小学校入学準備:子どもの朝の支度を早くする裏技をご紹介!

No.180更新日付:2024年4月9日

毎日、朝は忙しくてバタバタしていませんか? 時間がないのに、のんびりテレビを見ていたり、おもちゃで遊びはじめたり。親からすると「信じられない」光景がよくみられます。仕事をしていればなおさら遅刻はできないしイライラしますよね。でも「早くして!」はNGです。その理由と子どもの支度を早くする裏技をご紹介します。

これを読めば、余裕を持って朝の時間を過ごせるようになりますよ。

なぜ子どもはマイペースなのか

もうすぐ小学校にあがるというのに、朝の支度がなかなか終わらない。「遅刻しちゃうよ!」と言ってもどこ吹く風。なぜ子どもはこんなにもマイペースなのかと不思議になりますが、子どもがマイペースなのにも理由があるのです。

いろいろなことに興味がある

お着替えをしている途中で目に入った絵本を読みはじめているなど、子どもは目の前にあること、目の前で起こったことに気を取られてしまいます。靴を履いている途中で動かなくなったな、と思って声をかけたら「ありさんが歩いてるの」と観察をしていたりします。親としては「どうでもいい!」と思うことも、子どもにとってはとても興味をそそられることだったりするのです。

時間の概念がない

子どもにとっては「今」が全てで「〇時までに」と言っても理解できていない可能性もあります。

大人と同じ感覚で時間を意識できるようになるのは10歳くらいですから、小学校入学前にできないのは当たり前ですね。

大人がせかせかしている

子どもがマイペース、と思っているのは大人ですよね。実は大人がせかせかとしているから、子どもがマイペースに見えているだけかもしれません。大人のペースに合わせない=マイペースと感じるのです。

シチュエーション別:子どもの準備を早くする秘訣

そんな大人から見ればマイペースに見えてしまう子どもの行動ですが、明確な原因があって朝の支度ができない場合もあります。以下のような場合には対策が可能です。シチュエーション別にみていきましょう。

1.起きない

朝起きられない原因は二つ考えられます。

一つは睡眠が足りていないこと。昨日寝た時間は何時でしたか? 3~6歳の子どもに必要とされている睡眠時間は10~13時間といわれています。もしかしたら、睡眠時間が足りないのかもしれません。
また、睡眠時間と同じくらい大切なのが睡眠の質です。寝る直前までスマホやテレビを見ていると、脳が活性化してしまい、なかなか深い眠りに入ることができなくなります。睡眠の質が下がった結果、朝起きられなくなっているのかもしれません。

もう一つはお腹が空いていないこと。昨日の夕ご飯の量はどうでしたか? 何時ごろに食べましたか?朝お腹が空くと子どもは「お腹が空いた」と自然と起きてきます。大人もそうですよね。前日の夜に食べ過ぎたり食べる時間が遅くなることのないように気を付けましょう。

2.朝ご飯

毎日の朝ご飯は、一日を元気に過ごすためにも、体のリズムを整えるためにもとても大切です。しっかり食べて欲しいからと、品目が多くなってしまったり、子どもの苦手なものを出したりしていませんか?

子どもが「食べたい」と思うものを朝ご飯にするというのも一つの方法です。自分の好きな食べ物なら、子どもは「もう食べたの?」と思うほど早く食べ終わります。その日の気分や体調、お腹の空き具合で食べたいものが変わることもあります。外国では、何種類かのパンと何種類かのカットフルーツとカット野菜をテーブルに並べて好きなものを食べるという朝ご飯もありますね。

毎日親の準備した朝ご飯を食べさせるのではなく、いくつかの選択肢から食べられるようにするとよいでしょう。食べ物で遊びはじめたら、お腹がいっぱいのサインかもしれません。「もうお腹いっぱい?」など声をかけて次の行動に促していきましょう。

3.歯みがき

歯みがきが嫌いでなかなか歯をみがいてくれない場合は、お気に入りのコップを使ったり、好きな味の歯みがき粉を使って歯みがきをしたくなる環境を整えるとよいでしょう。

「はみがきのうた」などの音楽をかけたり、お父さんと歯みがき競争するなど遊びの要素も取り入れてみましょう。お母さんが口の中のばい菌役になって「〇〇ちゃんのお口にいるばい菌だぞ。美味しそうな食べ物がたくさんあるな。よし、食べて虫歯をつくっちゃえ~」などと言うと子どもは急いでばい菌をやっつけようと歯磨きをします。子どもが磨くたびに「うわ~やられた~」などと反応すると益々面白がってしっかり歯磨きしてくれます。

