その他

子ども時代に通る成長のステージと、親のかかわり方について

子どもを持つすべての両親が、子どもの成長の道筋と、その時々でどのように子どもと接していければよいのだろう、という心配を持っていると思います。いつまで子どもに手取り足取り教えてあげるべきなんだろう? 子どものいうことはどのくらい尊重してあげたらよいのだろう? 反抗期を迎えた時はどのように接するべきなんだろう?と、我が子の将来を思って考えをはせる時もあると思います。こちらのコラムでは、幼少期から子どもの通る成長のステージごとに、自主性をどの程度尊重して成長を促していくべきかについて簡潔にまとめています。まだ小さい子どもをもつパパ・ママも、将来のためにぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5a657d9fad9748688d16d5fdd6fd3386/img01%20(1).jpg
1歳~3歳の育児

3歳児の理解力の目安は?子どもとのコミュニケーションの重要性

子どもの成長の中でも特に気になるのが理解力です。基準は一概には決められないため、3歳児の理解力をチェックする際は目安を参考にするのがおすすめです。さっそく3歳児の理解力の目安を詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e13afc6c4f546608296ef399e9c33b5/img01%20(2).jpg
赤ちゃんの育児

新生児の育て方は?~健やかでのびのびと育てるために~

一般的に新生児の視力はぼんやりとしていて、色の識別もまだ不十分な状態です。ママはそういった赤ちゃんの特性を日々観察しながら、おむつの取替え方などを学んでいきます。新生児をお世話するということは、母乳を与えたり寝かしつけたりと始終一緒に過ごすということです。ママは初めての子育てですから、適宜息抜きをすることも大切です。また、頻繁な外出を控え、新生児が落ち着ける環境づくりも必要です。赤ちゃんが健やかに伸び伸びと育っていけるよう、スキンシップをしながら周囲も細やかな気配りをしてあげましょう。今回のコラムでは、新生児の特徴や育て方について解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c81103499c9e46c69b3b877406ece50c/img01%20(1).jpg
1歳~3歳の育児

小児の発達段階とは?各段階に応じた子どもの特徴・人との関わり方を紹介

親ならば、他の子どもと比べて、「うちの子は発達が遅いかも……」と不安になることは少なからずあるでしょう。個人差はあるものの、発達段階に合わせた対応ができていれば、子どもは自然と成長するものです。ただし、発達段階の課題を乗り越えられないと、健全な発達に支障をきたす可能性もあります。そこで今回は、幼児や小児の発達段階の基本を説明し、各段階に応じた特徴と関わり方を解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ba92afe75f546f19cbecc1256e83b56/img01%20(5).jpg
1歳~3歳の育児

3歳児のできること・特徴は?発達状態や成長の目安を解説

3歳児は成長が顕著で、何ができるのか分かりにくいのが特徴です。今回は3歳児がどれくらい成長するのかに加え、3歳になってから4歳を迎えるまでにできるようになる動作を詳しく解説していきます。

赤ちゃんの育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3306b4dbb5bf438fa8cd6c7291e704eb/baby-bottle-being-sterilized.jpg
授乳・母乳育児

哺乳瓶消毒はいつまでやるべき?殺菌のコツや消毒卒業のタイミングを解説!

哺乳瓶の消毒は、赤ちゃんの健康を守るために欠かせない日常的なケアですが、いつまで続けるべきなのでしょうか?この記事では、哺乳瓶の消毒が必要な理由から、効果的な消毒方法、さらには消毒をやめる適切なタイミングについても詳しく解説します。衛生管理を正しく行うための方法と、安心して育児を楽しむための知識を身につけましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ca9e7381edfb49e4b681a3676ca4eb27/baby%E2%80%90laundry.jpg
子どもの健康

赤ちゃんの洗濯物はいつまで別にする?正しい洗濯方法と洗剤・柔軟剤の使い方

赤ちゃんの衣類の洗い方について、普段通りの洗濯方法でいいのか迷ったことはありませんか?赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、少しの刺激でもトラブルが起きやすいもの。そのため、赤ちゃんの衣類の洗濯方法には注意すべきポイントがあります。この記事では、赤ちゃんの洗濯物を他の家族の洗濯物と一緒に洗うべきか、別にするべきかについての疑問に答えます。また、洗剤や柔軟剤の選び方、赤ちゃん特有の汚れの落とし方、そして肌トラブルを防ぐための洗濯のコツについても詳しく解説します。正しい知識を身に付けて、大切な赤ちゃんの肌を守りましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/212b7e99b6be4425a54688d576a2fe5f/baby-massage.jpg
子どもの健康

ベビーマッサージで発達をサポートしよう!効果や時期・やり方や注意点を解説

ベビーマッサージという言葉、聞いたことがありますか?ベビーマッサージは、親子の深い絆を育むだけでなく、赤ちゃんの健康と発達に良いとされています。この記事では、ベビーマッサージの具体的な効果や最適なタイミング、基本的なやり方、そして注意点について詳しく解説します。初心者の方でも安心して始められる内容ですので、ベビーマッサージに興味がある方や具体的な方法を知りたい方は、ぜひご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d040a4efbe764334953c3cbedc41d95d/baby%E2%80%90sleeping%E2%80%90on%E2%80%90back.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの理想的な睡眠時間は何時間?寝不足のサインや上手な寝かしつけ方法も解説