4.着替え

「自分で!」という時期になると、お着替えにも時間がかかります。自分で洋服を選びたいという場合は2つくらいの選択肢を用意しておいて「どっちにする?」と選ばせるのもいいでしょう。

朝、服を選ぶのに時間がかかるなら、前日のうちに決めておくのもおすすめです。ハンカチや靴下などもセットにしておけばスムーズにお着替えできます。「自分で着る」という場合は、時間がかかりそうなボタンを留める時だけお手伝いをしてあげます。子どもの自尊心を傷つけないように声かけをしてからお手伝いしてあげましょう。

大人も行動を見直しましょう

先述しましたように、子どもは色々なことに興味が移ろいやすかったり、時間の概念がまだ弱いため、つい周りの状況に気を取られたり左右されてしまいます。そこで、子どもに注意を促すよりも大人が朝の行動を改めたほうが、子どもが支度に集中できる環境を作れる場合があります。

以下に、大人の側が改善できる朝の支度に関する項目を二つご紹介します。

テレビはつけない

朝は、ニュース番組を見るためにテレビをつけているご家庭も多いと思います。しかし、子どもは何にでも興味を持ちますから、テレビで見たこと、聞こえたことが気になって手元がおろそかになったり、テレビに夢中になって他のことを忘れてしまいます。

朝はできるだけテレビはつけずにおきましょう。どうしてもニュースを聞きたいならラジオを活用しましょう

前の日に準備する

お着替えの準備もそうですが、前の日にできることは前の日にしておきましょう。夜はクタクタで何もする気にならない、という日もあると思いますが、30分頑張れば翌日の慌ただしさが全然違います。

夕飯のあとの食器の片づけをしておく、トイレやお風呂の掃除をしておくだけでもかまいません。朝ご飯の準備なら、汁物だけつくって冷蔵庫に入れておく、おかずを器によそっておいて朝は電子レンジで温めて出せばいいだけの状態にしておくなど、ほんの少しやっておくだけでも朝の準備が楽になり、心に余裕を持つことができます。

親がやらない方がよいこと

ここまでは、子ども、親それぞれの立場での改善策をお伝えしてきましたが、次は親が朝の支度でどんなに急いでいてもしてはいけない「NG」についてまとめています。

「早くして」と言う

子どもは時間の概念がありませんから「早くして」といわれてもどうしていいかわからないようです。「時計の長い針が『9』になるまで」「砂時計の砂が全部落ちるまで」など、視覚的にもとらえられる具体的な指示を出してあげましょう。

親が全部やってあげる

親がやれば早いのは当たり前です。しかし、親が何でもやってあげてしまうと、いつまでたっても子どもはひとりでできるようになりません。自分でなんでもできるようになってほしいなら、手を出さずに見守ってあげましょう

子どもと計画してみましょう

お休みの日など親も子どもも時間と心に余裕がある時に、朝の予定を計画してみましょう。

お母さんの予定、お父さんの予定、子どもの予定、と分けて「お母さんは〇時に起きる」と書き、それができないと「みんなの朝ご飯を準備できなくてみんなのお腹がすいてしまう」など子どもでもわかるような理由を考えます。子どもの行動については、「これができないとどうなっちゃうと思う?」と聞きながら紙に書いていきましょう。

そうすることで、「これをやらないといけないんだ」ということを子どもが理解でき、いつか「お母さんがこれをできるために、私はこうする」ということまで考えられるようになります。

それができるようになったら、お母さんもお父さんもとっても助かりますよね。

もしできたら、「〇〇ちゃんが自分でやってくれたおかげで、お母さんとっても助かったよ、ありがとう!」と忘れずに感謝を伝えましょう。人の役に立てたという経験は、子どもの自己肯定感を伸ばし、他人にも感謝して前向きに生きる力を育ててくれます。

まとめ:子どもは何事にも時間がかかるもの

子どもはまだ発達途中ですから、何をするにも時間がかかるものです。

もし、時間の感覚を身に付けたいなら「お着替え何分でできる?」と聞いてから、タイマーを使って時間を決めて動くことを試してみるのもよいでしょう。時間内に終わったら「すごい!こんなに早くできたね。さすがだね」と褒めてあげます。

こうして成功体験を多く経験させるとこれくらいの時間あればできるということがわかってきます。

もし全部の準備が早く終わったら、出かけるまでの残りの時間は好きなことをやってていいよ、とすると「準備が終われば〇〇ができる」ということがインプットされて、次からもやりたいことのためにスムーズに準備ができるようになります。

今回ご紹介した方法以外にも、お子さまの性格やご家庭の環境によって対応策はたくさんあると思います。いろいろと試して、お子さまにあった方法でできることを増やしてあげたいですね。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。