赤ちゃんの成長と健康に、十分な睡眠は欠かせません。しかし、「赤ちゃんの理想的な睡眠時間は何時間なのか?」、「どのような睡眠リズムを作るのが良いのか?」といった疑問を抱えている親御さんも多いでしょう。この記事では、月齢別の睡眠時間の目安や理想的な睡眠リズムの作り方、赤ちゃんの寝不足のサイン、そして上手な寝かしつけ方法について詳しく解説します。赤ちゃんの健やかな成長に役立つ情報をお届けしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/76a552ff49164bfda05d696b4bf004de/smiling%E2%80%90baby-wearing-a-hood.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの寝返り返りはいつから始まる?練習のポイントや安全対策を解説

赤ちゃんの成長は驚くべきもので、毎日新しい発見があります。その中でも寝返りができるようになることは、多くの親が待ち望む大きな一歩です。しかし寝返りが出来て嬉しい反面、寝返りしたうつぶせ状態から元の状態に戻る「寝返り返り」はいつからできるようになるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、寝返り返りの一般的な時期やその兆候、練習のポイント、安全な環境作りのコツなどを詳しく解説します。ぜひこれを読んで、赤ちゃんの成長のサポートに役立ててください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0a7f82d57e7547a29abbc71dd3d20615/shy%E2%80%90baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの人見知りはいつから始まる?兆候や特徴、対処法を解説

赤ちゃんの成長過程で多くの親が経験する「人見知り」。初めての親にとっては、赤ちゃんの人見知りがいつから始まるのか、またどのように対処すべきか悩むことも多いでしょう。この記事では、赤ちゃんの人見知りの時期や理由、対処法について詳しく解説します。赤ちゃんの健やかな成長を見守るためのヒントになる情報をお伝えしますので、是非最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c331303739840b29fa7dda48d6687f4/baby%E2%80%90with%E2%80%90eyes%E2%80%90closed.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが首を左右に振るのはなぜ?その意味や理由を解説します

赤ちゃんが首を左右に振ると、その行動に戸惑う親御さんも多いでしょう。首を振る行動が激しかったりあまり頻繁だったりすると「首を振るのは異常?」「いつまで続くの?」といった疑問を持つ親も少なくありません。この記事では、赤ちゃんが首を振る理由や注意すべきポイント、対応方法について詳しく解説します。赤ちゃんの首振り行動の背景にある理由をお伝えします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c75fe264a754244a07f627388d36537/zuribai%E2%80%90baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのずり這いはいつから?平均的な時期の目安や前兆・練習方法までガイド

赤ちゃんの成長の中で、多くの親が心待ちにするのが「ずり這い」の時期です。ずり這い(ずりばい)は、赤ちゃんが自分の力で移動し始める最初のステップであり、発達の重要な節目です。親として日々赤ちゃんの成長を間近で見ていると、「ずり這いはいつから始まるのか?」、「お座りとどちらが先なのか?」、「早い子と遅い子の違いは?」といった様々な疑問が出てくるのではないでしょうか。この記事では、ずり這いの平均的な時期やその前兆、ずり這いをしない場合の練習方法などについて詳しく解説します。これを読んで、赤ちゃんの成長に関する不安や疑問を解消し、自信を持ってサポートできるようになりましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/50ec53247f10477291dff6d42d6c9085/breast-milk-jewelry.jpg
赤ちゃんの育児

乳児の断乳マニュアル!赤ちゃんもママも快適なやり方とタイミングを解説

断乳は母親にとって大きなチャレンジであると共に、赤ちゃんの成長にとっても重要なステップになります。この記事では、断乳の正しいやり方やタイミングについて詳しく解説します。断乳と卒乳の違いから断乳のおすすめ時期や断乳中のママのおっぱいケア方法など、具体的で役に立つアドバイスをお伝えします。断乳をスムーズに進めるためのコツやパパとの協力方法も紹介しますので、初めての断乳に不安を感じているママも安心して実践できる内容です。ぜひこのガイドを参考にして、赤ちゃんと一緒にスムーズな断乳を目指しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68a0baf9b99e4bb4838e9e162aa3a147/when-stop-formula-transition-baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのミルクはいつまで必要?適正タイミングや量の減らし方などスムーズにやめる方法をご紹介

子育ての中で「赤ちゃんにミルクはいつまで与えるべきか」という疑問を抱える親御さんは少なくないでしょう。特に初めての育児では、ミルクのやめるタイミングや適切なフォローアップミルクの選び方が分からず、不安を感じることも少なくありません。この記事では、赤ちゃんの成長に合わせたミルクの与え方や、スムーズにミルクを卒業するための方法をわかりやすくご紹介します。赤ちゃんの成長に合ったミルクのあげ方を理解し、安心して次のステップに進むことができるようになるでしょう。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。